Yes(イエス)の徹底解説まとめ

Yes(イエス)とは、1968年ロンドンで結成されたプログレッシブ・ロックバンド。ピンク・フロイド、キング・クリムゾン、EL&Pと共にプログレ四天王(ジェネシスを入れると五大プログレバンド)と呼ばれ、分裂とメンバーチェンジを繰り返し活動を続けているロック史上に大きな影響を与えたバンドである。2017年『ロックの殿堂』入りをした。

トレヴァー・ラビン

「あなたは一つの曲でアルバムを判断することはできません。1つの章だけを読んで本を判断するようなものです。イエスのアルバムを聴くときは、ライトをオフにしてヘッドフォンで全曲を聴いてください」

「私はヘビを気にしない。南アフリカで育ったのは、周りにヘビが2匹あったから...政府だけではない!」

「まあ、誰にも知られていない、私は19歳のときに映画をやった」

「私はテーマやメロディーを書くのが大好きです」

Yesの代表曲

Owner Of A Lonely Heart(ロンリーハート)

1983年リリース。かつてのイエスとは完全に別物であるが、全米ナンバーワンヒットとなった。イントロのオーケストラヒットが効果的絶大で、イエスの代表曲、および'80年代を代表する名曲となった。CMにも使用されている。『90125』に収録。

ROUNDABOUT(ラウンドアバウト)

1971年リリース。イエスの有名曲の一つ。そのリリース以来、ほぼすべてのコンサートで演奏されている。8分30秒程の曲だがラジオ放送に適するようカットされリリースされた。アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」のエンディングテーマに使用されたことで知られている。USチャートでは13位まで、昇りつめた。『こわれもの』(Fragile)収録。

Heart of the Sunrise (燃える朝焼け)

1971年リリース。この曲も『こわれもの』(Fragile)の中の一曲。所謂、黄金期のメンバーで一糸乱れぬ超絶技巧のアンサンブル、ドラマティックな展開で、この後の大作志向につながる約11分30秒の曲。映画「バッファロー’66」挿入歌として知られている。

Close to the Edge(危機)

1972年リリース。最高傑作とされている同名アルバムのなかの一曲で、プログレ界にイエスありと言わしめた曲。各メンバーの緊張感溢れるアンサンブルでライヴでは一番のハイライトとなっている。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents