アイドリッシュセブン(第3話『それぞれの気持ち』)のネタバレと感想・考察・動画放送情報まとめ

I7 bd dvd inner fixw 730 hq

初ライブを終え、気持ちを新たに前へ進もうとする紡とIDOLiSH7。紡にマネージメント協力を申し出た一織は、グループとしての路線にも関わるセンターを決めるよう提案する。方向性が定まったIDOLiSH7だが、路上ライブ活動をこなしていく中で活動停止を言い渡されてしまう。
今回は「アイドリッシュセブン」第3話『それぞれの気持ち』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想、考察、動画放送情報を紹介。

「アイドリッシュセブン」第3話『それぞれの気持ち』のあらすじ・ストーリー

F212ca824d9aac313be1ed88457e93d8

前回初ライブを行ったIDOLiSH7。
客は9人という散々な結果だったが、次のライブの時は会場を観客でいっぱいにするという想いを胸に、ライブを成功させた。
一方で芸能界の厳しさを知った紡は、ライブ後に自分の勉強不足だと落ち込むのであった。
そこへライブを終えた一織がやってきて、ライブの演出を全て紡が手掛けたことを褒める。てっきり、いつも毒舌な一織に叱られるのかと思っていた紡は呆然とする。
今回のライブでなぜ失敗したか、淡々と一織は語っていく。
一織が提案したのは、IDOLiSH7のマネジメントを自分に委ねて欲しいというものだった。

03 0605.tiff

寮に住むことになった、IDOLiSH7の7人。
相変わらずマイペースで個性的な彼らは、騒ぎながらも寮で生活する準備を始める。
そんな中、未成年の一織と環は入寮にあたって保護者のサインを紡に提出する。ふと環の書類のを見ると、見慣れぬ名前がサインしてあり、環が施設育ちだということを知る。園長のサインだとにこやかに笑う環に、意外と苦労してるのかと三月が言う。マイペースで我が儘な環が施設育ちということに紡も驚いていた。

03 0738.tiff

IDOLiSH7のマネジメントを手伝うことにした一織は、紡を呼び出す。
一織はIDOLiSH7のデビューまでの着実な計画とデビュー後の展開までを記した企画書を渡し、『パーフェクト高校生』と呼ばれているのは事実であると思わせる程の手腕を見せた。
企画書を提出した一織は、まず紡にIDOLiSH7のセンターを決めて欲しいと言う。センター次第でグループの路線が変わり、イメージカラーが決まってくると説明も加えた上でアドバイスをしていく。

一織 「マネージャーのイメージは、どのカラーに近いですか?」
紡 「私は…みんなに愛されるような、たくさん応援してもらえるような、夢や希望を与えられるような…そんなアイドルグループにしたいです」
一織 「では、答えは一つですね」
紡の返答で、一織は確信した。

IDOLiSH7のセンターは陸となった。
歌唱力も抜群で、一織も咄嗟に「かわいい人だ」と言ってしまう陸は、まさに紡のイメージするアイドルグループのセンターだった。
全員が陸がセンターになることに同意し、祝福するのだった。

03 1134.tiff

7人は名前を広める為に、路上ライブを始めた。
人々が立ちどまり、彼らのパフォーマンスを眺めている。

一方でTRIGGERは、ツアーの説明を受けていた。
質問はあるかとマネージャーに言われた三人は、ありませんと冷ややかな顔でそれぞれ答えていく。この程度で満足するなとマネージャーを通して社長の言葉を受けた彼らは、覚悟を新たにしていく。

IDOLiSH7の路上ライブは好調だった。
だが慣れてきたことで、メンバーの中に緊張感がなくなってしまう者が出てくる。
ライブの最中に女の子を口説いてしまうナギ、お腹が空いて屋台を眺め続けてしまう環。
そんな二人を見かねて、三月は『アイドル自覚会議』を行う。会議の中でもナギと環はマイペースで、大和は最年長にも関わらず叱ることもない。アイドルだから実生活でも「見られている」という意識を大切にしなければならないと環に説教をした壮五だったが、ガミガミ言うなと反論されてしまう。
グループがまとまらない中、一織が「しばらくライブ活動はやめましょうとマネージャーが言っています」と活動停止を言い渡してしまう。
たるみきったこの空気を変えるには、活動を抑制し外部からの刺激を与えることだと紡に告げる。活動を停止した上で、TRIGGERのアリーナツアーを観戦することを提案した。

03 1748.tiff

環とアイドルについて話し合う大和

一織のアドバイスを受けた紡は、再度メンバーに活動停止を宣言する。
アイドルとしての活動停止だけでなく、TRIGGERのライブまで歌もダンスも禁止という徹底したものだった。
一ヵ月間活動停止という長い休みをもらったメンバーは、各々アイドル活動をしない生活を送る。
二人で買いだしに出かけた環と大和は、アイドルになろうと思ったきっかけを話し合う。「テレビに出たいから」とすぐに言った環に向けて、大和はそんなにいいものじゃないと前置きをしつつ、自分の動機は復讐だと話す。
冗談のようにも聞こえたが、大和は冷たい表情をしていた。

路上ライブ中からマイペースなナギを気にかけていた三月は、とうとうナギの部屋に乗りこむ。そこでナギは、今までガールフレンドはいたが、ボーイフレンドはいなかったと打ち明ける。IDOLiSH7のメンバーが初めての男性の友達で、文化の違いからか「自分がしたいことをするとみんなが喜ぶ」と誤解していたということも話した。少しナギのことが分かった三月は、自分の弟が何を考えているか分からないとナギにこぼす。

その頃、弟である一織は、紡と話し合っていた。
実はアイドルになったのは、兄の為だと紡に打ち明ける。三月は小さい頃からアイドルに憧れていたが、背も低くダンスや歌に特別秀でている訳でもなく、オーディションに全く受からなかった。そんな時に一織がスカウトされ、兄と一緒ならとスカウトを受けたのだと言う。

006

一織と環の高校生組を送りだした後、陸と壮五は二人でレッスン場の掃除をする。
そこでTRIGGERの話になり、TRIGEERが好きだと言う壮五とは違い、陸は「TRIGGERのことを好きだかどうか分からない」と口ごもった。
アイドルになるという夢の為に家族を捨てられるかと言った陸に、壮五は「もう捨てたんだ」と言い放つ。
その表情は真剣で、冗談ではないようだった。

7人は歌やダンスを禁止され、活動停止を言い渡されても、それぞれアイドルになるという夢に向かって葛藤をしていた。

「アイドリッシュセブン」第3話『それぞれの気持ち』の感想・考察

「アイドリッシュセブン」の動画放送情報

地上波・BS・CS 放送スケジュール

第1話・第2話一挙放送スペシャル

【2018年1月1日放送】
・TOKYO MX:20:00~
【2018年1月2日放送】
・BS11:24:00~
【2018年1月3日放送】
・サンテレビ:25:30~
【2018年1月4日放送】
・KBS京都:22:30~
・TVQ九州放送:26:00~
・テレビ北海道:26:05~
・テレビ愛知:26:05~

第3話以降放送スケジュール

nade02
nade02
@nade02

Related Articles関連記事

NEW

アイドリッシュセブン(第4話『プロの覚悟』)のネタバレと感想・考察・動画放送情報まとめ

デビュー前に活動停止を言い渡されてしまったIDOLiSH7は、アイドルとしての自覚を促すため、TRIGGERのライブを観て刺激を受けることを決める。ライブ当日、会場へ向かうナギと環と大和はTRIGGERの九条天に遭遇する。その頃、陸は双子の兄に関する秘密を打ち明けようとしていた。 今回は「アイドリッシュセブン」第4話『プロの覚悟』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想、考察、動画放送情報を紹介。

Read Article

NEW

【随時更新】アイドリッシュセブン(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

アイドリッシュセブンとはバンダイナムコオンライン提供のスマートフォン向けアプリ、及びそれを原作にしたアニメ作品。 主人公は父の経営するアイドル事務所で、アイドルの卵たちのマネージャーを任される。7人のアイドルの卵たちは、個性豊かで性格もバラバラだった。 主人公と「IDOLiSH7」と名付けられた彼らが、華やかだが厳しくもある芸能界を通して、頂点を目指し成長していく物語である。

Read Article

NEW

アイドリッシュセブン(第2話『はじまりのステージ』)のネタバレと感想・考察・動画放送情報まとめ

オーディションを経て結成された「IDOLiSH7」。紡の企画によって、初ライブの会場は約3000人が入る野外大音楽堂に決まる。初ライブに向けて紡とメンバー全員で宣伝活動に取り組むが、当日集まった観客はたったの9人だった。 今回は「アイドリッシュセブン」第2話『はじまりのステージ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想、考察、動画放送情報を紹介。

Read Article

NEW

アイドリッシュセブン(第1話『shaking your heart』)のネタバレと感想・考察・動画放送情報まとめ

父親が経営する「小鳥遊事務所」に入社した小鳥遊紡は、デビュー前のアイドルグループのマネージャーを担当することになる。紹介された和泉一織、二階堂大和、和泉三月、四葉環、逢坂壮五、六弥ナギ、七瀬陸の7人のうちデビューできる3人を選ぶオーディションが行われる。 今回は「アイドリッシュセブン」第1話『shaking your heart』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想、考察、動画放送情報を紹介。

Read Article

アダルトすぎて問題に!?種村有菜さんによる二次創作&同人誌について

「神風怪盗ジャンヌ」、「満月をさがして」などの人気作を精力的に発表し、90年代以降の少女マンガを語る上で外せない存在である女性漫画家の種村有菜さん。作品はアニメ化もされ、多くのファンに支えられる彼女は、Twitterに他作品の二次創作イラストをアップしたり、さらにコミケに参加したりという活動をしていることでも知られています。しかしその作品がエッチな内容だったために問題に……!?

Read Article

目次 - Contents