ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第1話『「愛してる」と自動手記人形』)のあらすじと感想・考察まとめ

戦場で重傷を負い療養をしていたヴァイオレットの元に軍の関係者であったホッジンズが訪ねてくる。ヴァイオレットは戦場で別れた上官の安否を尋ねる。ヴァイオレットは上官からある言葉を残されていた。
今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第1話『「愛してる」と自動手記人形』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第1話『「愛してる」と自動手記人形』のあらすじ・ストーリー

ヴァイオレット・エヴァーガーデン

ヴァイオレットは上官であるギルベルトと一緒に通りを歩いていた。ヴァイオレットは露店でギルベルトの瞳の色と一緒のブローチを見つけた。
「少佐の瞳があります。少佐の瞳と同じ色です。これを見たときの…こういうの…なんと言うのでしょう…?」
ヴァイオレットはその湧き上がった気持ちがなんなのかわからなかった。

ヴァイオレットは戦場で重傷を負い、療養していた。ベットで目を覚ましたヴァイオレットはギルベルトに職務へ復帰するよう嘆願する手紙を書いていた。

赤髪の男がホッジンズ

中佐であるホッジンズは療養しているヴァイオレットの元を訪ねる。
ヴァイオレットの存在は軍の中で隠されていた。しかし、ヴァイオレットを知るものは「武器」だと形容した。「命令すれば戦う、人の形をもしているだけのただの道具」だと言われていた。

ホッジンズと顔を合わせたヴァイオレットは開口一番にギルベルトの安否を心配した。「生きて…いらっしゃるのですか?少佐は…?」というヴァイオレットの質問にホッジンズは「あいつは…」と言いにくそうに口を開いた。そこへ看護婦が「ヴァイオレットの退院の許可が出たこと」「ホッジンズが迎えに来たこと」を話して割って入った。ホッジンズに挨拶をしながら詫びたヴァイオレットは再度ギルベルトの安否を訪ねた。ホッジンズは手をポケットへ入れながら「…安心してよヴァイオレットちゃん。俺はあいつから頼まれて来たんが。」とヴァイオレットに話した。「大戦には勝ったとお医者様から教えていただきました。少佐は今どんな任務に…いつ合流すればよろしいでしょうか?」と復帰を望むヴァイオレットに着替えて退院の身支度をするようにホッジンズは伝えた。

ヴァイオレットは間違って他の基地に送られていた自身のカバンを看護婦から受け取った。カバンを開けたヴァイオレットは中を調べて「ブローチ…エメラルドのブローチが!」と慌てていた。「無いなら探しに行かなければ。」と走り出すヴァイオレットをホッジンズは止めた。「頂いた物なのです!少佐に頂いた物なのです!」というヴァイオレットにホッジンズはブローチを探しておくことを約束する。そしてホッジンズと一緒に行くことがギルベルトからの命令だとヴァイオレットに告げた。

「ヴァイオレット…君は生きて…自由になりなさい…。…心から…」
ヴァイオレットは、戦場で涙をためてそう言うギルベルトの姿を思い出していた。

ホッジンズはヴァイオレットと共にライデンと呼ばれる街へ来ていた。そこにはギルベルトの親戚であるエヴァーガーデン家があった。ギルベルトは戦争が終わった後のヴァイオレットの人生を心配していて、エヴァーガーデン家にヴァイオレットを託そうとしていたのだ。
エヴァーガーデン家の奥様は優しくヴァイオレットを迎えた。奥様と紅茶を飲んでいる時、ヴァイオレットは誤って紅茶をこぼしてしまう。ヴァイオレットが巻いている包帯に紅茶が染み込むのを見た奥様は慌てて執事を呼ぶが、ヴァイオレットは「問題ありません。熱さは感じません。」と冷静に言った。ヴァイオレットの両手は義手であった。
「本当の親だと思って、なんでも言ってちょうだい。」と言う奥様にヴァイオレットは「私には…元々親はおりませんので代わりは不要です。」と述べた。「そんなこと言わないで。家には息子が居たんだけど、大戦で亡くなってしまって。」という言葉にも「私は亡くなった子供の代わりにはなり得ません。」と甘えることをしなかった。
ヴァイオレットをエヴァーガーデン家に残して去ろうとするホッジンズだったが、「少佐は…ギルベルト少佐は、どうして私をここに置くのですか?私が腕を失って、武器としての価値がなくなったからですか?訓練さえすれば、私はまだ戦えます!」とヴァイオレットは訴えた。「もう戦争は終わったんだ。」というホッジンズに「私は少佐の道具です。ですが、不要になったのなら処分されるべきです。捨ててください…どこかに捨ててください。」と力なくヴァイオレットは言った。
ホッジンズはヴァイオレットを連れてエヴァーガーデン家を出た。

ホッジンズとベネディクト

ホッジンズはすでに軍を辞めていた。そして今はC・H郵便社という手紙の代筆、配達を行う会社を起こしていた。ホッジンズは「ヴァイオレット・エヴァーガーデン、ギルベルトは君を俺に託した。だから代わりに命令を下す。君はまだ役に立つ。働ける。ここでな。」とヴァイオレットに自身の会社で働くように命令した。

ホッジンズはポストマンとして働くベネディクト・ブルーを紹介し、ヴァイオレットに仕事を教えるように言って出かけて行った。ベネディクトは手紙を住所ごとに振り分ける仕事を教え、配達に出かけて言った。夕暮れになり、ベネディクトが配達から帰ってくると、ヴァイオレットは手紙を振り分けをほとんど終わらせていた。休憩もせずにずっと仕事をしていたヴァイオレットにベネディクトは呆れた。

銀行から融資を受けることが出来ずに肩を落とすホッジンズだったが、暗い中に配達をするヴァイオレットの姿を見つけて驚く。ベネディクトは翌日に配達をすると伝えたつもりだったのだが、ヴァイオレットはその意味がわかっていなかった。
ホッジンズに連れられて夜ご飯を食べにきたヴァイオレットは、エヴァーガーデン家が一緒に住むことは出来ないが、成人まで身元引き受け人になってくれること、そして、郵便社に寝場所を作ったことを聞いた。

翌朝、掃除をしていたヴァイオレットを男が訪ねてきた。男は田舎の幼馴染に想いを伝えるために代筆をお願いしにきたのだった。
「僕に初めて優しくしてくれたのは、君だった。君が世界の全てだった。君のためなら僕はなんでも出来た。君の気持ちが知りたい。君の心を分かりたい。今は離れているけれど、君のこと愛してる。」
C・H郵便社の自動式人形(代筆人)は依頼者の気持ちをそう手紙にした。その手紙でヴァイオレットはギルベルトに以前抱きしめられたこと、そしてギルベルトと戦場に出たことを思い出していた。そしてヴァイオレットは、自動式人形がなぜ人の気持ちがわかるのか不思議に思った。

ヴァイオレットはホッジンズに自動式人形の仕事をしたいと嘆願した。どうして自動式人形の仕事なのか、と問われたヴァイオレットは「知りたいのです!「愛している」を知りたいのです。」と口にした。そして「少佐は最後の命令の後に、その言葉を私におっしゃいました。少佐からその言葉が出たのは初めてでした。それは、どのような状態を意味するのか…私には理解できないのです。」と続けた。
「普通はそれがわかるから自動式人形になるんだけどね。でも、いいよ。」とホッジンズはヴァイオレットの望みを受け入れた。

ギルベルト

「絶対、絶対少佐を死なせません!」
両腕を無くしたヴァイオレットは口で引っ張ってでも動けないギルベルトを助けようとしていた。そんなヴァイオレットにギルベルトは「生きるんだ…ヴァイオレット。君は…生きて…自由になりなさい。心から…愛してる。」と言って微笑んだ。

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第1話『「愛してる」と自動手記人形』の感想・考察

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の動画放送情報

地上波・BS・CS 放送スケジュール

・TOKYO MX 2018年1月10日(水)24:00~
・テレビ愛知 2018年1月10日(水)26:35~(※レギュラー放送時間26:05~)
・ABC朝日放送 2018年1月10日(水)26:15~
・BS11 2018年1月11日(木)24:00~
・HTB北海道テレビ 2018年1月13日(土)26:35~(※レギュラー放送時間26:30~)
・青森朝日放送 2018年1月20日(土)25:30~

その他配信系 配信スケジュール

・Netflix 2018年1月~

鶴の恩返し
鶴の恩返し
@tsuru-no-ongaeshi

Related Articles関連記事

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(Violet Evergarden)のネタバレ解説まとめ

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』とは、暁佳奈によるライトノベル作品。京都アニメーションによりアニメ化された。京都アニメーションが開催している「京都アニメーション大賞」で初めて大賞を受賞した。心を持たない少女・ヴァイオレット・エヴァーガーデンは、大切な人に残された言葉を理解するため、「自動手記人形」と呼ばれる代筆屋の仕事に就く。ヴァイオレットは依頼人との出会いから少しずつ人間らしい心を育み、敬愛する上官「ギルベルト」が残した「愛してる」の意味を知る。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第2話『戻ってこない』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヴァイオレットは自動手記人形の見習いとして仕事を始める。しかし、人の心を察することが出来ないヴァイオレットは大きな失敗をしてしまう。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第2話『戻ってこない』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(第3話『あなたが、良き自動手記人形になりますように』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヴァイオレットは自動書記人形育成学校へ通い始めた。タイピングや、学科は優秀な成績を残すが、代筆の授業では上手くいかなかった。そんな時、ヴァイオレットは隣の席になったルクリアが秘めた兄への想いを知る。 今回は「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」第3話『あなたが、良き自動手記人形になりますように』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

けいおん!(K-ON!)のネタバレ解説まとめ

『けいおん!』はまんがタイムきららに連載されていた、かきふらいによる四コマ漫画が原作のアニメ。 音楽経験の全く無かった高校生平沢唯と個性的な仲間達が織りなす、ほのぼのとしていながらも時折ふっと切なくなる空気系青春バンドストーリーである。 劇中でキャラクター達が結成するバンド「放課後ティータイム」の楽曲のクオリティの高さも相まって社会現象にもなった。

Read Article

涼宮ハルヒの憂鬱(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『涼宮ハルヒの憂鬱』とは、谷川流原作のライトノベルであり、また「涼宮ハルヒの憂鬱」を含む涼宮ハルヒシリーズを原作としたTVアニメである。 同作品は、ごく普通の男子高校生キョンの視点から、クラスメイトである涼宮ハルヒが巻き起こす非日常を描いたアニメである。 主題歌「ハレ晴レユカイ」は、キャッチーなメロディに加え、キャラクターが踊るダンスも注目され、動画投稿サイトに『踊ってみた』関連の動画が溢れるほど大きな反響をよんだ。

Read Article

小林さんちのメイドラゴン(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

「小林さんちのメイドラゴン」はクール教信者による漫画作品を原作とするアニメーション。放送時期は2017年1月12日から2017年4月6日。「ドラゴンでメイド」という、異色のヒロイン・トールと作品の主人公・小林さんの日常を描いた作品。 酔いに酔った小林は山奥に一人で侵入し、トールと出会う。酔った勢いでトールに「うちに来るか?」と尋ねたことから小林は彼女をメイドとして雇うことになる。

Read Article

日常(Nichijou)のネタバレ解説まとめ

『日常』とは、あらゐけいいちのギャグ漫画、及び2011年に京都アニメーションで製作されたアニメーション作品。2012年にはNHKで再放送された。原作漫画は2015年に完結。時定高校に通う「相生祐子」「長野原みお」「水上麻衣」「東雲なの」などのキャラクターを中心に日常を描いた作品。日常と言うタイトルでありながら日常では起こらないような、シュールで疾走感のあるギャグが描かれる。

Read Article

響け!ユーフォニアム(Sound! Euphonium)のネタバレ解説まとめ

武田綾乃による小説、及びそこから派生したアニメ、漫画作品。 2013年12月にシリーズ一作目となる『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ』が刊行。 京都府宇治市の高校を舞台に、吹奏楽に青春をかける男女の姿を描いた作品。 アニメは2015年4月から第一期(全13話)が、2016年10月から第二期(全13話)が放送された。

Read Article

CLANNAD(クラナド)のネタバレ解説まとめ

『CLANNAD』とはゲームブランド"Key"が制作した恋愛アドベンチャーゲーム、及びそこから派生したアニメ作品。 坂道の上にある学園に在籍する不良学生・岡崎朋也が、様々な人と人との"絆"を通して成長していく作品。 2004年4月28日に全年齢対象のPCゲームとして発売され、その後2007年10月4日より京都アニメーション制作によるテレビアニメが放送開始された。

Read Article

けいおん!!(K-ON!!)のネタバレ解説まとめ

けいおん!!(K-ON!!)はまんがタイムきららに連載されていたかきふらいによる四コマ漫画を原作とするアニメの、2010年4月から2010年9月まで放送された第2期である。1期は感嘆符が一つだけだったが、2期では二つ表記されている。 単行本第3巻以降の「3年生編」がベースになっており、メインキャラクター達の卒業までのストーリーが描かれる。

Read Article

氷菓(Hyouka)のネタバレ解説まとめ

氷菓とは米澤穂信の小説「古典部シリーズ」をアニメ化したもの。省エネを信条とする主人公「折木 奉太郎」はひょんなことから「古典部」に入部することとなる。好奇心旺盛なヒロイン「千反田 える」、中学生からの腐れ縁「福部 里志」と「伊原 摩耶花」、彼ら4人が神山高校を舞台に数々の事件を推理していく青春学園ミステリー。 アニメは2012年4月から9月まで放送された。

Read Article

Free!(フリー)のネタバレ解説まとめ

「Free!」とは、おおじこうじによる小説『ハイ☆スピード!』を原案とした、京都アニメーション製作のテレビアニメ。原案小説で描かれた小学生時代の出来事を元に高校生になった彼たちの男子水泳部での日々を描く。自然豊かな岩鳶町を舞台とした水泳と青春と絆の物語。 一期では競泳を通じて仲間との絆をつなぐ姿、二期では高校三年生になった主人公たちの進路の問題や夢へ向かう姿など更なる成長がリアルに描かれた。

Read Article

アニメライブの先駆者!ゆるゆるアニメなのに大ヒットしたけいおんの魅力に迫る!

2009年4月深夜帯でテレビアニメの放送が開始されると、作中に登場する楽器や楽曲にも注目が集まるなどの大きな反響があった「けいおん!」 その反響は数字としても現れており、テレビアニメ第1期の終了時点で、ポスターなども含めた関連商品の点数は200点以上におよび、TBSの番組としては最多であった『ROOKIES』の103点を倍近く上回っています!そんな「けいおん!」の魅力について考察していきます!

Read Article

目次 - Contents