リアル・スティール(Real Steel)のネタバレ解説まとめ

『リアル・スティール』とは、人間の代わりに高性能ロボットたちが激しい戦いを繰り広げる“ロボット格闘技”が人気を博す近未来を舞台にした痛快SFアクションムービー。落ちぶれた元プロボクサーの男と、彼の前に突然現れた11歳の息子が、スクラップ置き場で見つけた旧式ロボットATOMに希望を託し、親子の絆を深めながらロボット格闘技の王者を目指す姿を描く。アメリカ劇場初登場1位のヒットを放った。2011年制作。

フィン(演:アンソニー・マッキー、日本語吹替:堀内賢雄)

非公式のロボット闘技場クラッシュ・パレスを取り仕切り、賭けの胴元もやっているクールで計算高い男。
格闘資金不足のチャーリーから金を貸してくれと頼まれても、返す見込みがないからとスッパリとはねつけ、闇の闘技場・動物園に行けばと返す。
ATOMとゼウスの王者決定戦にも胴元として現れ、ATOMが1回戦で倒されることに大金を賭けたリッキーが賭けに負けると容赦なく取り立てる。

リッキー(演:ケヴィン・デュランド、日本語吹替:森田順平)

サン・デアンドロの町で格闘ロボットvs猛牛の試合を取りきっていた少々イヤミな男。
チャーリーが持参した格闘用ロボット・アンブシュと猛牛との戦いで勝つが、チャーリーが賭け金を払わずにトンズラしたことにひどく腹を立てる。
そして、ワールド・ロボット・ボクシングの前座でATOMがツィン・シチズを倒し、多額のファイトマネーを手に入れたチャーリーの前に現れ、彼を袋叩きにして金をすべて巻き上げてしまう。
調子に乗って、ATOMとゼウスの試合に大金を賭けるが予想が外れ、大損するハメとなる。

デブラ・バーンズ(演:ホープ・ディヴィス、日本語吹替:八十川真由野)

マックスの亡き母の姉。
富豪の妻で、妹や甥っ子を捨てたチャーリーを快く思っておらず、マックスの里親になろうとする。
チャーリーが父親らしいことをしたいと言うのを真に受け、夫とイタリア旅行に行っている夏の間マックスを彼に預ける。
夏が終わり、マックスを里親として受け入れるが、突然チャーリーが現れて息子の夢をかなえるために一晩だけ自分に預けて欲しいと請われると、彼の真意を理解しOKする。そして、夫とともにATOMとゼウスの試合に駆けつけ応援する。

マーヴィン・バーンズ(演:ジエームズ・レブホーン、日本語吹替:糸博)

デブラの富豪の夫。
妻をとても愛しており、彼女のためにマックスの親権を手に入れようと内緒でチャーリーと金で解決しようとする。
約束の金の半分を渡してマックスをチャーリーに預け、残りの半分はマックスが自分たちのところに来たときに渡すことにしたが、チャーリーは残りを受け取ろうとはせず意外な顔をする。
ATOMとゼウスの試合では、妻のデブラがリング上の激闘に興奮して気絶しかけるが、それを優しく支える心優しいダンナである。

タク・マシド(演:カール・ユーン、日本語吹替:手塚秀彰)

孤高の天才と呼ばれるロボット・デザイナー。公式戦のチャンピオン・ロボット“ゼウス”を作った。チャーリーが手に入れたノイジー・ボーイも彼が過去にデザインしたものだった。自信家で、いつも厳めしい顔つきをしている。
自身の最高傑作ゼウスは絶対にどんなロボットにも負けないと自負していたが、ATOMとの戦いで形勢が不利になるや、慌てふためき必死の形相で相手を倒そうと躍起になる。

ファラ・レンコヴァ(演:オルガ・フォンダ、日本語吹替:木下紗華)

ゼウスのスポンサーである富豪の娘。タク・マシドに史上最強ロボット・ゼウスを作らせ、彼と共にワールド・ロボット・ボクシング界に君臨している。
ATOMの強さを知った彼女は、ゼウスのスパーリング用に20万ドルで買いたいとマックス達に申し出るが、すげなく断られる。
ATOMとゼウスの王者決定戦の試合では、最初優勢だったゼウスが途中から形勢逆転され、タクに怒鳴り散らしてしまう。
判定のわずかなポイント差で何とかゼウスの優勝が決まったが、「予想通りの結果です」と言い放ち、観客からブーイングを受けまくる。

キングピン(演:ジョン・ゲイティンズ、日本語吹替:小森創介)

闇のロボット闘技場・動物園を取り仕切っているパンクなモヒカン頭の男。
自分のロボット・メトロをマックスがリモコン操縦するATOMと戦わせるが、相手が子供と見くびり、マックスがファイトマネーを釣り上げてもすんなりOK。
だが、ATOMが意外にしぶといのに驚き慌ててしまう。

『リアル・スティール』の登場ロボット

ATOM

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

トランスフォーマー(Transformers)のネタバレ解説まとめ

トランスフォーマー(Transformers)とは2007年にアメリカ合衆国公開された、変形するロボットをテーマにした玩具等の実写版アクション映画。監督はマイケル・ベイ、制作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ。 主人公サムはある日、変形するパトカーに襲われるが、その窮地を救ったのは変形する愛車だった。サムは知らないうちにある種族の戦争に巻き込まれようとしていた。

Read Article

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(BTTF2)のネタバレ解説まとめ

大ヒットSF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のPART2。監督は前作も手がけたロバート・ゼメキス。主人公マーティは、30年後にタイムトラベルしに行ったはずの親友ドクから今度は未来が危ないと告げられる。未来で起こる事件に関わる息子たちを助けるため、再びタイムマシン・デロリアンでタイムスリップする。

Read Article

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3(BTTF3)のネタバレ解説まとめ

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』とは、1990年のアメリカ映画で、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの完結作である。監督はロバート・ゼメキス。製作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ。 PART2のラストシーンで1955年に取り残されてしまったマーティの元へ届けられた一通の手紙。それは1885年にタイムスリップしたドクからの手紙だった。マーティは隠してあったタイムマシンでドクを助けるため1885年へタイムスリップする。

Read Article

ジュラシック・パーク(Jurassic Park)のネタバレ解説まとめ

『ジュラシック・パーク』とは、1993年に公開されたSF映画である。スリラー、ホラー、パニック、アクション、ドラマなど様々な要素で構成されている。マイケル・クライトンによる同名小説を原作としており、監督はスティーヴン・スピルバーグ。後に続編が公開されるジュラシック・パークシリーズの第1作。 バイオテクノロジーにより作られた恐竜が暴走し、恐竜に追われる恐怖と、仲間を守ろうとする主人公達の絆を描いており、生命や科学技術に関する倫理観が問われている。

Read Article

チャッピー(CHAPPiE)のネタバレ解説まとめ

“感情”や“意識”を持った人工知能内臓の学習型ロボット“チャッピー”を巡り、そのロボットの設計者、ロボットを強奪したギャング・グループ、設計者を妬む同僚などが入り乱れて、ユーモアを交えながら壮絶なアクションとサスペンスが展開する、2015年公開の近未来SF映画。監督は、独創的なSF映画「第9地区」(09)でデビューした南アフリカ出身のニール・ブロムカンプ。

Read Article

レディ・プレイヤー1(レディプレ、Ready Player One)のネタバレ解説まとめ

『レディ・プレイヤー1』とは、2018年に公開されたスティーヴン・スピルバーグ監督による近未来SFアクション映画である。 荒廃した近未来におけるVR世界「オアシス」を舞台に、オアシスの世界を愛する少年を主人公とした冒険を通し、VR世界と現実世界それぞれを模索していく様子が描かれる。80年代をメインとした映画をはじめ、あらゆるポップカルチャー要素が登場する。VRを取り扱った映画では最も成功した作品。

Read Article

レ・ミゼラブル(レミゼ、Les Misérables)のネタバレ解説まとめ

2012年に公開されたミュージカル映画。主役のジャンバルジャンが牢獄から仮釈放されるシーンから始まる。ジャンバルジャンを追いかけるジャベール警部、ジャンバルジャンに自分の子供を託すファンティーヌなどの登場人物たちにより彼の人生は激動の時代を駆け抜けることとなる。そしてフランス革命が起き、それぞれの人生が変わるのであった。一人の男の一生を描いた超大作である。

Read Article

バック・トゥ・ザ・フューチャー(BTTF)のネタバレ解説まとめ

1985年のアメリカ映画。公開当時、全米で『フューチャー現象』と呼ばれるブームが生まれるほど大ヒットしたSF作品。監督は視覚効果の匠で高い評価を受けるロバート・ゼメキス。主人公マーティが親友の科学者ドクの発明したタイムマシン「デロリアン」で30年前にタイムスリップしてしまう。マーティは未来を取り戻すため過去で奮闘する。

Read Article

グレムリン(Gremlins)のネタバレ解説まとめ

『グレムリン』とは、1984年にジョー・ダンテ監督による映画作品。当時、大学生だったクリス・コロンバスが書いた脚本をスティーブン・スピルバーグが気に入り映画化された。スピルバーグは制作総指揮として参加している。発明家の父親ランダル・ペルツァーから主人公の息子ビリーの元に、クリスマスの贈り物として「モグワイ」と呼ばれる地球外生命体がやってきた。素直で愛らしい姿を気に入り、ビリーは「ギズモ」と名付けて世話を始めるが、次第に予想不可能な事態へと発展していくというコメディーSFパニック映画である。

Read Article

【BTTF】バック・トゥ・ザ・フューチャーに隠された小ネタ・伏線・パロディまとめ【Back to the Future】

バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future)とは、1985年公開のアメリカ映画で、世界中で大ヒットしたタイムトラベルSF映画。バック・トゥ・ザ・フューチャー3部作の原点となるPart1に焦点をおいて、細かく小ネタを紹介。当時のアメリカを知らないとわかりにくいパロディなど、知ったら思わずもう一度観たくなる小ネタが満載。

Read Article

目次 - Contents