ダンケルク(Dunkirk)のネタバレ解説・考察まとめ

クリストファー・ノーラン監督・脚本・製作による2017年の戦争映画。第二次世界大戦の「ダンケルクの戦い」における史上最大の救出作戦、通称「ダイナモ作戦」を題材に描かれている。ポーランドを侵攻しそこから北フランスまで勢力を広げたドイツ軍は、英仏連合軍をフランス北部のダンケルクへと追い詰めていく。
ノーラン監督にとって初の史実を基にした映画である。

映画『ダンケルク』ノーラン監督 来日メッセージ予告

『ダンケルク』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

CGに頼らない大迫力の映像

ノーラン監督はCGを極力使わないことで有名。本作でもリアリティを追求し、極力CGを使わない大迫力の映像が見られる。
映画は実際にダンケルクで撮影。
浜辺で35万人の兵士がいる場面ではエキストラ6000人と段ボールを使って35万人に見せている。
また、戦艦や戦闘機も調達し、戦闘機にはカメラをくくりつけて実際に撮影したという。

脚本には、台詞がほとんど存在しない

この映画は驚くほどセリフが存在しない。ノーラン監督が「字幕翻訳代が安く済んでいいでしょう?」とジョークを飛ばすほど。
極力セリフを使わずにサスペンスを作る手法はサイレント映画を参考にしたとのこと。
リアリティを追求する手段のひとつとして、ノーラン監督は台詞による説明的な進行を極力排除しディテールのみで緊張感を持続させる手法を取った。
女性のセリフに至っては、たったの2名分しか台詞がないという。

実際に戦闘があった場所で撮影を敢行

海辺のロケでは、軍服姿のエキストラが1300人いた。
その海辺で当時の雰囲気を再現するように爆撃も行われ、「非常に現実のように感じた」とトミー役のフィオン・ホワイトヘッドが明かしている。
現場で爆撃があったからこそ、実際の戦争に匹敵する恐怖を感じたキャスト。「その点に関しては演技をする必要さえなかった」と、ハリー・スタイルズは語ってる。

メインキャストはほぼ新人俳優を起用

陸海空で登場する主要キャラクターは全員無名の新人俳優を起用。その人に対する先入観を持ってほしくなかったのだとか。
しかし、脇はベテラン俳優がしっかりと固めている。
またダイナモの戦いにおいてダンケルクに出征していた英仏兵士の殆どは、若く未熟な兵士ばかりであった為、作戦に混乱をもたらしたという史実にもノーラン監督はこだわり、出演俳優のうちメイン・キャスト以外はとにかく若く無名な俳優ばかりを揃えたとも。
救出対象はイギリス軍とフランス軍兵士だったことも忘れず、俳優たちの出身地がイギリスか否かをチェック。アメリカ人俳優は意図的に選ばなかったという。

本作で人気アイドルグループ1Dのハリーが映画デビュー

メインキャスト4人の若き兵士の一人は、イギリスの超人気グループ、ワン・ダイレクションのハリー・スタイルズ。
本作が映画デビューとなる。しかし、あくまで兵士の1人としてサラリと登場している。

ノーラン映画に常連の俳優マイケル・ケインが声だけ出演

ノーラン映画に常連のベテラン俳優といえばマイケル・ケイン。
本作では珍しく彼が画面には登場していない。しかし実は声でカメオ出演していた。

クリストファー・ノーラン単独による脚本は3作目

脚本も自身で手がけることが多いことでも知られるノーラン監督。
ダンケルクは、フォロウィング、インセプションに次いで、ノーラン監督がひとりで脚本を担当した3つ目の作品となった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ダークナイト ライジング(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

2012年に公開された、アメリカ・イギリス共同制作の実写アクション映画。監督はクリストファー・ノーラン。 ゴッサム・シティに平和が訪れ、ブルース・ウェインもバットマンを引退していた。しかしベインと名乗るテロリストが現れ、ゴッサムは再び壊滅の危機にさらされる。 バットマンとして復活したブルースが、窮地に陥りながらも、ゴッサムのために命を懸けて戦う姿が描かれる。

Read Article

インターステラー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『インターステラー』とは鬼才クリストファー・ノーラン監督が世に放った壮大なSF映画である。最新技術と物理学者の協力によって映像化された、物理法則に忠実で当時最も本当の姿に近いといわれたブラックホール、ワームホールが話題となった。何年も雨が降らず、深刻な食糧問題を抱えた、人類滅亡の危機に瀕する近未来。元宇宙飛行士のジョセフ・クーパーは、居住可能な星を探す計画、「ラザロ計画」にスカウトされることになる。クーパーは娘に必ず戻ると約束し、広大な宇宙へと旅立った。果たして彼は人類を救うことができるのか。

Read Article

マン・オブ・スティール(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『マン・オブ・スティール』とは、2013年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。「DCコミックス」の人気アメリカン・コミック『スーパーマン』の実写映画作品である。『スーパーマン』シリーズを含めると、本作は通算第6作目の作品だ。科学や文明が発達して人工生育が常識である、地球から遠く離れた惑星「クリプトン」で、数百年ぶりに自然出産で「カル=エル」という子供が生まれた。のちに「スーパーマン」と呼ばれる彼は、子供のいなかった夫妻に育てられたのち、自分の出自を知るための旅にでる。

Read Article

TENET テネット(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『TENET テネット』とはイギリスで公開されたスパイ映画で、時間を逆行する物語。文字通り逆再生で時間が進んでいく。リアルに作り上げていくべく、スタッフや俳優に伝える能力も過去に時系列トリックを駆使した作品を作ってきたノーラン監督ならではの作品。 主人公はCIAの名もなき男。ウクライナのオペラハウスで発生したテロ事件に突入する。任務を終えた後そこで"TENET"というワードを耳にする。テネットというのは謎の組織の名前で主人公は組織の目的を知るために女性科学者のところへ向かうことになる。

Read Article

目次 - Contents