フルーツバスケット(フルバ、Fruits Basket)のネタバレ解説まとめ

『フルーツバスケット』とは高屋奈月による漫画作品、そこから派生したアニメである。
『花とゆめ』(白泉社)で、1998年16号から2006年24号まで連載された(全23巻)。
略称は「フルバ」・「フルバス」。
アニメ作品としては、2001年にテレビ東京系で放送された(全26話)。
また、2009年には劇団スタジオライフにより舞台化された。

透の父。透が小さい頃に、風邪をこじらせて亡くなった。慇懃無礼で、どこか冷めた見方をするところがある。教育実習で来ていた中学で今日子に出会い、ラーメン屋につれて行ったり、二人きりで昼休みに会ったりと教師らしからぬ行動をするものの、元教師だった親の七光りを使って上手く誤魔化すずる賢い面がある。結局、教師にはならず薬剤関係の仕事に就いた。

白木 繭子(しらき まゆこ)

透達のクラスの担任。はとりの恋人であった佳菜と友人であるが、繭子もはとりを好いており葛藤していたところ、その気持ちに気付いていた紫呉が自分と付き合ってみるかと提案する。結局一か月で別れたが、実家が経営する本屋の常連客として、紫呉とは今も縁が続いている。彼をさざ波と称した張本人。佳菜とはとりが破局した後からは、はとりに会いに行くことはなかったのだが、紫呉の計らいで注文した本を取りに来た はとりと久しぶりの再会を果たす。これまた紫呉のからかいにより、はとりに新しい恋人ができたと思い込んでいる繭子は、思っていたよりも幸せな雰囲気ではない はとりを見て、未だに過去に捕らわれている彼のことを想い、子供のように大声で泣く。その後、恋人などいないと分かり、はとりとの交流も続いていく。物語終盤では、二人で沖縄旅行へ行く計画を立てるなど、少しずつ進展している様子。

倉前 美音(くらまえ みね)

綾女が経営する、手芸用品兼少し怪しいオーダーメイドの衣装店の店員。制服でもないのに趣味でメイド服を着て仕事をしており、ご近所では生メイドとして有名。可愛い女の子を前にすると、お着換えしましょうか、と着替えを迫る習性がある。綾女が巳憑きであることは知っており、恋仲でもある。

みっちゃん

紫呉の担当。締め切り前にふらりと消えてしまう紫呉に、いつも取り乱して自殺未遂しようとする。紫呉が作家を止めた際には、悪は滅んだと喜んでいた。

倉伎 真知(くらぎ まち)

透達の一学年下。生徒会の会計。由希のことを、会長はどこも王子らしくない、たくさんの人に囲まれていても心細そうと話す。翔とは異母兄妹。親の期待に応えようと、自分の気持ちを無にして勉学に励んでいたところ、自分というものが分からなくなった。寝惚けて栓抜きを鞄に入れてきたり、由希から貰った修学旅行土産の紅葉を手作りの栞にしていたりするが、それらを由希に指摘されると赤面して声を荒げる場面もあり、あんなに真知は初めて見たと兄の翔に言わしめる。整頓されている物が苦手のため部屋はいつも雑然としている。

真鍋 翔(まなべ かける)

生徒会副会長。場の空気を読み取らない破天荒な性格は綾女を思わせる。いつも澄ましたイメージの由希が怒った際、面白そうな奴と言ってきたことに対し、初めてそんなことを言われたから嬉しかったと由希は語った。また、人を引き付ける部分は夾にも似ている。由希が気兼ねなく口喧嘩できる一人。真知とは異母兄妹。親の事情で後継ぎ問題に付き合わされていたが、やってられるかと暴れたところ、そのまま戦線から離脱することに成功し今は自由気ままな生活を謳歌している。恋人の小牧(今日子の事故の際、父が車を運転していて即死)と、透宅へご焼香をあげに行き、自分の方が可哀そうだなんて勘違いするなよと言い捨てた過去がある。そのことを小牧に話すと、どちらが不幸かを天秤にかけて勝ったとしても嬉しくないと言われたことに衝撃を受け、小牧と同じ目線で物事を考えられるようになりたいと思うようになる。

藤堂 公(とうどう きみ)

生徒会初書記。可愛さを武器に世渡りしていけることに、小学時代気付いた。

桜木 直人(さくらぎ なおひと)

生徒会初期。いつもピリピリしており、生徒会では突っ込み役に回ることが多い。由希を追いかけている素子のことが好きなため、由希をライバル視している。卒業式の日、教室に残っていた素子へ向けて、これからも元気で笑っていてくれるように祈っていますと伝えた。

皆川 素子(みながわ もとこ)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

愛おしくて涙溢れる物語『フルーツバスケット』十二支、神まとめ

『フルーツバスケット』とは高屋奈月による漫画及びそれを原作とするアニメ作品です。母を失くして一人テント暮らしをする女子高生、本田透。透はひょんなことから十二支の物の怪に取り憑かれた一族、草摩家と関わることになります。可愛い絵柄とタイトルに惹かれて買ってみたら結構ドロドロ?しかし救済もあれば爽やかな部分もある。色々と人生について考えさせてくれる名作です。この作品のキモである「神」と「十二支」についてまとめました。

Read Article

目次 - Contents