ターミネーター4(T4、Terminator Salvation)のネタバレ解説まとめ

ターミネーター4とは2009年公開のアメリカ映画。世界的大ヒットシリーズ『ターミネーター』の4作目にして初めて未来世界に迫り、これまでの原点を辿る終末への新たな船出となるSFアクション。審判の日以後の荒廃した未来を舞台に、機械軍に追いつめられたジョン・コナーら人類抵抗軍の存亡をかけた壮絶な戦いを圧倒的スケールで描く。主演はクリスチャン・ベール。監督は「チャーリーズ・エンジェル」シリーズのマックG。

スター(演:ジェイダグレイス・ベリー)

カイルと2人で行動を共にする少女。
戦争のトラウマが原因で言葉が喋れないが、カイルとはジェスチャーで会話することもある。聴覚に特に不自由はないようで、マーカスの言葉は理解できる。
また、敵のマシーンの気配・接近をいち早く察知する能力を持つ。
カイルと共に拉致され、スカイネットの基地へ移送されるが、幼いながらも胆が据わっていてよく気が付き、弾の補充、ジョンが取り落とした起爆装置の回収など好サポートを見せた。

ブレア・ウィリアムズ(演:ムーン・ブラッドグッド)

人類抵抗軍のジョン率いる部隊に所属する女性パイロット。
戦闘機で敵のトランスポーターを追撃中に護衛の飛行型ハンターキラーに襲われて機体が被弾したためにパラシュートで脱出。降りた先でマーカスと出会う。マーカスの心臓の鼓動を聞き、その体温に触れて善人であることを確信したうえ、彼が機械の身体であることを知っても敵ではないと信じ、脱走の手引きをする。

ケイト・コナー(演:ブライス・ダラス・ハワード)

抵抗軍の軍医。ジョンの子を妊娠している。
かつてはジョンと幼馴染で同じ中学に通っていた同級生だった。
地雷を踏んだマーカスを治療中に、皮膚の下から金属の骨格を発見する。最後は瀕死状態のジョンを助けるべくマーカスから提供された心臓を彼に移植した。

バーンズ(演:コモン)

人類抵抗軍のジョン率いる部隊に所属する幹部であり、ジョンの右腕。
スカイネットや機械軍への敵対心は強く、ブレアがマーカスの脱走に手を貸した折には躊躇していた部下たちとは対照的に、彼女を巻き添えで殺すのも覚悟のうえでマーカス目掛けてRPG-7を発射した。ジョンが司令官と対立し、任務を解任すると告げられた際は「自分は聞こえなかった」とあくまでもジョンへの信頼を裏切らない姿勢を見せた。

アシュダウン将軍(演:マイケル・アイアンサイド)

人類抵抗軍の将軍で、司令部から軍を統括する将軍たちの筆頭格。
警戒心が強く、司令部(潜水艦)の位置をスカイネットから隠そうとしている。
スカイネット基地壊滅には民間人を含めて犠牲が出るのはやむを得ないと思っており、民間人の保護を優先するジョンと対立。最終的にはジョンの呼びかけで抵抗軍の全員がジョン側に回ったことで作戦は遂行されず、スカイネットの罠にはまったことで位置を突き止められ、攻撃を受けた潜水艦と運命を共にする。

ロシェンコ将軍(演:イヴァン・グヴェラ)

人類抵抗軍に属するロシア人の将軍で、アッシュダウンの片腕。
ジョンや彼の部隊の能力や実績を評価しており、重要な作戦を任せるようアッシュダウンに進言した。
また、ジョンの願いに応じて自分たちが入手した「ジョンが2番目で、カイルは最優先の抹殺ターゲット」という衝撃的なスカイネットの極秘情報を教えた。
最終的にはジョンの主張が正しくアッシュダウンの作戦が間違っていたことを悟り、それをジョンに伝えながらアッシュダウンと共に爆死した。

セレーナ・コーガン(演:ヘレナ・ボナム=カーター)

サンフランシスコ在住の女性科学者。2003年に獄中のマーカスを度重なる説得で献体となることを承諾させる。
マーカスの承諾を得る前から末期ガンに蝕まれており、審判の日以前に死亡しているが、マーカスがスカイネット基地に潜入しシステムに同期した際に、彼に何が起こったのかを知るための手がかりを教える映像に登場する。

バージニア(演:ジェーン・アレクサンダー)

小さな村のガソリンスタンド兼コンビニを根城に、自警団のようなものを構成する一味のリーダー的存在の老婆。
カイルとマーカスがガソリンを分けてもらいに来た時、渋る仲間を遮って彼らに食糧を与える。カイルとスターと一緒にハーヴェスターに拉致され、トランスポーターでスカイネットの基地へ捕虜として移送される。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ターミネーター:新起動/ジェニシス(Terminator Genisys)のネタバレ解説まとめ

ハリウッド俳優アーノルド・シュワルツェネッガー主演のSF超大作『ターミネーター』シリーズの第5弾。主演のアーノルドが同作に約12年ぶりに復帰したことでも話題に。『ターミネーター』は未来で起こる人類vs機械軍との生き残りをかけた壮絶な戦いを描いた作品。アーノルドは、未来を変えるべく過去に送り込まれたアンドロイドを演じている。監督は「マイティ・ソー ダークワールド」のアラン・テイラーが務めている。

Read Article

ターミネーター(The Terminator)のネタバレ解説まとめ

1984年製作のアメリカ映画。ジェームズ・キャメロン監督の記念すべき出世作で、主演のアーノルド・シュワルツェネッガーも大スターへの突破口となった、SFバイオレンス映画の傑作。人間とサイボーグが対立する近未来の地球から、未来の革命リーダーの母となる人物を抹殺するため、過去のロサンゼルスに送り込まれた不死身のサイボーグ・ターミネーターと、それを阻止するため人間側が送り込んだ革命戦士が死闘を展開する。

Read Article

ダークナイト ライジング(The Dark Knight Rises)のネタバレ解説まとめ

2012年に公開された、アメリカ・イギリス共同制作の実写アクション映画。監督はクリストファー・ノーラン。 ゴッサム・シティに平和が訪れ、ブルース・ウェインもバットマンを引退していた。しかしベインと名乗るテロリストが現れ、ゴッサムは再び壊滅の危機にさらされる。 バットマンとして復活したブルースが、窮地に陥りながらも、ゴッサムのために命を懸けて戦う姿が描かれる。

Read Article

ターミネーター2(T2、Terminator 2: Judgment Day)のネタバレ解説まとめ

大ヒットを記録したジェームズ・キャメロン監督のSFアクション大作「ターミネーター」の続編。核戦争後の西暦2029年、抵抗する人類の指導者コナーの母親暗殺に失敗した機械軍は、1994年の過去の世界に新型ターミネーターを送り込み、少年時代のコナーを抹殺しようとする。前作で「史上最強の悪役」としてスクリーンに登場したアーノルド・シュワルツェネッガーが、今度は少年時代のコナーを助けるヒーローとなる。

Read Article

ターミネーター3(T3、Terminator 3: Rise of the Machines)のネタバレ解説まとめ

2003年公開の大ヒットシリーズ第3作。監督は前作までのジェームズ・キャメロンからジョナサン・モストウに交代。主演はアーノルド・シュワルツェネッガー。“T-1000”との壮絶な死闘から10年、青年となったジョン・コナーの前に突如として女性型ターミネーターT-Xが出現。抵抗軍の重要人物となる人々を次々抹殺し始めた。そこへジョンを守るべくあのT-800と同じ形状のターミネーターが姿を現わす。

Read Article

目次 - Contents