三ツ星カラーズ(Mitsuboshi Colors)のネタバレ解説まとめ

44237 mitsuboshi colors pc

『三ツ星カラーズ』とは、作者「カツヲ」による漫画作品。2014年から月刊コミック電撃大王で連載を開始。2018年に「SILVER LINK.」製作でアニメ化。「赤松 結衣」「さっちゃん」「琴葉」の三人は、上野の平和を守る秘密組織「カラーズ」を名乗り、上野にあるアジトを拠点に今日も活動する。カラーズは新に元盗人野良猫の「モノクロ大佐」をメンバーに加え、警察官の斉藤や雑貨屋のおやじ、パン屋の笹木姉妹などと交流していく。可愛いが悪ガキなカラーズと上野に住む大人たちの日常を描くギャグコメディ。

『三ツ星カラーズ』の概要

21944 1 1

『三ツ星カラーズ』とは「カツヲ」による漫画作品。
2014年から『月刊コミック電撃大王』で連載を開始。
2017年にアニメ化の発表があり、同年に応援番組「天才!カラーズTV」がAT-Xで放送。
2018年に「SILVER LINK.」製作でアニメ化。全12話。
同年にニコニコ動画の『RPGアツマール』で、ゲーム「三ツ星カラーズ〜モノクロ大佐をさがせ!〜」が配信。
「AT-X」「BS11」「TOKYO MX」「サンテレビ」「KBS京都」で放送され、「AbemaTV」や「ニコニコチャンネル」などの格配信チャンネルでWEB配信も行われた。

OPとEDは、主人公の三人を担当する声優(高田憂希、高野麻里佳、日岡なつみ)が「カラーズ☆スラッシュ」名義で担当。
結衣・さっちゃん・琴葉のキャラクターソングも順次発売した。
アニメ制作会社ufotableが企画するイベントマチ★アソビとコラボし、本作の「マチ★アソビCAFÉ」が全国四箇所で開催。
カフェではキャラクターモチーフのドリンクやフード、グッズを販売。
2018年8月にはスペシャルイベント「TVアニメ『三ツ星カラーズ』スペシャルイベント~なつだ!やすみだ!みんなでおでかけ!~」を開催。

本作はカラーズの「赤松結衣」「さっちゃん」「琴葉」の三人が主人公で、リーダーの結衣を中心になる事が多い。
三人にはそれぞれ担当カラーが割り当てられ、結衣が赤、さっちゃんが黄色、琴葉が青となっている。
カラーズは上野の平和を守る秘密組織ということになっており、上野のどこかにあるアジトを拠点に活動している。
平和を守ると言っても怪人や悪党など具体的な敵が出るヒーロー物ではなく、上野を舞台にした日常ギャグコメディ。
実際に上野にある施設・商店街・交番・公園などが数多く登場する。

『三ツ星カラーズ』のあらすじ・ストーリー

A9ad1cfd s

「赤松結衣」「さっちゃん」「琴葉」の三人は、上野のどこかにある草むらにアジトを作り「カラーズ」という秘密組織を作っていた。
カラーズの活動目的は上野の平和を守ることであり、三人はアジトに集まって作戦を立て日々街の平和を守る。
結衣は、(他2人と比べると)常識的で少し引っ込み思案で、どこか抜けている女の子。担当カラーは赤。
さっちゃんは、口癖が「ウンコ」の騒がしくお調子者で、元気いっぱいな女の子。担当カラーは黄色。
琴葉は、知的であるが過激な発言をしたり暴力的な事を好み、常にゲームをしている女の子。担当カラーは青。

ある日、さっちゃんと琴葉がアジトでいつものようにダラダラしていると、床に見慣れない変な形の眼鏡が落ちていた。
そこへ結衣が大慌てで現れ「パンダみたいな猫がいた」と二人に言う。
その話題にあまり興味のない2人であったが、結衣が描いたパンダのような猫の絵がバケモノのようであったため、三人はそのバケモノ(パンダみたいな猫)を捕獲する事になった。
三人は始めに動物園前交番に勤務する警察官「斉藤」に情報を聞きに行くが、結衣の絵を見た斉藤はこんなバケモノは知らないと言う。
そしてヒーローごっこでいきなりプロの警察に助言を求めるのはズルいのではないかと指摘しつつ、パンダみたいな白黒の猫の目撃情報ならあると教えてくれる。
その猫は上野で盗みをしている泥棒猫で、捕まえれば本当に上野の平和を守った事になると斉藤に言われ、三人はますますやる気を出し商店街へ向かった。
三人は商店街にある雑貨屋「ホエールファクトリー」で、アジトにあった変な形の眼鏡と同じ物が売ってあった事に気づく。
琴葉は店主の「おやじ(鯨岡 大吾郎)」にパンダみたいな猫にこの眼鏡を一つ盗まれたのではないか聞くと、おやじはそうだと肯定した。
猫と眼鏡の因果関係に気づいた琴葉は「ゲームクリアー!」と決め台詞を言う。
琴葉がこの言葉をいう時は、謎がすべて解けた時である。
盗み癖のあるパンダのような猫はおやじの店で眼鏡を盗み、その眼鏡がカラーズのアジトにあった。
つまり猫もアジトを寝床にしている確率が高いとし、三人は待ち伏せして猫を見事捕獲した。
その事を斉藤に報告しに行くと、斉藤は本当に捕まえたのかと関心し、三人にその猫を飼うように言う。
警官の斉藤が野良猫を捕獲したとなると、猫は上野で自由に住めなくなってしまうが、三人が飼えば猫の平和も守られるのではないかと斉藤は言う。
上野の平和を守るという事は、人間だけではなく動物も含まれるのだという事に気づいた三人はアジトで猫を飼う事にした。
斉藤は内心三人のチョロさを笑い、自分の仕事が減ったと喜んでいたが、その事に気づいてかいないのか三人は猫の餌代を斉藤持ちにする事にした。
猫は「モノクロ大佐」と名づけられ、アジトを寝床にするようになった。
結衣に特に懐き、琴葉にも懐いているが、何故かさっちゃんにだけは懐かなかった。

おやじは度々三人に謎掛けを仕掛けたり、興味のありそうな話を持ち込んだりする。
謎掛けの景品としてトランシーバーをカラーズに与え、以降カラーズがかくれんぼする際の遊び道具となる。
斉藤は三人に絡まれ悪戯されながらも何かと世話を焼くが、子供の三人と同レベルの喧嘩をしたり意地悪をしたりするため、カラーズにとっては天敵のような存在であった。
青果店「黄瀬フルーツ」を営む「さっちゃんの母」は、ご褒美をあげ店の手伝いをカラーズに頼む。
ご褒美としてカラーズの好きな怪人キャラ「チューチューカブリラ」のきぐるみを与え、三人は喜んで着用した。
パン屋「ササキのパン」の娘「笹木ののか」や、その姉の「笹木ももか」とも交流を持ち、2人は街でカラーズを見かけると声をかけ、カラーズの遊びに付き合うこともある。
カラーズは、そんな上野の人々と交流を持ち見守られながら、上野の平和を守るために日々行動するのであった。

『三ツ星カラーズ』の登場人物・キャラクター

カラーズ

赤松 結衣(あかまつ ゆい)

