エースをねらえ!(山本鈴美香)のネタバレ解説・考察まとめ

「エースをねらえ!」は山本鈴美香による日本の少女漫画。集英社「週刊マーガレット」に連載された。少年少女を中心にテニスブームを巻き起こしたスポ根漫画として知られている。アニメ化、映画化の他に、上戸彩主演でテレビドラマ化もされている。テニスの才能を見出されたひろみが厳しい練習に耐えながら一流選手目指して練習に励む、恋と青春の物語。

CV:菅谷政子

県立西高等学校1年生。ひろみの親友。ひろみとともにテニス部に入部した。選手に抜擢され、先輩たちからいじめられていたひろみを庇い、常にひろみの味方でい続けた。
西高を卒業後はひろみと同じ短大に入学した。

音羽(おとわ)

CV:太田淑子/小宮和枝(新エース・劇場版)

県立西高等学校2年生。ひろみが入部するまでは選手として選ばれていたのだが、宗方コーチがひろみを抜擢したため、レギュラーメンバーから外されてしまった。その為、ひろみに対するいじめの中心人物となる。
レギュラー復帰を求めてひろみと試合をするが自滅して敗退。レギュラー復帰は果たせなかった。
アニメ版では腕を負傷し、テニスを辞めざるを得なくなるがひろみに夢を託し、それ以降ひろみを支える一人となる。

英 玲(はなぶさ れい)

CV:石井夏夜

県立西高等学校テニス部員。ひろみの一つ下の後輩。実力、容姿からお蝶夫人2世とあだ名される。ひろみを慕っている。ひろみ3年の時にダブルスのペアを組み、関東大会優勝を果たしている。
後にひろみが指導することになる神谷裕介の従兄弟。

香月 茂(こうづき しげる)

CV:塩屋翼

県立西高等学校テニス部員。ひろみの一つ下の後輩。軽井沢合宿の時に模範試合としてひろみと対戦。対戦前は女子であるひろみを馬鹿にするような発言をしていたが、試合をする中で、ひろみのプレーの素晴らしさを知り、ひろみを慕うようになった。
後の西高テニス部男子部キャプテンとなる。

神谷 裕介(かみや ゆうすけ)

英玲の従兄弟。幼い頃に母が亡くなり父が再婚したことで荒れ、英の家に預けられた。
宗方亡き後のひろみと出会い、ひたむきで真摯なひろみの姿に、自分もひろみと同じようにテニスに打ち込みたいと思い、桂の指導を受けるようになる。後にひろみから宗方から伝えられた全てを伝授されることになる。ひろみが上手く全てを伝えられたら、神谷は宗方のようなプレイヤーになれると桂は評している。

宝力 冴子(ほうりき さえこ)

CV:吉田理保子

東京・白蘭高校に転入してきた帰国子女。物怖じしない性格で誰とでもすぐに打ち解けられる。言いたいことははっきりという性格。全日本ジュニア1次メンバーが召集された時に、同じ学年のひろみを発見し、2人しかいない2年生だから友達になろうと話しかけ、以降交流が続く。帰国子女のため、海外のテニスにも詳しい。奔放な性格で宗方にもすぐに好きだと伝えたりしている。
高校3年時、大学生と恋に落ち、テニスが疎かになりインターハイを棄権。挫折を知ったほうが強くなれる、とひろみに啖呵を切りオーストラリアに修行に出た。エディ・レイノルズから、ひろみも恋をしているが自制していると聞かされ、自分の行いを反省した宝力は、日本が催した高校生招待試合の際にオーストラリアメンバーとともに帰国、ひろみに謝罪している。
これ以降、再起に向けて練習に励む。

エディ・レイノルズ

CV:安原義人

オーストラリアのプロを目指す有力選手。ひろみが初海外遠征の時の滞在先の息子。滞在中はひろみの練習相手を務めた。
父のレイノルズ氏がひろみのコーチに就任すると、父とひろみとの連絡役として日本とオーストラリアを往復している。

アンジー・レイノルズ

CV:潘恵子/鷹森淑乃(ファイナル)

オーストラリアの有力ジュニア選手。エディ・レイノルズの妹。宝力に誘われ日本でひろみと対戦した。
後に開催される、各国の高校生招待試合でオーストラリア代表として出場し、ひろみと度々対戦している。

ジャッキー・ビント

本名はジャクリーヌ。世界のランキングプレイヤー。オーストラリア遠征でレイノルズ家に滞在していたひろみのプレイを見て、彼女をダブルスのペアにしたいとの気持ちを持った。宗方を通じひろみに正式にペアを申し込んだ。
ひろみとダブルスを組みたいと熱望していたお蝶だったが、ジャッキーの気持ちを知り、ひろみのため身を引き、そればかりでなくお蝶は2人を繋ぐ架け橋となりペア実現に貢献した。
宗方の死を乗り越えたひろみとの初大会で優勝を勝ち取っている。

桂 大悟(かつら だいご)

CV:玄田哲章

宗方仁の親友。中学の頃から宗方の知り合い。同じ高校に入学しテニス部に入った。宗方が病気を発症し倒れた時に対戦していた相手。宗方の余命が少ないことを知り、宗方が育てた人物を途中から宗方に代わって育てることを約束した。宗方との約束を果たすため、選手を引退し、戒律の厳しい永平寺に入り、修行僧になった。永平寺を降りた後は、宗方と連絡を密に取り、宗方の死後のことを話し合っている。1月15日、宗方が亡くなった日にひろみの専属コーチとなり、ひろみ復活に尽力し、世界に送り出した。

『エースをねらえ!』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

kirigamineyatsugatakeh6
kirigamineyatsugatakeh6
@kirigamineyatsugatakeh6

Related Articles関連記事

半沢直樹(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

半沢直樹(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『半沢直樹(Hanzawa Naoki)』とは俳優・堺雅人主演、池井戸潤の原作小説を元にしたドラマである。2013年にシーズン1、2020年に続編としてシーズン2が放送された。メガバンクで中間管理職の立場にいる銀行員・半沢直樹が組織のなかで生まれる不正を真っ向から暴いていく姿を描く。主人公・半沢の決め台詞「やられたらやり返す。倍返しだ!」の台詞は、ドラマの大ヒットとともに2013年流行語大賞に選ばれた。幅広い年代の視聴者に支持され、平成の歴代1位の視聴率を記録した国民的人気ドラマである。

Read Article

総勢116名!芸能人・著名人の卒業アルバムを大公開【松浦亜弥、石原さとみほか】

総勢116名!芸能人・著名人の卒業アルバムを大公開【松浦亜弥、石原さとみほか】

バラエティ番組の企画などで時折り目にする機会のある芸能人たちの卒業アルバム。特にお笑い芸人たちの面白い表情をした写真や、当時から「美少女」と話題になったであろうことがわかる女優の写真などは大いに盛り上がる。逆に卒業アルバムと現在の姿の差が激しすぎて「整形では!?」との噂が持ち上がることもあるのだ。本記事では芸能人・著名人たち総勢116名の卒業アルバムの写真を、あいうえお順にまとめて紹介する。

Read Article

【上戸彩】隠れ巨乳な女性芸能人まとめ(スリーサイズ、バストカップも掲載)【石原さとみ】

【上戸彩】隠れ巨乳な女性芸能人まとめ(スリーサイズ、バストカップも掲載)【石原さとみ】

女優やタレントとして活躍する芸能人の中には、意外にも隠れ巨乳な方がたくさんいます。この記事では、そんな女性芸能人たちについてまとめました。女性からすると、胸が大きい人には憧れますよね…。そして男性は、やっぱりみんな巨乳が好きなんです。いや、俺は違う!というそこのあなた、この記事見に来てる時点で巨乳好きってことですよ?

Read Article

上戸彩の不倫ドラマ『昼顔』が人気!ドロドロした内容なのになぜ支持された?

上戸彩の不倫ドラマ『昼顔』が人気!ドロドロした内容なのになぜ支持された?

2014年の夏。フジテレビ系の「木曜劇場」枠で上戸彩と吉瀬美智子が出演するドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』が放映された。”不倫”というセンシティブな題材を取り扱った作品だったため、それに対する苦言もあり、放映当初は視聴率が低迷していた。しかし物語が後半になるにつれて話題になり、第8話では視聴率15%をマークするに至る。ドロドロとした内容のドラマなのに何故支持を得ているのか。『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』が人気を得た理由を考察する。

Read Article

【橋本環奈】超話題!女性誌「ar」の表紙が攻めすぎな件【上戸彩】

【橋本環奈】超話題!女性誌「ar」の表紙が攻めすぎな件【上戸彩】

主に20代の女性向けの雑誌『ar』。その表紙のポージングが「攻めすぎ!」と話題になっています。雑誌の中身はファッションや美容に関する話題が中心なのでエロい内容というわけではないんですけど、表紙を見るとまるで「そっち系の本?」と勘違いしそうな感じではありますよね。興味のある方は書店へGO!

Read Article

【夏ドラマ】有名作からマイナー作品まで!2020年7月〜9月スタートの新ドラマ一覧

【夏ドラマ】有名作からマイナー作品まで!2020年7月〜9月スタートの新ドラマ一覧

テレビのコンテンツの華といえば、なんといってもドラマだという人も少なくない。毎年番組改編期ごとに様々なドラマが始まり、時に世間の大きな話題となっていった。 ここでは、2020年7月から9月にかけて放送スタートしたドラマを紹介する。有名な作品やその続編、マイナーな良作から「そんなのもやっていたのか」と驚くような作品まで、テレビを彩ったドラマの数々を知って楽しんでいただきたい。

Read Article

【半沢直樹】名作だらけ!超面白かったテレビドラマまとめ!【白夜行 など】

【半沢直樹】名作だらけ!超面白かったテレビドラマまとめ!【白夜行 など】

あまり連ドラを見ない方でも知ってるであろう過去の懐かしい話題作や脚本演出が光る最近の名作ドラマをあらすじとともにまとめました。半沢直樹や白夜行など名作だらけですのでぜひ最後までご覧ください!『半沢直樹』は、TBS系列「日曜劇場」枠で放送された、池井戸潤の小説「半沢直樹シリーズ」を原作としたテレビドラマである。

Read Article

【半沢直樹】ヒット作揃い!2010年代の大人気ドラマまとめ【家政婦のミタ】

【半沢直樹】ヒット作揃い!2010年代の大人気ドラマまとめ【家政婦のミタ】

2010年から2019年の10年間は、評判の良いドラマが目白押しでした。中でも『半沢直樹』は「倍返しだ!」のフレーズが社会現象になりましたよね。他にも、タイトルを聞けば誰もが「知ってる!」と叫びたくなるようなヒット作がたくさんあります。この記事でまとめたので、ぜひチェックしてみてください。きっとまた観たくなってきますよ。

Read Article

目次 - Contents