ターミネーター4(T4、Terminator Salvation)のネタバレ解説まとめ

ターミネーター4とは2009年公開のアメリカ映画。世界的大ヒットシリーズ『ターミネーター』の4作目にして初めて未来世界に迫り、これまでの原点を辿る終末への新たな船出となるSFアクション。審判の日以後の荒廃した未来を舞台に、機械軍に追いつめられたジョン・コナーら人類抵抗軍の存亡をかけた壮絶な戦いを圧倒的スケールで描く。主演はクリスチャン・ベール。監督は「チャーリーズ・エンジェル」シリーズのマックG。

『ターミネーター4』に登場するターミネーター・戦闘マシン

T-600

生身の人間を模した外見を持った人型ターミネーターであり、初の量産機である。
一部のT-600はチタン合金製の金属骨格をゴム製のカバー(皮膚)で覆っているが、ゴム製であるが故に容易に識別可能である。更に、身長は2メートル以上で声も機械的、加えて稼動部の発する駆動音は骨格をカバーや衣服で覆っても防音しきれないほど大きく、明らかに擬態としては甘く、その後の潜入タイプのターミネーター開発における過渡期の機体ともいうべき存在とも言える。

T-700

人型ターミネーターの第2段階モデル。T-800の前段階として量産された。
T-600を小型化した機体だがT-800よりは大きく、基本的にはT-600と変わらない構造と形状を持ち「シリーズ700」とも呼称されている。
サンフランシスコにあるスカイネットセントラルの工場で生産されており、配備もセントラルのみである。劇中ではエンドスケルトン(内骨格剥き出し)状態で登場するが、皮膚(正面が剥けている顔を布、身体を服で覆っているので、ゴムなのか生体細胞なのかは不明)で覆われている個体も存在する。

T-800

スカイネットにより2018年に試作され、2026年に量産が開始された人間抹殺用のターミネーターである。
『T2』ではスカイネット側が送り込んだ新型ターミネーターT-1000から少年期のジョンを守るため、人類側からもジョンを守るよう再プログラミングを受けたT-800が送り込まれ、死闘を繰り広げた。
本作では、唯一完成された状態で登場するターミネーターで、既に骨格が生体組織で覆われている。スカイネットセントラルに潜入し、囚われた人々を救出しながら、カイル・リースを探していたジョン・コナーの前に現れ、持ち前の圧倒的なパワーを駆使してジョンを苦戦させる。 カイルを保護しながら戦うジョンにグレネードランチャーで生体細胞を焼き落とされるものの、特に問題なく行動し、ジョンを窮地に追い込むが、マーカス・ライトに妨害される。終始優勢を保ちマーカスに心臓への強力な打撃を浴びせ戦闘不能に追い込むが、ジョンに溶鉱の貯まったタンクを破壊されて溶鉱を浴びせられ、さらに液体窒素を浴びたことで一時的に動きを止められてしまう。 だが、間接部分に固まった溶鉱を破壊して自由になり、マーカスを蘇生させようとしたジョンを背後から鉄骨で刺し貫き瀕死に追い込むが、直後に蘇生したマーカスに、ジョンを貫いた鉄骨を逆に利用されて首を引き千切られ、破壊された。

ハンターキラー

スカイネット所有の「狩人を殺す者」という名を持つ人工知能搭載の掃討用移動戦闘マシーン。通称「HK」。
未来世界では、ターミネーターと並ぶ機械軍の主戦力であり、ターミネーターシリーズすべてに登場する。

トランスポート

大型輸送機のターミネーター。ハーヴェスターが捕獲した人間をスカイネットの基地まで運ぶために運用される。
これまでに登場したターミネーターの中では最大級のサイズを誇り、自身は非武装だが、多数の人間に加えて大型ターミネーターを含む捕獲部隊を搬送する空中母艦ともいうべき積載力を有している。
エンジンポッドは前後2基ずつの計4基を装備している。エンジンポッドを90度傾斜させることで、VTOL(垂直上昇)やホバリングの能力を備えている。
機首部分はそのままハッチになっており、捕獲した人間をそこから移動させるようになっている。

ハーヴェスター

人間捕獲用の巨大ロボット型ターミネーター。ハーヴェスターとは、「収獲機」を意味する。
人型に近いが、脚は逆関節で頭部が無い。
左肩にはショルダーキャノンが装備されており、逃走にする者があれば捕獲せずにそのまま破壊してしまう。胴体上部の視覚センサーとショルダーキャノン本体内蔵のレーザー照射による2重捕捉式により射撃の精度は高く、走行中の車でもでほぼ百発百中である。
巨体から繰り出されるパワーが最大の武器で、建造物を破壊して内部に潜んでいる人間達を両腕のマニピュレーターで生け捕りにする。また、低い機動性を補うために両脚部にはモトターミネーターを格納している。長距離移動の際はトランスポート上部に収納される。

モトターミネーター

ハーヴェスターの両脚部に格納されている自走式バイク型のターミネーター。
機動性の低いハーヴェスターの欠点を補い、車などで高速度で逃走する人間を追跡・抹消・捕獲することを主な任務とする。
地上型のターミネーターの中でも頭抜けた機動性と追跡能力を有している。また、人型ターミネーターを搭乗させるためかハンドルグリップも備える。耐久力もかなり高く、高速走行中に転倒・衝突しても容易に撃破には到らず、執拗に追跡を続行する。
音に敏感という性質を利用してジョンが捕獲し、チップを制御されて彼のバイク代わりに使われるシーンがあるが、従来のターミネーターと同じく、プログラムを書き換えれば味方にできる。

エアロスタット

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ターミネーター2(T2、Terminator 2: Judgment Day)のネタバレ解説まとめ

大ヒットを記録したジェームズ・キャメロン監督のSFアクション大作「ターミネーター」の続編。核戦争後の西暦2029年、抵抗する人類の指導者コナーの母親暗殺に失敗した機械軍は、1994年の過去の世界に新型ターミネーターを送り込み、少年時代のコナーを抹殺しようとする。前作で「史上最強の悪役」としてスクリーンに登場したアーノルド・シュワルツェネッガーが、今度は少年時代のコナーを助けるヒーローとなる。

Read Article

ターミネーター3(T3、Terminator 3: Rise of the Machines)のネタバレ解説まとめ

2003年公開の大ヒットシリーズ第3作。監督は前作までのジェームズ・キャメロンからジョナサン・モストウに交代。主演はアーノルド・シュワルツェネッガー。“T-1000”との壮絶な死闘から10年、青年となったジョン・コナーの前に突如として女性型ターミネーターT-Xが出現。抵抗軍の重要人物となる人々を次々抹殺し始めた。そこへジョンを守るべくあのT-800と同じ形状のターミネーターが姿を現わす。

Read Article

ターミネーター:新起動/ジェニシス(Terminator Genisys)のネタバレ解説まとめ

ハリウッド俳優アーノルド・シュワルツェネッガー主演のSF超大作『ターミネーター』シリーズの第5弾。主演のアーノルドが同作に約12年ぶりに復帰したことでも話題に。『ターミネーター』は未来で起こる人類vs機械軍との生き残りをかけた壮絶な戦いを描いた作品。アーノルドは、未来を変えるべく過去に送り込まれたアンドロイドを演じている。監督は「マイティ・ソー ダークワールド」のアラン・テイラーが務めている。

Read Article

ターミネーター(The Terminator)のネタバレ解説まとめ

1984年製作のアメリカ映画。ジェームズ・キャメロン監督の記念すべき出世作で、主演のアーノルド・シュワルツェネッガーも大スターへの突破口となった、SFバイオレンス映画の傑作。人間とサイボーグが対立する近未来の地球から、未来の革命リーダーの母となる人物を抹殺するため、過去のロサンゼルスに送り込まれた不死身のサイボーグ・ターミネーターと、それを阻止するため人間側が送り込んだ革命戦士が死闘を展開する。

Read Article

ダークナイト ライジング(The Dark Knight Rises)のネタバレ解説まとめ

2012年に公開された、アメリカ・イギリス共同制作の実写アクション映画。監督はクリストファー・ノーラン。 ゴッサム・シティに平和が訪れ、ブルース・ウェインもバットマンを引退していた。しかしベインと名乗るテロリストが現れ、ゴッサムは再び壊滅の危機にさらされる。 バットマンとして復活したブルースが、窮地に陥りながらも、ゴッサムのために命を懸けて戦う姿が描かれる。

Read Article

目次 - Contents