少女終末旅行(Girls' Last Tour)のネタバレ解説まとめ

8nr64urk

「少女終末旅行」とは、作者「つくみず」による漫画作品。2017年に「WHITE FOX」製作でアニメ化。文明崩壊が起こった終末世界を主人公の「チト」と「ユーリ」は半装軌車「ケッテンクラート」に乗って旅をする。ほのぼのした日常系の作風でありながら、時折垣間見える世界観が切ない。

『少女終末旅行』の概要

4dffd6776e8c42f7d550beaccde1b678 1

「少女終末旅行」とは、「つくみず」による漫画作品。
2014年からwebサイト『くらげバンチ』で連載を開始し、2017年に「WHITE FOX」製作でアニメ化。
アニメのOPは監督の尾崎隆晴が絵コンテ・演出をし、EDはつくみずが単独で担当している。
尾崎監督とつくみずは、対談の中で「背景だけを映しても美しく感じられるよう長回しを用いることと、自然や人工物そして都市全体から出る軋みを音で表現することにこだわった」と話し、背景や世界観をじっくり見せるアニメーションとなっている。

物語は、文明が滅び動植物や殆どの人間が死に絶えた終末世界を、主人公の「チト」「ユーリ」の二人が半装軌車「ケッテンクラート」に乗って旅をするというもの。
二人の行動や会話や背景などから世界観の設定が徐々に明らかになっていく。
気候はいつも寒くて雪が降っている事が多く、建物は朽ち果て、電力が入る施設も少なく、人間や他の生物も居ない。
街は多層構造になっており、二人は廃墟に残っている食料・水・燃料を調達しながら上層部を目指していく。
チトとユーリは嘗て街に住んでいた人々を古代人と呼び、文明が滅びてから大分年数が経っている事が伺える。
上記のような物悲しい世界観でありながら、悲壮な雰囲気は少なく、たまに哲学的な会話を交えながら滅びた世界でチトとユーリはほのぼのと暮らしていく。

『少女終末旅行』のあらすじ・ストーリー

5b88b2c4 s

チト(左)、ユーリ(右)

主人公「チト」と「ユーリ」は、終末世界をケッテンクラートで旅をしている。
チトは小柄で真面目な性格で本が好きで、ユーリは長身で自由奔放な性格で食べる事が好きという、対照的なキャラクターである。
二人が旅する都市は建物が朽ち果て、戦争で戦った残骸が残り、とても寒い場所である。
二人は元々二人の育ての親であるおじいさんと一緒に暮らしていたが、そこで紛争が起こり、おじいさんは二人はテッケンクラートに乗せ二人を戦地から送り出した。
その後二人は人と出会うことも無く、動植物を見かけることも無く、機能をほぼ停止した都市を移動していた。
都市は多層構造になっており、二人は食料と燃料を調達しながら都市の上層部を目指していた。
テッケンクラートには銃・食料・燃料などを積んでおり、足りなくなると廃墟を漁って調達しながら旅をしている。
廃墟になった町は元々は古代人が築き上げたもので、後の人々がそこに住み着き、そして死に絶え今に至る。

A350a967 s

二人は道中でビルの爆発に巻き込まれ、危うく下敷きになりそうになる。
ビルを爆破したのはカナザワという男性で、カナザワは二人が旅立ってから初めて出会った人間だった。
カナザワは地面の亀裂で道が通れなくなっていたため、ビルを破壊してそれを橋にしようとしていたのである。
カナザワの目的地も上層部で、二人のテッケンクラートに乗せてもらう事になった。
地図の作成を生きがいとしているカナザワは、これまで自分が通り見てきた場所を地図を紙に書き起こしていた。
カナザワの地図は現在チトたちの居る階層のほぼ全域を既に書き起こしており、それを頼りに三人はテッケンクラートの燃料補給をしながら上層部の入り口へと行く。
上層部へ繋がっている塔は外部にエレベーターが付いており、三人はそれに乗り込み上昇する。
しかしエレベーターには壁は無く、非常に不安定なものであった。
チトとユーリはカナザワから現在居る都市にはもう燃料や食料が調達できる場所は残っていないが、もっと上の層へ行けばまだ残っているのではないかと教えてもらう。
その時、エレベーターが突然傾いてしまい、カナザワの鞄が滑り落ち、カナザワは鞄を追って一緒に落ちてしまうが、チトとユーリがカナザワを掴み救った。
なんとかエレベーターを直して三人は上層部へ辿り付くが、カナザワは地図をなくした事で落ち込んでいた。
カナザワにとってこれまで作成してきた地図は、命と同じくらい大事なものであったのである。
ユーリはレーション(軍で配給される野戦食)を一つカナザワに譲り、きっと良い事があると慰めた。
カナザワは食料のお礼にと持っていたカメラを二人にあげ、二人とはここでお別れとなった。

現在チトとユーリがいる都市は電気がまだ生きており、街は街灯がついていた。
そして一つだけやけに光っている建物があり、二人はそこを目指す事にした。
街には白い棒状で先端に顔がついた謎のオブジェが所々に立っていた。
二人が一番光っていた場所にたどり着くと、そこはどうやら寺院であるようであった。
白い謎のオブジェも宗教に関わるものであるようであるが、詳しい事は不明。
二人はカナザワから貰ったカメラを使い、各所で風景の写真や自分達の写真を撮った。

0d42c756 s

二人が旅を続けていると、テッケンクラートが壊れて動かなくなってしまう。
チトが修理しようと試みるが上手く行かず困っていると、空に飛行物体が見えた。
それはラジコンの飛行機で、下にはそれを操る女性「イシイ」が居た。
二人はイシイと接触し、飛行機を製作したのはイシイであることを聞き、テッケンクラートが壊れてしまったことを話す。
イシイはテッケンクラートの修理をしてあげる代わりに、自分の手伝いをして欲しいと二人に申し出た。
イシイは元空軍基地に住み着き、過去の資料から独学で人間が一人乗れるサイズの飛行機を製作している最中であった。
ラジコンは試作機であったのである。
飛行機が完成したらイシイはそれに乗り、隣の都市に向かうつもりなのである。
そしてそのチャンスはまさに今、雪と風のない暖気の時で、今を逃したらもう二度とチャンスは無いとイシイは言う。
良く晴れた日に望遠鏡で外を見ると隣の都市がほんの少し見え、存在は確認できるが、隣の都市がどういう物なのかは不明である。
テッケンクラートは無事直り、イシイの飛行機も完成した。
チトは本当に独学と拾った材料で作った飛行機で飛んで大丈夫なのかとイシイを心配するが、イシイの決意は固かった。
イシイは飛行機で飛び立つが、途中で機体が空中分解してしまう。
しかしイシイはパラシュートで脱出し、これまでの努力からくるプレッシャーから解放されたのか、どこか晴れ晴れした顔で下層へ降りていった。
二人はその様子を見届け、旅を続けるために出発した。

二人はまずイシイから教えてもらった食料のある施設へ行って食料を調達した。
その後、大きな壁に沢山の引き出しがついたロッカーのようになっている墓の前を通り、そこでラジオ機を拝借した。
そして次の上層部へ行くために、上層部へ繋がる塔を登り、次の層へと辿り着いた。
二人は食用魚生産区画を通り、その後まだ動いていた古い電車にテッケンクラートごと乗り込んだ。
するとラジオ機から何か人間の歌声のような悲しい音色がかすかに聞こえた。
しばらく電車で移動したあと、二人は暗い施設の中を彷徨い、ようやく空の見える外に出ることが出来た。
丁度夕暮れ時であり、ラジオからはまた悲しいメロディが聞こえてきた。

D3b085d5 s

二人が周りを探索をしていると、謎の白い生き物が二人の前に現れた。
その生き物を便宜上「ヌコ」と呼ぶ事にした。
ヌコは驚異的な学習能力を持ち、ユーリとチトの会話から言葉を学び、ラジオ機を通して言葉を話した。
最初は置いていこうと思ったが、ヌコが付いてきたため、二人はヌコを連れて行く事にした。
ヌコは銃弾を餌にしていた。
また、ヌコはラジオから流れるメロディを発信する電波の方向が分かるようで、ヌコの言う方へ二人は進んで行った。
移動途中、大きなロボットのような物を二人は発見する。
二人がロボットの中を覗いていると、ヌコが体をコンセントの形に変形させ電源を入れた。
ユーリは運転席に座り、適当に操作するとロボットからミサイルが出て、前方の建物を破壊した。
驚いたチトは止める様に言うがユーリは聞かず、別の操作をしてみると、今度は光線が出て辺り一面を焼け野原にしてしまった。
古代の人間たちはこういったロボットなどの兵器を使って戦争を続け、文明崩壊を招いたのだろうか。

その後二人は風力発電所に辿り着き、ヌコは地上に置いてある潜水艦のような物の中から電波が来ているという。
二人が潜水艦に入り探索すると、高保存されたチョコレートを発見する。
チトがチョコを食べるユーリを写真で撮ろうとすると、画面に接続中という言葉が現れ、ヌコはカメラのデータを施設の中にあった画面に映し出した。
画面にはこれまでチトとユーリが撮った写真とカナザワの撮った写真が現れた。
データにはフォルダが多数存在し、二人はそのデータを全て開けた。

590959ea s

データには何百年またはもっと前の人々の写真や動画の記録が残されていた。
その中にはチトとユーリと同世代の女の子達の撮った映像、小さい子供の成長を写した映像、オーケストラ、葬式、サッカーの試合、アイドルのライブ、そして戦争のニュース映像などがあった。
人々の日常を映した暖かい記録と、戦争の悲惨さと、そして前に二人が乗った戦闘ロボットが街を焼き払う映像が交互に流れる。
チトとユーリは同年代の女の子達の映像に夢中になり、世界にはこんなにも沢山の人間が過去に存在していたのだと知る。
その夜、ユーリはおじいさんの夢を見て涙を流す。
おじいさんとチトとユーリの三人は一緒に住んでいたが、住んでいた場所が戦争になり、おじいさんはチトとユーリを逃がすためにテッケンクラートに乗せ、街から密かに送り出したのである。
ユーリが目覚めるとヌコがおらず、ヌコを探しつつカメラを弄っているとそこに巨大なヌコが現れた。
しかしそれはヌコとは違う個体で、起きて来たチトの目の前でユーリは巨大なヌコに丸呑みにされてしまう。
チトは唖然としその場に膝から崩れたが、武装してユーリを助けに向かった。
小さいヌコの方は事態がわからないようであるが、チトたちに対し敵意は無いようで、チトと一緒にユーリを探しに向かった。
道中、チトはこのままユーリを失ったらどうしようと思い、ユーリとの思い出を反芻しながら泣いてしまう。
チトがようやく追いつくと、ユーリは無事で、どうやら巨大ヌコはユーリの持っていたラジオ機を食べただけのようであった。
巨大ヌコはフォルムチェンジしエリンギのような人型の姿になった。
そして、エリンギは自分達には発声器官が無く電波を言語として理解できることや、人間に敵意は無く食べたりもしない事を話す。
ヌコはエリンギの幼体で、何らかの理由で群れから離れてしまったため自分の事を何も知らないようであった。
エリンギたちの通信シグナルの音が、時折ラジオから流れていた悲しいメロディの正体であったのである。
すると複数のエリンギが表れ、潜水艦に積まれていた核ミサイルを飲み込んだ。
エリンギたちは人間の造った熱的に不安定な物(核ミサイルやバッテリーなどのエネルギー)を食べ、体内で分解して静的に安定させているのだという。
そしてこの処理が全て終わると地球は終わりを向かえ、地球は活動を停止し長い眠りにつき、エリンギたちも眠りにつくというのである。
最上階以外の都市を回っているエリンギたちであるが、生きた人間を確認したのはチトとユーリが初めてだという。
エリンギたちは集団行動するため、ヌコはエリンギたちに引き取られ、チトとユーリははエリンギたちが次の都市へ飛んで行くのを見送った。
地球が終わりを迎えたとしても、自分達二人が一緒にいればどうでもいいと、チトとユーリは微笑みあった。

Bf0ffd02 s

二人は潜水艦の食堂にあった缶詰を拝借し、都市の最上部を目指して出発した。
チトはユーリに、ヌコが抜けて二人になってしまって寂しいかと聞くと、ユーリは「チーちゃんが寂しいんでしょ?」と答える。
強がって赤くなってしまうチトに、ユーリは「私は寂しくないよ。チーちゃんがいるから」と言う。
チトはユーリに聞こえない小さい声で「私もだ」と答えた。
世界が終わりを迎えると知ってなお、二人の旅は続くのであった。

3934e48e s

『少女終末旅行』の登場人物・キャラクター

主要人物

チト

9f3d1dd7 s

CV:水瀬いのり

本作の主人公の一人。
冷静沈着で真面目な性格。
手先が器用で、ケッテンクラートの運転をし、時には修理を自分でする事も。
読書好きであるため知識深く、感受性も高い。
高いところが苦手で、カナヅチ。
ユーリの事を「ユー」と呼ぶ。
自由奔放なユーリに冷静にツッコミを入れたり、ユーリの理不尽な行動に振り回されがちであるが、ユーリの度が過ぎると殴る。
しかしユーリを失うことを恐れてもおり、ユーリがエリンギに食べられた時はユーリを助けようと必死になった。
ユーリに比べると常識的であるが、知識としてしか知らない事も多い。
日記をつけている。

ユーリ

2f700f30 s
keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ご注文はうさぎですか?(ごちうさ)のネタバレ解説まとめ

日本の漫画家Kioによって書かれた四コマ漫画「ご注文はうさぎですか?」を原作としたアニメ作品で、アニメ株式会社WHITE FOXによって制作された。この作品は主人公保登心愛などラビットハウスで働く少女たちとその周りの登場人物の日常を描いた作品である。1期が2014年の4月から6月まで、2期が2015年の10月から12月まで放送された。

Read Article

ヨルムンガンド(Jormungand)のネタバレ解説まとめ

ヨルムンガンド(Jormungand)とは、日本の漫画家・高橋慶太郎の作品。2006年5月に『月刊サンデージェネックス』(小学館)で連載が開始され、2012年2月に最終話を迎える。戦争で両親を殺されたヨナは、武器を売る武器商人を憎んでいた。しかしヨナは、ある事情から武器商人ココ・ヘクマティアルの部下として働くことになる。ココと彼女の仲間たちと共に世界を旅する物語が幕を開ける。

Read Article

刀語(Katanagatari)のネタバレ解説まとめ

『刀語』とは、西尾維新のライトノベル作品である。全12話で、作者初の時代小説となる。2010年1月から12月にかけてテレビでアニメ化されている。「刀を使わない剣士」の鑢七花は、「奇策士」を名乗る女・とがめに誘われ、「完成形変体刀」とよばれる刀を集める旅に出ることとなる。人を知らぬ男と心を無くした女の物語が始まる。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第3話『思いがけない来客』)のあらすじと感想・考察まとめ

ゴブリンスレイヤーと女神官が冒険者ギルドに戻ると、エルフの土地での活動が活発になっているゴブリン退治の依頼が来ていた。依頼に来た3人の冒険者であるエルフの妖精弓手、ドワーフの鉱人道士、リザードマンの蜥蜴僧侶と共に、一行はゴブリン退治へ向かう。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第3話『思いがけない来客』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第7話『死へ進め』)のあらすじと感想・考察まとめ

無事にゴブリン退治を終えて水路から戻ったゴブリンスレイヤーたちは、水の街の奇妙な状況に気づく。また、剣の乙女と話した女神官は、剣の乙女が何か隠していることがあるのではないかと考えた。そんな中、探索のために再び水路に潜ったゴブリンスレイヤーたちは、ゴブリンの罠にはまって危機的状況に陥ってしまう。何とかゴブリンの襲撃を切り抜けたが、ゴブリンスレイヤーが負傷で意識を失くしてしまった。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第7話『死へ進め』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

NEW

ゴブリンスレイヤー(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『ゴブリンスレイヤー』とは、ライトノベル『ゴブリンスレイヤー』を原作としたメディアミックス作品である。 冒険者になったばかりの女神官が初めての冒険で危機に陥った時に出会ったのは、ゴブリン退治のみを専門に行う変わり者の冒険者・ゴブリンスレイヤーだった。ゴブリンスレイヤーと女神官、その後出会った妖精弓手、蜥蜴僧侶、槍使いと共に、ゴブリン退治が絡む冒険に挑んでいく。 ゴブリンに強い恨みを持つゴブリンスレイヤーと彼の仲間である冒険者たちの物語を、厳しい冒険者の現実と共に描き出したダークファンタジー。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第4話『強き者ども』)のあらすじと感想・考察まとめ

遺跡に住み着いたゴブリンの巣穴に潜り込んだゴブリンスレイヤーたちは、仲間としての結束を固くしていた。しかし彼らは、ゴブリンたちを使役していた上位種のオーガに遭遇してしまう。巨大な力を持つオーガの前でなす術もない仲間たちを庇うようにして、ゴブリンスレイヤーがオーガの前へ進み出た。そこで彼は、あるアイテムを発動させる。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第4話『強き者ども』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第8話『囁きと祈りと詠唱』)のあらすじと感想・考察まとめ

瀕死の重傷を負ったゴブリンスレイヤーだったが、治療の甲斐あって一命を取り留めることが出来た。回復したばかりの女神官とゴブリンスレイヤーは、街に出て破損した武器を修理に出した後、穏やかな1日を過していた。その後、水路の探索を続けていた仲間たちから行く先を邪魔する怪物の存在を聞き、ゴブリンスレイヤーはある作戦に出る。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第8話『囁きと祈りと詠唱』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第1話『ある冒険者たちの結末』)のあらすじと感想・考察まとめ

冒険者を志す女神官の少女は、初めての任務であるゴブリン退治で危機的状況に追い込まれる。仲間が次々と倒される中で出会ったのは、ゴブリン退治の任務のみを引き受ける変わり者の冒険者・ゴブリンスレイヤーだった。彼に助けられた女神官は、ゴブリンスレイヤーと共にゴブリン退治を行うことにする。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第1話『ある冒険者たちの結末』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第5話『冒険と日常と』)のあらすじと感想・考察まとめ

無事にゴブリン退治を終え、辺境の街に戻ったゴブリンスレイヤーたち。ゴブリンスレイヤーは傷を癒し、女神官は冒険者の等級を決める昇級試験に合格した。冒険者ギルドで束の間の平和な日常を送っていると、ゴブリンスレイヤーを名指しした依頼の手紙がギルドに届く。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第5話『冒険と日常と』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

NEW

ゴブリンスレイヤー(第9話『往きて、還りし』)のあらすじと感想・考察まとめ

地下の遺跡の奥にあったのは、失われた古代の技術である「転移の鏡」だった。ゴブリンはこの鏡を使って水の街の水路に現れていたのだ。鏡を守ろうとするゴブリンとの戦いに勝利したゴブリンスレイヤーたちは、水の街に隠された真相に気がつく。それは、剣の乙女の過去と恐怖についての秘密が関わっていた。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第9話『往きて、還りし』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第2話『小鬼を殺すもの』)のあらすじと感想・考察まとめ

女神官がゴブリンスレイヤーと共にゴブリンを退治し始めて、1カ月が経過した。ゴブリンスレイヤーは相変わらず淡々とゴブリンを殺し、女神官は彼のやり方に疑問を感じていた。しかし、ゴブリンスレイヤーの過去とゴブリンへ抱く憎しみを知り、彼の信念と悩みを理解していく。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第2話『小鬼を殺すもの』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第6話『水の街の小鬼殺し』)のあらすじと感想・考察まとめ

水の街からのゴブリン退治の依頼を受け、ゴブリンスレイヤーと女神官、妖精弓手、鉱人道士、蜥蜴僧侶は水の街へ向かう。ゴブリンスレイヤーは仲間から火や水、毒を使った攻撃を禁止されたが、地下水路で出会ったゴブリンたちを見事退治していく。しかし、ゴブリンたちの組織だった攻撃には不審な点がたくさんあった。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第6話『水の街の小鬼殺し』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents