モンスターハンター:ワールド(MHW)のネタバレ解説・考察まとめ

『モンスターハンター:ワールド』(MHW)とは、株式会社カプコンより発売された「モンスターハンター」シリーズ5作目にあたる。プレイヤーは第5期調査団の一員として新大陸の調査に向かうというストーリーとなっている。
これまでのゲームシステムは一新されており、自由度の高いハンティングを楽しめるようになっている。

大地に浸透した養分や古龍の生体エネルギーを運ぶ地脈が収束する地にて発見された、「冥灯龍(めいとうりゅう)」と称される新種の生物。
古龍種に属しており、今作のシナリオのラスボスともいえる存在。

ゼノ・ジーヴァの初登場は、任務クエスト「収束の地」の中で起こる。
このクエストは、ゾラ・マグダラオスの誘導作戦を成功させ、地脈回廊を通って龍結晶の地に辿り着き、ネルギガンテの討伐を達成した後、活動を活発化した3体の古龍の調査を終えた後に出現する。
巨大な結晶体から出現したゼノ・ジーヴァは天空を眺めて鳴き声を上げるというシーンがあり、今まさに誕生したかのように見える。
素材である「冥灯龍の幽角」の解説テキストには「未だ発達途中に見える」ともあり、巨大な結晶体から出現したゼノ・ジーヴァは「誕生したかのよう」ではなく「誕生したばかり」の幼体であることを示している。
幼体であることは戦闘中の挙動にも反映されている。生まれたてで目が開いていないのか、こちらへの攻撃の狙いは非常に甘い。後半戦から空を飛ぶようになるが、それも「たった今翼があることに気がついた」かのようで、飛び方もどこか危うい。口からは高密度に圧縮したビームを放つのだが、力加減がうまくできていないのかビームを放った反動で足元の地盤が陥没し、そこにはまりこんでしまう。

人間にとってはスケールが桁外れだが、生と死という自然の生命のサイクルに従って生まれてきた存在であり、ゼノ・ジーヴァ自身は特に悪事はなしていないことや、ゼノ・ジーヴァ自身が「生まれたての幼体」なので、ゼノ・ジーヴァを討伐しなければならないというシナリオの展開に「罪もない子供を手にかける後味の悪さが気になる」と否定的なプレイヤーは多い。
「自然との調和、共生を掲げた新大陸調査団であるのに、見るからに危険そうだからといって排除にかかるのは調和と共生の理念に反しないか?」とゼノ・ジーヴァの討伐の理由付けに不足を感じているプレイヤーもいる。

『モンスターハンター:ワールド』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

キザシヤンマと大型モンスター

キザシヤンマとは、各フィールドに点在するトンボのような環境生物である。
普段は尾が白く発光しているが、危険を察知すると赤色に発光して警戒行動を取るという生態を持っている。
そのため、キザシヤンマが赤く光っている時は近くに大型モンスターがいるという証拠であり、モンスターの現在位置の割り出しに一役買っている。
名前の「キザシ」も「兆し」からきており、調査団のハンターたちはキザシヤンマの発光を手がかりにしてモンスターを探している。

レアな環境生物

環境生物の中には、出現率が極めて低いレア種も存在する。
「5時間通いつめて見回ったのにまだ捕まえられない」などはざらで、公式からもエンドコンテンツと言われている。
また、ゲーム内のアチーブメントのひとつにもなっており、レア種を含めたすべての環境生物を捕獲することで専用の称号がもらえる。

ログインボーナス

今作ではログインボーナスが存在する。
ソーシャルゲームのように、毎日のログイン(ゲーム起動)を強制するものではなく、「ちょっといいことがある」程度。
ログインボーナスでは1日1回なにかしらの消耗品がもらえるほか、クエストの報酬がよくなる激運チケットというアイテムが1枚もらえる。

生態研究所

生態研究所では、プレイヤーがフィールドで集めた情報を基に研究が進み、モンスターの情報を知ることができる。
情報と言ったが、ここで見られる情報はまさにモンスターに関することほぼ全てであり、弱点の部位であったり、剥ぎ取りや部位破壊で得られる素材などが参照できるようになっている。
つまり今まで攻略サイトに頼っていた部分がゲーム内で確認できるようになり、利便性が大いに向上した。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

モンスターハンターダブルクロス(モンハンダブルクロス・MHXX)のネタバレ解説・考察まとめ

モンスターハンターダブルクロス(通称MHXX)とは、2017年3月18日にカプコンから開発、発売されたニンテンドー3DS専用のゲームソフトのこと。前作「モンスターハンタークロス」の続編となる。 プレイヤーは、新たな拠点である「龍識船」からさらに難易度の高いクエストを受注し、モンスターを狩猟していく。

Read Article

モンスターハンタークロス(モンハンクロス・MHX)のネタバレ解説・考察まとめ

モンスターハンタークロス(通称MHX)とは、2015年11月28日にカプコンから開発、発売されたニンテンドー3DS専用のゲームソフトのこと。モンスターハンターからモンスターハンター4Gまでのナンバリングタイトルとは違い、実験的に作られた全く新しいシリーズになる。 主人公は『ベルナ村』に置かれているモンスターの生態を研究、調査する機関『龍歴院』に所属することになり、モンスターを狩猟していく。

Read Article

モンスターハンター・モンスターハンターG・モンスターハンター ポータブル(MH・MHG・MHP)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年3月11日の無印発売以降、現在も続く狩猟アクションゲーム、その初代となる作品。 プレイヤーは竜が生きる世界で「ハンター」の一人となり、アイテムの収集、モンスターの狩猟などの依頼(クエスト)をこなす。 可愛らしい草食動物から、凶暴な飛竜、存在そのものが災害となりうる超大型モンスターなどが存在する、弱肉強食の世界を駆け抜ける。「ひと狩りいこうぜ!」という名言はこのゲームから生まれた。

Read Article

モンスターハンター3・モンスターハンター3G・モンスターハンターポータブル 3rd(MH3・MH3G・MHP3)のネタバレ解説・考察まとめ

MH3・MH3G・MHP3はカプコンより発売された、モンスターハンターシリーズのナンバリングタイトルである。 MHシリーズは主人公である「ハンター」が自然豊かな大地で生きる、巨大なモンスターたちを狩るゲームである。そんなシリーズを新たな舞台である「孤島」「渓流」へと移したものである。開発者いわく『新たなMHの原点』を目指したものであり、今作から追加された新規要素が非常に多く盛り込まれている。

Read Article

買い切りiphoneゲーム10選

iphoneのゲームはやはりとても面白いものが多い。しかし課金なんて言われると尻込みしてしまうものも多い。そこで今回はiphoneの買い切りゲーム10選を紹介したいと思います。基本的にはスーファミ、PS2などの名作の移植作品が多いため、まず買って損したなんてことはないかと思います。それでは素晴らしき買い切りゲームを見ていただこう。

Read Article

2015年現在のメダルゲームも意外と面白いまとめ

日本は趣味・娯楽の多様化もあって、最近じゃなかなかゲームセンターに行かない人も多いと思います。しかしながら、時代とともに進化・パワーアップしているのは、なにも周辺の技術だけではないのです。昔楽しかったアーケード、メダルゲームも日に日にグレードアップして面白くなっているのです。今回はそんな見直されるべきメダルゲームを、面白ポイントとともにまとめてみました。

Read Article

【モンスターハンター】共闘ゲーム!各面白ポイントまとめ【ゴッドイーター】

ゲームがリアルタイムでオンライン通信が出来るようになった昨今で、やはりとてつもなく面白いのが共闘ゲーム!モンスターハンターシリーズをはじめ、各メーカーから様々な種類の共闘ゲームが制作・販売されています。今回は、そんな数ある共闘ゲームの中から面白いものだけを選び、そのポイントや醍醐味などをまとめてみました。

Read Article

モンハンシリーズの歴代パッケージ画像まとめ【モンスターハンター】

【モンスターハンター】シリーズとは、カプコンから発売されているハンティングアクションゲームで、様々な武器や罠を使ってモンスターを捕獲しミッションをクリアしていくという内容である。発売後から徐々に口コミで話題となり、様々なシリーズが展開される人気作品となった。そんなモンハンシリーズの歴代パッケージ画像をまとめてご紹介する。

Read Article

目次 - Contents