Fate/Apocrypha(フェイト アポクリファ)のネタバレ解説まとめ

『Fate/Apocrypha』とは、ビジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』の外伝作品、及びそこから派生したアニメと漫画作品である。「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り二つの陣営に分かれた14人の魔術師(マスター)と14騎の英霊(サーヴァント)が戦い、競い合う「聖杯大戦」を描く。アニメは2017年7月から12月まで全25話構成で放送された。

CV:稲田徹

槍の英霊。厳しい僧兵の姿をした寡黙な大男。源義経と共に活躍した日本史上最も有名な僧兵だが、その正体は弁慶と同じく僧兵で、彼を演じる常陸坊海尊(ひたちぼう かいそん)。

弁慶と並び称せられる義経の配下のひとりだったが、義経が命を落とした戦いと知られる衣川の合戦で怖じ気づき、逃げてしまった。その後は自らの行いを深く恥じ、修行をして不死の仙人となり、弁慶の勇名を語り継ぐために彼を演じている。
その外見から厳格そうな人物に見えるが、本心はおどけたひょうきんもので、相撲と子供と遊ぶことが好き。

ゲオルギウス

CV:西前忠久

騎の英霊。赤と白の鎧と聖衣に身を纏った男性。「聖ゲオルギオス」「聖ジョージ」として名高きイングランドの守護聖人で、聖剣アスカロンを携え、ドラゴンを退治した逸話が有名であり、世界中のキリスト教徒から信仰されている。

高潔な人物で常に信義を尊び、弱い人々をいたわるはもちろん、悪人ですら「暴力でしか己を支えられぬ弱き人」として慈悲を以て接しようとする。しかし、不当な暴力で罪のない人間が傷付くことは見逃さず、剣を振るうべき時は躊躇わない。
ちなみに旅行とカメラが趣味であるという意外な一面を持ち合わせている。

坂田金時(さかた きんとき)

CV:遊佐浩二

狂の英霊。金髪碧眼とサングラスがトレードマークの、派手な格好をした筋骨隆々の青年。童謡にもなった「金太郎」の幼名でも知られる、平安時代の勇将・源頼光の4人の配下「頼光四天王」のひとり。

考えることよりも体が先に動き、派手好きな暴れん坊で傍若無人だが、本来は情に厚く悪党や卑怯なことを嫌う正義漢で、特に母子に優しく、子供たちに頼られ憧れるヒーローであろうとしている。ちなみにその外見に見合わず精神年齢は小学生並みで、召喚されてすぐに現代文化に馴染んでしまった。

赤のセイバーとアーサー王の決闘

6話で獅子劫が夢としてみた回想シーンは、アーサー王(stay nightのセイバー)が槍で赤のセイバーを貫くという派手な展開で演出となっている。
このシーンの元ネタ本や絵で語られる「アーサー王伝説」の、アーサー王と赤のセイバーことモードレッドの戦いの場面を元ネタにしており、アーサー王がモードレッドの腹を槍で貫いている所と、辺り一面に死骸や壊れた武器が転がっていて荒れ果てた雰囲気である所など共通点が多い。

赤のライダーの弱点

8話で黒のアーチャーが赤のライダーの弱点について解説している場面があり、それによると彼の宝具「勇者の不凋花」そのものとなっている強力な防御力を誇る肉体のうち、守られていないのは踵だけとなっている。ちなみに黒のライダーの正体で元ネタとなったアキレウスもギリシャ神話の中で、敵軍であるトロイアの王子バリスに弓で踵を射抜かれて命を落としている。

そして、このエピソードから踵にある腱のことを「アキレス腱」と呼ぶようになり、体の部位としての呼び方の他にも、人間が抱える一番の弱点という意味でも使われるようになった。

赤のアーチャーの耳と尻尾

赤のアーチャーの耳と尻尾は動物の持つそれで、初めて見た人の中にはアクセサリーだと思ったが、これは本物で、本人の体から生えている。
このキャラクターデザインの理由は大きく分けて2つが考えられている。1つは赤のアーチャーことアタランテが生後間もなく山に捨てられ、熊に育てられたからという設定。もう1つは「変身物語」というギリシャ神話を元にした古代ローマ文学で、卑しい人間と結ばれたことで神罰を受け、姿をライオンに変えられてしまったというエピソードに由来している。

召喚の触媒として使われた円卓の欠片

聖杯戦争において、魔術師がサーヴァントの召喚を行う際、「触媒」と呼ばれる古い時代の遺物を使うことがある。本作で実際に登場したその触媒は石版のようなもので、第1話において魔術協会の招集において時計塔の本部を訪れた獅子劫が、時計塔に所属するひとりの老魔術師から受け取っている。
老魔術師によるとこれはアーサー王伝説に登場した円卓の欠片で、老魔術師は「時計塔に保管されていた聖遺物でも秘蔵中の秘蔵だよ。アーサー王は言うに及ばず、ランスロット、ガヴェイン、トリスタン。これならば、有名なサーヴァントの召喚は確実だろう」と太鼓判を押している。

ちなみに円卓というのはアーサー王に仕えていた12人の騎士たちが集まっていた円形のテーブルで、彼らとアーサー王はこれに因んで「円卓の騎士」と呼ばれるようになった。

黒のセイバーの生前の最期

3話では黒のセイバーの回想シーンがあり、弱点である背中に槍のようなものが刺さって命を落としている演出となっている。
これは彼が登場したドイツの英雄叙事詩「ニーベルンゲンの歌」において、同じニーベルンゲンの歌の登場人物にして敵役であるハーゲンに後ろから槍を投げつけられて命を落としたのが元ネタとなっている。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

Fate/Grand Order(FGO)のネタバレ解説まとめ

「Fate/Grand Order」とは2015年に配信を開始したスマートフォン用アプリゲーム。原作は2004年に発表されたゲーム「Fate/stay night」で、Fateシリーズのキャラクターや今作のオリジナルキャラなどを召喚して戦うRPG。2016年の年末に第一部のストーリーが完結し、大きな話題となった。その後も動きがあるたびに話題を呼ぶ大人気ゲーム。

Read Article

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(FGOバビロニア)のネタバレ解説まとめ

『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』とは、スマホアプリゲーム『Fate/Grand Order』から派生したアニメ作品である。魔術王ソロモンによって奪われた人間の歴史を取り戻すため、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を探し求めて時代を渡り歩く魔術師の少年・藤丸立香が、紀元前2700年の古代メソポタミアの世界に降り立って、人類の滅亡を目論む「三女神同盟」に立ち向かう姿を描いた物語となっている。

Read Article

Fate/Zero(フェイト ゼロ)のネタバレ解説まとめ

『Fate/Zero』とはニトロプラスの虚淵玄の伝奇ライトノベル、及びそこから派生したアニメと漫画作品である。 「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り、7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦い、競い合う「聖杯戦争」を描いた物語で、アニメは2011年1月から第1期が全13話、2012年4月から第2期が全12話構成で放送された。

Read Article

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説まとめ

『Fate/stay night』とは、TYPE-MOONが開発するビジュアルノベルゲームのアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)の物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつであるセイバーがヒロインにしたルートを脚本にしている。2006年1月から6月まで全24話で放送された。

Read Article

Fate/stay night [Unlimited Blade Works](UBW)のネタバレ解説まとめ

『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』とは、ビジュアルノベルゲーム「Fate/stay night」のアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦う物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつである遠坂凛がヒロインにしたルートを脚本としている。 2014年10月から12月にかけて第1期、2015年4月から6月にかけて第2期がそれぞれ13話ずつで放映された。

Read Article

Fate/EXTRA Last Encore(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『Fate/EXTRA Last Encore』とは、マーベラスエンターテイメントから発売されたゲーム『Fate/EXTRA』を原作としたテレビアニメ作品である。2018年1月末に放送開始され、全13話が放映された。 月に存在するあらゆる願いを叶える力を持った霊子コンピューター「ムーンセル・オートマトン」内に作られた霊子虚構世界「SE.RA.PH」を舞台に”月の聖杯”をかけた魔術師と英霊による聖杯戦争を描いた物語。

Read Article

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』とは、月刊コンプエースで連載されていた漫画、及びそれを原作として2013年に全10話が放送されたテレビアニメ作品である。普通の小学五年生のイリヤスフィール・フォン・アインツベルン(愛称はイリヤ)が「魔術礼装:カレイドステッキ」であるマジカルルビーの力により魔法少女にし転身し、同じ魔法少女である、美遊・エーデルフェルト(愛称は美遊)と協力し、町に散らばるクラスカードを回収する任務をこなしていく。

Read Article

Fate/stay night[UBW] に隠された「アーチャー=衛宮士郎」の共通点と伏線に迫る!

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]における最大の秘密と言っても過言ではない「アーチャー=衛宮士郎」のキーワード。それ故に、本編ではこれを示唆する伏線・共通点が巧妙に描かれています。物語途中で気づいちゃった人もそうでない人も、とりあえず踏まえておいて損はないであろうシーンを振り返っていきましょう。

Read Article

目次 - Contents