ここはグリーン・ウッド(Here is Greenwood)のネタバレ解説まとめ

Cf1cghhueaaxicu

「ここはグリーンウッド」は那州雪絵による少女漫画作品。白泉社「花とゆめ」に連載された。単行本は全11巻。少女漫画ながら男性ファンも多い作品。
私立緑都学園に入学し、変人の巣窟と噂される緑林寮(通称:グリーン・ウッド)に入寮した蓮川一也が、個性的な先輩・同輩に囲まれて過ごす学園生活の日常を描く作品。

『ここはグリーン・ウッド』の概要

「ここはグリーン・ウッド」は那州雪絵による日本の少女漫画作品。白泉社「花とゆめ」にて1986年から1991年にかけて連載された。単行本は花とゆめコミックスから全11巻。累計発行部数400万部。愛蔵版全4巻、文庫版全6巻も発売されている。1991年から1993年にかけてOVAが制作されている。
少女漫画ながら男性ファンも多い作品。
題名の「グリーン・ウッド」は緑都学園の寮、緑林寮の愛称。
「緑林」は漢語で「盗賊」または「盗賊の根城」を表しており、ま「Greenwood」には「悪党の巣」という意味があり、曲者ぞろいの寮生を表している。

胃潰瘍を患い、一ヶ月遅れで私立緑都学園に入学した蓮川一也が、変人の巣窟と噂される緑林寮(通称:グリーン・ウッド)に入寮し、個性豊かな先輩・同輩たちにおもちゃにされ構われながら、たくましく成長していく学園の日々をコメディータッチで描いている。
作中には主人公たちがファンタジー世界で過ごす「ここは魔王の森」、時代劇風の「ここは八百八町」、宇宙船の乗組員になる「ウはうふふのウ」、鏡の世界で男女が逆転している「天国へのハシゴ段」などの番外編や、読者からのリクエストを作中のキャラクターたちが叶えるという番外編も多数描かれている。また頭にNのマークをつけた、作者と思われる人物も登場している。

6巻までは一也が1年生として何度か同じ季節を繰り返したのだが、7巻中頃「春はあけぼの」にて作者が「進級します」と宣言し、7巻以降は話が時系列通りに進むようになる。

『ここはグリーン・ウッド』のあらすじ・ストーリー

入学~1ヶ月遅れの入寮

8814b3dbe5d2f50e988af74b7460f55a

蓮川一也は小学生の時に両親を亡くし、それ以降は兄である一弘に育てられた。一弘は近所で知らぬ者がいないほどの優等生で模範生。一也の自慢の兄であり理想でもあった。兄が通っていた名門男子校・私立緑都学園に入ることを目標にした一也は懸命に勉強し、見事合格することができた。

しかし、兄の一弘が春に結婚し、実家は新婚家庭になってしまったため、いたたまれなくなった一也は家を出て、学校に併設されている寮に入ることに決めた。兄嫁になったすみれは、受験期に一也の家庭教師をしており、一也が密かに憧れていた初恋の人だった。
学校が始まるまで、初恋の人・すみれと兄・一弘と同居することは一也にとって精神的負担が多く、一也は胃潰瘍を患ってしまった。
そのため、せっかく緑都学園に合格したものの、入学式前日に入院となってしまい、入学が1ヶ月も遅れてしまった。

5月になり、一也が退院報告で園長室を訪れると、学園長に生徒会長の手塚忍と緑林寮寮長の池田光流を紹介され、2人とも緑林寮の生徒だから兄貴だと思って頼るようにと言われた。
穏やかそうな雰囲気と優しそうな光流の笑顔に、昔の一弘の面影を見出し少し安心する一也だった。
光流と忍の2人に連れられ緑林寮に案内された一也は、彼らが緑林寮を「グリーン・ウッド」と呼んでいると聞かされた。
一也は 同室の1年である如月瞬を紹介されたのだが、そこにいたのは髪の毛の長い可愛い女の子だった。光流と忍は、ある事情があって瞬は生まれた時から男として育てられた女であり、この学校をあくまで男として卒業しなければいけないのだと一也に説明した。同室の一也にこの秘密はここにいる4人しか知らず、誰にも知られてはいけない、と言い、この秘密を共有し、瞬が無事男として学校を卒業するまで協力して欲しいと光流たちは頼み込んだ。
愕然とする一也が「君はこれでいいのか!?」と瞬に尋ねると瞬はずっと男子校に居たので慣れていると言う。戸惑いながらも一也は瞬の秘密を守るため、女である瞬を気遣いながら寮の生活を始めた。
そして3日目の午後、寮のトイレで瞬に出会った一也は、瞬が正真正銘男であったと気づいた。
なんで女のふりなんかしたのかと瞬を問い詰めると、瞬は光流と忍に言われて仕方なく一也を騙したのだと白状した。
一也が光流たちの部屋に飛び込むと、賭けの上がりを計算する光流と忍の姿があった。2人はこの嘘に一也が何日間騙され続けるのか、寮内で賭けをしていたのだ。
この賭けの上がりで歓迎会をすると言われた一也は先輩である光流の顔を渾身の力で殴り飛ばした。骨のある一也を気に入った光流はこれ以降一也をおもちゃとして可愛がり、次期寮長にすべく鍛えていくことになる。

一方の兄・蓮川一弘は緑都学園の保健医として勤めていた。一也は優等生だった兄が男子校の保健医となったことを不満に思っていた。同じ学校にいることにも抵抗を示し、絶対に兄弟だとばらすなと兄に厳命していた。
しかし、光流から同じ名字で似たような名前を持つ2人が赤の他人であるはずがなく、兄弟であるとばらされ、あっという間に人に知られることになった。

夏休みになり、初恋の人のすみれを忘れられない一也は家に戻らず寮に残ることに決めた。普段なら200人居るはずの寮も夏休みともなるとその数を一気に減らしている。しかし、光流や忍も寮に残っていた。ある日、一也を訪ねて義姉となったすみれが寮にやってきた。5月に入寮して以来連絡ひとつよこさない一也を心配してのことだった。「心配してた」と言うなり抱きついてきたすみれに一也は鼻血を吹き、その後の対応は寮長である光流に任された。
光流は、一也は夏休み中補習があるため帰れないとすみれに嘘をつき、一也が寮に残れるように上手くすみれを丸め込んだ。
一也の様子を見ていた寮生たちは、一也の胃潰瘍の原因がなんであったのか察した。
一也としては兄嫁・すみれに横恋慕しているなどと誰にも知られたくなかったのに、すみれが寮に来てしまったがために、その事実は皆に知れ渡ることになってしまった。

LIVE OFF グリーン・ウッド

冬休みを実家で過ごした一也は、新学期を迎えるため緑林寮への道を歩いていた。すると一也は街中で光流と忍の2人とすれ違った。2人は寮母から鍵を預かり寮の留守番を頼まれていたのだが、まだ寮生が帰ってくるには早い時間だったため、昼食を食べに街中までやってきたという。ここで会わなきゃ締め出されたはずだと憤る一也を宥めていると、ふと光流たちの後を付いてくる不気味な雰囲気を持つ女性に気づいた。彼女はミエコと名乗り、不慣れな街に来て目立つ2人を見つけたので声を掛けたのだという。ようするに、光流と忍はナンパされたのだ。陰気な雰囲気で病弱な彼女は何者かに追われており、行きがかり上それを助けた光流たちは、助けた彼女がアイドル歌手の新田美恵子で、追っていた者は写真週刊誌のカメラマンだったと知った。美恵子は本来は地味な性格をしているのに、アイドルなどしているので疲れてしまい、仕事から逃げてきたのだという。美恵子のスクープを狙うカメラマンを撃退し、自分には芸能界は向かないと落ち込む美恵子を励まし、無事マネージャーに美恵子を引き渡せた3人は、いい気分で緑林寮に帰り着いた。するとそこには、光流たちが帰ってこないせいで寮から締め出されていた寮生たちが震えながら待っていた。罰としてしばらく暖房に当たれない一也たちだった。

頭の痛いネメシス

冬になり、緑林寮に大雪が降った。寮生たちは総出で雪かきをするのだが、はじめは真面目に雪掻きしていても段々遊び出す者が増えてくる。寮長光流は率先して遊びだすお調子者だ。風邪の引き始めだった一也に雪掻きをさせ、風邪が悪化したため、光流は仕方なく一也のために買い出しに行くことにした。瞬と光流の2人で買出しに出ると、そこに黒塗りの高級外車が突っ込んできた。静岡で高級旅館を営む会社社長の息子である瞬が狙われていると思った光流はとっさに瞬を庇った。外車から出てきた黒いスーツの男たちは、瞬には目もくれず、光流に薬品をかがせ連れ去った。
瞬は慌てて寮に戻り、忍に報告した。忍は瞬が見た誘拐犯の特徴から忍の姉、渚が関わっていると感づいた。
出来が良すぎる弟を持った忍の姉・渚は、年末に忍が実家で友人の話をしているのを聞き、今まで人でも物でも特定のことに執着せず、何を壊されても隠されてもダメージを受けなかった忍の初めての友人は、忍の弱みになるのではと光流を誘拐したのだ。渚は、兄弟喧嘩を誘拐にまで発展させるような、忍が嫌がることならば犯罪スレスレの行為でもやってしまう極端で強烈な性格をした人間だった。
渚は、学業でも運動でも自分が散々苦労して手に入れた1位という地位を、忍が当たり前のように軽々と手に入れる様を見て、悔しさを覚えていた。積年の恨みをはらすべく光流を誘拐した渚は、乗り込んできた忍・一也・瞬に散々痛い目に合わされ、さらに、忍から今後このようなことをしたら家に連絡すると脅され、まるでメデューサに睨まれたかのように硬直して動けなくなってしまった。

正しい兄弟愛

夏になり、瞬が実家に帰省し、光流も実家の寺を手伝うため家に戻った日。一也は忍にサポートしてもらいながら寮長代理として寮を取りまとめていた。瞬が帰省し、自分も部屋の外にいるため誰もいないはずだったが、部屋に誰かが入り込んでいることに気づいた一也。捕まえてみると女の子と見まごうばかりの可愛い少年が入り込んでいた。その子を捕まえた直後、瞬から連絡が入り、その子が瞬の弟の麗名だとわかった。如月家では諦めていた女の子が12年ぶりに生まれ、後継誕生に家中が湧いていた。如月家は旅館経営を生業としており、代々女将が社長となっていた。これまで、女の子が生まれていなかったため、暫定的に長男の瞬が後を継ぐと思われていたのだが、待望の女の子が誕生したため、瞬は次期後継者から外れてしまった。弟・麗名は兄・瞬が跡継ぎになるためにやってきた努力の数々を間近に見ていたため、女の子が生まれたからといって兄をないがしろにするような会社の空気に反発して家出をしてきたのだという。瞬が実家から迎えに来るまでの一日の間、一也は麗名の面倒を見ていたのだが、甘やかされて育った麗名は自分のことが何一つできない。一也は自分が兄にされたように、厳しく麗名に接し、麗名を迎えに来た瞬にも、甘やかすだけではなく兄ならば厳しく接して弟を鍛えろと叱咤した。

若い力

614lt04ocul. sx355

緑都学園の体育祭は、1年から3年までの縦割りで団が編成される。忍はA組、光流と一也はC組になる。1年C組では記録の良い者がリレーなどに選出されることになり、一也の名が挙がってきた。しかし、陸上部でもないのに100m11秒のタイムを持つ一也の記録に、陸上部の浦田は疑問を持ち、測定ミスだと決めつけて、一也ではなく浦田が高い得点を付けられるスウェーデンリレーに出場することになった。しかし念のため、一也も補欠として登録された。
緑都学園の体育祭はいつもとても盛り上がり、熱くなる生徒たちも多い。各団の団長は自分の団を鼓舞するため自団の学級を周り、体育祭に向けて気合を入れている。
1年C組に挨拶に来た団長・光流を見た浦田は青ざめた。浦田の出身中学は光流の近隣中学で、光流が中学で番長だったという噂が流れてきていたというのだ。なので、光流を見るとどうしても恐ろしく感じてしまい、まともに目を合わせることができないというのだ。同じ寮で一緒に過ごす一也にはとても信じられない話だが、浦田の怖がり様はどうやら本当のようだ。スウェーデンリレーの練習が始まり、浦田は3番走者、アンカー光流にバトンを渡す。しかし、恐怖が先に立ってどうしても光流に上手くバトンが渡せない。浦田は一也に選手を代わってくれと頼み込むが、記録を疑われた上に、実行委員の仕事もしている一也はそれを断った。
体育祭当日、スウェーデンリレーが気になって競技に集中できない浦田は、自身が出場した競技で転倒してしまった。大げさに騒いで怪我がひどいことにすればリレーに出なくても良いと考えた浦田は、大げさに騒いで保健室に運び込まれた。すると保健医である一也の兄・一弘は浦田の嘘を肯定し、ひどいケガだからリレーには出場できないと言う。仕方なくリレーには補欠の一也が出場することになった。
実は、忍が胴元をして、どの団が優勝するのか教職員の間で賭けをしていたのだ。一弘は一也と光流のいるC組に賭けており、一也をリレーに出場させるため、浦田の嘘に乗ったのだ。

スウェーデンリレーは4人の走者がそれぞれ100m、200m、300m、400mを距離を増しつつ走る競技である。C組は第2走者にバトンが渡る時点でバトンを落とし最下位、トップと大きく差が開いてしまった。第3走者・一也にバトンが渡ると、あっという間に30mの差を縮め7位から6位にあがり、すぐさま団子状に走っていた5位、4位、3位を抜き去った。第3コーナー手前で2位を抜き去り、最後の直線で1位と並び、アンカーにバトンを先に渡したのは、タッチの差で一也だった。一也は300m走るうちにトップとの110mの差を縮めるという驚異的な走りを見せた。その後アンカー光流がトップを守りきり1位はC組、優勝はC組連合が手にすることになった。
一也の驚異的な走りについて解説として呼ばれた一弘は、一也のことを「私は今日まで15年間彼の成長を見守ってまいりましたが、実はその間ただの一度も彼が人の後からゴールする姿を見たことがありません」と語った。前を走るものがいればいるだけ追い抜く負けず嫌いなのだと一弘は言った。

一也はC組連合のMVPとして皆に賞賛され、体育祭を見に来ていた初恋の人・すみれに抱きしめられてそのまま真っ赤になって気絶してしまった。

狙われたアイドル

冬休み前、3年の前寮長・古沢の頼みでバイトの代わりを引き受けた光流と一也。行ってみるとそこはアイドル・新田美恵子のコンサートスタッフのアルバイトだった。観客の整理をしつつ舞台を横目で眺めていると美恵子が光流に気づき、投げキッスを送ってきた。盛り上がる会場を見た一也と光流は今度は自分でチケットを買って来ようと話していた。
すると、美恵子のマネージャーがやってきて、美恵子が光流に頼みがあるから明日来て欲しいと言ってきた。何事かと思い、一也と光流で行って話を聞いてみると、美恵子がドラマの撮影中に不自然な事故が続き、何者かに命を狙われている可能性があると聞かされた。2日間、美恵子の付き人として側にはり付き、美恵子を護衛して欲しいと頼まれた光流はそれを承知し、巻き込まれた一也も一緒に2日間美恵子の側に張り付くことになった。
美恵子の飲むお茶の毒味に楽屋の点検などをしつつ、美恵子の仕事を見守る2人。休憩中を徹底的に注意し、美恵子を守る。しかし、撮影中天井からライトが美恵子の居た場所目掛けて落ちてきた。セリフの確認のため寸前に立ち上がった美恵子の真後ろにライトは落ちた。怪我はなかったものの、美恵子の恐怖心は膨れ上がり、自分は知らぬ間に誰かに恨まれていたのかと落ち込んだ。しかし、一也や光流に励まされ、美恵子は撮影を無事最後まで続けることができた。年内の撮影は本日で終わり、続きは年明けになる。
ドラマ撮影時しか事故は起こらないため、犯人はドラマ関係者であると目星をつけた光流たちは、なにか仕掛けてくるかも知れないとして警戒を強めていた。撮影も終わり、事務所の車を待っている時、1台の車が美恵子目掛けて爆走してきた。轢かれる、と思った瞬間、車のヘッドライトが照明のように感じた美恵子はアイドルの本能で車にダイブ、フロントに手を付き見事車を飛び越えた。それに驚いた暴走車は壁に激突し、ようやく犯人が捕まった。
犯人はドラマのプロデューサー・北山だった。メイクの京子を第4スタジオで殺し、車で運んで谷に死体を捨てたという。第4スタジオ方面から青ざめた顔で歩いてきた美恵子を見て死体を見られたと勘違いし、美恵子を狙ったのだという。実際には美恵子は死体など見ておらず、全くの無関係だった。スポットライト浴びていない時の美恵子は、いつも青ざめたような血色の悪い顔をしているのだ。

物騒な事件に巻き込まれながらも美恵子は年末に賞を取り、来年も頑張ると決意を新たにしたのだった。

雨やどり

D0089993 2232527

光流と忍の出会いの物語。光流と忍は緑都学園の入試で席が前後になり、顔見知りになっていた。その後、緑林寮に入寮すると2人は同室となった。顔が良く目立つ2人は隣室の悪い先輩たちから目をつけられ、酒で潰そうと画策されたり、賭け麻雀で小遣いを奪おうと計画されたりしたのだが、ことごとく返り討ちにしている強者だった。ニコニコと人当たりの良い光流は寮のアイドルのように先輩たちにも可愛がられ、部活の勧誘等も多数受けている。忍も新入生代表を務めるなど成績優秀で家柄も良く、穏やかに見せているため、校内で非常に目立つ存在になっていた。
授業が始まってまだ1週間という時期に、3学年混合のバレー大会が開催された。この大会でクラスのムードが決まると言われている大事な大会だ。光流は1年ながら優勝を狙うといい、気合の入ったプレーでクラスを盛り上げる。一方の忍は、上手いのだが実力をクラスのレベルに合わせ、全力を出さず手を抜いたプレーで2回戦敗退。光流は忍のプレーを見て手を抜いていたことを看破し、忍に意見する。誰にも見破られないと思っていた忍は、いつもニコニコとしていた光流の意外な洞察力に驚いた。

生徒会選挙が始まり、忍は副会長に立候補することになった。光流に応援演説を頼むと光流は快諾してくれた。生徒会長候補には現副会長が最有力候補として名が挙がっており、対立候補は出てこないだろうと言われていた。しかし、英語部の部長が突如立候補してきた。実はそれは忍が画策したことだった。忍は生徒会役員となり、自分の思い通りに操れる人物を生徒会長に押し上げ、それを傀儡にすることで学園を牛耳ろうとしていた。そのため、生徒や教職員を調べ上げ弱みを握り、票集めをしていたのだ。このやり口は自分が嫌う父と同じやり口だった。
ある日、忍が外を歩いているとヘルメットを被った暴漢に襲われた。武道が得意な忍は難なくそれを躱したのだが、その現場をたまたま通りかかった光流に見られてしまった。その暴漢は忍の強引な票集めに反発し襲ってきたのだ。
どういうことかと聞いてきた光流に忍は自分の策略を洗いざらい話し、生徒会長の最有力候補にはつけ込む隙がないから、敬愛する先輩を人質にして立候補を辞退してもらうと忍は光流に言った。
忍は、自分の家はあくどいことをやって成り上がってきた家だが、没落する気配は無い、と語る。忍自身もバレないだけでいい子ではなかったが他の子よりも恵まれており、何でも勝ててしまっていた。自分はあくどいことをして成り上がるという忍に、光流は何も言わず立ち去った。

翌日、光流は忍を図書室に呼び出し、いきなり殴りつけた。自分の評判を傷つけてもいいのか、大切な先輩がどうなってもいいのかと脅す忍に光流は「やれるもんならやってみな」と返した。図書館という衆人環視の中でのケンカでは、光流だけでなく忍の評判にも傷が付く。光流はそれを狙っていたのだ。光流は忍とのケンカに勝利し、無理に悪党になろうとしなくてもいいんだと言いたかったのだ。光流とのケンカで気絶し、保健室に運び込まれていた忍は、目を覚まし保健医と光流の会話で光流の思いを聞いた。「お前が不幸になる必要なんかないんだ」という言葉は忍の心に突き刺さった。
これ以降3年間同室で大丈夫かと心配する保健医に光流は「おれはいいんだけど、けどあいつがなんていうかー」するとベッドから忍が飛び出してきて「当然だ!!このまま逃げるようなマネ誰がするか!いずれかならずこの借りは返す!!」と言い、2人は同室のままとなった。

このことがきっかけとなり、2人は親友となった。

忍は兄の婚約者であった六条倫子の下へ行った時に、一里塚について話して聞かせた。昔の街道に一里ごとに作られた一里塚。そこには冬でも葉の落ちない常緑樹が植えられており、旅人たちのひと時の休憩所になっていた。名も知らない旅人と過ごすその場所はとても居心地がよく離れがたい。忍は緑林寮の自室を一里塚に例え、そこがとても居心地のよい空間であり、もう少しの間でいいからこの場にいたいと心から願っていた。
後継者争いに敗れた忍の兄・旭の婚約者だった六条倫子は、忍が孤独でギスギスとした生活を送ればいいと思っていた。忍が緑林寮に入り少しずつ変わっていく様子に倫子は「ダメよ忍くん。今さらおりようなんて。ちゃんとあなたに負けた旭の分までギスギスした人生送ってよね」と言った。
人を追い落として生きてきた忍は、いずれ実家に戻り、実家のあくどい稼業を継ぐことになるとわかっているのだが、今この居心地のよい場所を少しでも長く居続けたいと願ってしまうのだった。

お楽しみはこれからだ

ある日、蓮川一也が教室へ入ると、一也と同じくらい背の低い戸丸良武と一也ではどちらが女装が似合うかという話になっていた。「そんなの良武に決まってんじゃん」という一也の言葉に激高した戸丸は一也に勝負を持ちかけてきた。運動神経抜群の一也と戸丸では圧倒的に一也が有利として、勝負は戸丸の得意な卓球で付けることになった。
寮で光流相手に練習をし勝負に臨んだ一也は、戸丸が全国大会出場経験を持つ相手と知らずに勝負をし、敗北。するとクラス全員から学園祭でやる「夕鶴」の主役・お通役は一也に決定、と言われてしまった。実はその勝負は学園祭の出し物の配役を賭けた勝負だったのだ。一也は単純に女装が似合うのがどちらかという勝負だと思っていたため、戸丸の得意な卓球勝負を受けたのだ。女装を嫌がった戸丸が一也に役を押し付けるため勝負を挑んだのだった。一也は無効試合だと訴えたものの聞き入れてもらえず、主役・お通は一也が演じることになった。

学園祭開催に向けて生徒会長である忍はもちろん、学園祭実行委員でもある光流もかなり忙しくなってきた。そんな時に、生徒会室に「学園祭当日は雨にみまわれる、日頃の行いを反省し学園祭を中止せよ!」という脅迫状が届いた。誰が何のために脅迫状を出したのかわからないまま学園祭当日を迎えた。一也が演じる舞台が始まる直前、極度の緊張と前日までの練習疲れで一也は鼻血をだし、急遽主役は戸丸が演じることになった。一也は己の不甲斐なさを反省し、翌日の舞台はしっかりやろうと心に誓った。

学園祭二日目、一也は前日の誓い通り舞台を熱演し、瞬も光流もそれぞれ部活やクラスの出し物に力を入れていた。
皆が忙しく動き回る中、生徒会室の前に黒スーツにサングラスをかけた渚の下僕が現れた。彼が言うには、学園祭のことを知った渚が忍が主催している学園祭を失敗させるために、校内のスプリンクラーを作動させ、学園中を水浸しにしようとしているというのだ。脅迫状も忍に恐怖心を与えるために渚が用意したものだった。
せっかくの学園祭、忍とは無関係の多くの学生が巻き込まれることに心を痛めた渚の下僕は、渚に内緒で忍に知らせに来たのだ。下僕からの情報を得て、光流や一也、瞬がそれ防ぐために動き始めた。
各階に1人ずつとグラウンドのスプリンクラー近くに下僕を配置し、忍たち生徒会が行う舞台に合わせて、スプリンクラーを作動させる予定らしい。1人ずつ下僕たちを撃退し、忍たちの舞台は無事行われ、学園祭は無事終了した。

計画に失敗した渚は、忍からの報復を恐れてどこかに逃亡した。

蓮川家の一族

D0089993 22365270
keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents