頭文字D(イニシャル・ディー、Initial D、イニD)のネタバレ解説まとめ

『頭文字D』とは1995年~2013年まで、しげの秀一が週刊ヤングマガジンで連載していた漫画およびそれらを原作としたアニメ作品である。実在する日本の峠を舞台にし、自動車を高速で走行させて峠を攻める事を目的とする「走り屋」達の物語を描いた作品である。トヨタスプリンタートレノ(ハチロク)のドライバー藤原拓海が卓越したドライビングテクニックを駆使して数多くの走り屋とのバトルを繰り広げる様を描く。

長尾峠➡神奈川県足柄下郡箱根町/静岡県御殿場市・長尾峠(静岡県道401号・神奈川県道736号御殿場箱根線)

頭文字Dでは小柏とスープラとのバトルとなった長尾峠は、路面状況はまだ良い物の数多くのヘアピンカーブが存在している。

レーシングチームカタギリストリートバージョンの皆川英雄・JZA80 スープラ VS プロジェクトDの高橋啓介・FD3Sやいろは坂からの再戦となる小柏カイ・MR-SとプロジェクトDの藤原拓海・AE86とのバトルが繰り広げられた。

タイヤ負担の大きな重量級のスープラを操り、タイヤマネジメントにも長けたプロドライバーである皆川は卓越したドライビングテクニックで終盤戦まで啓介を追い詰める。FDのタイヤの消耗を狙い、後方から煽りプレッシャーをかけ続けるも一向に焦らない啓介のメンタルの強さと技量の高さを目の当たりにして、先に自分のタイヤが消耗してしまいギブアップしてしまった。

小柏カイと拓海とは、いろは坂以来の再戦となったバトルであったが、序盤は先行するも終盤に藤原ゾーンを見せられて自分の走り方では拓海のハチロクのラインをトレースすることが出来ないと判断した小柏は直感的に前のコーナーが曲がれないと思い、故意に車をスピンさせてこれを回避する。結果的に大きく離され敗北した。

七曲り➡神奈川県足柄下郡箱根町・七曲り神奈川県道732号湯本元箱根線

頭文字Dではスパイラルとのバトルで登場する七曲りは、数多くのヘアピンカーブがある峠である。路面状況は悪く、かつては国道として利用されていたが、現在は旧道となっている。

本作では、チームスパイラルゼロ池田竜次とプロジェクトDの高橋啓介とのバトルや、チームスパイラルゼロワン奥山広也とプロジェクトDの藤原拓海とのバトルが繰り広げられた。

濃霧と言う悪条件の中で恐怖心からアクセルを抜こうとする自分とそれを良しとしないもう一人の自分が存在している事に気づいた池田は、既に自分がゼロの心で走れていないことを実感する。それでも己の理論を信じて走るも、啓介はケンタに対して特定のポイントで対向車の有無を連絡する作戦によって抜かれてしまう。勝負には負けたが素晴らしいバトルだったと、己のゼロ理論のさらなる成長を誓った。

スパイラル01の奥山広也とのバトルでは、涼介からの指示である「コース全体の3分の1以上に達する前に決着をつけろ」という指示のを受けた拓海は、藤原ゾーン全開で逃げ続け、その走りが奥山の理解を超えていたために戦意喪失し敗北した。

椿ライン➡神奈川県足柄下郡湯河原町・椿ライン神奈川県道75号湯河原箱根仙石原線

神奈川県道75号線、通称椿ラインは全長約25キロほどの道路である。道中は数多くのヘアピンが存在している。
プロジェクトDのヒルクライム担当として高橋啓介が戦った最後のバトル相手は、兄の北条凛と共にかつては富士の北条兄弟と言われたほどの名の知れた存在であった北条豪だった。クールで理論派の北条凛と己の感性で走る北条豪という組み合わせは、高橋兄弟と似た特徴を持っている。
高橋啓介とのバトルでは己の感情を封印して走った一本目では自身のコースレコードを2秒も縮めるという走りを見せるも、最後まで啓介を振り切ることが出来ずにだんだんとモチベーションを喪失し始める。二本目は気持ちよさそうに走りを楽しむ啓介の走りを見て、バトルの最初に兄である北条凛から言われた「バトルを楽しめ」という真意に気づき、そこからは純粋に走りを楽しむバトルを繰り広げた。最終的にはオーバースピードによるスピンを起こし敗北してしまうも、しかしバトルを楽しめたことに最後は満足な表情を浮かべていた。

サイドワインダーの北条豪がダウンヒル専門のドライバーとして呼び出したのは18歳の少年、乾信司だった。片親であり幼少期から無免許で運転を行っていて車が同じハチロクであるという事からも、藤原拓海と似た境遇にある同士のバトルとなった。2台のハチロクは互いに一切譲らない激しい走りを繰り広げた。最後にブラインドアタックを繰り広げた拓海が抜き返しを図った際にエンジンブローを起こしスピンしまうも、このような窮地に直面したことがない乾信司は対応が遅れてしまうのだった。今まで様々なバトルの数をこなしてきた拓海は、実戦での経験からも機転によってエンジンブローの状態からクラッチを切り、そのままバック走行でゴールラインを駆け抜けた。

箱根ターンパイク➡神奈川県足柄下郡箱根町/神奈川県小田原市・箱根ターンパイク

約16キロ程度の観光有料道路であり、箱根ターンパイクが保有・運営する私道である。
かつて箱根ターンパイクは各自動車メーカーのブレーキ最終テストが行われていた。ターンパイクは短い距離で急激な下り坂が続くことからも、この傾斜路面を安全に走ることでブレーキ性能が認められた場合はブレーキに関する問題はクリアとなるテストコースのような面も持っていた。故に数多くの急カーブが連続しているコースとなってる。上記の事からエンジンブレーキの注意を促す看板が多数あり、また万が一の場合に備えた緊急避難所が設置されている。

作中ではサイドワインダーの北条豪の兄であり、高橋涼介の通う医大の先輩に当たる北条凛との超高速バトルが繰り広げられる峠となった。婚約者の香織が自殺したことで自暴自棄になった北条凛が愛車のR32 GT-R を操り、まるで辻斬りのように相手の車に故意にぶつけてクラッシュさせるという死神と化し、推定650PSの馬力で涼介を追い込む。バトルで北条凛は香織へのはなむけと称して、高橋涼介にわざと重たいR32 GT-R のボデイをぶつけることで、故意にそのバランスを崩し事故を起こさせ命を奪おうとするのだった。しかしそれらのえげつない死神のサイドプレスを涼介は巧みなドライビングテクニックで回避し続けるのだった。やがてタイヤもブレーキも消耗し制動力を失い始めた北条凛は窮地に追い込まれる事となる。既に限界状態であった北条凛のR32 GT-R を後方から見ていたスパイラルゼロの池田は、その今にも制動力を完全に失う事で発生する事故を見越して、ターンパイクにある緊急退避所へ北条凛が逃げるように願う。しかし緊急退避所に見向きもすることなく北条凛は完全に抜けてしまったR32 GT-R と共に最後までダウンヒルを行うのだった。

最終的に涼介は、スパイラルゼロの池田と2台がかりで北条凛のR32 GT-R を止めることに成功し、北条凛は命を救われるのだった。

藤原豆腐店➡群馬県渋川市

本作に登場する藤原豆腐店のモデルは、藤野屋豆腐店という名前で実在している。店主がハチロクでの配達を行っているという事等は無く普通の豆腐屋であるが、頭文字Dのブーム中はファンが多く訪れて厚揚げを購入していった。
これは、本作中にて秋名スピードスターズのリーダー池谷が藤原文太に会うために幾度と藤原豆腐店を訪れ、厚揚げを購入していった内容に起因している。また池谷は「ここの厚揚げは美味いですよ」というセリフを残している。
映画化された際はロケ地として利用され、その際に看板の文字を藤原豆腐店と書き換え撮影終了後も文字を戻すことなく営業を続けていたが、2006年に店主の高齢によって閉店し2007年は道路拡張工事の為に取り壊しが決定してしまう。
しかしファンの尽力によって、おもちゃと人形 自動車博物館(群馬県北群馬郡吉岡町上野田2145 水沢観音下)に移設保存されており訪れると今でも藤原豆腐店を見ることが出来る。

『頭文字D』の主題歌・挿入歌

「頭文字D」(全26話)

オープニング・テーマ1「around the world」 歌:move(ACT1~ACT19)

エンディング・テーマ1「Rage your dream」 歌:move(ACT1~ACT14)

オープニング・テーマ2「BREAK IN2 THE NITE」歌:move(ACT20~ACT26)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents