ソレミテ〜それでも霊が見てみたい〜(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ソレミテ〜それでも霊が見てみたい〜』とは、漫画家小野寺浩二と総合プロデューサー石黒正数が「実際に心霊体験をしたい」という目的の下、様々な心霊スポットを巡る「心霊スポット探訪ガチレポート漫画」である。
『月刊ヤングキングアワーズ』で2012年9月~2015年2月まで連載。
メジャーからマイナーまであらゆる心霊スポットへ赴き心霊体験とその証拠を掴むため東奔西走する、ホラーを取り上げつつも全くホラー要素を感じさせない新感覚な心霊漫画。

『ソレミテ〜それでも霊が見てみたい〜』の概要

『ソレミテ~それでも霊が見てみたい~』とは、心霊体験をしたいが今までした事が無い漫画家・小野寺浩二と石黒正数がタッグを組み、身近な心霊スポットから有名心霊スポットまで手当たり次第に取材へ行く「心霊スポット探訪ガチレポート漫画」として連載される。
実録漫画であるため、心霊体験をした時点で連載は終了又は除霊編となるのだが、約3年連載が続いた事がそれまでの苦難を無言で物語っているようである。
実際に幽霊が出るといわれる場所へ赴き「幽霊を見たい」と言う一心で各所を巡るが、毎回ホラー要素を感じさせないギャグ漫画のような残念な立ち回りをしてしまう。
心霊スポットの紹介以外にも幽霊に出会うための様々な心霊グッズも紹介されている。たが胡散臭さが先立つ為紹介されるほど出会えそうな要素が薄れていき、より空回りしている印象が恐怖より笑いを誘う作品である。

『ソレミテ〜それでも霊が見てみたい〜』のあらすじ・ストーリー

出典: ameblo.jp

ソレミテ~それでも霊がみてみたい~冒頭シーン

喫茶店で石黒正数が小野寺浩二へ心霊現象の話題から心霊スポット巡りの企画を持ち込んできたところから始まる。

「小野寺(デラ)さんて心霊現象とか好きでしたよね?」
「ええ!メガネっ娘と同じくらいにね!」

第1夜(第1話)は、喫茶店で漫画家・石黒正数と漫画家・小野寺浩二が心霊現象について話している所から始まる。
お互いに幽霊は見たいけど今まで見た事が無い、「それなら一緒に心霊スポットを巡ってそれを漫画にしよう」という流れで企画が始まる。
今作では漫画家・石黒正和は総合プロデューサーという立場で登場しており、漫画家・小野寺浩二が体験談を描くという役割で構成されている。それに加えて少年画報社担当・星野と販売部・安達の4人が初回の登場人物となる。

そして、この作品の出版社でもある「少年画報社ビル」が初回の心霊スポット。そのビルでは「ラップ音」「誰かの気配」「何かの物音」「いないはずの人影」等の多数の証言が報告されており、主に一人で残業している時に起きているとのこと。
早速、漫画家・小野寺&石黒P(今作では石黒は総合プロデューサー)と少年画報社担当「星野」、販売部「安達」らの4人で夜の少年画報社ビルへ向かう。

第1夜 少年画報社ビル

ソレミテ~それでも霊がみてみたい~第1夜「少年画報社ビル」

第1夜で描かれる今作のキービジュアル的な絵。様々な心霊スポットへこれから赴こうとする小野寺と石黒P(今作では総合プロデューサー)が中央に描かれている。

第1話ならぬ第1夜は、「少年画報社ビル」。なお、第1夜の登場人物は漫画家・小野寺、漫画家・石黒P(今作では総合プロデューサー)、少年画報社担当・星野、販売部・安達の4人である。
実はよく出ると噂されている「少年画報社ビル」、主に1人で残業をしている時に「ラップ音」「何かの物音」「だれかの気配」「いないはずの人影をみた」等多数の目撃情報があげられている。
その中でも特によく出ると言われているのは地下1階と地上5階との事で、担当・星野から地下1階から順番に上ってくるようにルートを指定され、それに従い小野寺・石黒Pの2人は早速デジカメと懐中電灯を手に巡回する。

幽霊を見たいと言っていた割に「心霊心霊番組を観た後は何かが写っているんじゃないかと思って鏡は絶対に見れない」と語り、意外とビビりだった所を見せる小野寺。
石黒Pも同様にビビっており「超怖ぇっス」と言いつつ巡回する。このシーンでは、やや腰が引けながらも果敢にデジカメを構える石黒Pの姿が小野寺のコミカルな語りで描かれている。

ソレミテ~それでも霊がみてみたい~第1夜「少年画報社ビル」ポルターガイストを目撃する星野と安達。

肝心な心霊現象をよりにもよって関係のない星野と安達の2人が目撃してしまった事に驚愕する小野寺と石黒P。

しかし、5階まで隈なく探すも心霊現象と思われるものには遭遇せず、「何か」を写す為シャッターをきり続けるも手ごたえの無いまま指定されたルートを全て回りきってしまう。
収穫の無いまま4人は2階のアワーズ編集部で休憩をとる。実の無い会話をしつつ小野寺・石黒Pはデジカメに何か写っていないかチェックをしている中、星野と安達は編集部のドアがひとりでに閉まる所を目撃してしまう。
デジカメのチェック中に突然叫びだす安達、無かった事にしようとする星野。2人の慌てっぷりに動揺する小野寺と石黒P。
どうやらポルターガイストを2人が目撃したらしいと知り「あんたらが見てどうする!!」と驚愕するも「いや、まだ間に合うかも」とドアに駆け寄り現場を検証する。ドアは重く風があっても勝手に閉まるようなものではない、デジカメには何も映らず。‘‘もしや、作家を喜ばせるための接待心霊現象では‘‘と疑うも、子供化(ガキ化)して叫び続ける安達と全てを無かった事にしようと目を閉じる星野の姿を見て「千載一遇のチャンスを逃した」と悔やむ小野寺。

うるさい位に叫び続ける安達だったが、石黒Pが持参していた清めの塩をかけてもらい平静を取り戻す。石黒Pの冷静かつ紳士的な振る舞いを見ていた小野寺は「ひょっとして、塩(それ)持ってたから我々は霊が見れなかったのでは…?」と心の中で思う。
今夜はこれ以上何も起きそうにない空気になったことで解散となり、帰りの電車でうな垂れる小野寺と石黒P。

出典: 3f.blog.jp

駅のホームで石黒Pを見送る小野寺
「霊は出ますよ、いつか必ず、あきらめなければ」と語った石黒Pのセリフに、パチンコに狂った人間と同じものを見た小野寺

「幽霊は本当にいるのか」と弱音を吐く小野寺に対して「いて欲しいんです」と答える石黒P。「もしも死後の世界が無かったら死んだ人は無になってしまう、それはすごく怖い」と語る石黒Pに共感し再燃する小野寺。
乗り換えで別れを告げた際に「——デラさん、霊は出ますよ、いつか必ず、あきらめなければ」と語った石黒Pのセリフに対して、小野寺が「石黒P…それはパチンコに狂ったやつと同じセリフだよ」と感慨深くもコミカルに締めくくり第1夜は幕を閉じる。

第2夜 千駄ヶ谷トンネル・青山霊園

第2夜は「千駄ヶ谷トンネルと青山霊園」。この回では前回の4人に加えて用心棒として編集・大野が参加する。用心棒とは時に不良のたまり場となっているであろう心霊スポットにおいて彼らの魔の手から盾となり守るという役割であるが、今作での活躍は無い。
「千駄ヶ谷トンネル」とは昭和39年東京オリンピックにあわせて開通され、その経路上には墓地があったが移転せずにその下に作られたトンネルである。そこで多く目撃されるのは「女性の霊」と言われており、「道路を横切る」「壁から伸びる手」「ボンネットとガラスに手形が残される」「天井から逆さまに落下してくる」といった報告があるとのこと。

目撃情報にビビりながらも心霊スポットへ向かう一同。しかし、千駄ヶ谷トンネルは意外と車通りが多く、明るかった。さらにホームレスが2人心霊スポットで暮らしている姿を見て「ここは出る気がしないな」と早くも諦めムードになる。
「これで16ページでは尺が足りない」という連載上の都合と石黒Pの「このままでは気持ち的に終われない」との主張で急遽近くにあった「青山霊園」へ、向かう事となる。

緊急追加となった「青山霊園」は、約26万平方メートルに公営墓地である。そこではタクシーに乗った女性が「青山霊園まで」と告げ、目的地に着く座席に女性の姿は無くシートがぐっしょりと濡れていたというエピソードで有名である。

ポピュラーな目撃情報があるだけに「ここならば」と期待する石黒Pと小野寺。夜中の墓地というだけあって不気味な雰囲気を出しているが、突然東京の高層ビルが出現し明るく周囲を照らし始める。
「あれ?ここも意外と明るい!?」、イメージしていたのと違う光景に悲しそうな背中を見せる石黒P。諦めずにシャッターをきるが何も写らない。失望の中探索を続けるとついに街の光を通さない暗い一角が出現する。
「これだ!」と興奮し、暗闇の中大はしゃぎでシャッターをきる小野寺と石黒P。しかし、何も写らず青山霊園にまた街の光が中途半端に明るく照らしだす。

「時間が早すぎたんだよ!」
夜20時という中途半端な時間帯にスケジュールを立てた担当・星野に怒鳴る石黒P、大人たちの心がすさみ始めた時、大都会に突然カエルが2匹出現する。
「あ、カエルだ―」
「かわいー」
「こんな大都会にもこんなでかいカエルがいるんだ―」
突然現れたカエルに大人たちの心が癒され、第2夜は幕を閉じる。

第3夜 八王子城跡

第3夜である八王子城跡は東京から車で1時間程にある1590年に秀吉の軍勢に滅ぼされた城跡である。
今回は遠出の為ドライバーとして新たに筆谷編集長が登場する。ただし彼も怖がりであり探索には行かずすぐに退場する、完全に運転手役のみでの参加である。

道が暗いためヘッドライトを付けて一番「出る」といわれている「御主殿地区にある滝」へと向かう。
今回は新アイテムとしてインスタントカメラが登場、理由は「デジカメよりも写りそう」だからとの事。「何か写ったら読者プレゼントにしよう」と期待するが、今回も不発に終わる。
暗い中探索し、動物の鳴き声やパキッという謎の音がするが心霊現象には出会えない。小野寺が暗闇との恐怖に耐えながら一度滝の下へ向かおうとするが、立ち入り禁止とあり残念そうな少しほっとしたような顔で断念する様子が描かれている。
「1回ライトを全部消してみよう」と石黒Pからの提案を受け入れるが、その日は満月であり意外と明るいというオチとなった。
道中動物と触れ合いながら雑談を交えつつひと回りすると、他にも肝試しをしにきた2人組がおり話を聞くシーンが描かれる。
しかし、心霊体験は聞けず談笑を交わし今回の心霊スポット巡りを終える、はずだったが何と今回は担当・星野がもう一つ心霊スポットを用意しており次回へと続く。

第4夜 道了堂跡

八王子にある有名な心霊スポットとして紹介される「道了堂跡」は、現在「大塚山公園」になっている。ここでも筆谷編集長はドライバーに徹し取材が終わるまで走り去ってしまう。
見晴らしの良い高台を上り、「絹の道」と言われる暗い林道に入ると、そこに「道了堂跡」がある。「道了堂」は本来旅人の安全を守って建てられたものらしいが、現在建物は残っていない。その階段から8月下旬でまだ残暑が厳しいというのに冷たい風が吹き探索メンバーへ恐怖を誘う。
しかし、「高台だからそりゃちょっと涼しいですよ」と石黒Pが一刀両断し一同は進む。建物内に入ると小野寺・安達に走る恐怖心、このシーンと共にかつてこの「道了堂跡」で老婆が強盗に会い殺害、それから10年後に不倫のもつれから女子大生が殺害され近辺に埋められたというエピソードが語られる。さらに、昔心無い若者に壊されたといわれる「首切り地蔵」も登場しその光景の不気味さを訴えている。現在は修復されているがこの地蔵にむやみに触ると良くない事が起こるといういわくつきで、さらに当時破壊された首は別で祀られており小野寺は「さらし首みたい」と表現しその場に恐怖している様子が描かれる。

そんな中全く恐怖心を感じることなく奥へ進む石黒Pの姿に小野寺は驚くが、安達が限界を迎え一度引き返す事になる。これで終了かと思われたが、何と小野寺が恐怖のあまり撮影を忘れてしまい男性のみで再度回る事となる。内心「何度もすみません」と詫びながら地蔵にシャッターをきる小野寺達についにある異変が起きる。

小動物か何かが移動しているような草むらの音、そして首のみ祀られている地蔵の後ろで「パキン」と音が鳴り辺りは静寂に包まれる。異様な雰囲気の中シャッターをきり2度目のロケは終了となる。なお、石黒Pは皆が恐怖している中どんどん先へ進んでいき、その姿を見て小野寺は「今日はやけにやる気だな」と不思議に思う。
メンバーと合流した後、小野寺は「怖かった」と語るが、それに反して石黒Pのみ「今日はそんなに怖くなかった」と打ち明ける。どうやら実家が田舎で夜は暗かった為、今回は見慣れたものであったらしい。だからといって全く恐怖心を感じない事に女性陣から霊的不感症と不名誉な事を言われつつ一同車でその場を離れる。

今回のオチとして、車内の会話で担当・星野が「実は道了堂跡に入ってからずっと左肘が痛くて、出たら治ったんですよ。これなんでしょうね?」と霊障のような体験を語っている。今回も小野寺・石黒Pに心霊体験は起きなかった。

第5夜 東京タワー

実は、「東京タワー」も心霊スポットである。「タワーをバックに写真を撮ると謎の人影が写る」「ガードマンが毎晩ラップ音に悩まされる」「非常階段を駆け下りる女の幽霊がいる」
申し分ない目撃情報に期待値が高まるが、今回『ソレミテ』はついにやってしまった。

取材当日は7月下旬、この時期は東京タワーでビアガーデンが開催されており大いに賑わっていたのだ。それだけではない、その中でバブルと共に絶滅したかに思えた「ジュリアナ」がステージで踊っており出オチのインパクトを十分なほどに与えていた。これだけでも心霊体験と程遠い状況だが悲劇はこれだけでは終わらなかった。
何とこの日に限って小野寺を喜ばせるために石黒Pが「メガネのTシャツ」を出オチとして着てきてしまったのだ。完全に「ジュリアナ」に持っていかれ悲しそうな顔をする石黒P、それを今回ずっと着ていなければならないと思い涙する小野寺。さらに追い打ちをかけるように集合前の空いた時間でくじの景品で当ててしまった、大人気マスコットキャラクターを手に持つ安達の姿を見て、「あーこりゃもう完全に出ない空気ですわー」と呆然とする小野寺と石黒P。

お寺に路線変更を試みるが近くの寺である「増上寺」は盆踊りをやっており心霊体験どころではない。さて、どうしたものかと揉めている中編集・大野の提案により「NHK放送博物館」へ向かう。
ここで『ソレミテ』初の心霊写真「オーブ」の撮影に成功する。これは幸先がいいかもと期待するもこれ以上は無く、幽霊の目撃情報も「何か出る」と聞いたことがあるらしいというざっくりとしたものだった。ついに万策尽きたかに思われたが星野の口から「将門の首塚」へ行こうと提案される。
「将門の首塚」は乱をおこしさらし首となった将門の首が怨念を纏い、胴を求めて空を飛び力尽きて落ちた場所に建てられたと言われている。移転しようとするたびに原因不明の事故が起き死傷者が出るという、東京最大の心霊スポットとして紹介される。

この時点で時刻は23時過ぎ、時間的に良しと探索に向かうが先客がおり少し待つ事となる。しかし、この先客10分経ってもまだ祈っており「なんか怖いな」と訝しく思った所で安達たち女性陣に「あの人ずっとこっちを睨んでいた」と移動させられる。
男性組3人(小野寺・石黒P・大野)は真相を確かめるため再度先客の下へ向かうと、どうやら3方向の塚に向かって順番に祈っておりそれが位置関係で睨んでいるように見えていたと分析する。
勘違いと分かり気が抜ける3人組、怖がりの女性陣を驚かせようと全力で走って逃げるふりをしようと大野が提案しノリノリで同意する石黒P。ここから先は心霊スポット巡りとは関係のない「いい年した男性が女性を驚かせるために全力疾走するシーン」が描かれる。
バカバカしいと思いつつも少年のような高揚感を覚えつつ、女性たちの反応を確認する3人組。しかし、そこに女性陣の姿は無かった。
走り損かと思ったところで安達から電話がかかり恐怖のあまり全力で逃げていたと知る。それを聞き男性陣は歓声をあげ、安達はキレて罵声を浴びせていた。

その後、「将門の首塚」へ向かい謝罪、その際に例の先客とすれ違う。先客はその手で九字を切っているように見え、「あの男性はあんなにも強く何を祈っていたのか?」と疑問を残しロケを終える。

第6夜 虹の大橋

「虹の大橋」は神奈川県のダム湖宮ケ瀬湖に架けられた橋で、自殺の名所となっている。それゆえ霊も多く出現すると言われ探索に向かういつもの5人組。この回ではしばらく出番のなかった筆谷編集長が登場する。今回も「新車を守る」と言い張り断固として同行しなかった。

この回では、「真剣な中にも画面に安らぎを」という意図の下石黒Pのアメリカ土産を各登場人物たちが身に着けている。小野寺には謎の「ピーナッツバター大好き!」な少年のキャラTシャツ、星野と安達には「ふざけたデザインの帽子」が与えられていた。
この橋を車で渡ると急にハンドルをとられるという心霊情報があり、しばらく車で横断するが何も起きず、結局徒歩での探索となる。外は11月、橋の上である。当然ながら風が冷たく寒い、そんな中石黒Pに渡された帽子が暖かいと意外な好評を得た所で心霊スポットの描写が始まる。

自殺防止のための異常に高いフェンス、街灯はすべて消えていて辺りは暗い。手すりに謎の文字が彫ってあり、確認すると落書きだった。何か起きそうな雰囲気から一転「期待を返せ」とブーイングに変わる。そんな中橋の下で何かがぶつかるような音が鳴る。何か写るかもとシャッターをきる小野寺と石黒P、しかし何も起きなかった。

このまま終わるかと思いきや、今回は小野寺が秘策を用意していた。その名は「幽霊挑発作戦」、これは危険をあえて冒し霊を挑発することで心霊写真を収めようというものである。‘‘多少強引にでも何かが起きないとヤバい‘‘と危機感が生んだ作戦であった。小野寺は事前に石黒Pに打ち合わせをしていたが、肝心の石黒Pはノープランだった。「いや、しかし石黒Pならやってくれる」と見守る中、挑発用にキャラを作ろうとしたが定まらなかった状態が続いた。ついにビートたけしのものまねをしだしたところで終了、「幽霊挑発作戦」は失敗に終わる。
その後ダメ出しをするかのように「『灯りが消えているから逆に星がきれい』と話す星野」「だれもない真っ直ぐな道路にテンションが上がる安達」の姿を見て「こりゃでねぇ」と撤退。「このままでは石黒Pのものまねがオチになる」との事で急遽もう1か所回る事になる。

有名な心霊スポットとして「不動尻キャンプ場(神奈川県厚木市)」、さらに途中にある「山神トンネル」も「出る」との噂でそこへ向かう。
暗い山道にビビり始める安達を見て「いい感じ」と期待を高める小野寺と石黒P、そこに突然現れる影、そしてそれはゆっくり振り返ると「鹿」だった。
突然の鹿にテンションが上がる一同、怖がらせないようにゆっくりと可愛い鹿の尻を追っかけカメラに収める小野寺、そして草むらに隠れる頃には一同「もうここで終了で良いんじゃね?」と満ち足りた表情で語る。
「不動尻キャンプ場」へは行かずUターンして引き返す際に石黒Pが「山道で軍手を拾う」というもう一つの奇跡を起こし今回のロケは終了する。

第7夜 船橋県民の森&達磨神社

第7夜で初のゲスト、漫画家・水上悟志とその担当・須見が参戦する。
石黒Pの希望での参戦であったが、肝心の石黒Pは風邪で寝込み、急遽ゲストからピンチヒッターへ格上げされ心霊スポット巡りが始まる。

今回赴く「船橋県民の森」はアスレチックやバーべーキューが楽しめる憩いの空間だが、夜になると「霊が出る」「謎の唸り声が聞こえる」という噂が絶えないという。
しかし、今回も霊らしきものは見えず、安達が「変な音が聞こえる」と思わせぶりな事を言うがインスタントカメラの起動音であったというオチがあった位である。「今回も負け戦だった」そう発言する者もいたが小野寺はもう一つ心霊スポットを準備していた。

「達磨神社」。正式には白幡宮というこの神社は「女性の霊が出る」と県民の森よりも有名な心霊スポットである。

念のため編集・大野が大声を上げ不審者がいないか確認してから中へ入る一同、そして奥へ行くと木々に囲まれた狭い空間に小さな社殿があり隔離された雰囲気が恐怖を誘う。
そして、今回も心霊体験を得るための作戦「幽霊挑発作戦 第二弾」が用意されていた。

きっかけは、石黒Pから安達へ電話をかけるところから始まる。「絶対に後ろを振り返っちゃダメ」と石黒Pが安達に念を押すと、突然心霊スポットで誕生日会を開催した。その日は安達の誕生日だったのだ。
この罰当たりはサプライズ行為で幽霊から何らかのリアクションを期待する、というのが今回の作戦内容であった。
「楽しそう」と羨ましがる石黒Pの無念を晴らさんと改めて探索に向かう一同。しかし、幽霊は出現せず代わりといわんばかりに大量のカマドウマを目撃するのみで終了する。余談だが、小野寺はカマドウマが大の苦手でかなりビビっていた。
そして、今回も何も起きなかったと解散の雰囲気になるが、突然ライトも付けずに歩く2人組の男女が現れ一度幽霊と見間違えそうになりビックリする。その2人を見て担当・須見が「あの2人、エロい事するつもりだったのかも」と発言し、「幽霊は見られなかったが不純異性交遊を未然に防いだ」と達成感を持って解散となった。

ちなみにゲスト・水上悟志の心霊体験として、「駐輪場でビニール袋を持った貞子っぽい人を見た」と語っている。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents