うたプリの主人公たちが個性的で面白すぎる(HE★VENS編)

『うたの☆プリンスさまっ♪』アニメ2期から登場したHE★VENS(ヘブンズ)は、ST☆RISH(スターリッシュ)やQURTET NIGHT(カルテットナイト)が所属するシャイニングのライバル事務所であるレイジング・エンターテイメント所属のグループ。その斬新なパフォーマンスやメンバーの行動は、まさにうたプリの問題児。
今回はそんなHE★VENSの7人について解説する。

潰したはずの音也が笑顔で新聞記事に載っているのを見て瑛一を問い詰めるレイジング鳳。

一方、”遅れをとるHE★VENS、不利か”という見出しで紹介されるHE★VENS。この記事でさらにレイジング鳳の怒りはMaxに。

HE★VENSがレイジング鳳に逆らったことでレイジング鳳はHE★VENSの仕事を全てキャンセルし、活動停止に追い込む。
仕事もさせてもらえずSSS(トリプルエス)への出場も危うくなる中、落ち込むHE★VENSのメンバー。
「屈するしかないのか…心を石にして謝れば…決戦ライブには…出られる…」と自分が謝って事をおさめようとする瑛一に対し、「それは駄目だ!」(綺羅)、「音楽への冒涜…」(シオン)、「せや!心の中の一番大切なもん捨てたらあかん!」(ヴァン)と反対するメンバー。
そんなHE★VENSの前に現れたのはST☆RISHだった。

落ち込む瑛一。後ろでは大和が「ちっくしょ~!!」と叫んでいる。

突如ビルの上に現れたST☆RISH。

ビルの上に現れたST☆RISHは「七海に頼まれたんだ…HE★VENSの決戦曲だよ!」と言って楽譜をHE★VENSに投げる。
渡された譜面を見て笑顔になるHE★VENS。
「歌いてぇ!これ歌わないでどうするんだ!」(大和)「まだ希望を捨ててはならぬ…そう思えてきた」(シオン)「せや。諦めたら終わりや。けど諦めへんかったら…」(ヴァン)「道は…ある」(綺羅)「よーし!この曲にスーパーキュートな詞を付けちゃおう!」(ナギ)「うん!すぐに始めよう!」とメンバーも元気を取り戻す。
その様子を見て「い~~~い!!」(喜び)と叫ぶ瑛一。

楽譜を見て笑顔になる瑛一。

そして春歌からもらった譜面に興奮し、『いい~!!』と全身で表現する瑛一。(真ん中)

月の前でも「い~~~い!!」と叫ぶ瑛一。連続での「イイ~!!」から相当テンションが上がっているように見える。

HE★VENSの見どころは逆境とグループ愛

今まで行方不明・活動停止をしたり、また社長との確執などシャイニングに比べ、圧倒的不利な状況にいるHE★VENS。
しかし逆境に立ち向かうたびにまた強くなって帰ってくるHE★VENSにはまるうたプリファン続出。
メンバー個人を見てみても、ほとんどがはみ出し者ばかり(デュエットの様子を見てもわかるが個性が強すぎて周りと上手くいかないメンバーが多い)。
なのでメンバーそれぞれがHE★VENSを自分の大切な居場所だと思っている。

そんな逆境を乗り越えた彼らの歌う決戦ライブの曲『不滅のインフェルノ』

ぴーすたん
ぴーすたん
@go-103405396180609142743

Related Articles関連記事

うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE2000%(うたプリ 第2期)のネタバレ解説まとめ

本格的にアイドルとしての芸能活動を始めた、アニメ第1期のその後のストーリー。作曲家として奮闘する七海春歌、そして本格的にアイドルとして活動を始めたST☆RISH。彼らの前には教育係の先輩が現れたり、新たなメンバーが加入。ST☆RISHにとって新しい環境でのスタートになる。

Read Article

うたプリの主人公たちが個性的で面白すぎる(QUARTET NIGHT編)

うたのプリンスさまアニメ第2シリーズから登場した先輩グループQUARTET NIGHT。ストーリーの主軸であるST☆RISHに負けない濃いキャラとストーリーでファンの心をがっちりつかんだ。3枚目でグループのまとめ役・寿麗二、ミステリアスな美少年・美風藍、伯爵家出身で高貴なオーラ漂うカミュ、ワイルドな魅力がセクシーな黒崎蘭丸。異なった個性を持つQUARTET NIGHTの4人について解説する。

Read Article

目次 - Contents