ヒャダイン(HYADAIN、前山田健一)の徹底解説まとめ

ヒャダインとは、1980年生まれのミュージシャン、音楽プロデューサー、作詞家、作曲家、編曲家。当初、ニコニコ動画において「ヒャダイン」名義で活動していたが、徐々に幅広いジャンルの音楽を手掛け、ももいろクローバーZ、ゲーム・アニメ系のプロデュースなどで名を知られ現在に至る。2010年に本名が前山田健一というプロの音楽家である事を明らかにし、本名での出演も行うようになった。

ヒャダインの概要

本名:前山田健一。
4歳の時にピアノを始め、音楽キャリアをスタートさせる。中学時には小室哲哉をリスペクトしシンセサイザー(YAMAHA EOS)で、TRFの曲などの打ち込みを行う。作詞・作曲・編曲技術は独学で身につけた。
名門校・大阪星光学院高等学校から京都大学へ進学。京都アカペラサークルCrazy Clefでアカペラを始める。
大学卒業後、作詞家の松井五郎への弟子入りを経て、2007年に本格的な音楽活動を開始するも、これといったヒット作には恵まれなかった。

その後、ニコニコ動画やYouTubeなどの動画投稿サイトに「ヒャダイン」名義で作品を公開。
自らアレンジしたゲーム音楽(レトロゲーム)に、自作の歌詞をのせて歌う作品で、多彩な声色とピッチ変更により、男声・老人声・女声など全て一人で歌い上げる幅広いパフォーマンスを見せる。その斬新なスタイルは反響を呼び、世界各国からアクセスされ高評価を得る。
特に『スーパーマリオワールドで、ウエスタンショー』は、超有名ゲームキャラである「マリオ」やその他登場キャラの日常会話をイメージし、親近感も沸く作品となっている。キャラの擬人化による意外性などもあり各国で派生動画を生む程の人気であった。
また、女声はヒャダル子(ヒャダルコ)と呼ばれており、ファンによる美少女キャラクターのイメージイラストが描かれたりもする。
ニコニコ動画内でも屈指の総合再生数とミリオン再生作品数を記録。ネット上で活躍する謎のアーティストとして話題を集める事となった。
その後もニコニコ動画での活動は続け、ニコニコ生放送などにも積極的に出演している。

一方、本名である「前山田健一」として2009年には提供楽曲がオリコンチャートで連続1位を獲得するという快挙を成し遂げ、作詞家・作曲家としてもその名を轟かせる。

2010年5月 、ヒャダインのブログにて、「ヒャダイン=前山田健一」であることをカミングアウトし、以降は作家とアーティストをクロスオーバーさせた活動を開始する。
作家としては、ももいろクローバー「行くぜっ!怪盗少女」の楽曲を手がけAKB48、私立恵比寿中学、でんぱ組.Incなどアイドルへの精力的な楽曲提供を行う一方、SMAP、ゆず、郷ひろみなどのビッグアーティストや、アニソン・CM音楽・映画劇伴の制作など多岐に渡りその才能を発揮し、圧倒的な世界観でシーンを席巻。
2011年、テレビアニメ『日常』のオープニング主題歌「ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C」で歌手デビューした。

ソングライティングのセンス・スピードはもちろん、レコーディング現場でのディレクションにおいても高い評価を得ている。
音楽活動もさることながら番組メインMCとして「musicるTV」(テレビ朝日系)、「久保みねヒャダ こじらせナイト」(フジテレビ系)、「オトナヘノベル」(NHK Eテレ)、「ヒャダインのガルポプ!」(NHK FM)に出演中。
2012年11月19日発表された「GQ Men of the Year 2012」を受賞(雑誌「GQ」主催)。2012年に活躍した男性として織田裕二・村田諒太・北島康介・有吉弘行らと並び選出される。
2013年1月28日付オリコンシングルウィークリーチャートにおいて、自作曲がTOP10内に3曲ランクインするという快挙を成し遂げた(3位 私立恵比寿中学「梅」、9位 ゆず「REASON」(共作)、10位 でんぱ組.inc「W.W.D」)。

現在も作家業を軸に多方面で躍進を続けるクリエイターである。

名前の由来

「ヒャダイン」とは元々RPGゲーム『ドラゴンクエスト』に登場する呪文のひとつである。敢えてこの名を自分の別名として使用する理由について、彼は次のように語る。
「ヒャダインは不遇の魔法なんですよ。強いはずなのに。使いようがないですね。ドラクエ3では、先にもっと強いマヒャドという魔法を覚えてしまう。ドラクエ4においても覚えるのはブライというじいさんが使うんですが、体力のなさから終盤ではスタメン落ちする。その不遇感がたまらなく好きだったんですよ」 。

同様に、ドラゴンクエストに登場する「ヒャダルコ」という呪文を元に、「ヒャダル子」という女性名の別名も登場する。これはヒャダイン(前山田健一)のピッチを上げ、女性的にした声であり、自身が仮歌を女の子っぽく歌ったものを女声にエフェクト処理したものをいう。ニコニコ動画に「ヒャダル子」名義で投稿したものも存在する。女性アーティストに楽曲提供する際は、元歌を女の子っぽく歌ったものを「ヒャダル子」に処理してから提供する。
このヒャダル子の動画には、ファンによる美少女キャラクターのイメージイラストが描かれている。

ヒャダインの人物像

4歳よりピアノを始める。絶対音感が身に着いていたため、練習以外に行っていた「遊びのピアノ」でドラクエ(ドラゴンクエスト)や、FF(ファイナルファンタジー)などのゲーム音楽などを耳コピし、学校で披露するなどしていた。スポーツも得意ではなかったため、コンプレックスからピアノを弾いていたという。ゲーム音楽は、後に「ヒャダイン」としての活動の原点ともなり、音楽性に多大な影響を与えている。特に『ロマンシング サ・ガ』等を手掛けた伊藤賢治の作品に最も影響を受けたと語る。

中学時、初めてシンセサイザーを購入する。小室サウンドに衝撃を受け、購入したのは小室哲哉が開発に関わっていたEOS B700。その後、2013年12月4日にはiTunes限定で、小室哲哉との共作で当機のシンセサイザーのみで作曲・編曲された小室哲哉 VS ヒャダインの「22世紀への架け橋」が配信された。

2012年には野宮真貴のデビュー30周年記念アルバムにプロデューサーとして参加。この時、担当した『ベイビィ・ポータブル・ロック』は前山田が最もプロデュースしたかった曲で、レコーディングの際には自分がアレンジした曲を歌っている野宮の姿を見て涙を流し、30周年特別サイト内のお祝いコメントでも涙ぐみながら感謝の言葉を述べていた。また、3月19日に行われた30周年記念ライヴにもゲストとして参加している。

後に関わりを持つ事となるアイドルとの関わりは、「モーニング娘。」等のハロー!プロジェクトのファンだったことから始まる。そのプロデューサーであるつんくや、AKB48のプロデューサーである秋元康からも影響を受けているとインタビューで述べている。

『情熱大陸』で語られたことによると、ももいろクローバーZに関しては単に楽曲を提供するだけでなく、合間を縫って彼女たちの学校の勉強を教えるなどし、戦友とも言える存在だという。また、女性声で歌うヒャダル子としてのパートは、元歌を歌っている姿を見られるのが恥ずかしいと、取材カメラを回すことも断っている。

タモリの大ファンであることを公言している。また、鉄道ファンでもあり、タモリ倶楽部で鉄道をテーマにした回にゲスト出演することも多い(総合車両製作所の工場見学の回に出演した際に東急7200系電車を運転した)。後に同番組の企画でスターダストプロモーション所属タレントの有志を集めて「スターダスト電車クラブ」を結成した(会員No.0001)。専門分野は「地下鉄のラインカラー」。
2017年、マツコ・デラックスが夜の街をうろつく深夜番組『夜の巷を徘徊する』で恵比寿ガーデンプレイスを散策中(収録中)に偶然遭遇。
ヒャダイン行きつけのバーにマツコを案内し2人で酒を嗜みつつ、モーニング娘。ハロプロ、過去のヒットナンバー等の会話を楽しむ様子が番組として放送された。

趣味は料理。
サウナ好きとしても有名であり、日本全国のサウナを旅歩いている。ブログに頻繁にサウナ記を執筆している。

自分が小5の時に書いた絵本がひどかった

「自分が小5の時に書いた絵本がひどかった」というタイトルでアップされた、ヒャダイン オフィシャルブログ 「ヒャダインのチョベリグ★エブリディ」

まさかの展開に、救いようのない最後。
ヒャダイン・前山田少年の小5にして、深すぎる心の闇に、人並みならぬ才能を垣間見せる内容となっている。

これには、「久保みねヒャダ」で共演中の久保ミツロウさんと能町みね子さんもツイッターにて反応している。

久保ミツロウ「今年一番の名作絵本 ある殺人者の記録」
能町みね子 「今年読んだ本のなかで最高の作品でした!」

ameblo.jp

ヒャダインの活動来歴

「前山田健一」としての提供作品

アーティスト

ももいろクローバーなどのヒット曲を手掛けた事で、アイドル一辺倒のイメージも強いようだが、東方神起、椎名林檎、野宮真貴など幅広いジャンルを手掛けている。
ももクロの「猛烈宇宙交響曲・第七楽章『無限の愛』」という曲では、ギターをマーティ・フリードマンに依頼し、シンフォニック・プログレ・メタルな曲に仕上げるなど、独特なプロデュースも行っている。

また、アイドルの曲の中でも、「自己紹介ソング」と呼ばれる作品も多く発表している。
これは、アイドルのそれまでの人生、趣味、個性、キャラクターなどを歌詞に反映、歌に盛り込むことで人物の認知を高め、愛着を深める事に貢献する。
歌詞にするプロフィールも自称、公式問わず公開されている内容よりも、制作会議や現場でポロっと発した何気ない一言などから着想を得ている。
例えばグラドル吉木りさの「ボカロがライバル」は、ミーティング中に吉木がつぶやいた発言を拾って、曲に組み込んだものだという。

アイドル妖怪カワユシ♥
「カワユシ♥アラワル」(作詞・作曲・編曲)

赤い公園
「絶対的な関係 〜ヒャダインのリリリ☆リミックス〜」(リミックス)

赤マルダッシュ☆
「赤マル急上昇ダッシュ!!!!」(作詞・作曲)

麻生夏子
「Perfect-area complete!」(作曲・編曲)
「Dream into action!」(作曲)
「More-more LOVERS!!」(作曲・編曲)
「恋愛向上committee」(作曲・編曲)
「エウレカベイビー」(作曲・編曲)
「Movement of magic」(作曲・編曲)

@JAM ALLSTARS 2014
「夢の砂 〜a theme of @JAM〜」(作詞・作曲・編曲)

アナサー男子三人衆
「俺達の、理不尽(プライド)」(作詞・作曲・編曲)

__(アンダーバー)
「まじしゃんず☆さまー」(作曲)

UNKNOWN NUMBER!!!
「キボウノヒカリ」(作詞・作曲)
「beatdown」(作詞・作曲)

飯田里穂
「KISS! KISS! KISS!」(作詞・作曲・編曲)

石田裕子
「Changes」(作詞)

いないいないばあっ!
「ほっぺっぽ!」(作曲・編曲)

AKB48関連
AKB48
「初恋よ、こんにちは」(作曲)
「となりのバナナ」(作曲・編曲)

ノースリーブス
「君しか」(作曲)
「ジェシカはドアをノックしない」(作曲)

FTISLAND
「TOP SECRET」(作詞)

every♥ing!
「にゃんこ is L♥VE?」(作詞・作曲・編曲)
「What is L♥VE?」(作詞・作曲・編曲)

大島麻衣
「メンドクサイ愛情」(作曲・編曲)
「愛ってナンダホー」(作曲・編曲)

大森靖子
「IDOL SONG」(編曲)

小倉唯
「thx!!」(作詞)

乙女新党
「もうそう★こうかんにっき」(作詞)

小野大輔
「canvas」(作詞・作曲・編曲)

氣志團
「はすっぱ」(作詞・作曲)

K
「525600min. 〜Seasons of Love」(作詞・作曲)

久保ユリカ
「ジャーーーーンプ アッッッップ!!!!」(作詞・作曲・編曲)

けみお
「若者たち」(編曲)

ケラケラ
「MAKE UP」(編曲)

Gero
「吾輩はオス猫である」(作詞・作曲・編曲)
「You Can Do It 〜夢を追いかけて」(作詞・作曲)
「うどん」(作詞・作曲・編曲)
「見てるだけ」(作詞・作曲)

倖田來未×misono
「It's all Love!」(作曲)

郷ひろみ
「99は終わらない」(作詞・作曲・編曲)

ゴスペラーズ
「SING!!!!!」(作詞・作曲・編曲)

小松未可子
「LISTEN!」(作詞・作曲・編曲)

小室哲哉 VS ヒャダイン
「22世紀への架け橋」(小室哲哉と共作詞・共作曲・共編曲)

こんどうようぢ
「30th CENTURY BOY」(作曲)

佐咲紗花
「Zzz」(作詞・作曲・編曲)
「ガッコーガッコーLIFE!」(作詞・作曲・編曲)

さよならポニーテール
「無気力スイッチ ヒャダインのリリリリ☆リミックス」(リミックス)

椎名林檎
「プライベイト」(編曲)
「ジユーダム ヒャダインのリリリリ☆リミックス」(リミックス)

ジャニーズ事務所関連
A.B.C-Z
「アツあつ!? 夏フェス☆」(塚田僚一のソロ曲)(作詞・作曲)
「忘年会 BOU! NEN! KAI!」(作詞・作曲)

関ジャニ∞
「TAKOYAKI in my heart」(作詞・作曲)
「三十路少年」(作詞・作曲)

Kis-My-Ft2
「Mother Moon」(作詞・作曲)
「ヲタクだったって It's Alright!」(宮田俊哉のソロ曲)(作詞・作曲)

しょうわ時代
「Oh yeah,"G"!」(作詞・作曲・編曲)

SMAP
「手を繋ごう」(作詞・作曲)
「Silence」(作詞・作曲)
「ココカラ 〜ヒャダインのリリリリ☆リミックス〜」(リミックス)
「おはよう」(作詞・作曲)

山下智久
「エロ 2012Version」(作曲・編曲)
「パレード」(作詞・編曲)

jealkb
「瞳・華」(作詞・作曲)

しょこたん♥さっちゃん
「無限∞ブランノワール」(作詞・作曲・編曲)

スフィア
「Ding! Dong! Ding! Dong!」(作詞・作曲・編曲)

スターダストプロモーション関連
S★スパイシー
「DUST in STARDUST」(作詞)

佐々木彩夏(ももいろクローバーZ)
「だって あーりんなんだもーん☆」(作詞・作曲・編曲)
「あーりんは反抗期!」(作詞・作曲・編曲)
「あーりんはあーりん♡」(作詞・作曲・編曲)
「My Cherry Pie(小粋なチェリーパイ)」(作詞・作曲)
「My Hamburger Boy(浮気なハンバーガーボーイ)」(作詞・作曲)
「キューティーハニー」(編曲)

私立恵比寿中学
「えびぞりダイアモンド!!」(作詞・作曲・編曲)
「どしゃぶりリグレット」(作詞・作曲・編曲)
「ザ・ティッシュ 〜とまらない青春〜」(作詞・作曲・編曲)
「エビ中一週間」(作詞・作曲・編曲)
「オーマイゴースト? 〜わたしが悪霊になっても〜」(作詞・作曲・編曲)
「ご存知! エビ中音頭」(作詞・作曲・編曲)
「もっと走れっ!!」(作詞・作曲・編曲)
「永遠に中学生」(作詞・作曲・編曲)
「放課後ゲタ箱ロッケンロールMX」(作詞・作曲・編曲)
「Go!Go!Here We Go! ロック・リー」(作詞・作曲・編曲)
「梅」(作詞・作曲・編曲)
「I'm your MANAGER!!!」(共作詞・作曲・編曲)
「金八DANCE MUSIC」(作詞・作曲)
「エビ中 出席番号のうた その2」(作詞・作曲・編曲)
「参枚目のタフガキ」(作詞・作曲)
「フォーエバー中坊」(作詞・作曲)
「ebiture」(作詞・作曲・編曲)
「エビ中 出席番号のうた その1」(作詞・作曲・編曲)
「アンタ」(作詞・作曲・編曲)
「一生一緒いいっしょ?」(作詞・作曲・編曲)
「そろそろくるぞ」(作詞・作曲・編曲)
「ぁぃぁぃといく日本全国鉄道の旅」(作詞・作曲・編曲)

たこやきレインボー
「なにわのはにわ」(作詞・作曲・編曲)
「絶唱! なにわに生まれた少女たち」(作詞・作曲・編曲)
「元気売りの少女 〜浪花名歌五十選〜」(作詞・作曲・編曲)
「ナンバでサンバ2」(作詞・作曲・編曲)
「どっとjpジャパーン!」(作詞・作曲)
「MBS 〜家族の歌〜」(作詞・作曲)
「RAINBOW 〜私は私やねんから〜」(作詞・作曲)
「じゆう! そう! フリーダム!」(作詞・作曲)
「ありがとう たこやきレインボーです」(作詞)
「ちちんぷいぷいぷい」(作詞・共作曲)(作曲は大熊猫酸太夫と共作)
「尼崎テクノ」(作詞・作曲)
「恋するビリケンさん」(作詞・作曲)
「overture 〜tacoture〜」(作詞・作曲・編曲)
「ナンバサンバイジャー」(作詞・作曲・編曲)
「まいっちんぐ☆まいまいマジック」(作詞・作曲・編曲)
「道子とクラリス 〜感動の再会編〜」(作詞・作曲・編曲)
「道子とクラリス 〜魂の激闘編〜」(作詞・作曲・編曲)

チームしゃちほこ
「満腹! 笛ロマンス」(作曲・編曲)

超特急
「バッタマン」(作詞・作曲・プロデュース)
「超特急です!!!!!!!!」(編曲)

DISH//
「ギブミーチョコレート!」(作詞・作曲・編曲)
「ザ・ディッシュ 〜とまらない青春・食欲編〜」(作詞・作曲・編曲)
「いつかはメリークリスマス」(作詞・作曲・編曲)
「We Are DISH//」(作詞・作曲・編曲)
「JK//」(作詞・作曲)
「親のスネスゲーうめえっすね~」(作詞)

ときめき宣伝部
「どどどどどりーまー」(作曲)

ももいろクローバーZ
「行くぜっ! 怪盗少女」(作詞・作曲・編曲)
「ココ☆ナツ」(作詞・作曲・編曲)
「ミライボウル」(大隅知宇と共作曲)
「全力少女」(琴織と共作詞)
「Z伝説 〜終わりなき革命〜」(作詞・作曲・編曲)
「サンタさん」(作詞・作曲・編曲)
「猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」」(作詞・作曲・編曲)
「あかりんへ贈る歌」(作詞・作曲・編曲)
「デコまゆ 炎の最終決戦」(作詞・作曲・編曲)
「We are UFI!!!」(作詞・作曲・編曲)
「ワニとシャンプー」(作詞・作曲・編曲)
「ももクロのニッポン万歳!」(作詞・作曲・編曲)
「灰とダイヤモンド」(作曲)
「シングルベッドはせまいのです」(作詞・作曲・編曲)
「事務所にもっと推され隊」(作詞・作曲・編曲)
「ニッポン笑顔百景」(作詞・作曲・編曲)
「もリフだョ! 全員集合」(作詞・作曲・編曲)
「ベター is the Best」(作詞・作曲・編曲)
「武陵桃源なかよし物語」(作詞・作曲)
「愛を継ぐもの」(作詞・作曲)
「Hanabi」(作曲)
「真冬のサンサンサマータイム」(作詞・作曲)
「あいさつ! アイラブユー!」(作詞・作曲・編曲)
「Yum-Yum!」(作詞・作曲・編曲)

ロッカジャポニカ
「アブラカタブラ アルジェブラ」(作詞・作曲・編曲)

はちみつロケット
「おかしなわたしとはちみつのきみ」(作詞・作曲)

SILENT SIREN
「お茶の水グラフィティ」(作曲)

SUPER☆GiRLS
「クラムチャウダーが冷めちゃう月曜日」(作詞・作曲・編曲)

赤飯
「おにゃのこ きねんび」(作詞・作曲・編曲)

高橋みなみ
「カツ丼 in da house」(作詞・作曲・編曲)

ChouCho
「million of bravery」(作詞・作曲・編曲)

津田美波・佐々木智代・原嶋あかり
「Sing a Song Aloud!」(作詞・作曲・編曲)

Tiara
「Don't Stop」(Tiaraと共作詞)

D-51
「4.9センチ」(作詞・作曲)

D-LITE
「ナルバキスン (Look at me, Gwisun)」(日本語詞)
「テバギヤ (A Big Hit!)」(日本語詞)

寺島拓篤
「あいのうた」(作曲・編曲)

でんぱ組.inc
「Future Diver」(編曲・プロデュース)
「強い気持ち・強い愛」(編曲)
「Sabotage」(編曲)
「W.W.D」(作詞・作曲・編曲)
「W.W.D II」(作詞・作曲)
「ノットボッチ...夏」(編曲)
「ちゅるりちゅるりら」(作詞・作曲)
「おつかれサマー!」(北川悠仁と共作詞・共作曲)
「続・PUNCH LINE!」(作詞・作曲)
「とんちんかんちん一休さん」(編曲)
「ハジマリ。〜WORLD WIDE DEMPA〜」(作曲・編曲)
「破! to the Future」(作詞)
「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」(編曲)
「轆轤KISS」(作曲・編曲)
「すきすきソング」(編曲)
「ギラメタスでんぱスターズ」(作詞)

東方神起
「Share The World」(作曲)

9nine
「3three」(作詞・作曲・編曲)
「Why don't you RELAX?」(日本語作詞・作曲・プロデュース)

中川翔子
「宇宙でプロポーズ」(作詞・作曲・編曲)

中島愛
「Life's the party time!」(作詞・作曲・編曲)

長嶋はるか
「EQUALロマンス」(編曲)

流田Project
「ヴァンパイヤ学園☆CHU-WA」(作曲)

nao
「神次元! ふぉーちゅん・まてりある」(作曲・編曲)

夏の魔物
「魔物、BOM-BA-YE 〜魂ノ覚醒編〜」(作曲・編曲)
「未来は僕らの風が吹く」(作詞・作曲・編曲)
「シン・魔物、BOM-BA-YE 〜魂ノ共鳴編〜」(作詞・作曲)

西明日香
「どきどきしちゃうどっきどき」(作詞・作曲)

虹のコンキスタドール
「女の子むてき宣言!」(作詞・作曲・編曲)
「レトルト〜華麗なる愛〜」(作曲)

野宮真貴
「ベイビィ・ポータブル・ロック」(編曲)

バクステ外神田一丁目
「どうせ推されない」(作曲)
「ハリネズミとジェリービー」(作曲)

羽多野渉
「I'm a Voice Actor」(作詞・作曲・編曲)

PUFFY
「パフィピポ山」(作詞)

はやぶさ
「エボレボ!」(作詞・作曲・編曲)
「りふじんじん」(作詞・作曲・編曲)
「未来はジョー!ジョー!」(作詞・作曲・編曲)
「蜘蛛男のダンス」(作曲・編曲)

バンドじゃないもん!
「パヒパヒ」(編曲)

伴都美子
「Refrain」(伴都美子と共作詞)

ハロー!プロジェクト関連
カントリー・ガールズ
「書いては消しての “I Love You”」(作詞・作曲)

こぶしファクトリー
「チョット愚直に! 猪突猛進」(作詞・作曲)

Juice=Juice
「KEEP ON 上昇志向!!」(作詞・作曲)

月島きらり starring 久住小春 (モーニング娘。)
「はぴ☆はぴ サンデー!」(作詞・作曲・編曲)

MilkyWay
「タンタンターン!」(作詞・作曲・編曲)

メロン記念日
「Give Me Up」(編曲)

モーニング娘。
「WE ARE LEADERS! ~リーダーってのもつらいもの~(モーニング娘。リーダーズ)」(作詞・作曲)

柊木りお
「BANZAI!BANZAI!」(作詞・作曲・編曲)

ピコ
「傘」(作詞・作曲・編曲)

緋月ちな
「すっぴんでコンビニ」(編曲)

平井堅
「おねがいジュリー☆ ヒャダインのリリリリ☆リミックス」(リミックス)

平野綾
「PizzzzzzzA!!!!!!!」(作詞・作曲・編曲)

Fear, and Loathing in Las Vegas
「Chase the Light! (ヒャダインのリリリリ☆リミックス)」(リミックス)

ベイビーレイズJAPAN
「Ride On IDOROCK」(作詞・作曲)

Base Ball Bear
「ぼくらのfrai awei」(小出祐介と共作詞・共作曲)

BOYS AND MEN
「帆を上げろ!」(作曲)

前島亜美
「小さな世界」(編曲)

MAX
「#SELFIE 〜ONNA Now〜」(日本語詞・作曲)

MARiA
「We've gotta have a party」(作詞・作曲・編曲)

ミサミサ
「家政婦? OK!」(作曲)

水樹奈々
「Million Ways=One Destination」(作詞・共作曲)(作曲は伊藤賢治と共作)

みみめめMIMI
「お絵描き」(編曲)

三森すずこ
「FUTURE IS MINE」(作詞・作曲・編曲)

ミルキィホームズ
「ミルキィ100ワールド」(作曲・編曲)

森口博子
「星より先に見つけてあげる」(作曲・編曲)

やなぎなぎ
「Burn Out the ENERGY」(作曲・編曲)

ゆいかおり
「HEARTBEATが止まらないっ!」(作詞)
「Shooting☆Smile」(作詞)
「CUE the Future 〜「Q」のテーマ〜」(作詞・作曲・編曲)
「ウェィカッ!!」(作詞・作曲・編曲)
「PUPPY LOVE!!」(作詞・作曲・編曲)
「キュッ! キュッ! Curiosity!!」(作詞・作曲・編曲)
「君が世界で世界が君で」(作曲・編曲)

ゆず
「REASON」(ゆずと共作詞・共作曲・共編曲)
「流れ星☆キラリ」(編曲)
「表裏一体」(ゆずと共作詞・共作曲・共編曲・共プロデュース)
「ユートピア」(ゆずと共編曲)
「夜霧の伊勢佐木町 〜愛の真世界編〜」(編曲・共プロデュース)(プロデュースはゆずと共同)
「OLA!!」(共編曲・共サウンドプロデュース)(サウンドプロデュースはゆず、編曲は北川悠仁と共同)
「終わらない歌」(北川悠仁と共作詞・共作曲・共編曲)

横山ルリカ
「Walk My Way」(作詞・作曲)
「永遠に咲く花」(作詞・作曲)
「Your Voice,My Life」(作詞・作曲)
「Across The Sky」(作詞・作曲)
「SHUT YOUR MOUTH!!!!!!」(作詞・作曲)

吉木りさ
「ボカロがライバル☆」(作詞・作曲・編曲)
「世界は教室だけじゃない」(作詞・作曲)

LoVendoR
「ぶっぱなせ! Baby, I love Ya!」(作詞・作曲)

Little Glee Monster
「JOY」(作詞・作曲)

LinQ
「LinQuest〜やがて伝説へ… 」(作詞・作曲)

ROOT FIVE
「Break it Out!!」(作詞・作曲・編曲)

LiSA
「Merry Hurry Berry」(作曲)

Rev. from DVL
「屋上のスキマ 白いソラ」(作詞・作曲)

渡辺麻友
「カズン」(作曲)

アニメ・ゲームソング関連

アイドルへの精力的な楽曲提供を行う一方、『バカとテストと召還獣』『侵略!イカ娘』『みつどもえ』『ドラゴンクライシス』など多数のアニメのOP/ED曲、キャラソンなども手掛けている。
アイドル・ニコニコ動画・アニソンとジャンルの垣根を軽々と飛び越える点も注目されている。

「みつどもえ」の表題曲「みっつ数えて大集合!」は、テレビアニメ『みつどもえ』のオープニングテーマとして使用されており、作中で丸井みつば、丸井ふたば、丸井ひとは役を演じる高垣彩陽、明坂聡美、戸松遥が歌う。作曲の当初より、敢えて「忙しさ」「慌ただしさ」を狙い、ハイテンションで忙しいイメージの楽曲としている。テンポも速く、TVバージョンの1分半のOPの中には、構成、拍子、転調と沢山の作曲上のテクニックを詰め込み、とても情報量の多い印象を与える曲となり、このOP作風はアニメ本編の内容とも合致している。
声優陣も、役のイメージに合った歌い方を徹底しており、どのラインをどのキャラクターが歌っているのかが分かりやすく、それぞれがソロをとり、サビで全員が合唱するという構成になっている。この様な構成は、『涼宮ハルヒの憂鬱』のエンディングテーマ「ハレ晴レユカイ」や『らき☆すた』のオープニングテーマ『もってけ!セーラーふく』などをリリースしてきた、ヒャダインの所属する制作会社:ランティスの黄金パターンと化してきているという。

アイドルマスターシリーズ
アイドルマスター ミリオンライブ!
「Rebellion」(作曲)
「スポーツ!スポーツ!スポーツ!」(作詞・作曲)
「MY STYLE! OUR STYLE!!!!」(作詞・作曲)

あんさんぶるスターズ!
「五色のShooting☆Star!!!!!」(作詞・作曲)

頭文字Dシリーズ
頭文字D Fourth Stage
「Don't Go Baby!!」(作詞・作曲)

会長はメイド様!
「Groovin'」(編曲)

ガヴリールドロップアウト
「ガヴリールドロップキック」(作詞・作曲・編曲)

かってに改蔵
「ナニがナニでナニなの…」(作詞・作曲・編曲)
「初めて、だから…」(作詞・作曲・編曲)

きらりん☆レボリューション
「負けん気! 強気! 元気! 前向き!」(作詞・作曲・編曲)
「はてはてな」(作詞・作曲・編曲)

繰繰れ! コックリさん
「Welcome!! DISCOけもけもけ」(作詞・作曲・編曲)

クレヨンしんちゃん
「オラはにんきもの 25th MIX」(編曲)

ささみさん@がんばらない
「浸透圧シンフォニー」(作詞・作曲・編曲)

シャイニング・ハーツ 〜幸せのパン〜
「時世界 〜トキセカイ〜」(作詞・作曲)
「ふわっふわのまほう」(作詞・作曲)

侵略!イカ娘
「渚はサーフィン Go! Go! Go!」(作詞・作曲・編曲)
「も・じ・も・じ Beating☆Heart」(作詞・作曲・編曲)
「イカ娘の地球侵略マーチ」(作詞・作曲・編曲)

涼宮ハルヒシリーズ
涼宮ハルヒちゃんの麻雀
「らくらく全手動空間」(作曲・編曲)

DD北斗の拳
「シフトと時給と、ついでに愛をとりもどせ!」(補作詞・編曲)
「ほくとのけん いえちゃうかな」(補作詞・作曲・編曲)

でんぢゃらすじーさん邪
「でんぢゃらすじーさん愛の歌」(作詞・作曲・編曲)

電波女と青春男
「イトコ」(共作詞・共作曲・共編曲)(Franz Maxwell I.名義。)藤澤慶昌と板垣祐介と共同
「昼休みとヘルメットと同級生」(共作詞・共作曲・共編曲)(同上)
「キボネング・デコの名で」(共作詞・共作曲・共編曲)(同上)
「永遠の39歳だもーん☆」(共作詞・共作曲・共編曲)(同上)
「ツヨクネガエ ツヨクハナテ」(共作詞・共作曲・共編曲)(同上)
「にわ君、すなわち転校生、あるいはイトコ」(共作詞・共作曲・共編曲)(同上)

日常シリーズ
日常
「なののネジ回しラプソディ」(作詞・作曲・編曲)
「なののおひるねおせんたく」(作詞・作曲・編曲)
「はかせの好きなのなの」(作詞・作曲・編曲)
「はかせのサメといぬ」(作詞・作曲・編曲)
「日常のキャラクターソング その3 阪本さんのニャーというとでも思ったか」(作詞・作曲)
「阪本さんのねこじぇらしー」(作詞・作曲)
「みおのカプってカプって萌えちぎれ」(作詞・作曲)
「ゆっこはほんとにバカだなあ」(作詞・作曲)
「ゆっこのスラマッパギだよ人生は」(作詞・作曲・編曲)
「ゆっこのギャグ百連発」(作詞・作曲・編曲)
「麻衣の涙の阿弥陀如来」(作詞・作曲)
「麻衣のカカカタ☆カタオモイ-梵」(作詞・作曲・編曲)
「笹原のコジロウポルカ」(作詞・作曲)
「笹原の桜舞う時定」(作詞・作曲・編曲)
「みさとの学校生活は爆発だっ!!」(作詞・作曲・編曲)
「みさとの教えてフェっちゃんウェボシー」(作詞・作曲・編曲)
「安中のぴょん! ぴょん! エー!!」(作詞・作曲・編曲)
「関口ユリアの先輩と囲碁サッカー部」(作詞・作曲・編曲)
「桜井先生のドキドキ生活指導」(作詞・作曲・編曲)
「中村先生の科学の名のもとに!」(作詞・作曲・編曲)
「校長のチョーチョー校長」(作詞・作曲・編曲)

日常のラヂオ
「東雲研究所の、今日も平和です」(作詞・作曲・編曲)
「ゆっこみお麻衣の、スチャラカ三人衆」(作詞・作曲・編曲)

にゃんぱいあ The Animation
「にゃんぱいあ体操」(作詞・作曲・編曲)

ノブナガン
「ちいさな星」(作曲)

バクマン。シリーズ
バクマン。2
「ラッコ11号の歌」(編曲及び、日高里菜と歌唱)

パックワールド
「PAC THIS WORLD!!!」(作詞・作曲・編曲)

HUNTER×HUNTER
「流れ星☆キラリ」(編曲)

パンチライン
「PUNCH LINE!」(作詞・作曲・編曲)

魔法つかいプリキュア!
「魔法アラ・ドーモ!」(作曲)

みつどもえシリーズ
みつどもえ
「みっつ数えて大集合!」(作曲・編曲)
「つよいするどいしょうがくせい」(作曲・編曲)
「ありがたく思いなさいよねっ!!」(作詞)
「長女だし、ねっ!」(作詞)
「ABCよりDEFっス!!」(作詞・作曲・編曲)
「大人になったら」(作詞・作曲・編曲)
「悪霊さん いらっしゃい!!」(作詞・作曲・編曲)
「同級生は霊媒師!!(いや、違うから…)」(作詞)
「佐藤くんが好きでしょうがない隊」(作詞・作曲・編曲)
「チクビの七変化」(作詞・作曲・編曲)
「おしえてチクビちゃん」(作詞・作曲・編曲)
「ウザイカ」(作詞・作曲・編曲)
「青春はハナヂ色」(作詞・作曲・編曲)
「もうすぐ中学生」(作詞・作曲・編曲)

みつどもえ 増量中!
「わが名は小学生」(作詞・作曲・編曲)
「わが名はチェリーボーイ」(作詞・共作曲・編曲)(作曲は下野紘と共作)

みつどもえラジオ「3ちゃんねる」
「まさか三卵性!?」(作詞・編曲)
「先生はこども?子供はせんせい?」(作詞・作曲・編曲)

宮河家の空腹
「KACHIGUMI」(作詞・作曲・編曲)
「☆に願いを」(作詞・作曲・編曲)
「MAKEGUMI」(作詞・作曲・編曲)
「四十路峠」(作詞・作曲・編曲)

ももくり
「大好きだよ大好きだよ生まれてくれてありがとう」(作詞・作曲・編曲)

らき☆すたシリーズ
らき☆すた ネットアイドル・マイスター
「な・り・あ・が・り☆」(作曲・編曲)
「なんでだったっけアイドル?」(作曲・編曲)

劇伴・アニメ

電波女と青春男(Franz Maxwell I.名義。藤澤慶昌と板垣祐介と共同)
宮河家の空腹

ゲーム音楽

スクウェア・エニックスから配信された「拡散性ミリオンアーサー」(iOS / Android)で、音楽と主題歌を担当。
主題歌はちょうちょという新人が歌うが、歌英語バージョンだけは自身が歌っている。
世界対応のゲームのため、「アレンジャーも変えて、もの凄いアメリカンハードロックな感じにしています」とのこと。

スクウェア・エニックス 「拡散性ミリオンアーサー」iOS/Android
サイバーエージェント 「スクールファンファーレ」iOS/Android(編曲担当)
怒首領蜂大復活(iPhone/iPod touch移植版)
スクウェア・エニックス 「乖離性ミリオンアーサー」iOS/Android
六本木ヒルズ内イベント「祭 with Android」音楽担当
「鉄道パークZ」音楽担当

テレビ・ラジオ・映画劇伴

数々の著名なアーティストに楽曲を提供してきているが、自身初となる映画の劇伴に挑戦したのが『海月姫』である。
この映画のために36曲を書き下ろし、オタク女子たちが襲いかかる危機に挑む様を、時にコミカルに、時にドラマティックに演出した。
「実写に音をつけるということが初めてだったのでとても光栄でした。歌ものとは違い、楽曲が主役ではなく登場人物の心情に寄り添う役割なので『名脇役』になるよう徹底しました」と語っている。

ゴッドタン(テレビ東京系)ヒム子ーズ
「ヒム子ーズのテーマ」(作曲・編曲)
「G.B.H 〜グッバイヒム子―ズ〜」(作曲・編曲)

ワラッチャオ!(NHK BSプレミアム)
「ヘンテコリン」(作曲・編曲)
「恋しなキャット」(作曲・編曲)
「デンタリズム」(作曲・編曲)
「男と女のウソ笑顔」(作曲・編曲)

歴史にドキリ (NHK Eテレ)中村獅童 劇中歌(作曲・編曲)
テレ玉「テレ玉くんのうた」(作詞・作曲・編曲)
笑っていいとも! グランドフィナーレ感謝の超特大号(フジテレビ系) 最終回CMおよび番組内のBGM
ヨルタモリ(フジテレビ系) OP/EDテーマ」(作曲)
痛快TV_スカッとジャパン(フジテレビ系)「はい論破じゃんけん」
久保みねヒャダこじらせナイト (フジテレビ系)
高橋真麻「SETSUBU・ん…鬼っぽい」(作曲・編曲)(作詞・久保みねヒャダ)
中村素也&高橋真麻「大型連休に働きたくない君も好きだよ」(作曲・編曲)(作詞・久保みねヒャダ)
能町みね子「焼きたくない夏の2014」 (作曲・編曲)(作詞・久保みねヒャダ)
千葉雄大&柳原可奈子「おれとおまえのHELLO WIN-WIN」(作曲・編曲)(作詞・久保みねヒャダ)
こじらせオールスターズ「WE ARE THE ひとり」(作曲・編曲)(作詞・久保みねヒャダ)
MAX「毛サバイバル」(作曲・編曲)(作詞・久保みねヒャダ)
beポンキッキーズ(BSフジ)
「ロリポップスたいそう のーびのびよーん」(作詞・作曲・編曲)
グミベアとガチャピン・ムック「おやつ いいやつ すごいやつ」(作詞・作曲・編曲)「ぼくはグミベア」(日本語詞)
ミュ〜コミ+プラス(ニッポン放送) - オープニングテーマ、ジングル
The Nutty Radio Show おに魂(FM NACK5) - ジングル
A&G TRIBAL RADIO エジソン(文化放送) - ジングル
海月姫(映画) - 音楽担当
ABKAI2015市川海老蔵自主公演 幕間BGM担当
ポケモンの家あつまる?「ポケだちのうた」(作詞)
お願い総選挙「Mid-Knight Rider」(作曲・編曲)
お願い総選挙「私が愛した王子様」(作曲・編曲)
NHK仙台放送局「やっぺえ!がんばっぺえ!」(作詞・作曲・編曲)
カーセンサー テレビCM - サウンドロゴ

CM

森永チョコボール CM楽曲担当(キョロちゃんズが歌唱担当)
NTT docomo「dアニメストア」CM楽曲担当(中川翔子が歌唱担当)
PARCO「パルコアラ」CM楽曲担当
UNIQLO「ハタラクユニクロ」CM楽曲担当(三浦祐太朗が歌唱担当)
紀文「魚河岸あげ」CM楽曲担当(私立恵比寿中学が歌唱担当)

「ヒャダイン」として、東洋水産「マルちゃん赤いきつねと緑のたぬき」(2013年8月 - 2014年7月)※武田鉄矢、パパイヤ鈴木、赤マルダッシュ☆と共演

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents