RCサクセション(RC Succession)の徹底解説まとめ

RCサクセション(RC Succession)とは、1970年にデビューした日本のロック・バンド。ヴォーカリストの忌野清志郎とギタリストの仲井戸麗市を中心に、数々の名曲・名盤を残してきた。現在でも多くのミュージシャンが影響を受けたバンドとして名前を挙げている。1991年に活動休止状態に入り事実上の解散。2009年5月2日、忌野清志郎の死去により、RCサクセション復活の夢は永遠に絶たれた。

1980年1月21日リリースのシングルで、RCのみならず、日本のロックの代表曲のひとつ。
仲井戸がギター・リフとコード進行を生み出し、それに清志郎が歌詞とメロディをのせて完成させた。
歌詞は当時清志郎が乗っていた中古の日産・サニークーペが雨により故障してしまったという実話と、女の子との情事の様をダブルミーニングにしてある。
ライヴで披露する際はシングル・リリース時とは若干違う歌詞で歌われることが多い。

よォーこそ

1980年6月5日リリースのアルバム「RHAPSODY」に収録されていた曲。
スタジオ録音盤は存在しない。
ライヴ・ショーの始まりを高々と宣言するオープニングにふさわしい曲。
軽快なビートに乗って、次々とメンバーを紹介していく様は、ロックでもあり、ソウルフルでもある。
後半ブルーディホーンズによって挿入されるソウル・ナンバーはオーティスの「I Can't Turn You Loose」である。

トランジスタ・ラジオ

1980年10月28日リリースのシングル。
まさに怒涛の勢いで人気・実力が上昇していった時期に出された、勢いの良いギターのパワー・コードに導かれて始まる、オーソドックスなコード循環の非常にキャッチーなナンバー。
「授業をサボッて屋上でタバコを吸っている」という歌詞は日野高校時代の清志郎の実体験である。
1992年11月、デビュー前の山崎まさよしがキティ・レコードからこの曲のカヴァーのCDシングルをリリースしている。

いい事ばかりはありゃしない

1980年12月5日リリースのアルバム「PLEASE」に収録されていた楽曲。
極上のソウル・ナンバーになっている。
暗黒時代に作られた楽曲で、当時のサブ・マネージャーのオオシロ氏の実体験を元に歌詞が作られているという。「月光仮面が来ない」というのは「(あの娘の)生理が来ない」ということ。

ロックン・ロール・ショー

1981年11月21日リリースのアルバム「BLUE」のオープニング曲。
ハイハットとバス・ドラが印象的なドラムスとギター・リフの絡むイントロが格好良い。
1980年年4月5日、久保講堂でのライヴで披露された時には、まだこのドラムスのイントロはついていなかった。
まさに「そこのけ! そこのけ!」といった感じで回りを蹴散らしながら前進していく、堂々とした佇まいがある。
間奏のギター・ソロではジミ・ヘンドリックスの「紫の煙」やクリームの「サンシャイン・ラヴ」のフレーズが飛び出してくる。

多摩蘭坂

1981年11月21日リリースのアルバム「BLUE」に収録されていた名バラード。
この曲に関して清志郎はこう語っている。
「住んでたんです(笑)。多摩蘭坂のところに家を借りて。20代半ばぐらいですかねえ。あの『シングル・マン』のちょっとあとぐらいだと思うんだよね。この曲、好きです。でも、これは自分の中で珍しい作りになってますよね。こう囁くように唄い出して、徐々に坂を登っていくように盛り上がってですね、途中のサビでもう大張り上げ大会んなって、最後に下っていくという。あたかも坂のようなこう(笑)」
ちなみに「多摩蘭坂」は当て字で、実際には「たまらん坂」とひらがな表記であるが京王電鉄バス停の名前はこの漢字表記が採用されている。

つ・き・あ・い・た・い

1982年10月25日リリースのアルバム「BEAT POPS」に収録されていた曲。
2ヶ月後の12月15日にはシングル・カットされている。
2つのコードしか使用されていないシンプルで勢いのいいロックン・ロール・ナンバーである。

Oh!Baby

198年6月1日リリースのシングルで、アルバム「OK」にも収録された。
のちに清志郎夫人となる井さんのことを歌った切ないラヴ・ソング。
このシングル発売当時、とある女性タレントがラジオから流れてきたこの曲を聴いて、思わず号泣したというエピソードがある。

ドカドカうるさいR&Rバンド

yamada3desu
yamada3desu
@yamada3desu

目次 - Contents