しろくまカフェ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『しろくまカフェ』とは、2006年に第22回コミックオーディション銀の花賞を受賞した、ヒガアロハのデビュー作。漫画は「月刊flowers」(小学館)にて連載中。アニメは2012年4月5日から2013年3月28日までテレビアニメが放送されていた。カフェを営むしろくまと常連客のパンダや動物たち、それを取り巻く人々が繰り広げるほのぼの系ギャグ漫画。動物たちはごく自然に人間社会に溶け込み、種族間の隔たりなく会話をしている。

CV:遠藤綾
第1話でナマケモノさんをしろくまカフェに連れてきたところ、そのまましろくまカフェでアルバイトとして働くことに。シロクマくんが店を空ける際、カフェの切り盛りを任せられている。明るくしっかり者でシロクマくんのダジャレにツッコミを入れることもあるが、天然ボケな一面もある。しろくまカフェを訪れた半田さんにひとめぼれされる。

半田さん

CV:羽多野渉
動物園でパンダの飼育員をしている。しろくまカフェで笹子さんと出会い、ひとめぼれをしてしまう。お人よしであるがためにお年寄り、子ども、動物たちからモテるが、女性からはもてない。パンダ君、常勤パンダさんをお説教しているにも関わらず、逆に言いくるめられてしまうこともある。パンダのような体型であるためにパンダ君の妹メイメイから好かれている。ペンギンさんが大家をしているエンペラーハイツに住んでおり、家事も卒なくこなし、部屋もきれい。内気で女性の前ではシャイ。合コンの誘いは「お風呂掃除をしなければならない」、メイメイのお茶の誘いを「トイレの電球が切れてしまったから」と言って断ろうとすることも。

パンダママ

CV:森川智之
「大熊猫」という名前の邸宅に住むパンダくんのママ。「家でゴロゴロするのが好き」だという息子のパンダ君をよく掃除機で吸い、お仕置きする。ガーデニングが趣味で、アイドルグループ「ヤマアラシ」のファン。キングペンギンやエゾリスママとはお友達で、一緒にケーキバイキングに行ったり、「ヤマアラシ」のコンサートに行っている。

グリズリーさん

CV:中村悠一
第6話から登場するシロクマくんの幼馴染み。「BAR THE GRIZZLY」のマスター。客はライオンやワニといった「強面」が大半。グリズリーさん本人も見た目は強面で短気で粗野な性格をしているが、面倒見がよく、よくシロクマくんの手玉に取られてしまう。冬は冬眠をするのだが、どうでもいいことでシロクマくんに電話で呼び出され、渋々付き合うこともある。愛車のハーレーで北米を縦断したこともあるなど、ワイルドを気取る言動と行動はほのぼの系のシロクマくんと対照的。ペンギンさん同様、パンダくんとシロクマくんのツッコミにまわることが多い。アニメでは冬眠明けに母親が訪ねてくる。母親の前では言葉遣いも柔らかい。

常勤パンダさん

CV:小西克幸
ふれあい動物園で働く週7日「パンダ」として働く。基本的に法事や子供の授業参観などでしか休まない。趣味はプラモデルで中国に実家がある。勤務中によく内職をしては半田さんに注意をされる。言動は家庭を背負って人生に疲れている中年男性そのままであり、パンダ好きのリンリンに「同じパンダなのになんでパンダくんばかり…」とぼやく。物語後半でシンガポールの動物園に転勤した。

ラマさん

CV:小野大輔
しろくまカフェの常連客。ふれあい動物園のラマ館で働く。草を食べることが特技であり、好物。竹を食べるとお腹痛くなる。礼儀正しくマイペースな性格で、悩みは動物園であまり注目されず、声をかけないと知り合いですら素通りされそうになること。アルパカとよく間違えられる。スマホを舌で操作して使う。ペンギンさんから恋愛相談を持ち掛けられることも。趣味は盆栽で食べることで形を整えている。ペン子達を見分けることができる。

リンリン

CV:川島得愛
本名は林厘太郎(はやしりんたろう)。花屋を営んでいる。イケメンで女性からモテる。パンダ君のことが大好きでいつもご機嫌を取ろうと奮闘しているが、パンダ本人からは苦手とされている。中身が中年男性な常勤パンダは可愛いと感じないために関心がない。

ペン子さん

CV:矢作紗友里
アニメオリジナルキャラクター。パン屋で働いているペンギンさんが憧れているペンギン。1羽だと思っていたペン子は7羽おり、シフトを組んで働いていた。名前は、ペン子、ペン美、ペン奈、ペン花、ペンニュエル、ペン乃、ペンジョリーナ。

ナマケモノさん

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents