うたプリの主人公たちが個性的で面白すぎる(QUARTET NIGHT編)

うたのプリンスさまアニメ第2シリーズから登場した先輩グループQUARTET NIGHT。ストーリーの主軸であるST☆RISHに負けない濃いキャラとストーリーでファンの心をがっちりつかんだ。3枚目でグループのまとめ役・寿麗二、ミステリアスな美少年・美風藍、伯爵家出身で高貴なオーラ漂うカミュ、ワイルドな魅力がセクシーな黒崎蘭丸。異なった個性を持つQUARTET NIGHTの4人について解説する。

アニメ初登場のシーンで後輩ST☆RISHに対して「よろしくマッチョッチョ☆」とふざけた挨拶をしたことが原因で視聴者から(主に掲示板や動画サイトのコメント欄)嶺二が喋る度に「は?」と言われてしまう。
”は?(可愛い)”、”は?(いい奴だな)”などカッコで本当の気持ちが表現されており、嫌われてはいない。

一人海外ロケに行く嶺二を追い払うカミュ・藍・蘭丸。

嶺二「ぼくがいないと寂しいかもしれないけど、仲良くしててよね」
藍「寂しい? 何言ってるの?」
カミュ「黙れ愚民」
蘭丸「さっさと行け」
嶺二「ほ、本当は寂しいんだよねっ?」
カミュ「しっしっ」

アニメ3期9話で一人だけ旅行ロケに出かける嶺二に対してのメンバーの反応。
このように、メンバーから塩対応されることが多い。

発言が昭和

昭和っぽさ漂う決めポーズ。

使用する言葉の古さから「寿嶺二は30代以上。ことによれば40代疑惑があるというのは業界の常識」(by 一ノ瀬トキヤ)から言われるように昭和な言葉を多用するクセがある。「よろしくマッチョッチョ」「ドイヒー!」「めんごめんご」「サンキューベリべリマッチョッチョ」などは彼の中では基本用語である。

キャラソンでも昭和な言葉の多用が特徴的である。
曲調も昭和歌謡風のものが多い。
歌詞の例で挙げると「ア・チ・チ!マジで×3ズキュンさ」(溺愛テンプテーション)や「ビビッと来たよ(ハートに直撃)」(キスはウィンクで)など。

開始から46秒まで嶺二のキャラソン「溺愛テンプテーション」

黒崎蘭丸(くろさきらんまる)

宮城県出身のロックを愛する22歳。
基本的にぶっきらぼうな性格だが上下関係や義理人情を大切にする熱いタイプ。そのことから後輩からも好かれている。
得意楽器はベース。
ワイルドな風貌や曲から男性ファンが多いのが特徴。
マスターコースで担当する後輩は真斗とレン。

左から蘭丸・真斗・レン。

1分34秒から蘭丸のソロ曲。

元御曹司

幼少期の蘭丸・真斗・レン。

父が財閥の社長で幼い頃までは裕福な家庭で育つが、経営の悪化や部下の裏切りなどによって財閥は破産し、蘭丸自身アイドルとして成功した今でも多額の借金を抱えている。レン・真斗とはお互い財閥の子息であることから昔からの知り合い。
借金を返さなければいけないので基本的に質素な生活をしている。
金欠のため常に空腹で、食べ物なら何でも食べる。
肉やごはん・バナナなど腹持ちの良いものが好き。

一時期は愛するロックを封印

ロックを忘れるためにハードなトレーニングに励む蘭丸。

蘭丸はシャイニング事務所の前に地元の仲間とバンドを結成していた。
すでに解散していたがその仲間と演奏した思い出のステージが取り壊されることになり、過去のバンド仲間から「最後にもう一度演奏しよう」と誘いを受ける。
しかし蘭丸はQURTET NIGHTとしての仕事があるため、その誘いを断るが、本当は一緒に演奏したくてたまらない。
その想いを断ち切るために「俺はロックを封印する」と宣言する。
曲作りのときも七海春歌にロックではない曲を作るように言う。
なぜそこまでロックを封印することにこだわるかというと、過去にバンド結成・解散を繰り返していた蘭丸はやっとまとまってきたQURTET NIGHTをまた前のバンドのように解散させたくない、自分がふらついていたからバンド解散することになったと思っていたからである。

悪夢を見てうなされる蘭丸。

ベースを持つとキラキラ5割増しになる蘭丸。

しかし愛するロックを封印したことや過度のトレーニングにより、調子を崩す蘭丸。
そこで得意楽器を持って撮影する仕事が舞い込むのだが、ベースを持つと、とたんに生き生きとする。
それを見てシャイニングのメンバーはやはり蘭丸にはロックが必要だと確信する。
曲作りを終えた七海春歌は「私ロックが好きな先輩もアイドルの先輩も全部が全部黒崎先輩だと思うんです。ロックが好きだからこそ今があると思います」と言って、楽譜を蘭丸に渡す。
仕事を終えた蘭丸は取り壊されるステージに向かい、一人、七海春歌が渡した曲を歌い始める。
すると蘭丸の歌声に誘われて大勢の観客が集まり、蘭丸も自分にはロックが必要だと確信する。
「待ってろ!今度はもっとすげーもん見せてやるぜ!」と観客に向かった今後の意気込みを宣言して蘭丸はロックの封印を解いた。

ぴーすたん
ぴーすたん
@go-103405396180609142743

Related Articles関連記事

うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%(うたプリ第1期)のネタバレ解説・考察まとめ

株式会社ブロッコリーから発売された「うたの☆プリンスさまっ♪」というゲームを元に、発売のわずか1年後の2011年にA-1 Picturesによってアニメ化された作品。主人公と6人のプリンスたちがいろんな壁を乗り越えながら、芸能学校の早乙女学園を卒業するまでのストーリー。

Read Article

うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE2000%(うたプリ第2期)のネタバレ解説・考察まとめ

本格的にアイドルとしての芸能活動を始めた、アニメ第1期のその後のストーリー。作曲家として奮闘する七海春歌、そして本格的にアイドルとして活動を始めたST☆RISH。彼らの前には教育係の先輩が現れたり、新たなメンバーが加入。ST☆RISHにとって新しい環境でのスタートになる。

Read Article

うたプリの主人公たちが個性的で面白すぎる(HE★VENS編)

『うたの☆プリンスさまっ♪』アニメ2期から登場したHE★VENS(ヘブンズ)は、ST☆RISH(スターリッシュ)やQURTET NIGHT(カルテットナイト)が所属するシャイニングのライバル事務所であるレイジング・エンターテイメント所属のグループ。その斬新なパフォーマンスやメンバーの行動は、まさにうたプリの問題児。 今回はそんなHE★VENSの7人について解説する。

Read Article

目次 - Contents