おいでよ どうぶつの森(おい森)のネタバレ解説まとめ

『おいでよ どうぶつの森』とは、2005年に任天堂より開発されたニンテンドーDS専用のゲームソフト。プレイヤーは、ある村に引っ越し、その村に暮らすどうぶつの住民たちと気ままにスローライフを楽しむゲーム。これまで製作されたどうぶつの森シリーズから一新し、ニンテンドーDSの機能ならではのすれちがい通信や、Wi-Fi機能を使った遊びも楽しむことができる。

スコップを地面に埋めて、一日後に掘り出すと入手。

200ベル以上のお金を埋めると、金の成る木が生えてくる様になる。

きんのオノ

「ぶつぶつこうかん」イベントでラコスケからもらうことができる。

◎きんのオノ入手チャート◎
カブリバより、赤カブを購入。
セイイチに赤カブをあげて、『ターバン』を交換。
ローランに『ターバン』をあげて、『マッサージいす』をも交換。
コトブキ (村長)に『マッサージいす』をあげて『ホタテガイ』を交換。
ラコスケに『ホタテガイ』をあげて、ラコスケからの質問に「きんのオノ」と答えると『きんのオノ』がもらえる。
「どちらもいらない」と答えると『ラコスケのしゃしん』がもらえる。

効果は、木をいくら切っても折れなくなる。

きんのパチンコ

風船を16回落とした後に出現する金色の風船を撃ち落とすと、プレゼント箱に入っている。

効果としては、パチンコで打ち出す玉が3つになる。

きんのジョウロ

村のかんきょうが「サイコー」を15日間保ち続けると入手できる。
15日経った後、役場で「かんきょうのこと」を聞くことで渡される。

『おいでよ どうぶつの森』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

ベルが出てくる石

村の中にある石の中には、一日に一個スコップやオノで叩くとベルが飛び出してくる岩が設置される。
最大で8回叩くことができるが、これを早く連続で叩けるほどたくさんのベルを入手することができる。

8回叩いた時のベルは、8500ベルも入手することができる。

風船が流れてくる時の見分け方

風船が流れてくる時には、必ず「ヒュー」という風の音がする。
また、10時〜16時代の一の位が4の時に流れてくる。(4分,14分,24分,34分,44分,54分)

風の音が聞こえた時にはすかさずパチンコを装備し、DSの上画面に注目しよう。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー(ハピ森)のネタバレ解説まとめ

『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』とは、2015年7月30日発売の、任天堂が開発・販売した3DS用ゲームソフト。プレイヤーは不動産屋の新入社員となり、どうぶつ達の理想の住まいや、賑やかな商店街を手がけるデザイナーとして活動し、「みならい」から「いちにんまえ」のデザイナーを目指していく。 今作は任天堂の人気ゲーム『どうぶつの森』の従来のシリーズの楽しみの一つである「家のデザイン」に特化した内容となっている。

Read Article

あつまれ どうぶつの森(あつ森)のネタバレ解説まとめ

『あつまれ どうぶつの森』(通称:あつ森)とは、任天堂が開発し、2020年3月20日に発売された「どうぶつの森」シリーズ初のNintendo Switch用のソフトである。 プレイヤーはこれまでのシリーズの舞台だった村を飛び出し、たぬきちが立ち上げた組織「たぬき開発」が手掛ける暮らしのプラン「無人島移住パッケージプラン」に参加し、自然あふれる無人島で新しい生活を始めることとなる。 プレイヤーは島を家具で飾り付けたり、どうぶつたちのお願いを聞いたりしながら少しずつできることが増えていく。

Read Article

とびだせ どうぶつの森(とび森)のネタバレ解説まとめ

「とびだせ どうぶつの森」は大人気シリーズのどうぶつの森シリーズ6作目で、2012年に任天堂から発売された3DS用ゲームソフトである。プレイヤーは村長になって村を作りをし、どうぶつの住人達とまったりスローライフを過ごすことの出来るゲーム。2016年11月には新要素を含んだ「とびだせ どうぶつの森 amiibo+」が配信され、更新データをダウンロードすると無料でアップグレードできるようになった。

Read Article

街へいこうよ どうぶつの森(街森)のネタバレ解説まとめ

『街へいこうよ どうぶつの森』とは、任天堂が開発し、2008年11月20日に発売されたNintendo Wii専用ソフトである。本作は任天堂の人気シリーズ『どうぶつの森』の第5作目で初のWii用ソフトであり、美麗なグラフィックをテレビの大画面で楽しめる。今作の特徴として、シリーズ従来の村での暮らしに加えて街へお出かけしたり、Wiiリモコンとヌンチャクリモコンによる直感的な操作でより思いのままに遊べる。

Read Article

どうぶつの森 ポケットキャンプ(ポケ森)のネタバレ解説まとめ

『どうぶつの森 ポケットキャンプ』とは、気ままなスローライフを楽しむコミュニケーションゲーム『どうぶつの森』シリーズのスピンオフ作品。 どうぶつが暮らす村にやってきたプレーヤーが、どうぶつ達と交流をしたり、好きな家具を集めて自分だけの家を作ったり、釣り、虫取りなどしながら自由気ままに過ごすもの。今作は村ではなくプレーヤーが管理人を勤めるキャンプ場が舞台となっている。どうぶつ達との交流や、家具の作成などといった基本要素はそのままに、スマートフォン版としてリリースされ話題を呼んだ。

Read Article

どうぶつの森e+(イープラス)のネタバレ解説まとめ

『どうぶつの森e+』とは、2003年に任天堂からニンテンドーゲームキューブ用ソフトとして発売されたコミュニケーションゲーム。どうぶつの森シリーズの第三作目。一人暮らしをするために引っ越してきた主人公が、どうぶつの住人と共に仲良く村で暮らし、住人達の引っ越しにより繰り広げられる出会いと別れを繰り返しながら友情を深めていく。現実世界と同じ時間が流れており、時には村のお祭りや大会など多くのイベントが詰め込まれている。

Read Article

目次 - Contents