天元突破グレンラガンの登場ガンメン・ロボット・兵器まとめ

「天元突破グレンラガン」は2007年4月から同年9月まで放送された、GAINAX制作のオリジナルロボットアニメ。2008年と2009年には劇場版が公開された。作品は全4部で構成されており、2部までの少年期と3部以降の青年期を通して、主人公である「シモン」と彼が率いる「大グレン団」の熱き戦いが描かれている。
本記事では主要兵器として登場するロボットの『ガンメン』を中心に各部ごとまとめていく。

超天元突破グレンラガン

映画版のみに登場する機体だが、折角なので紹介

劇場版の『螺巌編』に登場した、天元突破グレンラガンすら超える正真正銘最強最後のグレンラガン。ロージェノムから命をかけて託されたビッグバンエネルギーを吸収した天元突破ラガンが、天元突破を果たしたグレン団の全ガンメン達と合体する事で誕生した。
全身は人型に形作られた螺旋エネルギーで構成されており、巨大な大グレン団の団旗をマントのように纏っている。その姿は神そのものを、そしてシモン自身の姿を思わせる。他のグレンラガンのマトリョーシカ構造と同様に、内部の天元突破グレンラガンは頭部に位置しており、天元突破グレンラガンの胸部分のサングラスが紅く大きく変形、そのまま超天元突破グレンラガンのサングラスとなっている。
気になる大きさは天元突破グレンラガンよりもさらに数十倍程大きく、銀河系や球場星団を遥かに超え、現在観測可能な宇宙を優に超える大きさとなっている。一説によると1500億光年はあるとのこと。
必殺技の「超天元突破ギガドリルブレイク」はアンチスパイラルの放った「反螺旋ギガドリルブレイク」と互角であり、その衝突の余波でビッグクランチを引き起こし、超螺旋宇宙のみならずアンチスパイラルの創造した全ての宇宙を破壊した。無の世界となった直後にその破壊エネルギーの反動、螺旋と反螺旋の摩擦によって再度宇宙の創造を一瞬で引き起こしたが、それでもエネルギーは全く尽きる事はなかった。ちなみにこの「超天元突破ギガドリルブレイク」の大きさは1.5兆光年程だと言われている。
このデタラメなまでの大きさやスケールは、全てのロボットアニメの中でもダントツ一位の座を守り続けている。

アンチスパイラル陣営

ムガン

アンチスパイラル陣営の主力兵器。ムガン(無顔)の名の通り、顔に当たる部位が存在せず、回転する円盤とブロック状パーツで構成された無機質な外観を持つ。 なお、「ムガン」は人類側の通称であり、正式名称は不明。
主兵装はビーム砲で、一点集中タイプと周囲へ拡散させるものとなっている。なお、ビームのエネルギーを推進力に変換させての超高速移動も可能。通常の攻撃は機体周囲に展開されたバリアで防がれてしまう。撃破されることでその不安定な分子構造から即座に構成物質がエネルギーに変換されてしまい、それによる爆発で甚大被害をもたらしてしまう。
幾つかのバリエーションが存在し、多数の通常タイプを牽引して運搬、統率する「上級ムガン」や、全長が数km~数十kmにも及ぶ「キョムガン」、「クウムガン」などが存在する。またキョムガンとクウムガンは合体して「クウキョムガン」になる。

アシュタンガ級・ハスタグライ級・パダ級

アシュタンガ級はアンチスパイラル本星が存在する隔絶宇宙で待ち受けていた、石像のような外皮と仏像のような顔を持った超巨大敵母艦。正式名称は「多元進化確率生命体反螺旋突撃艦」と言う。大量の腕部により、周辺の惑星を投擲する「惑星投げ」や衛星サイズの大型ミサイル「衛星ミサイル」、螺旋力シールドすら無効化する「確率変動弾」などの武装を持つほか、多次元確率変動制御により時間軸内を揺れながら移動する「ランダムシュレディンガーワープ」を行う。
ハスタグライ級とパダ級はアークグレンラガンサイズの手足の形をした、無量大数にも及ぶ量産機。アシュタンガ級の搭載機で、手足そのままの動作での、物量による物理攻撃や光線攻撃が主体。

グランゼボーマ

隔絶宇宙でアンチスパイラルが天元突破グレンラガンに絶対的な絶望を与える為に具現化した、天元突破グレンラガンの反存在。
天元突破グレンラガンと同じく銀河をも凌駕する体躯に、紫色のエネルギーの炎を纏う生物的な黒い体、更には四本腕という禍々しい姿をしている。また、ドリルに覆われたグレンラガンとは逆に全身に穴が開いている他、人型ムガンの特徴であったドクロの顔を持っている。搭乗機というよりは、アンチスパイラルの戦闘形態とでも言うべき存在。
作中では天元突破グレンラガンを圧倒、超螺旋宇宙を舞台に最終決戦を繰り広げた。
劇場版では「超天元突破グレンラガン」に対抗して「超グランゼボーマ」に変貌した。

『天元突破グレンラガン』の登場ガンメン・ロボット・兵器に関する参考動画

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

天元突破グレンラガン(Gurren Lagann)のネタバレ解説まとめ

2007年4月1日より同年9月30日まで、テレビ東京系列にて放送されていたアニメ。ガイナックスが単独でアニメーション制作した初のアニメ作品である。 遥か未来、人々は地中に穴を掘り、時折起きる地震と落盤に怯えながら何百年も息をひそめるように暮らしていた。そんなある日少年シモンは、不思議に光る小さなドリルと顔だけのメカを発見する。

Read Article

トップをねらえ!(Aim for the Top GunBuster)のネタバレ解説まとめ

『トップをねらえ!』とは、1988年にGAINAXによって制作された庵野秀明初監督のSFロボットアニメ作品。主人公タカヤ・ノリコが、努力と根性で苦難を乗り越え成長しながら未曾有の脅威「宇宙怪獣」と戦っていく。OVAの金字塔とまで言われ、いまだに多くのファンに愛され続けている。キャッチフレーズは「炎の熱血友情ハードSF宇宙科学勇気根性努力セクシー無敵ロボットスペクタクル大河ロマン!!!!!」。

Read Article

トップをねらえ2!(Aim for the Top2! DIEBUSTER)のネタバレ解説まとめ

トップをねらえ2!(Aim for the Top2! DIEBUSTER)とはGAINAXの設立20周年記念作品として制作され、2004年11月から発売されたたOVA作品。1988年に制作されたOVA作品「トップをねらえ!」の続編になる。 物語は、宇宙パイロットを目指すアンドロイドのノノが、ひょんなことから宇宙の最前線で戦うパイロットのラルクと出会うところから始まり、宇宙怪獣との戦いを描く。

Read Article

新世紀エヴァンゲリオン(Neon Genesis Evangelion)のネタバレ解説まとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』とは、監督・庵野秀明が率いるGAINAXによるTVアニメ作品および登場する巨大人型兵器の名称。略称『エヴァ』。 本作を原作とする劇場版、漫画、ゲーム作品などの派生作品が存在する。本記事では1994年10月から翌3月まで放送されたTVシリーズについて記述。 90年代に社会現象とまで言われた国民的アニメの一つ。ストーリーは主に少年少女の苦悩が描かれ、人類の敵「使徒」との闘うにつれ、使徒やエヴァの正体など多くの謎解きが展開されるが、すべては説明されずに完結した作品。

Read Article

めだかボックス(Medaka Box)のネタバレ解説まとめ

原作:西尾維新、作画:暁月あきら。 週刊少年ジャンプに掲載、コミック全22巻。ジャンル「学園異能インフレ言語バトル漫画」。 ありとあらゆる事を完璧に出来る、黒神めだかが生徒会長となり学園の問題を仲間達と解決していく物語。超人を人為的に作り出す「フラスコ計画」編から「能力者」と呼ばれるキャラがめだかと戦う。原作者は「物語シリーズ」で有名、キャラの独特な名前、推理、言葉遊び、パロディが豊富。

Read Article

新世紀エヴァンゲリオン・ヱヴァンゲリヲン新劇場版の使徒まとめ

使徒とは、庵野秀明監督率いるGAINAX制作のアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』及び同作の再構築版『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』に登場する敵である。大きな災厄セカンドインパクトから15年。14歳の少年少女が人造人間エヴァンゲリオンに乗り、謎に包まれた敵、使徒と戦う物語が主軸となっている。使徒は戦い方やデザインが従来のロボット物の敵と一線を画しており、『エヴァ』の人気を支えた一要素でもある。

Read Article

新世紀エヴァンゲリオン・ヱヴァンゲリヲン新劇場版の機体とパイロットまとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』とはGAINAXによるアニメ作品、及びそこからメディア展開された作品である。14歳の少年少女が、巨大な人造人間エヴァンゲリオンに乗り込み、使徒と呼ばれる謎の敵と戦うのが主軸。そこに聖書や心理学の要素を絡めた実験的な作風や人間ドラマが人気を呼び、社会現象にまでなった。2007年には「再構築」として『エヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズが公開。今尚アニメ界で異彩を放つ作品。

Read Article

目次 - Contents