0f496672 s

CV:高田憂希

カラーズのリーダー。小学生。担当カラーは赤。
他2人に比べると常識的であるが、時に辛辣なツッコミを入れたり悪ふざけに加担する事もある。
泣き虫で運動神経が悪く天然で、走ると一人だけ遅れてしまったり、かくれんぼの際に存在ごと忘れられることもある。
さっちゃんからの扱いが雑な事も多いが、結衣の方もさっちゃんに対して雑な扱いをする事もある。
さっちゃんと琴葉とは違う学校である「東京都台東区立湯門小学校」に通っていて、学校には田所と平井という友人がいる。
琴葉には自分達以外の友達が二人しか居ない事を弄られ、琴葉がゲームが下手な事を弄り泣かせ、自分も泣いて謝った事がある。
以降、怒ると怖いとされている。
斉藤に対してはカラーズでは一人だけ「斎藤さん」と呼び、斉藤の方も怒ると泣いてしまう一番まともな結衣の扱いに若干困る。
モノクロ大佐に懐かれており、アジトでは大佐のお世話係をしている。
ツッコミ担当ということになっているがツッコミにキレがなくスルーされがち。怒っている時はツッコミにキレがある。
結衣がギャグを言うと大抵スルーされる。

さっちゃん

D56707c6 s

CV:高野麻里佳

カラーズのメンバー。小学生。担当カラーは黄色。
実家は上野の商店街にある青果店「黄瀬フルーツ」で、お店では母親が働いている。
本名は不明であるが、お店の名前からさっちゃんの苗字は「黄瀬」であると分かる。
口癖が「うんこ」で、アニメ第一声が「うんこか?!」であるなど、いつでもうんこの話をしたがる。
騒々しく元気な性格で、自分を可愛いと思っているお調子者。
ちなみに可愛さについては、結衣からは「普通」と言われた。
運動神経は良いが少しおバカで、学校でもよく先生に怒られている様子。
琴葉からは雑に扱われがちで、時に頭を踏みつけられたりすることもある。
さっちゃんの何気ない一言が琴葉の笑いのツボに入る事が多いが、それを見た結衣が真似しても全くウケない。
モノクロ大佐からは何故か嫌われている。

琴葉(ことは)

C3d14517 s

CV:日岡なつみ

カラーズのメンバー。小学生。担当カラーは青。苗字は不明。
冷静で堂々とした性格で、バイオレンスな事を好み、いつも過激な発言をする。
人の頭を踏みつける趣味があり、さっちゃんや通行人などの頭を踏みつけた事がある。
カラーズの中で一番頭が良く、おやじの仕掛けた謎解きなどの推理が得意で、解決すると「ゲームクリアー!」と決め台詞を言う。
この決め台詞を取られると激怒する。
常にポータブルゲーム機を持ち歩いており、アジトでも街中でも構わずゲームをしている。
しかしゲームは下手で、意味のない所でボタンを連打したり、購入から三日経っても一面がクリア出来ない。
それを弱味として指摘されると動揺したり、結衣を怒らせてしまった際にプレイ中のゲームを進められネタバレされ泣き出すなど打たれ弱い面がある。
運動神経の良いさっちゃんの動きに付いて行けたり、さっちゃんを捻じ伏せる腕力を持っていて、身体能力は高いと思われる。

モノクロ大佐

B5146750 s

CV:???

パンダのような柄の猫。
元々は上野で盗みをしていた野良猫であったが、カラーズのアジトをねぐらにしており、それがきっかけとなってカラーズに捕獲される。
その際に「モノクロ大佐」と名づけられ、以降はカラーズがアジトで飼い、カラーズの一員となった。
大抵はアジトで寝ているが、アジトに居ない時は上野の色んな場所を練り歩いている。
結衣の落とした髪飾りを拾ったり、カメラのシャッターを押すなどとても賢い。
結衣に特に懐いており、さっちゃんには全く懐かない。

上野の人々

斎藤(さいとう)

82546767 s
keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

異世界食堂(Restaurant to Another World)のネタバレ解説まとめ

「異世界食堂」とは、犬塚惇平のライトノベル作品。2013年から小説家投稿サイト「小説家になろう」で連載し、2017年にはSILVER LINK.製作でアニメ化。現代日本にある洋食店「洋食のねこや」は、土曜日になると扉が異世界と繋がり、異世界の住人達が料理を食べにやってくる「異世界食堂」となる。異世界の客達が現代日本の洋食を食べる、所謂飯テロアニメ。客達の完璧な脳内食リポが特徴的。

Read Article

田中くんはいつもけだるげ(たなけだ、Tanaka-kun is Always Listless)のネタバレ解説まとめ

「田中くんはいつもけだるげ」とは、ウダノゾミによる漫画、及び「SILVER LINK.」製作のアニメ作品。2013年から「ガンガンONLINE」で連載開始し、2015年にアニメ化した。けだるく無気力な主人公「田中」と、田中を世話する同級生の友人「太田」の周りで起こる日常系コメディ。作中にはポケモンやドラクエなどの映画やゲームのパロディ要素がある。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(Butlers: Chitose Momotose Monogatari)のネタバレ解説まとめ

『Butlers〜千年百年物語〜』とは、原作である「Intouchable Butlers」をベースに「SILVER LINK.」により制作されたアニメ作品。千年の歴史を有し、特殊な能力を持つ『血族』。その一族から選ばれた『血霊』を守護する存在、バトラーズ。その血族達のある事故によって、神宮司高馬ことジェイは、時空のゆがみに巻き込まれてしまう。彼が降り立った場所は、自分のいた時代から百年も経過した世界だった。

Read Article

のんのんびより(Non Non Biyori)のネタバレ解説まとめ

漫画家あっとが書いた原作「のんのんびより」を基にした脱力系田舎ライフコメディアニメ。 この物語はとある田舎にある旭丘分校に通う子供たちの楽しい日常を描いた物語である。1期は2013年の10月から12月まで放送され、2期は2015年の7月から9月まで放送された。基本的に一話で完結する物語となっている。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第8話『白鳥蓮の憂鬱な一日』)のあらすじと感想・考察まとめ

春人だけでなく、蛍や蓮、藤代までもが血族の末裔であったことから、ジェイは自分の素性を彼らに明かす。 蓮はその突拍子もない話に有り得ないと首を振り、その後、藤代が力に目覚めたという話も信じずにいた。 しかし自身もバトラーとしての能力が開花してしまい、動揺した彼は学園内を彷徨う。 一方、御国は、ジェイ達の陰に隠れて不穏な動きをしていた。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第8話『白鳥蓮の憂鬱な一日』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第1話『運命の時』)のあらすじと感想・考察まとめ

転校して間もなく、名門・京常見学園の生徒会長に任命された神宮司高馬、通称ジェイは、日々の学園生活を送りながら、羽早川翔という人物を探し出すことに注力していた。 忙しない生徒会の仕事や行事に追われる中、ある日の就任式パーティで羽早川を見かける。 そして多くの生徒達が通うカフェで働いていることを突き止め、ついに彼と対峙する。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第1話『運命の時』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第12話『千年百年』)のあらすじと感想・考察まとめ

ジェイは、命を懸けた天奈の希望であるこの世界を救うことを選択した。そう決めたジェイは、羽早川と共に御国と対峙する。何度も繰り返される応酬の中、天奈の想いを守ろうとするジェイの意志に応えるように、右手のブレスレットが光り輝く。 そしてその輝きはペンダントの光となって、ジェイの希望であったものへと姿を変えていく。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第12話『千年百年』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第5話『名探偵ホームズの事件簿』)のあらすじと感想・考察まとめ

屋敷が取り壊されることを春人達から聞かされたジェイは、学園長の御国に直訴を試みるが、理事長からのお達しである以上、取り壊しは避けられないと告げられる。そんなジェイのために春人達は、屋敷の取り壊しを阻止しようとある行動を開始する。そしてついに、ジェイは羽早川から天奈のペンダントを取り戻すことに成功する。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第5話『名探偵ホームズの事件簿』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第9話『メッセージ』)のあらすじと感想・考察まとめ

ブレスレットに刻まれた「222〇」というメッセージが、この屋敷の「〇」に纏わるものだと判明する。 それを頼りに考えを巡らせたジェイは、天奈と過ごした思い出の中で、その「〇」に因んだものがあったことに気付く。やがて訪れた場所で、ジェイは天奈の想いが綴られた手紙を手にする。 一方、羽早川は黒澤達から、空のプラズマ事件が五年前にもあったという事実を知らされる。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第9話『メッセージ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第2話『表と裏』)のあらすじと感想・考察まとめ

羽早川が務めるカフェ・ド・ヴェインから、突然客足が遠のいてしまう。 その理由は、羽早川が女性を見境なくナンパしているとの噂がネットに流れたためだ。 この窮地を脱するため、店の常連客である藤代を筆頭に、更に羽早川の素性を調査するために訪れた春人達や偶然居合わせた黒澤、茶野も巻き込んで、彼らは店に客を呼び込もうとあることを始める。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第2話『表と裏』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第6話『過去の逆襲』)のあらすじと感想・考察まとめ

自分の強引な行いによって、春人に重傷を負わせてしまったことに罪悪感を覚えるジェイ。 同時に学園ではジェイに関する悪い噂が流れ始め、生徒会長を辞任する事態に追いやられてしまう。 そんな中ジェイは、春人に初めて自分の素性と目的を語り始めると、そこで血族に関する新たな事実が発覚する。そして羽早川の方でも、同じ事態に直面していた。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第6話『過去の逆襲』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第10話『愛執』)のあらすじと感想・考察まとめ

ジェイを心配してカフェ・ド・ヴェインへ向かおうとしていた春人達は、その途中で影山に襲われている黒澤と茶野に出会い、彼らから学園長の不穏な動きを知らされる。 その頃、互いに譲れない信念を掛けて、ジェイと羽早川は戦いに挑む。 しかしジェイは羽早川から彼の真意と、天奈の秘めた想いを知り愕然とする。 それを害するように、御国の魔の手が二人に忍び寄る。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第10話『愛執』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第3話『すれ違う思い』)のあらすじと感想・考察まとめ

学園では生徒会を中心に、町内会と協力して行われるイベントの準備に追われていた。 そんな中、再びジェイは羽早川の元を訪れ真意を確かめようと襲撃を掛けるが、本気を出した羽早川に抑え込まれ、またしても逃げられてしまう。 その現場に春人が駆けつけて介抱しようとするが、邪魔をするな、お前には関係ないと、ジェイは冷たい態度を露わにする。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第3話『すれ違う思い』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第7話『目覚めの時』)のあらすじと感想・考察まとめ

ジェイは怪我から復帰した春人と共に、生徒会室に続く地下室を訪れていた。 そこで彼は自分と天奈に起こった百年前の出来事、そしてブレスレットの謎の文字についてを説明する。 羽早川の方でも、血族の末裔と称する店長の橘と共に、突如現れたある予言の言葉を耳にしていた。 そんな中、蛍によって生じたある出来事きっかけに、新たな血族の末裔が出現する。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第7話『目覚めの時』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第11話『岐路』)のあらすじと感想・考察まとめ

天奈のペンダントと羽早川のブローチを影山に奪われたジェイは、後を追った先で御国と遭遇する。 御国が裏で暗躍していたことを知らされ、影山の失った家族に会いたいという強い意志を前に、ジェイは立ち尽くす。 羽早川と御国の双方の意見の食い違いは平行線を辿ったまま、やがて時空の歪みの入り口が開く。 全ての結末は、ジェイの意思に託される。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第11話『岐路』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第4話『華麗なる対決』)のあらすじと感想・考察まとめ

生徒会主体による町おこしイベントで、ジェイは急遽羽早川と「執事対決」をすることになる。 そこにジェイに個人的な恨みを持つ北園アヤメの妨害によって窮地に立たされるが、春人達の援護や、持ち前のバトラーとしての能力をいかんなく発揮していく。 そしてジェイは、以前天奈から贈られたブレスレットに隠された、ある秘密を目の当たりにする。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第4話『華麗なる対決』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents