ターミネーター3(T3)のネタバレ解説・考察まとめ

2003年公開の大ヒットシリーズ第3作。監督は前作までのジェームズ・キャメロンからジョナサン・モストウに交代。主演はアーノルド・シュワルツェネッガー。“T-1000”との壮絶な死闘から10年、青年となったジョン・コナーの前に突如として女性型ターミネーターT-Xが出現。抵抗軍の重要人物となる人々を次々抹殺し始めた。そこへジョンを守るべくあのT-800と同じ形状のターミネーターが姿を現わす。

前2作に登場したアール・ボーエン演じるシルバーマン医師役が登場

全作通して登場するのは彼とシュワルツェネッガーのみである。シルバーマン医師は『T2』で目撃したターミネーター達の事を幻覚と認識していた。

お互いの考えの違いからか、守る側と守られる側で押問答がある

『T1』の削除シーンではサラがカイルにサイバーダイン社の破壊を提案するが、カイルに拒否されて森に逃げ込むシーンがある。
『T2』ではジョンがサラやマイルズを助けるか、T-800がジョンの安全を優先させて見捨てるかで争っている。
『T3』ではT-850とジョンとケイトとの間でロバートのもとに行くか、行かないかで口論になり、ジョンが自分の頭に拳銃を当てて、「言うことを聞かないなら自殺をするぞ」と言い放つ。

T-850がT-Xとの戦闘で、高圧ケーブルを用い感電させる

『T1』ではT-800がウェストハイランド警察署を襲撃した際、高圧ケーブルを用いて配電盤をショートさせ、署内を停電にしている。

ターミネーターはSWAT部隊に対して威嚇射撃を行い死傷者が1人も出てないことを確認する

『T2』ではM134とM79グレネードランチャーを使用。『T3』ではブローニングM1919重機関銃(ドラムマガジンを装備)を使用。

『ターミネーター3』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

キャメロン降板でリストアップされた監督候補者

「物語は『T2』で完結しており、続編を作るべきではない」と考えたジェームズ・キャメロン監督は早々に製作から離脱したため、本作の監督候補にはたくさんの名匠の名前が挙がっていた。リドリー・スコット、ジョン・マクティアナン、デビッド・フィンチャー、ローランド・エメリッヒ、アン・リー。だが、リドリー・スコットは『ブラックホークダウン』、アン・リーは『ハルク』の撮影のために監督を辞退した。
最終的に抜擢されたジョナサン・モストウは、『ブレーキ・ダウン 』『U-571』という2作品を監督した新鋭だったが、 「シリーズ前作から12年経った今、続編を作るつもりは全くなく、自分はシリーズのファンとして、成長したジョン・コナーを描いてみたかった。」という理由で監督を引き受けたという。

キャスティングにもキャメロン降板の影響

本作のキャスティングにも、キャメロン降板の影響は大きかった。
主演のアーノルド・シュワルツェネッガーは、「キャメロンが監督しないのなら出演しない」と発言していた。製作側は「シュワルツェネッガーが出演しなくても2001年には『T3』の製作を開始する」と語り、シュワルツェネッガーが出演しない場合の脚本も用意されていた。だが彼は、1990年代後半以降の人気低迷もあり、2000年に突如『T3』の出演を決定し、今作のために前作とほぼ同じ体形に鍛え直した。
前作までのサラ・コナー役、リンダ・ハミルトンは、多くの報道で「サラが回想シーンに登場する」という情報が流れた。当初は彼女にも出演依頼がされていて台本も手渡していたのたが「この脚本にはドラマがない」との理由から降板してしまった。
前作で少年のジョン・コナーを演じたエドワード・ファーロングには製作側から続投が望まれており、当初は出演すると報道されていたが、彼のドラッグ癖問題のために降板、代わりにニック・スタールが抜擢された。
ケイト・ブリュースター役には、新進女優のソフィア・ブッシュが選ばれていたが、弱冠20歳の彼女はモストウ監督から「若すぎる」と判断され、クレア・デインズへ替えられた。
ドクター・シルバーマン役のアール・ボーエンは、シュワルツェネッガーと同じく三作連続出演であるが、同一人物の役で登場しているのは彼だけである。
また、敵のターミネーター役候補には当初ヴィン・ディーゼルやジュード・ロウ、ファムケ・ヤンセン、キャリー=アン・モスなどが挙がっていたという。

ロケ地へのこだわり

製作費の問題によりカナダで撮影が行われる予定であったが、シュワルツェネッガーがロサンゼルスでの撮影にこだわり、彼の出演料を約800万ドルカットすることでロサンゼルスで撮影されることになった。

ド派手なカーチェイスの主役は超高額の特注クレーン車

T-850とT-Xの最初の戦闘シーンの後から始まる、T-Xが運転するクレーン車を使用した派手なカーチェイスは、一般道ではなくボーイング社の工場敷地内部での撮影である。
巨大なクレーン車は特注品で150万ドルもするそうなのだが、リハーサル中に一度転倒し大破してしまった。新しく買う予算も無く撮影日程も変更できないため、スタッフは24時間体制でクレーン車の修理に取り組み、ギリギリで撮影に間に合わせたそうである。
ちなみに、このクレーン車、映像では右ハンドルだが、それはダミーでオリジナルは左ハンドルであり、実際の運転も左ハンドルで行われている。
クレーンの先端のフックで路上の車を次々と破壊しながら走行するシーンでは、クレーン車と車は本物だが、フックはCGで作られ上手くタイミングを合わせて爆発させている。シュワルツェネッガーがクレーンにぶら下がったままビルに突っ込むシーンは、さすがに危険すぎてスタントマンでも実行できなかったため、CGの彼を作って合成している。
また、この一連のシーンのスタントでシュワルツェネッガーは怪我をしてしまったとも報じられている。

初期型ターミネーターが登場

本作の後半、CRS研究施設内のシーンでT-1という初期型のターミネーターが登場した。
T-1は2004年にCRS が開発、T-800やT-1000などの潜入型と違い、農業用トラクターほどもあるキャタピラ走行の図体に両腕はそのままガトリング砲になっているなど、明白にロボットと認識できる外見をしている実験用のマシンという設定である。
本編では、CGだけではなく、撮影用に工学技術に基づいた精巧なロボットも作られ使用されている。1台あたり1700万円を投じ、合計3台が制作された。

未公開シーンで別キャラクターを演じるシュワルツェネッガー

未公開シーンにおいて、シュワルツェネッガーはCRSの研究スタッフの1人であるウィリアム・キャンディ軍曹という人物も演じている。
キャンディの顔がT-800系統のモデルとなっていくシーンでは、この時点で人間がすでにターミネーターの設計を担当しており、スカイネットはそれを元にマシンを製作しているということが窺える。また、シュワルツェネッガーはドイツ訛りで演じており、ターミネーターの製品化にあたって視察に訪れた軍人から「この喋り方のままではまずい」と指摘されたスタッフが「声はそのままで訛りは直す」と語る姿も描かれている。
なお、この未公開シーンは、Blu-rayとDVD、ゲーム『ターミネーター3 ザ・レデンプション』に収録されている。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ターミネーター:新起動/ジェニシス(TG)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリウッド俳優アーノルド・シュワルツェネッガー主演のSF超大作『ターミネーター』シリーズの第5弾。主演のアーノルドが同作に約12年ぶりに復帰したことでも話題に。『ターミネーター』は未来で起こる人類vs機械軍との生き残りをかけた壮絶な戦いを描いた作品。アーノルドは、未来を変えるべく過去に送り込まれたアンドロイドを演じている。監督は「マイティ・ソー ダークワールド」のアラン・テイラーが務めている。

Read Article

ターミネーター2(T2)のネタバレ解説・考察まとめ

大ヒットを記録したジェームズ・キャメロン監督のSFアクション大作「ターミネーター」の続編。核戦争後の西暦2029年、抵抗する人類の指導者コナーの母親暗殺に失敗した機械軍は、1994年の過去の世界に新型ターミネーターを送り込み、少年時代のコナーを抹殺しようとする。前作で「史上最強の悪役」としてスクリーンに登場したアーノルド・シュワルツェネッガーが、今度は少年時代のコナーを助けるヒーローとなる。

Read Article

ターミネーター(T1)のネタバレ解説・考察まとめ

1984年製作のアメリカ映画。ジェームズ・キャメロン監督の記念すべき出世作で、主演のアーノルド・シュワルツェネッガーも大スターへの突破口となった、SFバイオレンス映画の傑作。人間とサイボーグが対立する近未来の地球から、未来の革命リーダーの母となる人物を抹殺するため、過去のロサンゼルスに送り込まれた不死身のサイボーグ・ターミネーターと、それを阻止するため人間側が送り込んだ革命戦士が死闘を展開する。

Read Article

ターミネーター4(T4)のネタバレ解説・考察まとめ

ターミネーター4とは2009年公開のアメリカ映画。世界的大ヒットシリーズ『ターミネーター』の4作目にして初めて未来世界に迫り、これまでの原点を辿る終末への新たな船出となるSFアクション。審判の日以後の荒廃した未来を舞台に、機械軍に追いつめられたジョン・コナーら人類抵抗軍の存亡をかけた壮絶な戦いを圧倒的スケールで描く。主演はクリスチャン・ベール。監督は「チャーリーズ・エンジェル」シリーズのマックG。

Read Article

目次 - Contents