ナイトクローラー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ナイトクローラー』とは、刺激的な映像を求めて夜のロサンゼルスを駆けめぐる報道パパラッチの姿を通し、視聴率至上主義のテレビ業界の裏側を浮き彫りにしたサスペンススリラー。軽犯罪で日銭を稼ぐルイスは、報道スクープ専門の映像パパラッチの存在を知り、自分もやってみようと思い立つ。「ボーン・レガシー」などの脚本家として知られるダン・ギルロイがメガホンをとり、長編監督デビューを果たした。

フロンティエリ刑事(演:マイケル・ハイアット )

ルイスが撮影した高級住宅地のグラナダ・ヒルズで起きた殺人事件のニュース映像を見て、情報と証拠映像を求めてルイスの家を訪ねてきた刑事。
その後レストランで起きた銃撃事件が作られたものではないかと、ルイスの取調べを行った刑事でもある。
刑事はルイスの話が嘘だと気付きながらも証拠不十分で彼を逮捕できなかった。

リンダ(演: アン・キューザック、吹替:小林さとみ)

ニーナと同じテレビ局に勤める法務担当者。
ルイスが撮影した、高級住宅地のグラナダ・ヒルズで起きた殺人事件のスクープ映像を見たニーナに呼び出された人物。
ニーナに「法的、道徳的にどこまで放送できるのか?」と聞かれ「身元確認や近親者に了解を得ず放送することはできない」などアドバイスを行った。
ニーナの強引な方法に疑問を覚えつつも、「法的にはモザイクをかけて身元を隠し、住所を明かさなければ大丈夫だと思う」と法律的な面の発言をしている。

フランク・クルース (演:ケヴィン・ラーム)

ニーナと同じテレビ局に勤める編集担当。
ルイスの撮ってくる映像をニーナに見せられモラルや倫理、放送時間などを考えてニーナに助言をするが、彼女は彼の言うことは一切聞き入れず「放送する」で押し切られてしまっている。
また、ルイスが不法侵入を犯したことや、法律に違反しかねない、などと言った常識面での発言が多い。
事故や事件の関係者にコンタクトを取り、コメントを取るのも彼の仕事である。ニーナのやり方に疑問を覚えながらも、彼女の指示でニュース放送に向けて仕事を行っている。

警備員(演:マイケル・パパジョン)

物語冒頭、工事現場でフェンスの金網を盗んでいたルイスを発見した人物。
ルイスに身分証の提示を求めたが、適当にごまかされルイスに殴りつけられ気絶させられて以降登場しない。
また、殴られた際ルイスに腕時計を盗まれた。盗まれた腕時計はそれ以降ルイスが愛用している。

質屋のオーナー(演:ジョニー・コイン)

報道パパラッチの存在を知ったルイスが、ビデオカメラと警察無線受信機を調達するため、盗んだ自転車を売りに行った質屋のオーナー。
ルイスとの値段交渉でも頑として金額を上げなかったが、彼の話術に乗せられ自転車を800ドルで買い取り、ビデオカメラと警察無線受信機を渡した。
これ以降は登場しない。

カメラマン(演:エリック・ランジ)

ルイスが報道パパラッチの存在を知り、盗んだ自転車を売って手に入れた機材を使用し、初めてスクープ映像を撮影した現場でルイスと一緒に同じ事件を撮影していたカメラマン。
ルイスが被害者に近づきすぎて撮影したため、ルイスと一緒に警察に追い払われてしまった。
彼はその場でテレビ局に電話をかけ、スクープ映像を撮ったことや金額交渉を行っていた。その際、ルイスはずっと彼の後ろについて彼と電話の相手とのやり取りを聞き、観察し交渉の仕方を学んだ。
この場面以降は登場しない。

編集者 (演:キッフ・ヴァンデンヒューヴェル)

ルイスが初めて撮影しテレビ局に持ち込んだ際、ニーナと一緒に一番に映像を見ていた人物。初めてルイスが撮影した映像の不要部分の早送りや、巻き戻しなどを行っていた。
また、ルイスがテレビ局に映像を持ち込む度に、彼の映像を再生しニーナに見せていることが多い人物でもある。
言葉は発しない。また、後姿のショットが多いため顔はほとんど映らない。

『ナイトクローラー』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

私は粘り強い真面目な人間で、人一倍吸収力がある。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ライフ(2017年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ライフ』は、2017年にアメリカ合衆国で公開されたSFスリラー映画である。 ジェイク・ギレンホール、ライアン・レイノルズ、レベッカ・ファーガソン、真田広之らが共演している。未知の生命体の採取に成功し調査していた6人の宇宙飛行士達が、密室の無重力空間で直面する恐怖を描いた作品である。その生命体は次第に進化、成長し次々に宇宙飛行士達を襲い始める。ダニエル・エスピノーサが監督を務め、ポール・ワーニックとレット・リースが脚本を担当した。

Read Article

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(MCU版)のネタバレ解説・考察まとめ

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』とは、2019年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・コミック『スパイダーマン』の実写映画化作品としては7作目、再リブートシリーズとしては2作目、また、マーベル・コミックの実写映画で、世界観を共有するクロスオーバー作品として扱われたMCUシリーズとしては23作目の映画となる。高校の夏休みにクラスメイト達とヨーロッパ旅行へでかけた主人公のピーター・パーカーは旅先でスパイダーマンとしての任務が与えられ、再び戦いに出ることになる。

Read Article

目次 - Contents