ハクメイとミコチ(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

Ogp

『ハクメイとミコチ』とは、樫木祐人による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品である。
体長九センチしかない小人たちが、言葉を話すことの出来る昆虫や動物たちと共に住む平和な世界。そこで暮らす小人である料理上手のミコチと修理屋のハクメイを中心に彼らの小さな生活を描いた日常系ファンタジー。

『ハクメイとミコチ』の概要

『ハクメイとミコチ』とは樫木祐人による漫画作品であり、2018年1月よりアニメ化された。
アニメーション作成はLerche。監督は安藤正臣である。漫画の一コマのような枠を使った描写が多く見られ、原作の雰囲気を残した作品になっている。エンディングでは毎回、原作漫画にて登場するコラム『足下の歩き方』を紹介している。

身長わずか九センチの小人たちと、言葉を話す動物や昆虫たちが共存し文化を形成する平和な世界。そんな世界に存在する山間の街マキナタの近くの森の大楠に暮らすミコチと居候のハクメイ。
料理上手で、商店街を歩けば食料品店から試食を頼まれるほどの人気者のミコチと、大工として風車の修理や刃物砥ぎを生業としているハクメイの二人を中心に街の小人たちや動物や昆虫たちとの交流の様子を描いたファンタジーチックな日常系アニメである。

『ハクメイとミコチ』のあらすじ・ストーリー/感想・考察

第1話『きのうの茜 と 舟歌の市場』

きのうの茜:ハクメイは日の出に見ると願いを叶えてくれるという『夕焼けトンビ』を捕まえようと、ミコチと共に目撃情報のあった山に登る。二人の前に現れた夕焼けトンビは、ミコチがかつて飼っていたカフゥという鳥だった。

舟歌の市場:買い出しの為にハクメイを連れ立って市場に訪れたミコチだったが、財布を亡くしてしまう。ミコチは財布を探しながら、市場のことをまだ知らないハクメイを案内することにする。財布を見つけた二人は、ハクメイ専用のマグカップを買うと行きつけの飲み屋で酒盛りをして夜を明かした。

renote.jp

第2話『ふたりの歌姫 と ガラスの灯 と 一服の珈琲』

ふたりの歌姫:エントリーしていないにも関わらず収穫祭の歌姫に選ばれてしまうミコチ。始めは嫌がっていたものの、収穫祭の歌が付喪神達を讃える歌だと知り、共に歌姫に選ばれたコンジュと共に歌うことにする。

ガラスの灯:魚の幽霊が出ると噂の沼で釣りをしていたハクメイとミコチは、ガラス玉に音を伝えることで骨を動かす研究をしているセンに出会う。魚の幽霊の正体はセンの研究成果である骨の魚だった。音を伝える為に使っていた子機を紛失した所為で魚を止められなかったセンだったが、その子機はハクメイがその沼で釣った魚ごと食べてしまっていたのだった。

一服の珈琲:ハクメイとミコチは行きつけの店ポートラウンジ小骨に訪れていた。小骨のマスターの動かなくなってしまったというミルを修理することにしたハクメイだったが、問題がないのにも関わらずミルは動かない。その日の深夜、ハクメイとミコチとマスターは動かなかったミルが付喪神になるところを目撃するのだった。

renote.jp

第3話『星空とポンカン と 仕事の日』

星空とポンカン:不注意により家を爆発させてしまったハクメイとミコチは、研究者のセンに家を建て直して貰う一晩の間だけ野宿することにする。野宿に抵抗のあったミコチだったが、ハクメイが作ったかまどで料理を作ったり、満天の星空を見たりして野宿を満喫する。

仕事の日:修理屋をしているハクメイは、師匠のような存在であるイタチの鰯谷と風車の修理をする。風車内は狭くイタチである鰯谷は入れない為、ハクメイだけが中で作業をするものの、ほんの一瞬気を抜いたが為に落下してしまう。鰯谷に助けられたハクメイは自分のミスに落ち込むが、鰯谷やミコチに励まされ元気を取り戻す。

renote.jp

第4話『仕事の日2 と ミミズクと昔話』

仕事の日2:新築祝いにミコチの家に来たコンジュは、ミコチが人気店である夢品商店に商品を卸していることを知る。夢品商店の常連であったコンジュはミコチの仕事を手伝うことにした。料理が完璧なミコチだったが石鹸作りが苦手だと知ったコンジュは、ミコチに石鹸作りを教える。しかし、コンジュは石鹸のアクセント付けに鍵の模様を付けていた時に鍵をそのまま石鹸に埋め込んでしまい、家から閉め出されてしまうのだった。

ミミズクと昔話:石鹸にはローズマリーを使うと良いとコンジュに教わったミコチはハクメイと共に山でハーブ採取をしていた。そんな二人の元に凶暴なハンターだと言うオロシが現れる。オロシに驚いたミコチは崖から落ち怪我をしてしまう。オロシを警戒した二人は洞窟の中で晩を明かすことにするものの、実はオロシは悪い奴ではなくハクメイから奪った干し肉の代わりに大量の木の実を届けに来る。ミコチはその木の実で料理を作りながらハクメイに昔話をするようにお願いするのだった。

renote.jp

第5話『組合の現場 と 大岩と飼い石』

組合の現場:ハクメイはお気に入りだった中通りの石垣補修を手伝わせて貰う為に、大工組合の石貫会を訪れるが会長であるナライに断られてしまう。どうにかして補修作業に関わりたいハクメイは、石貫会の一員として作業する鰯谷の道具研ぎを申し出る。毎日のように道具研ぎの為に現場に出てくるハクメイを見ていたナライはハクメイを現場入りさせることを許すのだった。

大岩と飼い石:石貫会の一員として、石垣補修を出来ることになったハクメイは石垣を安定させる為の飼い石の打ち込む作業を任される。しかし、中通りの顔とも言える大岩に石を入れた時、異様な音を聞いたハクメイは付近から人を遠ざける。すると大岩が砕け散ってしまう。大岩が無くなったことで空いてしまった隙間を埋める為に作業が止まってしまうものの、ハクメイのアイデアによって解決する。石垣補修を終わらせたハクメイはすっかり石貫会の一員として馴染むのだった。

renote.jp

第6話『卵の美容師 と 休みの日』

卵の美容院:ハクメイは森の中で卵の殻で出来た美容院を見つける。美容院の主人ジャダに髪を切って貰ったハクメイはジャダに気に入られ、床下のネジで卵の殻が転がらずにいるという美容院の秘密を教わるのだった。

休みの日:普段から付き合いの悪い鰯谷を、ハクメイとミコチは街に連れ出す。二人は滅多に街に来ない鰯谷を色々な店や名所に案内するものの、鰯谷は終始仕事の事ばかりを考えていた。そんな鰯谷の為に、ハクメイとミコチは普段から仕事をしている風車の下で仕事の話をしながら飲むことにするのだった。

renote.jp

第7話『樹上の梯子 と 都会的な生活 と 笑顔の写真』

樹上の梯子:以前、家を爆発させてしまったハクメイとミコチは改築を友人のセンに頼んだ。しかし、センは二人に黙ってミコチの家である楠にいくつも部屋を作っており、それを見つけて沢山の住人が勝手に住みついていたのだった。勝手に増えた住人達を嫌がるミコチだったが、ハクメイも元はと言えば突然増えた住人であったことを思い出すと彼らと仲良くしようと思うのだった。

都会的な生活:ミコチの家の上に住みついたクワガタのコハルは、都会的な生活がしたいとハクメイとミコチに相談する。相談を受けたハクメイとミコチはコハルを街に連れ出し、コハルの言う都会的な生活に必要な家具の購入を手伝う。しかし、慣れない家具の所為で不自由な生活になってしまったコハルは憧れの都会的な生活を諦め元の部屋に戻すのだった。

笑顔の写真:カメラマンのミミは次の街に向かう途中で雨に降られ、ハクメイとミコチの写真を撮る代わりに一晩泊めて貰うことにする。しかし、カメラを意識しない自然な写真を好むミミは、カメラを意識してしまう二人のシャッターチャンスを掴めないでいた。最後まで写真を撮ることが出来なかったミミは、出立前にミミも含めた三人で写った写真をハクメイにお願いされ、自然じゃないと言いながらも了承する。三人で撮った写真はカメラマンとして撮る側だったミミ自身が初めて映った写真なのであった。

renote.jp

kawaharu
kawaharu
@kawaharu

Related Articles関連記事

ハクメイとミコチ(第11話『夜越しの汽車 と 雨とテンカラ』)のあらすじと感想・考察まとめ

ハクメイはミコチを連れて、釣りをするために遠方にあるカノカン湖に行くことにした。釣りは朝に限ると、まだ日が昇らないうちから二人は汽車に乗り込む。しかし、カノカン湖に着く前に雨が降り出してしまい、それでも釣りをするというハクメイにミコチは不安がるのだった。 今回は「ハクメイとミコチ」第11話『夜越しの汽車 と 雨とテンカラ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハクメイとミコチ(第4話『仕事の日2 と ミミズクと昔話』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ハクメイとミコチ』とは樫木祐人による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品である。 新築祝いにミコチの家に来たコンジュは、ミコチが人気店である夢品商店に商品を卸していることを知る。夢品商店の常連であったコンジュはミコチの仕事を手伝うことにした。しかし、コンジュはミコチの家に鍵を忘れてしまい家に入れなくなってしまうのだった。 今回は「ハクメイとミコチ」第4話『仕事の日2 と ミミズクと昔話』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハクメイとミコチ(第8話『長い一日』)のあらすじと感想・考察まとめ

ハクメイとミコチは「なんでもあり」がモットーの蜂蜜館の新参と古参の争いに巻き込まれてしまう。蜂蜜館の現主人ヒガキはこの争いを止める為に、ハクメイとミコチの力を借りて魔法の酒である先代主人ウカイの蜂蜜ジュレップを完成させる。魔法の酒は新参と古参の仲直りのきっかけを作り、両者は仲良く宴会を楽しむのだった。 今回は「ハクメイとミコチ」第8話『長い一日』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハクメイとミコチ(第1話『きのうの茜 と 舟歌の市場』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ハクメイとミコチ』とは樫木祐人による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品である。 小人のハクメイとミコチは、願いを叶えてくれるという伝説上の生き物「夕焼けトンビ」を捕まえる為に山を登る。しかし、夕焼けトンビの正体は昔ミコチが餌付けしていたペットのカフゥだった。 今回は「ハクメイとミコチ」第1話『きのうの茜 と 舟歌の市場』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハクメイとミコチ(第12話『紅髪の記憶』)のあらすじと感想・考察まとめ

かつて行き倒れていた所を狼の緑尾老率いるキャラバン隊に助けられたハクメイは、近くを通るというキャラバン隊を一目見る為にコヨウ大岩を目指す。キャラバン隊に無事を伝えることが出来たハクメイは、すっかり帰る場所として馴染んだマキナタへ帰るのだった。 今回は「ハクメイとミコチ」第12話『紅髪の記憶』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハクメイとミコチ(第5話『組合の現場 と 大岩と飼い石』)のあらすじと感想・考察まとめ

ハクメイは大工組合の石貫会に顔を出すと中通りの石垣補修の手伝いを申し出るが、会長のナライに断られてしまう。中通りが好きだったハクメイは、どうにかして補修作業に関わろうと鰯谷の道具管理を任せて貰うことにして現場に顔を出し続ける。ナライはそんなハクメイを認めて現場に出ることを許すのだった。 今回は「ハクメイとミコチ」第5話『組合の現場 と 大岩と飼い石』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハクメイとミコチ(第10話『竹の湯 と 大根とパイプ』)のあらすじと感想・考察まとめ

仕事の忙しさから肩こりに悩まされたハクメイは、ミコチ共に近所に出来たという温泉宿に行く。しかし、清掃中で温泉が使えないことが分かると竹を切って帰り、自宅に竹の露天風呂を作ることにする。露天風呂を完成させたハクメイとミコチは、予約をして今度こそは温泉宿の温泉に入ろうと約束するのだった。 今回は「ハクメイとミコチ」第10話『竹の湯 と 大根とパイプ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハクメイとミコチ(第2話『ふたりの歌姫 と ガラスの灯 と 一服の珈琲』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ハクメイとミコチ』とは樫木祐人による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品である。 収獲祭に参加していたミコチは、エントリーしていないにも関わらず収穫祭の舞台で歌う歌姫に選ばれてしまう。始めは嫌がっていたものの収穫祭の歌が、付喪神を讃えるものだと知り共に歌姫に選ばれたコンジュと舞台に上がった。 今回は「ハクメイとミコチ」第2話『ふたりの歌姫 と ガラスの灯 と 一服の珈琲』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハクメイとミコチ(第6話『卵の美容師 と 休みの日』)のあらすじと感想・考察まとめ

ハクメイは森の中で卵の殻の美容院を見つけ、美容師のジャダと出会う。知り合ったばかりのジャダにカットを頼んだハクメイは、髪を短く切って貰う。ジャダはハクメイのことを気に入り、床下のネジで固定している為に卵の殻が転がらないというお店の秘密を教わるのだった。 今回は「ハクメイとミコチ」第6話『卵の美容師 と 休みの日』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハクメイとミコチ(第9話『水底のリズム と 凝り性の染め物』)のあらすじと感想・考察まとめ

研究者のセンは音で動く潜水艇の潜水実験に協力して貰う為に吟遊詩人のコンジュを呼ぶ。しかし、気難しい変わり者のセンと、明るく陽気なコンジュはお互いに反発し合いギスギスした空気になってしまう。さらに水底で潜水艇は動かなくなってしまった。明るい歌で潜水艇が動くことが分かったセンは、コンジュと共に歌い無事に地上に戻ったのだった。 今回は「ハクメイとミコチ」第9話『水底のリズム と 凝り性の染め物』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハクメイとミコチ(第3話『星空とポンカン と 仕事の日』)のあらすじと感想・考察まとめ

『ハクメイとミコチ』とは樫木祐人による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品である。 花火を作ろうとしたハクメイが持ち込んだ火薬が爆発し、家を失ってしまうハクメイとミコチ。友人のセンが家を作ってくれることになるものの一晩明かさなくてはいけなくなった二人は野宿をすることにする。ミコチは空に広がる満点の星に野宿の良さを知るのだった。 今回は「ハクメイとミコチ」第3話『星空とポンカン と 仕事の日』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ハクメイとミコチ(第7話『樹上の梯子 と 都会的な生活 と 笑顔の写真』)のあらすじと感想・考察まとめ

以前、家を爆発させてしまったハクメイとミコチは改築を友人のセンに頼んだ。しかし、センは二人に黙ってミコチの家である楠にいくつも部屋を作っており、それを見つけて沢山の住人が勝手に住みついていたのだった。勝手に増えた住人達を嫌がるミコチだったが、ハクメイも元はと言えば突然増えた住人であったことを思い出すと彼らと仲良くしようと思うのだった。 今回は「ハクメイとミコチ」第7話『樹上の梯子 と 都会的な生活 と 笑顔の写真』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents