Yes(イエス)の徹底解説まとめ

Yes(イエス)とは、1968年ロンドンで結成されたプログレッシブ・ロックバンド。ピンク・フロイド、キング・クリムゾン、EL&Pと共にプログレ四天王(ジェネシスを入れると五大プログレバンド)と呼ばれ、分裂とメンバーチェンジを繰り返し活動を続けているロック史上に大きな影響を与えたバンドである。2017年『ロックの殿堂』入りをした。

・1987年リリース
収録曲
1. リズム・オブ・ラヴ-Rhythm of Love(Tony Kaye, Trevor Rabin, Jon Anderson, Chris Squire)
2. ビッグ・ジェネレイター-Big Generator(Rabin, Kaye, Anderson, Squire, Alan White)
3. シュート・ハイ-Shoot High Aim Low (White, Kaye, Rabin, Anderson, Squire)
4. オールモスト・ライク・ラヴ-Almost Like Love(Kaye, Rabin, Anderson, Squire)
5. ラヴ・ウィル・ファインド・ア・ウェイ-Love Will Find a Way(Rabin)
6. ファイナル・アイズ-Final Eyes (Rabin, Kaye, Anderson, Squire)
7. アイム・ランニング-I'm Running (Rabin, Squire, Anderson, Kaye, White)
8. ホウリー・ラム-Holy Lamb (Song for Harmonic Convergence)(Anderson)

レコーディング・メンバー
・Jon Anderson – vocals
・Trevor Rabin – vocals, acoustic and electric guitars, keyboards, string arrangements
・Tony Kaye – Hammond organ, piano
・Chris Squire – bass guitar, backing vocals
・Alan White – drums, percussion, backing vocals
サポート・ミュージシャン
・Soul Lips-James Zavala – horns on "Almost Like Love"
・Lee R. Thornburg – horns on "Almost Like Love"
・Nick Lane – horns on "Almost Like Love"
・Greg Smith – horns on "Almost Like Love"
・James Zavala – harmonica on "Love Will Find a Way"

プロデューサー、トレーバー・ホーンはアルバム制作にあたりメンバーと意見の相違があり結局、継続できないことを理由に途中降板した。代わったトレヴァー・ラビンは、「90125」を超えて進歩を遂げることを目指していたが、リードボーカルのジョン・アンダーソンは、バンドの他の人たちがやりたいと思っていた方向性、すなわち、「90125」の商業的成功を明らかに不快に思っていた。アンダーソンはツアー終了後、脱退した。(脱退後アンダーソン・ブラッフォード・ウェイクマン・ハウ(ABWH)を結成)。
アルバムは、曲としてはほぼハード・ロックでシングルヒットしそうではあったが、「90125」の単純なポップスの延長線、失敗作との見方が強かった。
UKチャート17位、USチャート15位

Union/結晶

・1991年リリース
収録曲
1. ウェイティッド・フォーエヴァー-I Would Have Waited Forever(Jon Anderson, Steve Howe, Jonathan Elias Jonathan Elias)
2. ショック・トゥ・ザ・システム-Shock to the System(Anderson, Howe, Elias Elias)
3. マスカレード- Masquerade(Howe Howe)
4. リフト・ミー・アップ-Lift Me Up(Trevor Rabin, Chris Squire Rabin)
5. スタート・ザ・デイ- Without Hope You Cannot Start the Day(Anderson, Elias Elias)
6. セイヴィング・マイ・ハート-Saving My Heart(Rabin Rabin)
7. ミラクル・オブ・ライフ-Miracle of Life(Rabin, Mark Mancina Rabin, Mancina, Eddy Offord)
8. サイレント・トーキング- Silent Talking(Anderson, Howe, Rick Wakeman, Bill Bruford, Elias Elias)
9. ザ・モア・ウィ・リヴ-レット・ゴー- The More We Live – Let Go(Squire, Billy Sherwood Offord)
10. アンコール・ワット-Angkor Wat (Anderson, Wakeman, Elias Elias)
11. デンジャラス-Dangerous (Look in the Light of What You're Searching For)(Anderson, Elias Elias)
12. ホールディング・オン-Holding On(Anderson, Elias, Howe Elias)
13. イーヴンソング-Evensong(Tony Levin, Bruford Elias)
14. ウォーター・トゥ・ザ・マウンテン-Take the Water to the Mountain(Anderson Elias)

レコーディング・メンバー
・Jon Anderson – lead vocals (tracks 1–2, 5–12, 14), backing vocals (track 4)
・Steve Howe – guitar (tracks 1–3, 5, 8–14), backing vocals (tracks 1, 2, 5, 8, 10–14)
・Trevor Rabin – guitar (tracks 4, 6–7, 9), lead vocals (track 4)
・Chris Squire – bass (tracks 4, 6–7, 9), backing vocals (tracks 1, 4–5, 11)
・Tony Kaye – keyboards (tracks 4, 6–7, 9), backing vocals (track 4)
・Rick Wakeman – keyboards (tracks 1, 2, 5, 8, 10–14)
・Bill Bruford – drums (tracks 1, 2, 5, 8, 10–14)
・Alan White – drums (tracks 4, 6–7, 9), backing vocals (track 4)
サポート・ミュージシャン
・Jonathan Elias – synthesiser, keyboards, vocals
・Tony Levin – bass guitar, Chapman Stick
・Jimmy Haun – guitar
・Billy Sherwood – bass, guitars, keyboards, vocals
・Allan Schwartzberg – percussion
・Gary Barlough – synthesiser
・Jerry Bennett – synthesiser, percussion
・Jim Crichton – synthesiser, keyboards
・Pauline Cheng – Cambodian poetry on "Angkor Wat"
・Gary Falcone – vocals
・Deborah Anderson – vocals (Jon's daughter)
・Ian Lloyd – vocals
・Tommy Funderburk – vocals
・Sherman Foote – synthesiser
・Brian Foraker – synthesiser
・Chris Fosdick – synthesiser
・Rory Kaplan – synthesiser
・Alex Lasarenko – synthesiser, keyboards
・teve Porcaro – synthesiser
・Michael Sherwood – vocals (Billy's brother)
・Danny Vaughn – vocals

2つのイエス、「90125」のイエスとアンダーソン・ブラッフォード・ウェイクマン・ハウ(ABWH)が合体して「8人イエス」となり評判となった。だが8人が一緒に演奏している楽曲は一曲もない。バンドごとに別々に書かれ、演奏されるトラックの集まりとなっている。8人イエスは大きな話題を呼びツアーは大成功を収めたが、バンドのメンバーのほとんどはアルバムに否定的な意見を持っている。メンバーにとって不本意なアルバムとなった。
アルバムは15位でゴールドになったが、これは前回のセールスからの大きな落ち込みだった。

Talk/トーク

・1994年リリース
収録曲
1. コーリング-The Calling(Trevor Rabin, Jon Anderson, Chris Squire)
2. アイ・アム・ウェイティング-I Am Waiting(Rabin, Anderson)
3. リアル・ラヴ-Real Love(Rabin, Squire, Anderson)
4. ステイト・オブ・プレイ-State of Play(Rabin, Anderson)
5. ウォールズ-Walls(Rabin, Roger Hodgson, Anderson)
6. ホェア・ウィル・ユー・ビー-Where Will You Be(Rabin, Anderson)
7. エンドレス・ドリーム-Endless Dream:a サイレント・スプリング-Silent Spring (Instrumental)
8. エンドレス・ドリーム-Endless Dream: b トーク-Talk(Rabin, Anderson)
9. エンドレス・ドリーム-Endless Dream : c エンドレス・ドリーム-Endless Dream(Rabin, Anderson)

レコーディング・メンバー
・Jon Anderson – lead and backing vocals
・Trevor Rabin – electric and acoustic guitars, keyboards, programming, lead and backing vocals
・Tony Kaye – Hammond organ, piano
・Chris Squire – Bass guitar, backing vocals
・Alan White – Drums

Unionツアーの後、イエスは「 90125 」のラインナップ(ジョン・アンダーソン、トレバー・ラビン、クリス・スクワール、アラン・ホワイト、トニー・ケイ)に戻ったが、このラインナップで録音された最後のアルバムになった。プロデュースはラビン、スーパートランプ(Supertramp)のボーカリストロジャー・ホジソン(Roger Hodgson)が"ウォールズ"-(Walls)にソングライティング、ボーカルで参加している。
「トレバー・ラビンのソロ・プロジェクト」「オーバープロデュース気味」「イエスに聴こえてこない」等の批判的な意見が多く、UKチャートでは20位、米国USチャートでは33位となり、1971年のThe 「Yes Album」以来の米国で最も低いチャートアルバムとなった。
ツアー終了後、ラビンとケイはバンドを脱退した。

Keys to Ascension/キーズ・トゥ・アセンション

・1996年リリース
収録曲
Disc one (Live tracks)
1. シベリアン・カートゥル- Siberian Khatru(Jon Anderson, Steve Howe, Rick Wakeman)
2. 神の啓示-The Revealing Science of God (Dance of the Dawn)(Anderson, Chris Squire, Howe, Wakeman, Alan White)
3. アメリカ-America (Paul Simon)
4. イントロ:ユニティ/オンワード- Intro: Unity / Onward (Howe)[Unity] / (Squire)[Onward]
5. 覚醒 - Awaken Anderson, Howe

Disc two (Live/Studio tracks)
1. ラウンドアバウト -Roundabout(Anderson, Howe)
2. スターシップ・トゥルーパー - Starship Trooper
ⅰ)ライフ・シーカー - Life Seeker (Anderson)
ⅱ)ディシルージョン - Disillusion (Squire)
ⅲ)ワーム - Würm (Howe)
3. ビー・ザ・ワン- Be the One
ⅰ)ザ・ワン -The One(Anderson)
ⅱ)人類-Humankind(Squire)
ⅲ)スケート-Skates(Howe)
4. ザッツ・ザッツ・イズ- That, That Is
ⅰ) 一緒に-Togetherness(Howe)
ⅱ)クロスファイア-Crossfire(Anderson, Squire)
ⅲ)与えるもの -The Giving Things(Anderson, Howe)
ⅳ)ザッツ・イズ-That Is(Anderson)
ⅴ)オール・イン・オール-All in All(Anderson,White)
ⅵ)天国の始まり-How Did Heaven Begin(Anderson, Howe, White)
ⅶ) 同意-Agree to Agree(Anderson, Squire)

レコーディング・メンバー
・Jon Anderson – vocals, lyrics, guitars, harp
・Steve Howe – 6- and 12-string electric and acoustic guitars, steel guitar, pedal steel guitar, 5-string bass on "Be the One", vocals
・Chris Squire – bass guitar, piccolo bass on "Be the One", vocals
・Rick Wakeman – keyboards
・Alan White – drums, vocals

トーク・ツアー終了後リック・ウェイクマンとスティーヴ・ハウが復帰、所謂"クラシック"ラインナップ(最強のラインナップ)となった。
このアルバムには70年代イエスの集大成的内容の曲 (Live tracks7曲)と、新曲(Studio tracks2曲)が収録されている。(新曲2曲はビリー・シャーウッドがプロデュース)
アンダーソンのファルセットは年齢とともにやや低下し、少し力が失われているが、アンサンブルは年を重ねただけあって、素晴らしいと評価されている。70年代初めにカットされたポール・サイモン(Paul Simon)の曲「America」が、再演されていて話題になった。
UKチャート48位、USチャート99位)

Keys to Ascension 2/キーズ・トゥ・アセンション2

・1997年リリース
収録曲
Disc one (Live tracks)
1. アイヴ・シーン・オール・グッド・ピープル - I've Seen All Good People
ⅰ)ユア・ムーヴ~心の光~ - Your Move (Anderson)
ⅱ)オール・グッド・ピープル - All Good People (Squire)
2. 究極 -Going for the One(Anderson)
3. 時間と言葉 - Time and a Word (Anderson, David Foster)
4. 危機- Close To The Edge (Jon Anderson, Steve Howe)
i)着実な変革- The Solid Time Of Change
ii) 全体保持(トータル・マス・リテイン)- Total Mass Retain
iii) 盛衰 -I Get Up, I Get Down
iv) 人の四季- Seasons Of Man
5. 世紀の曲がり角-Turn of the Century (Anderson, Howe, Alan White)
6. 同志-And You And I (Anderson; themes by Bill Bruford, Howe, Chris Squire)
i)人生の絆- Cord Of Life
ii) 失墜 -Eclipse
iii) 牧師と教師- The Preacher The Teacher
iv) 黙示 -The Apocalypse

Disc two (Studio tracks)
1. マインドドライブ- Mind Drive (Anderson, Squire, White, Howe, Rick Wakeman)
2. フットプリント-Foot Prints (Anderson, Squire, Howe, White)
3. ブリング・ミー・トゥ・ザ・パワー- Bring Me to the Power (Anderson, Howe)
4. チルドレン・オブ・ライト- Children of Light
a. チルドレン・オブ・ライト-Children of Light(Anderson, Squire, Vangelis)
b. ライフライン- Lifeline(Howe, Wakeman)
5. サイン・ランゲイジ- Sign Language (Howe, Wakeman)

レコーディング・メンバー
・Jon Anderson – vocals, lyricist, guitars, harp
・Steve Howe – 6 and 12 string electric and acoustic guitars, steel and pedal steel guitar, 5 string bass guitar, vocals
・Chris Squire – bass guitar, vocals
・Rick Wakeman – keyboards
・Alan White – drums, vocals

前作『キーズ・トゥ・アセンション』(Keys to Ascension)の続編。今回はDisc oneがLive tracks、Disc twoがStudio tracksとして制作された。
Disc twoの「マインドドライブ」- "Mind Drive"はクリス・スクワイア、アラン・ホワイト、ジミー・ペイジ(Jimmy Page)のバンド「XYZ」のデモトラックがベースになっている。
「ブリング・ミー・トゥ・ザ・パワー」- "Bring Me to the Power"は『トーク』(Talk)の元のタイトルを参照している。
「チルドレン・オブ・ライト」- "Children of Light"はジョン・アンダーソンとヴァンゲリ(Vangelis)によって書かれていた。
プロデュースがDisc one がイエス、Disc twoがイエスとビリー・シャーウッド(Billy Sherwood)との共同になっているがリック・ウェイクマンはこれに納得せず再び脱退することになる。
UKチャート62位

Open Your Eyes/オープン・ユア・アイズ

・1997年リリース
収録曲
1. ニュー・ステイト・オブ・マインド-New State of Mind
2. オープン・ユア・アイズ- Open Your Eyes
3. ユニヴァーサル・ガーデン- Universal Garden
4. ノー・ウェイ・ウィ・キャン・ルーズ-No Way We Can Lose
5. フォーチュン・セラー-Fortune Seller
6. マン・イン・ザ・ムーン-Man in the Moon
7. ワンダーラヴ-Wonderlove
8. フロム・ザ・バルコニー-From the Balcony
9. ラヴ・シャイン-Love Shine
10. サムハウ,サムデイ-Somehow, Someday
11. ソルーション-The Solution (The song ends at 5:26 before an ambient hidden track titled "The Source" begins after two minutes of silence)
All tracks written by Jon Anderson, Steve Howe, Billy Sherwood, Chris Squire, and Alan White.

レコーディング・メンバー
・Jon Anderson – lead vocals
・Steve Howe – guitars, steel guitar, mandolin, banjo, vocals
・Billy Sherwood – guitars, vocals, keyboards
・Chris Squire – bass guitar, vocals, harmonica
・Alan White – drums, percussion, vocals
サポート・ミュージシャン
・Igor Khoroshev – keyboards on "Fortune Seller", "No Way We Can Lose", and "New State of Mind"
・Steve Porcaro – keyboards on "Open Your Eyes"

このアルバムは、元々クリス・スクワイアとビリー・シャーウッドのバンド、Conspiracy("陰謀"の意)の楽曲がベースになっている。イエスで、スクワイアがイニシャチブを取った初めてのアルバムとなった。
リック・ウェイクマンが脱退した後、サポート・ミュージシャンとしてイエスに貢献していたシャーウッドが正式加入しての最初のアルバム。
このアルバムにサポート・ミュージシャンとして参加しているイゴール・コロシェフ(Igor Khoroshev )は次のアルバムで正式加入する。
イエスの成功を回帰させるアルバムとなるべく制作されたが音楽評論サイトの酷評を受け、これまでで最悪のアルバムになってしまった。USチャート151位、UKチャートにはランクインすることもなかった。

The Ladder/ラダー

・1999年リリース
収録曲
1. ホームワールド(ラダー)-Homeworld (The Ladder)
2. イット・ウィル・ビー・ア・グッド・デイ(リヴァー)-It Will Be a Good Day (The River)
3. ライトニング・ストライクス-Lightning Strikes
4. キャン・アイ-Can I?
5. フェイス・トゥ・フェイス-Face to Face
6. イフ・オンリー・ユー・ニュウ-If Only You Knew
7. トゥー・ビー・アライブ(ヘップ・ヤッダ)-To Be Alive (Hep Yadda)
8. ファイナリー-Finally
9. メッセンジャー-The Messenger
10. ニュー・ランゲージ-New Language
11. ナイン・ヴォイセズ(ロングウォーカー)-Nine Voices (Longwalker)
All music by Jon Anderson, Steve Howe, Billy Sherwood, Chris Squire, Alan White and Igor Khoroshev. All lyrics by Anderson.

レコーディング・メンバー
・Jon Anderson – lead vocals
・Steve Howe – lead and acoustic guitars, steel guitar, mandolin, backing vocals
・Billy Sherwood – guitars, backing vocals
・Chris Squire – bass guitars, backing vocals
・Alan White – drums, percussion, backing vocals
・Igor Khoroshev – keyboards, backing vocals
サポート・ミュージシャン
・Randy Raine-Reusch – world instruments
・Rhys Fulber – dance loops
・The Marguerita Horns - horns on "Lightning Strikes"
・Tom Keenlyside – piccolo, tenor saxophone
・Derry Burns – trumpet
・Rod Murray – trombone
・Tom Colclough – alto saxophone
・Neil Nicholson – tuba

前作『オープン・ユア・アイズ』(Open your eyes)のサポート・ミュージシャンであったイゴール・コロシェフ(Igor Khoroshev)が正式加入して6人編成となった。
Bon Jovi, Aerosmith, AC/DC, Scorpions, Van Halen等の仕事で知られるカナダのプロデューサー、ブルース・フェアバーン(Bruce Fairbairn)にプロデュースを依頼。いくつかの曲のデモを制作したフェアバーンは、バンドのための最強のトラックのうち8つを選んだ。結果、アレンジと演奏のエネルギーと創造性に溢れたアルバムとなった。(レコーディングの最終的な段階でフェアバーンは予期せずに心臓発作で亡くなった。その後3曲追加して完成させた)
アルバム完成後、ビリー・シャーウッドとイゴール・コロシェフは脱退した。
UKチャート36位、USチャート99位

Magnification/マグニフィケイション

・2001年リリース
収録曲
1. マグニフィケーション-Magnification
2. スピリット・オブ・サヴァイヴァル-Spirit of Survival
3. ドント・ゴー-Don't Go
4. ギヴ・ラヴ・イーチ・デイ-Give Love Each Day
5. キャン・ユー・イマジン-Can You Imagine
6. ウィー・アグリー-We Agree
7. ソフト・アズ・ア・ダヴ-Soft As a Dove
8. ドリームタイム-Dreamtime
9. イン・ザ・プレゼンス・オブ-In the Presence Of
I. ディーパー-Deeper
II. デス・オブ・エゴ-Death of Ego
III. トゥルー・ビギナー-True Beginner
IV. ターン・アラウンド・アンド・リメンバー-Turn Around and Remember
10. タイム・イズ・タイム-Time Is Time
All songs by Jon Anderson, Steve Howe, Chris Squire and Alan White.

レコーディング・メンバー
・Jon Anderson – lead vocals, MIDI guitar, acoustic guitar
・Steve Howe – acoustic and electric guitars,
・Chris Squire – bass guitar, lead vocals on "Can You Imagine", backing vocals
・Alan White – drums, percussion, piano, backing vocals

キーボーダーの居ない4人イエス+作曲家であるラリー・グロープ(Larry Groupé)率いる60編成のオーケストラで制作されたアルバム。彼らの2枚目のアルバム『時間と言葉』(Time and a Word)(1970年)以来、バンドは初めてオーケストラと一緒に活動した。
ジョン・アンダーソンのボーカルでリリースされた最後のイエス・アルバム。
当時のイエスのサウンドをオーケストラとうまく組み合わせることは非常に難しく、曲はオーケストラのアプローチには適していなかった。結局オーケストラはキーボード・プレイヤーの欠如を本当に補うことはできなかったしイエスの伝統的なプログレッシブ・ロック・スタイルとは掛離れてしまった。
UKチャート71位、USチャート186位

Fly from Here/フライ・フロム・ヒア

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents