しろくまカフェ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『しろくまカフェ』とは、2006年に第22回コミックオーディション銀の花賞を受賞した、ヒガアロハのデビュー作。漫画は「月刊flowers」(小学館)にて連載中。アニメは2012年4月5日から2013年3月28日までテレビアニメが放送されていた。カフェを営むしろくまと常連客のパンダや動物たち、それを取り巻く人々が繰り広げるほのぼの系ギャグ漫画。動物たちはごく自然に人間社会に溶け込み、種族間の隔たりなく会話をしている。

営業ペンギンたち

しろくまカフェでペンギンカードの在庫を抱えて話し合いをしているピゴセレス属の営業ペンギンたち。パンダくんが話し合いのところに混じったところ、ピゴセレス属のペンギンたちは自己紹介をはじめた。

しろくまカフェにやってきたピゴセレス属の営業ペンギン(アデリーペンギン、アゴヒモペンギン、ジェンツーペンギン)たち。どうやったらペンギンカードの在庫が売れるのかを思案しているが、一向にいいアイデアが思い浮かばない。シロクマくんやパンダくんもアイデアを出すが、微妙な案しかでない。神経衰弱でペンギンカードは売れるのではないかと思い立ち、営業ペンギンたちは売りに行こうとする。結局ペンギンカードは売れず、打開策として営業ペンギンたちは動物園で「南国戦隊ペンギンジャー」という戦隊ショーを行うことで人気を得ることに成功した。

「BAR THE GRIZZRY」のお客たち

「BAR THE GRIZZRY」に久しぶりに集まったトラさん、オオカミくん、ライオンさん。久々の再会で近況報告をし合う3人のところに現れたのは、若い頃に追っかけていた伝説のラッパー「MC469MA」だった。

「BAR THE GRIZZRY」でトラさん、オオカミくん、ライオンさんの同窓会が行われた。トラさんは老舗の和菓子屋でお菓子がヒットし、子だくさんで6人目が生まれようとしていた。パン職人のオオカミくんは仕事を辞めてどこか南の島でゆっくりしたいと考えていた。世界を飛び回る商社マンのライオンさんは生き馬の目を抜くような忙しさに充実感を覚え、トラさん、オオカミさんとの話もそこそこに切り上げようとしていた。そんな3人は昔ハマっていたラッパー「MC469MA」を思い出す。突然姿を消した「MC469MA」だが、3人の前に突如現れる。「MC469MA」はシロクマくんだった。「BAR THE GRIZZRY」に来ていたシロクマくんからの久しぶりに再会した3匹へのささやかな贈り物だった。
ある日トラさんの店「トラヤ」にパン屋を辞めたオオカミくんがやってきた。パン屋の仕事をしていた時に腰を痛めてしまったからだ。しばらくトラさんの店でアルバイトをしていたオオカミくんのもとにやってきたのはパンダママ。パンダママはオオカミくんがそれまで勤めていたパン屋を辞めたと聞いて、評判のロバさんのパン屋にオオカミさんを紹介した。オオカミくんは無事、ロバさんのパン屋で働くことになり、トラさんとオオカミくんは「BAR THE GRIZZRY」でグリズリーさんと一緒にお祝いをする。

常勤パンダさん、シンガポールへ転勤する

シンガポールに転勤がきまった常勤パンダさん。転勤になったことをパンダくんに知らせていない常勤パンダさんは最後までパンダくんといつもと同じように過ごしたかった。

いつも通り内職をする常勤パンダさんと、ダラダラするパンダ君。内職はだめだと注意をしつつも見逃してくれる半田さん。「お疲れさま」と常勤パンダさんはパンダ君に声をかける。パンダくんは常勤パンダさんがいつもとちがう様子に気がつかない。翌日動物園に行くと常勤パンダさんのタイムカードがなかった。パンダコーナーに行っても常勤パンダさんの内職セットはあっても常勤パンダさんはいない。半田さんは言いにくそうに常勤パンダさんはシンガポールに転勤になったことを伝える。もう常勤パンダさんは戻ってこないことを知ったパンダ君。パンダくんはいつもと変わらないようにふるまっているものの、ポケットティッシュを見た途端、常勤パンダさんがいつもやっていたポケットティッシュの内職を思い出し、パンダくんは号泣する。いつもとちがうパンダくんの様子をしろくまカフェの人々はそっと見守る。パンダくんはこれまで週2回しか働いていなかったが、次のパートのパンダがくるまで常勤パンダさんの代わりに週7日働くことにした。しろくまカフェにこなくなってしまったパンダくんを心配してペンギンさんは動物園に様子を見に行くことにする。動物園では雨の中、へとへとに疲れて眠ってしまっているパンダくんの姿が。そんなパンダくんを「寝ていてばかりでつまらない」と言い捨てるお客に対し、ペンギンさんは「パンダくんは最高にダメな奴だけど、そんなパンダくんが頑張っているのにつまらないと言うな!」と怒る。パートのパンダが無事に来たことにより、パンダくんは週2日のシフトへと戻り、久しぶりにしろくまカフェに行き、ペンギンさん、シロクマくん、笹子さんとおしゃべりを楽しむ。パンダくんの元にはシンガポールへ行った常勤パンダさんからの手紙が届いていた。

しろくまカフェのお花見

しろくまカフェにもまた春が来た。笹子さんやパンダくんがしろくまカフェに来てから1年経つ。ペンギンさんは今住んでいるマンションの更新が来るというので引っ越そうとしていた。シロクマくんはペンギンさんのためにペンギンさんの好物だったカフェモカのレシピを用意していたが、ペンギンさんは新居を探すくらいなら今住んでいるマンションの契約を更新したほうがいいと引っ越さないことにした。ペンギンさんがしろくまカフェに来なくなるのでは、と心配していたシロクマくんはペンギンさんが引っ越さないことになったのがうれしく、カフェの庭でお花見をすることにした。そこにグリズリーさんやラマさん、ナマケモノくん、半田さんと桐野さんがやってくる。それから焙煎所のマサキとエゾリスたち、常勤パンダさんも家族を連れてやってきた。常勤パンダさんとの再会を喜ぶパンダくん。しろくまカフェに来ているお客たちがしろくまカフェにのお花見に集まってきた。

『しろくまカフェ』の登場人物・キャラクター

シロクマくん

CV:櫻井 孝宏
「しろくまカフェ」のマスターで主人公。経営手腕に長け、店の経営を軌道に乗せている。芸達者で器用なため、たいていのことはやりこなしてしまう。お出かけの際はベレー帽をかぶり、ミニバンを運転する。誰かの言った言葉尻を捉え(たいていペンギンさん)、ダジャレを連発する。ペンギンさんからは「このカフェ、ダジャレがなければな…」とぼやかれるが、シロクマくんとしてはダジャレへのツッコミがうれしかったりもする。作り話でパンダくんやグリズリーさんを担ぐなど、人を喰った性格が垣間見えることもある。動物園で働いているパンダくんに「動物園に来てよ」と言われて行くなど、友情に厚い性格ではあるが、幼馴染のグリズリーさん策略家的な一面も見せる。
当人が語るところによれば、カナダのハドソン湾で三つ子の末っ子として生まれ、生後すぐに母親や兄弟と生き別れとなり、流氷に乗って漂流した末に食堂を営む人間の夫妻に育てられたというが、本当かどうか不明。別の場所では「建設会社を脱サラして開業した」と語っていたことも。謎のラッパー「MC469MA」として活躍していた過去がある。

パンダくん

CV:福山潤
「しろくまカフェ」の常連客。自宅はしろくまカフェの隣の中華風の「大熊猫」という名前の邸宅に住んでいる。竹や笹が大好物。いつも「しろくまカフェ」ではコーヒーと竹大盛りを注文する。母と祖父とメイメイという名前の妹と、双子の弟と一緒に住んでいる。あくせくしたところがなく、マイペースで人の話をあまり聞かない。昼寝するのが大好き。思ったことを口にしたり、自分のことを「かわいい」というのだが、嫌味ではない。パンダグッズを多く持っている。楽にお金を稼ぐことを考え、母親のパンダママがそんな彼の姿を見て嘆く。週2回、電車通勤をして「ふれあい動物園」のパンダ館でパンダで非常勤のバイトをしたり、動物園以外でバイトを始め、高級自動車会社ディーラー→証券会社社員→新入社員セミナー講師→CEO(経営最高責任者)まで出世した。特に悩みはなさそうに見えるが、半田さんに「自然体でいい」と言われてかえって悩む。生まれもってのぽっちゃり体系から逆三角形のマッチョな体型(ドリームパンダ)を手に入れようとダイエットをしていたこともある。また優柔不断な性格を直したいと思い、ダース・ベイダーのような恰好をして「ワイルド」なイメージを研究していたこともある。朝の日課は太極拳だが、よく寝坊している。

ペンギンさん

CV:神谷浩史
「しろくまカフェ」の常連客のコウテイペンギン。「しろくまカフェ」ではいつもカウンターに座り、カフェモカを飲んでいる。アニメ版では何を生業にしているのかわからなかったが、漫画版では不動産経営者でコンビニエンスストア「KouteiMart」の店長として働いている。シロクマくんやパンダくんにツッコミを入れる役回りにある。いつもカウンターのイスの上に座るというよりも立っている状態だが、よじ登っている瞬間を誰も見たことがないため、ペンギンさんがどうやって座っているのかは謎となっている。酒癖が悪く、酔うと面倒な性格になり、ペン子さんに惚れていることも酔ったときにバレてしまった。
パン屋に勤めているペン子さんに対して「僕と一緒に同じ魚を食べてください」というプロポーズの言葉とポエムを用意し、ペン子さんを誘うために自動車運転の教習所に通っていた。足繁く通いパンを大量に買ってはカフェへ差し入れ皆に振舞っている。スケジュール帳にはペン子さんの出勤スケジュールが書き込まれており、デートに誘おうとしているがなかなか発展しない。カフェの常連としては常識人の部類ではあるが、ペン子さんに関連することでは常軌を逸した言動・行動を取ることもある。グリズリーさんとはシロクマくんやパンダくんのマイペースっぷりに振り回される者同士として馬が合う。キングペンギンとは犬猿の仲。

笹子さん

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents