クロックタワー2(CLOCK TOWER 2)のネタバレ解説・考察まとめ

ホラーゲーム「クロックタワー」シリーズの2作目。ストーリーは前作の続編となっており、前作の主人公「ジェニファー」と、その保護者「ヘレン」が主人公となる。前作からキャラクターやモチーフは引き継がれているが、主人公が二人いることで、主人公ごとに展開の異なる謎解きやストーリーが楽しめる。また、ハードがスーパーファミコンからPlayStationに移行したことで、前作に比べて演出面が大幅に強化された。

主人公の命が危険な状態。シザーマンや他のトラップ、怪奇現象に襲われた時、カーソルが点滅している間に×ボタンを所定回数連打することで、回避して逃げることができる。この緊急回避システムは「Renda Sezuniwa Irarenai(連打せずにはいられない)」の頭文字を取ってRSIシステムと名付けられている。

マルチエンディング

プロローグでの行動によって、シナリオが「ジェニファー編」と「ヘレン編」に大きく分岐する。その後もプレイヤーの行動によって、A〜Eのエンディングのいずれかを迎えることになる。ランクAのエンディングのみ、生存者数が表示される。
各エンディングの内容は下記の通りである。

ジェニファー編

■ランクE
2章で魔像を回収しないまま、図書館パートまたはリック邸パートをクリアすることで到達。ジェニファーとヘレンの暮らす家にシザーマンが襲来する。

■ランクD
バロウズ城で、ノランとヘレンの生存を確認せずに、城の中庭にある噴水の下に進むと、エドワードに遭遇する。エドワードに騙され、隙を突かれて襲撃される。

■ランクC
バロウズ城でノランとヘレンの生存を確認した後、噴水の下に進む。エドワードとケイに遭遇し、ケイに襲撃される。その後、崩れた城の瓦礫の中からエドワードが生存者として救出される。

■ランクB
バロウズ城でノランとヘレンの生存を確認し、かつヘレンに扉を開く言葉を解読してもらう必要がある。その状態で噴水の下に進むと、エドワードに遭遇し、シザーマンの正体がエドワードであることが判明する。魔像を祭壇に納め、扉を開く言葉を唱えると、扉が開いてシザーマンが吸い込まれる。ジェニファーも一緒に吸い込まれそうになり、ここで何もしなければそのままエンディングとなる。
ノランとヘレンがジェニファーの墓参りをする場面が挿入される。

■ランクA
ランクBと途中まで同様であり、シザーマンと共に扉に吸い込まれそうになった時に、バロウズ城で手に入るアイテムである青銅の短剣を使用すると、シザーマンを撃退して静観することができる。シザーマンを封印した後、ノランと共に救出される。

ヘレン編

■ランクE
条件はジェニファー編と同じで、自宅のジェニファーの部屋でジェニファーの遺体を発見し、その後ヘレンもシザーマンに襲撃されるような描写が見られる。

■ランクD
扉を開く言葉を発見せずに、バロウズ城でゴッツから拳銃を受け取る。その状態で城内の礼拝堂に行くと、ジェニファーがはりつけにされ、シザーマンに襲われそうになっているので、拳銃でシザーマンを撃退する。その後、逃走するシザーマンの後を追うと、シザーマンの正体がバートン教授であることが判明する。研究対象であったシザーマンの精神に飲み込まれてしまった、とヘレンに告げ、バートン教授は息を引き取る。

■ランクC
扉を開く言葉を発見せず、礼拝堂ではりつけにされているジェニファーを助けられなかった状態で、噴水の下へ行くと、バートン教授に背後から襲撃される。その後、ゴッツがヘレンの墓参りをする様子が見られる。

■ランクB
扉を開く言葉を発見し、礼拝堂でジェニファーを助けなかった場合、噴水の下へ進むと、シザーマンの正体がエドワードであることがわかる。ジェニファー編と同様、扉を開くが、エドワードと一緒にヘレンも飲み込まれてしまう。その後に流れるムービーでは、崩壊したバロウズ城の瓦礫の中からエドワードと思われる手が突き出され、シザーマンを封印できなかったことが察せられる。

■ランクA
扉を開く言葉を発見し、かつ礼拝堂でジェニファーを救出する。その状態で噴水の下へ行くと、ランクBと同様シザーマンはエドワードであったと判明する。開いた扉にエドワードと共に飲み込まれそうになるが、ゴッツの助けによりエドワードだけを封印することに成功する。
バロウズ城崩壊後、瓦礫の下からジェニファーが救出されるムービーが見られる。

『クロックタワー2』の登場人物・キャラクター

ジェニファー・シンプソン(Jennifer Simpson)

幼い頃に両親を亡くし孤児院で育った15歳の長い黒髪の美少女。クロックタワー事件の生還者であり、事件のショックによるトラウマを患うが、現在はヘレン・マクスウェルの保護下で穏やかに暮らしている。

ヘレン・マクスウェル(Helen Maxwell)

南オスロ大学のサミュエル・バートン研究室で犯罪心理学を研究する助教授。クロックタワー事件のシザーマンに興味を持ち、プロファイリングを行なっている。

ノラン・キャンベル(Nolan Campbell)

オスロウィーク新聞社の記者である。クロックタワー事件に強い関心を持ち、ジェニファーを取材しようとしたことで、事件に巻き込まれて行く。

スターン・ゴッツ(Stan Gotts)

シザーマンの逮捕に執念を燃やす警部補であり、ヘレンとは顔見知りである。よく警部と間違えられ、自ら「警部だ」と訂正している。超常現象などは一切信じない。

サミュエル・バートン(Samuel Barton)

犯罪心理学教授。シザーマンを研究対象としており、ジェニファーやエドワードの治療も受け持っている。研究のためとなると冷徹になる一面もあり、無茶な催眠療法なども行う。

tw-11379796425166520325
tw-11379796425166520325
@tw-11379796425166520325

Related Articles関連記事

クロックタワー(CLOCK TOWER)のネタバレ解説・考察まとめ

クロックタワー(CLOCK TOWER)のネタバレ解説・考察まとめ

『クロックタワー』とは1995年にヒューマンからリリースされたスーパーファミコン専用のアドベンチャー・ホラーゲームソフト。ゲーム会社・ヒューマンが発売した『セプテントリオン』、『ザ・ファイヤーメン』に続くパニックソフトシリーズの完結作である。屋敷の中に潜む殺人鬼から逃れるために主人公ジェニファーを脱出させるのが目的であり、のちにシリーズ化される「クロックタワーシリーズ」の第1作でもある。

Read Article

初代クロックタワーの思い出。正直今でも怖すぎる!

初代クロックタワーの思い出。正直今でも怖すぎる!

クロックタワーシリーズは、1995年にSFCで発売された一作目を筆頭に、ホラーゲームの金字塔として有名なゲームです。SFCで1、PSで2、PS2で3と、三部作となっています。2や3も怖いですが、中でも1はとにかく怖い!徹底的に怖い!一体なんでこんなに怖いのか!そんなクロックタワーの思い出を振り返ってみましょう。

Read Article

目次 - Contents