遊☆戯☆王5D's(遊戯王ファイブディーズ)のネタバレ解説まとめ

遊☆戯☆王5D's(ファイブディーズ)とは、2008年4月2日から2011年3月30日までテレビ東京系列で放送されたアニメ作品。
本作は週刊少年ジャンプ40周年、Vジャンプ15周年記念作品でもある。
主人公「不動遊星」を中心とした「絆」を描いている。

山下 太郎(やました たろう)

CV:川本成
太陽のリーダー。ラストホイーラー。
裏表の無い素朴な性格。エースカードは「眠れる巨人 ズシン」。

チーム・ラグナロク

チーム・5D'sのWRGP決勝第二試合の相手。

「極星」の名を持つモンスターや「極星宝」と言う名の罠をはじめ、北欧神話をモチーフとしたカードを使う。D・ホイールはヴァルハランダーを使用する。3人共が一流の技量と絶大な人気を誇るプロのライディングデュエルチームであり、その実力は遊星が自分達以上と認めるほどである。また3人はそれぞれ「星界の三極神」と呼ばれるシンクロモンスターを所持し、その継承者の証として「ルーンの瞳」と呼ばれる左目を持つ。この目は赤き竜の痣と似たような性質を持ち、保有者に危険が迫った時には奇跡的な力が発動しその危機を回避できる。三極神とルーンの瞳によってシグナー同様ネオドミノシティの空中に出現したアーク・クレイドルが見えており、イリアステルにより歴史が改竄された事実を認識している。チーム・ニューワールドを倒す事で、やがて訪れるであろうフィンブルの冬の正体を突き止めラグナロクを阻止しようとしている。チーム・5D'sとは共通の目的を持つが、三極神が拒んでいるため共闘を断った。

試合に敗北後、三極神と共にチーム・5D'sの実力を認め、世界を救う使命を託した。
その後、三極神の力で実体化させた魔法カード「虹の橋 ビフレスト」をダイダロス・ブリッジに架けアーク・クレイドルへの道を拓いた。

ドラガン

CV:宮健一
「北欧の死神」の異名を持つデュエリスト。
使用デッキは「極星獣」。エースモンスターは「極神皇トール」。

3年前、「極神皇トール」の発掘調査の際に崩落事故に遭った父親の治療費を稼ぐためにゴドウィンの差し金でジャックと戦う。だが、この試合はジャックのキングとしての地位を磐石にするための八百長であった。プライドを深く傷つけられ無謀な冬山登山を繰り返すようになるが、ハラルドに諭され復讐のためにWRGPに出場する。

WRGPでは雪辱を果たすべくジャックと対戦するが僅差で敗北した。デュエル後、ジャックの力量を潔く認めている。
デュエルでは攻撃力の低いモンスターを罠やモンスター効果で補助する戦術を得意としている。

ブレイブ

CV:木村良平
「変幻自在のトリックスター」と呼ばれているデュエリスト。
使用デッキは「極星霊」。エースモンスターは「極神皇ロキ」。

かつては一匹狼のトレジャーハンターだったが、財宝発掘の途中に出会った10人の戦災孤児を放っておけず、面倒を見ることになる。やがて、子供達が両親を失った紛争の背後にイリアステルが関連している事を知り、一矢報いようと決心する。その後、ロキのカードを求め島を訪れたハラルドから自身がロキの継承者であることを知らされると、その使命を受け入れ仲間となった。

WRGPではドラガンから引き継いだ「トール」と自分の「ロキ」でクロウを苦しめるが、クロウの奇策の前に引き分け、互いに守りたい子供達への想いを認め合った。
デュエルでは「頂戴するぜ」と言うのが口癖で、観客に向かって派手なパフォーマンスをする。窮地に陥ったフリをして「なんてな」と相手の戦術の裏を突く反応力の高さと、必要とあれば神ですら破壊する変幻自在のトリックプレイが持ち味である。

ハラルド

CV:小野坂昌也
チーム・ラグナロクのリーダー。
使用デッキは「極星」。エースモンスターは「極神聖帝オーディン」。

代々三極神の伝承とオーディンのカードを受け継いでいる一族の出身。少年の頃に、執事のセバスチャンから世界が破滅すると言う伝承と自分がやがてその脅威と戦う運命だと知らされ、デュエル巡礼の旅で自分を磨きオーディンの継承者として成長を遂げた。その後、空軍の大佐となるが任務中に世界の危機を感じ取り、世界を救うとの名目で退役。残りの三極神の継承者であるドラガンとブレイブを探し集め、イリアステルを倒すべくWRGPに参加する。

当初は遊星に破滅の運命が付き纏っていると信用していなかったが、デュエルを通して遊星が人の可能性を導く存在だと感じ、世界を救う使命を託した。

未来人

モーメントの負の回転により破滅した未来で最後に生き残った4人の人間。
世界と人類を再生する方法を模索するが実らず、ゾーン以外の3人が老衰死する。ゾーンは仲間3人の精神をデータ化し、彼らの若かりし姿を模した精巧なロボットに移植した。彼らは「破滅の未来を変える」という目的の元、過去へと渡り様々な手段を講じた。

ゾーン以外の3人は生前の精神を複製移植したロボットである。イリアステル滅四星と呼ばれ、それぞれ「無限界帝Z-ONE」、「絶望のアポリア」、「戦律のアンチノミー」、「逆刹のパラドックス」という呼称がある。

Z-ONE (ゾーン)

CV:石川英郎
破滅した未来の「最後の一人」を名に冠する未来人。イリアステルの結成以降、全ての事件を陰で操ってきた黒幕。
他の未来人達の精神的な支えであり、希望でもある。アポリアと出会った時には右半身に義手・義足を着けていたが、研究が進むに連れ遊星号に酷似した外見のD・ホイール「モーメントコア フライ・ホイール」に搭乗するようになる。このD・ホイールは生命維持装置も兼ねている。

使用デッキは「時械神」。全10体の「時械神」と切り札「究極時械神セフィロン」の変則的な効果と、手札から発動できる罠によって相手を翻弄する戦術を取る。その実力は仲間達の中でも群を抜いており、戦術の立て方や思考には遊星の影響が見られる。

元は遊星達の時代からおよそ200年後の未来の童実野シティの科学者で、人々の欲望によりモーメントが暴走した現況を憂い、自らをかつて英雄と呼ばれた「不動遊星」へと改造した。「シューティング・スター・ドラゴン」で多くの人を助けることに成功する。人々に互いに助け合う正しい心を説いて世界を変えようとするが、世界中を巡る前に暴走したネットワークがモーメントの負の回転による爆発を選んだため、目の前で多くの人々を失う。その後、生き残ったアンチノミー、パラドックス、アポリアら3人を仲間にし、共に長い年月を人類再興の研究に費やすが、研究の失敗と彼の支えとなっていた仲間達の死の中で深い孤独を味わう。

世界を救う為にはモーメントまたはデュエルモンスターズを歴史から抹消し過去を修正するしかないと判断し、仲間達のロボットを利用して現代で暗躍していた。

アーク・クレイドルで遊星との決戦に未来の行く末を委ね、最終的にはデュエルに勝利した遊星を信頼し、アーク・クレイドルのマイナス回転を防ぐため自ら中枢に特攻し姿を消した。

アポリア

CV:根本正勝
ゾーンの仲間の未来人。少年期に両親と、青年期に愛する女性と死別し、老年期に人類の滅亡を見届けたという、3つの絶望を経験している。
使用デッキは「機皇」。「機皇神マシニクル∞3」などを使用する。

自らを絶望の番人と称し、その性格はホセに近いが若干感情的であり、「絶望」という言葉を多用するのも特徴。
行き倒れになりかけた時にゾーンと出会い行動を共にする。老衰し息を引き取る際、ゾーンに自らが絶望を経験した3つの時代の姿をルチアーノ、プラシド、ホセという3つのロボットとして製作させた。

現代においては三皇帝が合体した姿としてWRGPでその姿を現した。三皇帝のD・ホイールが複合した「T(トリニダード)・ウロボロス」と合体することで「無双態」、フィールド魔法「機動要塞フォルテシモ」と合体することで「超弩級態」となる。

友人のゾーンにも希望を取り戻して欲しいとデュエルで説得を試みる。ゾーンに敗れると、自らが最後の希望と信じるチーム・5D'sに全てを託し、遊星号を空を飛べるよう強化を施して機能を停止した。

その他

不動博士(ふどう はかせ) 声:細見大輔

CV:細見大輔
遊星の父親。
海馬コーポレーションのモーメント開発部に所属していた研究者。モーメントの考案者であり、旧モーメント「Uru」の開発責任者でもある。「遊星粒子」とよばれる粒子の研究の第一人者。開発の途中でたびたび発生した不具合からモーメントの秘める危険性に気づき、開発の中止を進言したが政府やスポンサーに受け入れられず、責任者の任を解かれ、開発は助手であるルドガーに引き継がれてしまった。

赤ん坊だった遊星をいずこかへ逃がした後、ゼロリバースによって妻と共に死亡した。

遊星が旧モーメントに落ちた時に遊星の前に現れ、途方も無い運命を背負わせてしまったことを詫びると共に、「運命は必ず変えられる」という言葉を送り、遊星を現世へと導いた。その後も遊星が苦境に陥る度に姿を現し、その都度遊星を助けている。

mugimeshi
mugimeshi
@mugimeshi

Related Articles関連記事

遊☆戯☆王タッグフォース(遊戯王TF、Yu-Gi-Oh! Tag Force)のネタバレ解説まとめ

『遊☆戯☆王タッグフォース』とは、アニメ『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』から『遊☆戯☆王アーク・ファイブ』までを題材にした、「遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ」を用いた対戦型のカードゲームである。コナミデジタルエンタテインメントより発売され、これまでシリーズ化されていた。プレイヤーはデュエリストとなり、他のキャラクターをパートナーとしてタッグを組んでデュエルを行い、ストーリーを進めていく。

Read Article

遊☆戯☆王(初代遊戯王)のネタバレ解説まとめ

『遊☆戯☆王』とは高橋和希の漫画『遊☆戯☆王』の最初のアニメ化作品。1998年にテレビ朝日系列で放送された。原作における「学園編」から「RPG編」までが描かれた。後に2000年から放送されるシリーズと違いカードゲームが中心では無く原作初期で描かれた『闇のゲーム』を軸にしたダークヒーロー要素を持った物語が展開される。

Read Article

遊☆戯☆王VRAINS(Yu-Gi-Oh! VRAINS)のネタバレ解説まとめ

『遊☆戯☆王VRAINS』とは、トレーディングカードゲーム「遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ」を題材にしたテレビアニメである。テレビ東京系で放送されているアニメ『遊☆戯☆王』シリーズの第6作目にあたり、2017年5月から放送されている。VR空間「LINK VRAINS(リンク ヴレインズ)」で繰り広げられる主人公・藤木遊作の戦いが物語の中心となる。

Read Article

《遊戯王》遊戯や海馬、城之内たちが使ってたカードの過去と現在

遊戯王デュエルモンスターズは、1996年から登場した日本を誇る伝説のカードゲームです。当初から何度もブームを起こし、その人気ぶりは20周年を迎えた2016年現在でも色あせていません。それどころか、海外版などが発売されたり、PSPで出た遊戯王TF-SPが約1年間一位をとり続けるなど、その快挙は目覚ましいもの。今回はそんな進化の一つ、昔使われていたカードがどれだけ強くなったかをまとめました。

Read Article

爆笑必至!「遊☆戯☆王 王国編」のデュエルが言ったもん勝ちのガバガバルールだった件w

こちらの記事は、「遊☆戯☆王 王国編」のガバガバルールのまとめです。今現在は、きちんとカードに書かれた効果を上手く用いることで、様々なドラマを巻き起こしています。しかしながら、遊戯王がブームと成り始めていた当時のアニメでは、その効果も明確でないため、俺ルールで言ったもん勝ちの「応用」で勝利することさえ珍しくありませんでした(爆笑)。

Read Article

遊戯王20周年でついに崩壊!?青眼の白龍関連カードがゲームシステムまでも破壊し始めている件

遊戯王が20周年を迎えたということで、我らがKONAMI様もめちゃくちゃOCGに力を入れている年が2016年なのです。映画が公開されたり、待望の「ブラック・マジシャン」や「マジシャン・ガール」が強化されたり、Vジャンプの付録カードが豪華だったりと。そんな中で最も際立っていたのが、「青眼の白龍」ことブルーアイズの強化強化強化!!その全貌をまとめました。

Read Article

遊戯王カードのかわいい女性キャラクターまとめ

神カードゲームである遊戯王。基本的にはかっこよく、あるいは「おおー!」と唸りたくなるようなキャラクターがたくさんあります。そんな中、今回はカードのイラストから、かわいい女性キャラクターをピックアップしてまとめてみました。遊戯王のカードはデュエルのためだけでなく、しっかりと壁紙やインテリアの一つとしてもなるので、この機会に集めてみるのもいいかもです。

Read Article

《遊戯王》最近のストラクチャーデッキが豪華すぎる件

日本を代表する伝説のカードゲームといえば、遊戯王ですよね。しかし、ここ数年で様々なカードが登場し、またルールもより複雑になっており、集めてプレイするならお金もかかるし面倒くさいですよね。けれども、ここ数年で発売されているストラクチャーデッキには、遊戯王の中でも超絶優秀なカードがたくさん入っていて、しかも定価は1200円程度と安く、これから始める人でもお手頃に強いデッキからスタートできるのです。

