ターミネーター3(T3)のネタバレ解説・考察まとめ

2003年公開の大ヒットシリーズ第3作。監督は前作までのジェームズ・キャメロンからジョナサン・モストウに交代。主演はアーノルド・シュワルツェネッガー。“T-1000”との壮絶な死闘から10年、青年となったジョン・コナーの前に突如として女性型ターミネーターT-Xが出現。抵抗軍の重要人物となる人々を次々抹殺し始めた。そこへジョンを守るべくあのT-800と同じ形状のターミネーターが姿を現わす。

"There will be no reason for me to exist.”(私が存在する理由はなくなるだろう。)

ジョン、ケイト、T-850はスカイネットの誕生を阻止すべくCRS研究施設のケイトの父・ロバートの許へ向かう。
フィアンセを殺され、父の計画を知ったケイトは、ようやく自分の身に起こっていることを理解し始め、車中でT-850に「私たちが助からなかったらあなたはどうなるの?」と問うと、彼は「私が存在する理由はなくなるだろう。」と返し、感謝するケイトだった。

この会話から、T-850はジョンとケイトに対し、実はケイトの命令に従うようプログラムされていること、自分を再起動しこの時代に送り込んだのはケイトであること、ケイトは未来のジョンの妻であり副指揮官であることを話すのだが、ここからジョンとケイトの距離がぐっと縮まっていくのが見て取れる感動のシーンである。

”You are terminated."(お前を抹殺する。)

クリスタル・ピークの核シェルター前でジョンとケイトに迫るT-XをT-850は乗って来たヘリで押し潰した上、吹き飛ばして2人を救出。閉じ掛けた巨大な防護扉の動きを食い止めて2人を中へ誘導する途中、T-Xは押し潰され金属骨格だけになり下半身を失いながらもしつこく迫ってくる。T-850は自らの胸部から最後の水素電池を取り出し、押え付けられ表情を変えながら叫びもがくT-Xの口内に突っ込んだ。その時の決め台詞である。

この決め台詞「You are terminated.」について、「後世に残るような決め台詞をスタッフと相談しながら考えた。色々な台詞を試したが、これ以上の物はなかった」とシュワルツェネッガーは語っているが、この台詞は奇しくも、第1作目のクライマックスでサラ・コナーがT-800をプレス機で潰すときに発する言葉と同じである。

『ターミネーター3』の前2作へのオマージュ・共通点

本作『T3』では前2作『T1』『T2』と似ているシーンやお約束など、前2作へのオマージュ・共通点がいくつかある。

未来戦争の描写が存在する

シリーズを重ねるごとに技術やスケールがアップしている。ただし、尺の長さは逆に短くなっている。

映画の冒頭でターミネーターを信じている人物は1人だけである

『T1』=カイル(ジョンの父)、『T2』=サラ(ジョンの母)、『T3』=ジョン。
2番目に信用する人物は『T1』=サラ、『T2』=ジョン、『T3』=ケイト(ジョンの未来の妻)と全てコナー・ファ ミリー。

シュワルツェネッガーは必ずサングラスを掛け、バイクに乗る

本作ではエルトン・ジョンが掛けていた物と同タイプのサングラスを一度かけ、違うとばかりに踏み潰すシーンがある。

T-850が警察の白バイを奪う際に「降りろ」と告げるシーンがある

『T1』でT-800がトラックを奪う際にドライバー、『T2』でT-1000がヘリを奪う際にパイロットに告げるシーンに対応している。
また、同様に警察の車両を奪うときにも、必ず警官を乱暴に扱っている。

シュワルツェネッガー演じるターミネーターは車を奪うとき、必ず窓ガラスを割ってホットワイヤーを使う

ホットワイヤーとは、車のエンジンを点火するプラグコードの事。

T-850がエンジンをかける前にサンバイザーから腕時計を取り出すシーンがある

『T2』でT-800がジョン・コナーからサンバイザーから車の鍵を取り出すのを教わるシーンと対応している。このシーンは、T-850はバージョンアップモデルで予測判断も上がっているためである。

敵のターミネーターは必ず大型車を奪って追ってくる

『T1』は石油タンク車『T2』は貨物用トレーラーと液体窒素タンク車、『T3』はクレーン車。因みに一番高価だったのはクレーン車。

未来で起こる出来事の詳細は、ほとんど車の中で説明を受ける

『T1』では、カイルがサラに、『T2』ではT-800が幼きジョンにそれぞれ説明していた。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ターミネーター:新起動/ジェニシス(TG)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリウッド俳優アーノルド・シュワルツェネッガー主演のSF超大作『ターミネーター』シリーズの第5弾。主演のアーノルドが同作に約12年ぶりに復帰したことでも話題に。『ターミネーター』は未来で起こる人類vs機械軍との生き残りをかけた壮絶な戦いを描いた作品。アーノルドは、未来を変えるべく過去に送り込まれたアンドロイドを演じている。監督は「マイティ・ソー ダークワールド」のアラン・テイラーが務めている。

Read Article

ターミネーター2(T2)のネタバレ解説・考察まとめ

大ヒットを記録したジェームズ・キャメロン監督のSFアクション大作「ターミネーター」の続編。核戦争後の西暦2029年、抵抗する人類の指導者コナーの母親暗殺に失敗した機械軍は、1994年の過去の世界に新型ターミネーターを送り込み、少年時代のコナーを抹殺しようとする。前作で「史上最強の悪役」としてスクリーンに登場したアーノルド・シュワルツェネッガーが、今度は少年時代のコナーを助けるヒーローとなる。

Read Article

ターミネーター(T1)のネタバレ解説・考察まとめ

1984年製作のアメリカ映画。ジェームズ・キャメロン監督の記念すべき出世作で、主演のアーノルド・シュワルツェネッガーも大スターへの突破口となった、SFバイオレンス映画の傑作。人間とサイボーグが対立する近未来の地球から、未来の革命リーダーの母となる人物を抹殺するため、過去のロサンゼルスに送り込まれた不死身のサイボーグ・ターミネーターと、それを阻止するため人間側が送り込んだ革命戦士が死闘を展開する。

Read Article

ターミネーター4(T4)のネタバレ解説・考察まとめ

ターミネーター4とは2009年公開のアメリカ映画。世界的大ヒットシリーズ『ターミネーター』の4作目にして初めて未来世界に迫り、これまでの原点を辿る終末への新たな船出となるSFアクション。審判の日以後の荒廃した未来を舞台に、機械軍に追いつめられたジョン・コナーら人類抵抗軍の存亡をかけた壮絶な戦いを圧倒的スケールで描く。主演はクリスチャン・ベール。監督は「チャーリーズ・エンジェル」シリーズのマックG。

Read Article

目次 - Contents