エロマンガ先生(伏見つかさ)のネタバレ解説・考察まとめ

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」で有名な伏見つかさが著者を務める電撃文庫のライトノベルと、それを原作にしたアニメ作品。
ラノベ作家の高校生の主人公と引き籠もりのイラストレーターの妹が、「世界で一番面白いラノベを書く」という夢のために二人三脚する物語を描いている。
2016年4月にアニメ化し、全12話が放映された。

お菓子の買い出しで一度家を空けた正宗が戻ってきたときには、なんとエルフがスカートを捲り上げて下着を見せているという予想外の展開になっていた。呆然となる正宗に「下着見せてくれたらイラスト描いてくれる」と赤面しながらエルフが説明し、紗霧は「可愛い女の子を見たら下着を見たくなるのはしょうがない」と開き直ったのだった。

その2:「欲望を抑えきれなかった…」

「えーっと…こ、これは…?」紗霧から提示された条件としての目隠しと手縄に、当然ながらめぐみは困惑を隠せない。

「わぁっ…! こ、こっち!」初めて出会うめぐみと、しかも目隠しと手縄の姿に紗霧は大興奮。お面をほっぽり出して部屋の中へと連れ込む姿に、正宗も一瞬目を見張っている。

第6話で、友達の第一歩として紗霧にライトノベルを借りるべく和泉家を再び訪れためぐみ。ところが紗霧が会う条件として提示したのは、めぐみに目隠しと手縄をした上で絵のモデルになってもらうということだった。
いかにもSMといった感じの格好に戸惑いを隠せないめぐみを部屋の前まで正宗が案内して声をかけると、お面をしながら部屋を開けた紗霧はその姿を見た瞬間に大興奮。そのままめぐみを部屋へ引っ張り込み、早速彼女を絵のモデルにしてあらゆるアングルから観察しながら、猛然とした勢いで絵を描き始める。

あらゆるアングルからめぐみを観察してスケッチする紗霧。ファンもこんなポジティブな彼女の姿をここまでの展開で見たことはないだろう。

「うにゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」ついにパンツまで引きずり降ろされたことに、めぐみは悲鳴をあげてしまう。

特に太ももと胸に視線を注がれ、恥ずかしがるあまりに「本当はえっちなことに慣れていない」と正宗に問い詰められ、めぐみが顔を赤くして反論しようとした次の瞬間。あまりにも興奮しすぎたあまり、めぐみが正宗に気を取られているその一瞬を突いて、紗霧がめぐみのパンツをずり下ろしてしまった。
一瞬の出来事に正宗が真っ青になり、めぐみが固まり、そして紗霧が「可愛い縞パン」とぽそりと呟いた時、部屋にはめぐみの甲高い悲鳴が響き渡る。

そしてついにその場にへたり込んで、泣きじゃくってしまう。この姿に正宗はもちろん、紗霧も気まずさを覚えた。

「ごめんなさい」と、丁寧に頭を下げる紗霧。

その後、泣きじゃくるめぐみを前にして、「ヤバいと思ったんだけど…欲望を抑えきれなかった…」と、(ちゃっかりとめぐみのパンツをポケットに忍ばせながらも)紗霧は気まずそうになる。そして、めぐみの目隠しと手縄を外してその場に土下座して、面と向かって「ごめんなさい」と謝った。すると、

「話せるじゃん…! 目隠ししなくても!」初めて自分と目を合わせて話してくれた紗霧にめぐみは感激し、これで友達になれたと意気込む。対する紗霧は友達は無理だと言いながらも、めぐみに約束としてお気に入りのラノベを貸し、ラノベを貸すくらいなら付き合ってあげてもいいと指きりの約束を交わしたのだった。

その3:ツイスターゲームに託けて

「フェスティバル第一弾!お絵描きトルネードゲーム!」紗霧が見せたその約束の内容に、ムラマサだけでなくエルフも思わず困惑した。

「なんでもするって言ったよね?」可愛らしいが迫力のある笑顔だ。

正宗を合宿に参加させる代わりに「自分とムラマサがなんでも言うことを聞く」という約束をエルフと交わした紗霧。最終話にてそこで何も知らないムラマサを巻き添えにする形で、彼女とエルフを家へと呼んだ紗霧がタブレットの画像で見せたものは、水着姿の二人がツイスターゲームをしているスケッチだった。

ムラマサは当然のように動揺し、エルフも思わず引いてしまい「これさすがにエッチすぎじゃないかしら…」と、言いかけたが、紗霧は笑顔で「なんでもするって言ったよね?」と、プレッシャーをかけてくる。エルフも「わかったわよ! やればいいんでしょやれば!」と、ヤケクソになり、ムラマサも結局有無を言わせずに水着姿にされてしまった。

二人を水着に着替えさせた紗霧。そしてここから、絵のスケッチに託けた眼福タイムが始まる。

それから正宗を部屋から追い出して、ツイスターゲームに託けて足を広げたり四つ這いにさせたりと自分にとって絵のスケッチになりそうなポーズを模索しながら楽しんだ。ムラマサは「もう限界だ! 羞恥で死んでしまうー!」と、泣き言を漏らしまくりである。

「よし!いい感じのポーズになった! そのままストップ。動かないでね」

これが紗霧にとっての「いいポーズ」。空気椅子のムラマサもそうだが、ブリッジさせられているエルフの負担は半端ない。しかもポーズを崩したら1枚服を脱ぐという可愛い顔してのとんでもない要求に、「鬼ぃ〜!!」と、エルフとムラマサは揃って泣きそうになった。

そして、ついに見つけた絵のスケッチのポーズが、空気椅子の姿勢となったムラマサの上にエルフがブリッジで重なるという強烈なもので、二人はそこから先は紗霧がスケッチをしている間に恥ずかしさと手足の痛さに耐え続ける羽目になり、最後は智恵が同人誌を届けに来たのを聞きつけ、紗霧が階下へと降りていったのを隙に重なるようにして崩れ落ちた。

『エロマンガ先生』の書籍情報

原作

yukusa_kana4
yukusa_kana4
@yukusa_kana4

Related Articles関連記事

NEW
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(俺妹)のネタバレ解説・考察まとめ

俺の妹がこんなに可愛いわけがない(俺妹)のネタバレ解説・考察まとめ

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』とは、伏見つかさによる、同名のライトノベルを原作とした日本のホームコメディ作品であり、1期が2010年の秋アニメ、2期が2013年の春アニメとして放送された。 タイトルの『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』は『俺妹』と略されており、千葉県千葉市と秋葉原が舞台となっている。 兄が大好きだった妹だが、大きくなるにつれて兄を毛嫌いするようになる。 妹は隠れオタクであり、妹系アダルトゲームをすることが趣味。この事が兄に知られてしまったのをきっかけに物語は始まる。

Read Article

【エロマンガ先生】決定版!おすすめハーレムアニメまとめ【ロザリオとバンパイア】

【エロマンガ先生】決定版!おすすめハーレムアニメまとめ【ロザリオとバンパイア】

カワイイ女の子たちに囲まれて、しかもそのほぼ全員が自分のことを好きになってくれる…。そんなハーレム状態は、いつの時代もどこの国でも、男性たちにとって永遠の憧れです。この記事では、そんな全男子たちの夢を叶えてくれるハーレムアニメを集めました。主人公になりきって、二次元での恋を謳歌しちゃいましょう!

Read Article

目次 - Contents