Read Article

「遊戯王」通常モンスターに書かれている面白いテキストまとめ

日々、進化する伝説のカードゲーム遊戯王。デッキから特定のカードを引いたりモンスターを特殊召喚したり、墓地のカードを除外する事で強力な効果を発揮するカードがあったり、ますます戦略性が高まってきています。しかしそんな中、みなさんが忘れがちなのが「通常モンスター」カード、それもその全く意味のないテキストの部分です。そこには強力な効果はなくも、秘めたる面白さがあるのです。

Read Article

最新!ハマる家庭用カードゲームまとめ

カードゲームしてますか?カードゲームはシリーズやメーカーによって、様々なタクティクスを必要とするので、非常にやりごたえのあるゲームです。今回は最新の3DSやPSPなどで楽しめる家庭用ゲーム機で遊べるカードゲームをご紹介します。カードゲーム好きの方なら必見、そうでない方でもカード集めるのは面倒だけどソフト化されているものなら、大金払わなくてもガッツリ遊べますよb

Read Article

「閲覧注意!!」《遊戯王》もはやホラー!グロ&恐怖&気持ち悪いカードイラストまとめ

遊戯王のイラストといえば、カッコいいカードはもちろんのこと、かわいいカードも目が離せませんよね。だがしかし、その中に存在するマイナーなカードの中には、極めて気味が悪いイラストも存在するのです。当然ながらテーマ上仕方が無いものなのですが、それは既に常軌を逸しているレベルなのです!今回はそんな遊戯王のグロカードをまとめてみました。

Read Article

《遊戯王》見てるだけで欲しくなる!!かわいくて強い!萌えテーマデッキまとめ!!

日本を代表する伝説のカードゲームといえば、間違いなく「遊戯王」ですよね。その、ほとんどのプレイヤーがもちろん男性諸君なわけですが、近年の萌え傾向と比べると、竜とか騎士とかカッコいいカードばかりなのが事実。しかしながら、近年はそんなことがないのです!ここ最近では、日本のアニメ・漫画の萌え傾向に逆らう事無く、たくさんの萌えテーマデッキが解禁されているので、それらをまとめてみました。

Read Article

テキストで難癖つけられる!?「遊戯王」の難解ルールまとめ①

伝説のカードゲーム「遊戯王」ですが、その伝説ゆえに細かなルールも健在!しかしながら、その難解さがきっかけでヤメてしまう方もいらっしゃるのが現状なのです。今回はそんな「遊戯王」の細かくも難解なルールを、解説や一例とともにまとめてみました。「ルールを守って楽しくデュエル!!」

Read Article

《遊戯王》海馬瀬人の喜怒哀楽&十二面相!あらゆるシーンで垣間見える海馬の表情まとめ

「遊戯王」の中で魅力的な象徴の一つであるのが、我らが瀬戸様こと海馬瀬人。ブルーアイズと一緒に、遊戯や城之内たちとは正反対の生き方を貫く、伝説のキャラクターですね。そんな大人気の彼ですが、アニメではいろんな場面でその喜怒哀楽が表情となって表れ、しかしそれがまた味があって面白いのです。今回はそんな海馬瀬人の顔をまとめました。

Read Article

《遊戯王》初期の融合モンスターが、意味不明のカードだった件

《遊戯王》といえば、日本を代表するトレーディングカードゲームですよね。そのルールやカードの使い方、表記などは、何十年の歴史があるにもかかわらず大きく変わっていないということが、まさに伝説的です。最新のカードやタクティクスが登場する一方で、しかし初期の融合モンスターがわけわかんなかったことーーつまり「意味不明のカード」だったことを覚えていますか?今回はそんな意味不明な融合モンスターをまとめました。

Read Article

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

「遊戯王」のテキストが長文and極小で虫眼鏡がいるレベルのカードまとめ

「遊戯王」のテキストは、対戦中に難癖をつけられるほど絶対的なわけです。しかしながら、その一言一句を詳細に書き綴ったせいで、理解する前にまず読むのが苦しくなるほどに、長文化してしまったカードが多く存在します。されに達が悪いのが、その文字の小ささ(笑)。もはや老眼and遠視の人をテキスト殺しするかの如く、とにかく見にくい(醜い)のです。あなたは理解して読めますか?

Read Article

《遊戯王》の究極ヒロイン!「ブラック・マジシャン・ガール」の可愛すぎる関連カード・グッズまとめ

《遊戯王》のヒロインといえば、当然ながら「ブラック・マジシャン・ガール」ですよね。そのかわいさは、ゲームやカードだけでなく、様々なグッズなどが制作・販売されるほどなのです。よく見てみると、どれもめちゃくちゃに可愛らしく、しかし極めて高価なものまで、いろいろです。今回はそんなブラマジガール関連のかわいいカードやグッズをまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents