有頂天家族2(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「有頂天家族2」とは、「森見登美彦」による小説作品「有頂天家族」シリーズ2作目をアニメ化した作品。2007年に小説「有頂天家族」が発売、2013年に第一期がアニメ化。2015年に小説「有頂天家族 二代目の帰朝」が発売、2017年に「有頂天家族2」としてアニメ化。主人公で狸の「下鴨矢三郎」は、天狗の息子「二代目」と出会う。二代目はヒロイン「弁天」と険悪な仲になり、矢三郎たち狸も巻き込まれていく。

化け上手な矢三郎の弱点は海星であった。

矢二郎は宣言通り自分を見つめなおす旅に行くことになり、倉敷へと行く。
見送りに桃仙は来ていなかったが、矢二郎は母に引き止められてしまったら行けなくなってしまうからこれで良いと苦笑した。
一方の桃仙の方も、見送りに行ったら引き止めてしまうからと見送りに行かなかったのであった。

次の偽右衛門を決める会議には立会人を立てる事が慣わしであり、狸たちは赤玉先生を立会人に呼ぼうとする。
しかし赤玉先生に頼んだら赤玉先生のお気に入りである弁天が代理としてくるはずだと思う矢三郎は、立会人は二代目が良いのでは無いかと提案する。
弁天は狸を食べる金曜倶楽部のメンバーであり、狸たちの代表を決める場には相応しいとは言いがたい。
矢三郎たちが二代目に頼みに行くと、二代目はそういう事は天狗(赤玉先生)のやることで、自分の仕事では無いと断る。
だが矢三郎が食い下がったことで、立会人を受けた。
二代目は強かで世渡りの上手い矢三郎に一目置いているのである。

偽右衛門会議の場には金閣銀閣もいたが、以前のような意地悪な態度を捨て、悟りを開いたように穏やかになっていた。
そして会議の場で下鴨家の代表として矢一郎が、夷川家の代表として呉一郎が皆の前で握手をし、両家が和解したことを皆の前で発表した。
しかしその場に弁天がやってくる。
弁天は行き違いで赤玉先生から代理の立会人として呼ばれており、二代目が立会人になった事は知らなかったのである。
そして自分ではなく二代目が立会人として呼ばれたことを知ると怒り、狸たちは恐れのあまり矢三郎以外の全員が人間の姿から狸の姿に戻ってしまう。
矢三郎は弁天に言い訳をするが、弁天は自分と二代目のどっちが好きか、と矢三郎に尋ねる。
矢三郎はどっちも尊敬していると応えると、弁天は激怒した。
ピンチになる矢三郎であったが、二代目がこの場に到着し、弁天と二代目が邂逅する。
弁天は矢三郎に、自分はいつでも優しかったのにと言い、この場は無かった事にするとしてその場を去った。
この言葉は弁天から自分に対する決別の言葉として矢三郎は受け取った。

矢三郎だけ人間の姿のまま。矢四郎と桃仙は矢三郎にくっついている。

矢三郎は菖蒲池画伯の元へ行き、弁天から隠れるようにして生活し、家に戻っていなかった。
そして尋ねてきた玉蘭の口から、赤玉先生が矢三郎を破門にしたと聞かされる。
矢三郎はショックを受けながらも、自分がお世話をしなくても大丈夫なのかと赤玉先生を心配した。
矢三郎は赤玉先生を本当に慕っているのであった。

矢一郎の偽右衛門就任が決まり、呉一郎や玉蘭が祝いの場に訪れる。
矢一郎は生前の父に、矢一郎は頭が固くて心配ではあるが、矢一郎には弟達という切り札が居る事を忘れるなと言われた事を思い出し、心に刻んだ。

一方、矢二郎は矢一郎が偽右衛門に就任することを知らせるため、徳島の南小松島に来ていた。
金長の狸たちの住みかである神社を尋ね、金長狸の娘「星瀾」と出会う。
星瀾の案内で矢二郎は金長狸たちの住む地下へと向かう。
そして金長一門の長の狸に、矢一郎が偽右衛門になる事を伝える。
長は矢一郎の就任には肯定的で、矢一郎一人では大変だろうと心配していたが、矢二郎は早雲の長男である呉一郎が協力してくれるはずだと答える。
すると長の顔が曇る。
そして奥の座敷から一人の男が矢二郎の前に姿を現した。

矢三郎の元に海星が訪ねてくる。
海星を見ると狸に戻ってしまう矢三郎は、二人で森に入る。
海星は呉一郎の様子がどうもおかしいのだと矢三郎に話す。
昔はもっと要領が悪い不真面目なタイプであったのに、今はその逆になっており、まるで別人のようだと言葉を濁す。
そして下鴨と夷川の和解を望むと口にしながら、呉一郎は海星と矢三郎の結婚に反対しているという。
今の呉一郎が気に入らなかった海星は、矢三郎と駆け落ちすると置手紙しここまできたのだと微笑む。
しかし、突如銃声が響き海星が倒れ、海星に駆け寄り連れて逃げようとする矢三郎も銃撃されその場に倒れてしまう。
二人を撃ったのは天満屋であった。

前から危険視していた天満屋に撃たれてしまう矢三郎と海星。

物語はラストスパートへ

矢三郎と海星は天満屋に麻酔銃で撃たれて捕まり、金曜倶楽部へ連れて行かれる。
それは即ち矢三郎と海星が狸鍋の材料になる、という意味であった。
弁天は捕まって檻に入った矢三郎を見て、「私に食べられるあなたが可哀相なの…それでも私は食べてしまうのよ」と言い、涙した。
涙の理由は矢三郎に対する哀れみなのか、親しかった者を食べてしまう悲しみなのか不明であった。

その頃、偽右衛門就任式が行われ、立会人である二代目の家に矢一郎たち狸が集まっていた。
しかし桃仙の元に矢四郎から電話が掛かってきて表情を曇らせ、矢四郎の元へ行った。何か事件が起こったようである。
頭が良く科学に興味のあった矢四郎は、下鴨と夷川の交流の証として工場の一角を借りて研究をしていた。
その工場で爆発事故を起こったのである。
金閣は矢四郎が爆発事故を起こしたと決めつけ、さらに工場から銃が出てきたと言う。
矢四郎は爆発当時工場にはおらず、自分の研究で爆発事故は起こりようがないと弁解するが、金閣は聞く耳を持たない。
金閣は偽右衛門就任式に行き、早雲は下鴨家に暗殺されたのだとその場に居た狸たちに言いまわる。
金閣曰く、銃を使って矢三郎に早雲を暗殺させ、その銃を矢四郎が隠し、矢一郎は邪魔者を排除して夷川家と和解し偽右衛門になったと言う。
勿論でたらめである。
するとそこに矢三郎が金曜倶楽部に捕まったという情報が齎され、狸たちは弁天から怒りを買った矢三郎なら仕方が無いと口々に言う。
その場に居た狸達は、誰も危険な金曜倶楽部に立ち向かってまで矢三郎を助けようという気概などないのであった。
その態度に怒った矢一郎は、元々は京都の狸たちのために弁天に怒りを買ってしまのではないかと一括する。
そして矢一郎は呉一郎の妙に冷静な様子を見て、呉一郎こそが全ての黒幕だったのだと気づく。
矢一郎は鍋のそこに沈もうとも弟を助けてみせると狸たちに言い、呉一郎に対しては偽右衛門なんてくれてやると啖呵を切り、虎に変身してその場を去る。
矢一郎にとっては狸の未来よりも偽右衛門になることよりも、家族が大事だったのである。
玉蘭は虎に変身した矢一郎の背に乗り、矢一郎と行動を共にした。

玉蘭は矢三郎を助けるために、そして矢一郎の妻になる者として矢一郎と運命を共にする。

矢四郎と桃仙は銀閣によって檻に入れられ捕まっていた。
銀閣は金閣ほどワルになりきれないのか、桃仙に本当に自分達が早雲を殺したと思っているのかと問われ、自分からは何も言えないと言葉を濁す。
しかし何か疑問に思うこともあるのか、海星に相談してみると言い、海星の部屋へ向かう。
そこで海星の残した「矢三郎と駆け落ちします」というメモを発見した。

矢三郎は夢(もしくはあの世とこの世の間の世界)で、総一郎に会っていた。
総一郎は矢三郎に面白く生きているか、と聞くと、矢三郎は面白く生きたせいで鍋の底へ行くと苦笑いした。
矢三郎は、本来であれば狸鍋になっても笑っていようと思っていたが、海星を巻き込んでしまった事に未練があるという。
総一郎はそんな矢三郎を肯定し、いずれ皆死ぬのだから死に急ぐ事などないのだと言い去って行く。
矢三郎が目を覚ますと、仮面を被りマントをつけた淀川がぽんぽこ仮面と名乗り助けに来ていた。
淀川は矢三郎が狸である事は知らないため、現在自分が助けようとしている狸が知り合いの青年・矢三郎である事も勿論知らない。
淀川は金曜倶楽部のメンバーと揉み合いになりながら、矢三郎と海星を助けようとする。
そこへ銃を持った天満屋、そして矢一郎と玉蘭が化けた2匹の虎が乱入する。

その頃、偽右衛門就任式の場では呉一郎が偽右衛門の代理になるのはどうかという話になっていた。
工場から出てきた銃は元々二代目のもので、何者かに盗まれたものであった。
金閣が銃を二代目に返すと、二代目はこの銃は出来の悪い偽者でこれでは何かを撃ったり殺したりすることは不可能だと言う。
本物の銃は天満屋が所持しており、裏で天満屋と呉一郎が手を組み、天満屋が早雲を殺した後に本物の銃を呉一郎に渡す予定であったが、天満屋が裏切ったのである。
そこへ矢二郎が一人の男を連れて現れた。その男は呉一郎と名乗った。
狸たち一同はこれまでこの場に居た呉一郎こそが本物だと言うが、皆が今まで呉一郎だと思っていたのは最初から早雲だったのである。

偽の呉一郎の前に、本物の呉一郎が現れる。

矢三郎と海星は矢一郎たちに助け出され、天満屋は淀川によって足止めされる。
海星は銃で撃たれた後、眠らされ意識が戻らないでいた。
金曜倶楽部の宴が行われる場であった偽叡山電車は、金曜倶楽部のメンバーと矢三郎たちを乗せ京都の上空を移動していた。
矢三郎は偽叡山電車を止めるために運転席へ行くが、寿老人は京都の制空権は自分の物だと矢三郎とハンドルを奪い合う。
そこに弁天が現れ矢三郎に不敵な笑みで近寄り、矢三郎は弁天の興味を自分から剃らす為に「偽叡山電車をあの場へ突っ込ませないか?」と指を指し提案する。
矢三郎が指差した場所は二代目の家で、現在偽右衛門の就任式が行われている場である。
弁天は矢三郎の提案に大喜びし、偽叡山電車は豪快に二代目の家に突っ込んだ。

その場には、偽叡山電車に乗っていた矢三郎・矢一郎・玉蘭・海星・寿老人・天満屋・弁天・淀川と他の金曜倶楽部のメンバー、そして二代目の家に居た二代目・矢二郎・早雲・呉一郎と就任式に来ていた狸たちが一同に会した。
早雲と矢三郎は対峙し、早雲は娘の海星がこの一軒に巻き込まれ、今もまだ眠りから覚めない痛々しい姿を見る。
寿老人は天満屋にこの場に居る全狸を鍋にするように言い、天満屋は狸たちに銃を向ける。
淀川は狸たちを身を挺して庇おうとし、早雲は天満屋にお前のせいで計画が無茶苦茶だと掴みかかった。
天満屋が本来の予定通り、本物の銃を早雲に渡していれば早雲は呉一郎として偽右衛門になれたのである。
すると偽叡山電車にあった地獄絵図から大きな鬼の手が伸びてきて、天満屋と、天満屋と一緒に居た早雲を巻き添えに掴み、地獄へ連れ去った。
戯れに地獄絵図の扉を開けたのは弁天であった。
二代目は家がめちゃくちゃにされ、酷く落ち込んでいた。
二代目は昔、父である赤玉先生と一人の女性を取り合い、その事で赤玉先生と三日三晩戦い確執が生まれてしまう。
赤玉先生との勝負で負け、その上その女性に「×」の字だけが書かれた手紙を人伝に渡されるという酷く素っ気無く振られ方をされ、逃げるように海外へ移住したのである。
その女性は弁天にそっくりな女性であったため、二代目は弁天を嫌っていた。
そして京都に戻ってきて住居を構えるも、また同じ顔をした女性に振り回され、自暴自棄になってしまっていた。
二代目は自分を取り巻く全てに怒り出し、体から炎を出す。
狸たちと金曜倶楽部の人々はその場から退避し、二代目と弁天の戦いが再び始まる。
二人の戦いは、もはや形振り構わない戦いであり、河原を壊し、電柱を振り回し、一般人すらも巻き込む戦いになった。
最後には上空で顔や髪の毛を掴む取っ組み合いになり、二代目は弁天の髪の毛に火をつけ、弁天は燃えながら落下した。
二代目は服はビリビリに破け傷だらけの姿で家に戻ってくるが、二代目の家は自分の体から出た火で炎上しており、二代目は呆然と立ち尽くした。
そこに赤玉先生が現れ、雨を降らして沈下させる。
手で顔を覆い辛そうにする二代目に、赤玉先生は「悔しいか。悔しかったら強うなれ」と言葉をかけた。

後日、矢三郎は弁天の元を尋ねる。
弁天は寝込んでおり、燃えてしまった髪の毛は短く切られていた。
弁天は「私って可哀相でしょう」と矢三郎に言うと、矢三郎は「可哀相だと思ってますよ」と答える。
弁天は「もっと可哀相だと思って」と答え、矢三郎は「もっと可哀相だと思ってますよ」と答えた。
矢三郎は、弁天に必要なものは狸である自分では無いのだと感じていた。

年が明け、正月を迎える。
金閣と銀閣は呉一郎によって根性を叩き直されており、呉一郎は父の非礼を矢三郎に詫びた。
狸を身を挺して守ろうとした淀川の元には、狸たちからと思われる贈り物が届いていた。
二代目はどこか吹っ切れたように狸は面白いと矢三郎に言う。
矢三郎は二代目は立派な天狗になれると言うが、二代目は「私は天狗にはならないよ」と答えた。
矢一郎と玉蘭の結婚式が行われ、赤玉先生がそれを祝福した。
矢三郎はツチノコ探索隊を再会し、森へ入ると海星が後から付いてきた。
矢三郎が海星を見ると狸に戻ってしまうのは、海星に惚れているからなのである。
二人は、背中合わせにして矢三郎の変身が解けないように座っていると、ふいに祖母が現れる。
祖母は二人は夫婦なのかと尋ねると、矢三郎は今は違うがいずれ夫婦になると答えた。

『有頂天家族2』の登場人物・キャラクター

下鴨家

下鴨神社の糺の森に暮らす狸の名門。
父・総一郎と母・桃仙の間に、矢一郎、矢二郎、矢三郎、矢四郎が生まれた。
総一郎は狸の中でも化け力が強く、京都の狸たちを統括する「偽右衛門」に就任。
総一郎亡き後は、矢一郎が偽右衛門を目指し、めでたく偽右衛門となった。

下鴨 矢三郎(しもがも やさぶろう)

CV:櫻井孝宏

主人公。下鴨家三男。
「面白きことは良きことなり」を信条に、面白おかしく生きている。
話術に長け気が利く世渡り上手であるが、兄など近しい者達には頑固な態度を取る事もある。
父譲りの化け上手で、普段は男子大学生の姿をしているが達磨から女子高生まで色々な物に化ける。
普段変身が解けてしまう事はないが、海星の前に出ると化けの皮が剥がれ変身が解けてしまう。
本人は海星から教えられるまでずっとこのことを知らずにいて、海星は矢三郎を思い頑なに矢三郎の前に現れないようにしていた。
海星とは許婚の関係であったが解消され、また許婚となる。
赤玉先生を弟子という名目でお世話しており、弁天とは同じ師を持つ兄弟弟子。
弁天は初恋の相手で、弁天からも狸として気に入られており、ほかの狸よりも弁天との関わりが深い。
弁天は父を食べた金曜倶楽部のメンバーでもあるが、狸として生きていれば鍋にされることもあるだろうと恨んでは居ない。

二代目や天満屋に出会い、金曜倶楽部で早雲にも出会う。
偽右衛門就任の立会人に二代目を呼び、弁天から怒りを買ってしまう。
その後、海星と共に金曜倶楽部に捕まるが、淀川や矢一郎たちに助けられる。
海星と許婚として結婚する決意をした。

下鴨 矢一郎(しもがも やいちろう)

CV:諏訪部順一

下鴨家長男。
生真面目で責任感が強く、融通が利かない性格。
矢三郎同様強い化け力を持っており、よく虎に変身し「鴨虎」の異名を持つ。
父亡き後は長男として下鴨家を守ろうと必死。
しかし突然の出来事に驚いて対応できなかったりなど土壇場に弱く、若干ヘタレ。
争いを好まず、矢三郎を筆頭とした弟たちの奇行の数々に悩まされている。
玉瀾とは幼い頃将棋の勝負をし、玉瀾がわざと負けたことで取り乱してしまう。
その事を恥じて将棋をしなくなるが、桃仙や矢三郎の計らいで玉瀾と和解し、婚約する。

偽右衛門であった父と同じ物になるために偽右衛門選挙に出馬。
めでたく偽右衛門に就任するが、早雲の陰謀で偽右衛門の権利を蹴り矢三郎を助けに行った。
しかしその後、早雲の悪事が露見したことで無事偽右衛門に就任し、玉瀾と結婚した。

下鴨 矢二郎(しもがも やじろう)

CV:吉野裕行

下鴨家次男。
やる気を見せない怠け者で、おっとりした性格をしている。
父とは兄弟の仲で一番仲が良く、父に海星についての悩みを相談し飲み明かした後父を置き去りにして帰ってしまい、それが父の死因の原因の一つとなってしまう。
その後母に合わせる顔がないとカエルに変身し、六道珍皇寺の古井戸に引き篭もるようになった。
井戸の中では狸や天狗などの悩みを聞く相手になっていた。
長くカエルで居続けたため、狸に戻れなくなってしまう。

祖母から貰った薬により変身能力を取り戻し、自分を探す旅に出た。
徳島の南小松島で金長狸たちの元へ行き、「星瀾」と出会う。
そして本物の呉一郎とも出会い、下鴨家のピンチを感じ、呉一郎を連れて京都へ戻った。
その後はまた南小松島に戻ると宣言している。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

有頂天家族(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

2013年に放映されたアニメ。 原作は『四畳半神話大系』、『夜は短し歩けよ乙女』の森見登美彦。3部作となる予定の「たぬきシリーズ」である。キャラクターデザインは『さよなら絶望先生』の久米田康治。 2013年には漫画化、2014年には舞台化された。 豪華なキャストと丁寧な描写で根強いファンがついており、2017年4月9日より第2期である『有頂天家族2』が放送開始する。

Read Article

Angel Beats!(エンジェル ビーツ)のネタバレ解説・考察まとめ

『Angel Beats!』とは、Key所属のシナリオライター「麻枝准」が原作・脚本を手掛けたオリジナルアニメ作品である。全13話で、2010年にTBS系で放送された。 死後の世界の学園を舞台とし、「人生」をテーマとした青春アニメ。 テストや球技大会などの日常的な学園生活、銃火器や刀剣を用いた戦いを描く非日常な生活、登場人物の送った生前の理不尽な人生、この3つを柱にストーリーが展開されていく。

Read Article

Charlotte(シャーロット)のネタバレ解説・考察まとめ

「Angel Beats!」に続く、Keyにより制作されたオリジナルアニメ作品。 主人公「乙坂 有宇」の成長と人間模様に焦点があてられており、思春期の真っただ中にいる「完全ではない特殊能力」を持つ仲間とともに、彼らの前に立ちふさがる残酷な運命に対して抗っていく物語である。 2015年に全13話が放送され、翌年にOVAがリリースされた。

Read Article

さよなら絶望先生(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

2005年から2012年まで週刊少年マガジンで連載された久米田康治による漫画作品。2007年にアニメ化された。教師・糸色望は期待あふれる始業式の日に首つり自殺を図る。そこへ通りがかったポジティブ少女、風浦可符香に出会い助けられる。その後、新しく担任となったクラスに行くと自分の命を助けた少女はそのクラスの生徒だった。ネガティブ思考の教師と問題児ばかりの集まった教室で繰り広げられる痛烈な風刺コメディ。

Read Article

花咲くいろは(花いろ)のネタバレ解説・考察まとめ

『花咲くいろは』とは、P.A.WORKS制作による日本のオリジナルテレビアニメ作品、および、これを原作としたメディアミックス作品。舞台は石川県湯乃鷺温泉街。祖母が経営する温泉旅館「喜翆荘」に住み込みの仲居として働くことになった松前緒花が個性的な従業員に囲まれながらも、様々な経験を通して成長をしていく。

Read Article

四畳半神話大系(小説・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『四畳半神話大系』とは、森見登美彦による日本小説、及びそれを原作として制作、放送されたアニメ作品。 小説は単行本では2005年に太田出版から、文庫本では2008年に角川書店から刊行されている。 アニメは2010年に放送された。 そして森見登美彦原作の「夜は短し歩けよ乙女」の映画化を受け、2017年1月から特別放送が開始された。

Read Article

Angel Beats!(エンジェル ビーツ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「Angel Beats!」は、P.A.WORKS制作によるテレビアニメ作品。 主人公「音無結弦」が目覚めると、そこは死後の世界だった。そこで出会った「仲村ゆり」に理不尽な人生を強いた神への復讐を目的とする「死んだ世界戦線」へと誘われる。音無は戦線の一員として、「天使」と呼ばれる少女と戦いを繰り広げる日々が始まる。 青春コメディ要素もありながら、人生に言及する重みのある名言を多く残す。

Read Article

SHIROBAKO(シロバコ)のネタバレ解説・考察まとめ

2014年10月~2015年3月に放映された日本のオリジナルテレビアニメーション作品。P.A.WORKS制作、監督は水島努。同じ高校のアニメーション同好会でアニメを作っていた、あおい、絵麻、しずか、美沙、みどりが、いつか共にアニメを作るという夢を抱えながら、それぞれの道で懸命に奮闘するアニメーション業界の日常を描いた群像劇である。全24話。

Read Article

かくしごと(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『かくしごと』とは久米田康治による漫画作品で『月刊少年マガジン』(講談社)にて連載された。本作は、姫10歳編のコミカルな日常、姫18歳編のシリアスな未来の話、大きく分けて二部構成が取られている複雑なストーリーとなっている。 『さよなら絶望先生』といった非日常作品が多い久米田の作品には珍しく、日常色強めの作品になっている。 地元熊本県にある美術館で「久米田康治のかくしごと展」が開催され、2020年にはアニメ化された。

Read Article

NEW

白い砂のアクアトープ(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『白い砂のアクアトープ』とは、P.A.WORKS制作による、水族館を舞台に二人の少女の交流を描く2021年夏に放送されたアニメ作品。 沖縄で暮らす海咲野くくるは、水族館の館長代理として迫り来る閉館の危機を相手に悪戦苦闘していた。一方岩手生まれの宮沢風花は、アイドルになる夢に破れ、沖縄に身一つで傷心旅行に訪れる。行くあても無かった風花から「水族館で働かせてほしい」と頼み込まれ、彼女の熱意に感じ入ったくくるはこれを了承。二人の少女は水族館を立て直すために奮闘していく。

Read Article

TARI TARI(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『TARI TARI』とは、2012年にP.A.WORKS制作によって放送されたオリジナルテレビアニメ及びそれを原作とした漫画。神奈川県藤沢市や鎌倉市などの江ノ電沿線を舞台に、音楽科が有名な高校に通う男女5人の生徒が、それぞれ悩みを抱えながら自分の夢を叶えるために合唱部を発足し、高校生活最後の夏を笑って、悩んで、時には喧嘩をして、そして恋もしながら親友たちと共に成長していく物語である。彼らの青春に多くの感動や称賛を得て、発売されたBlu-rayは放送終了後の週間BDランキングの総合首位となった。

Read Article

true tears(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

2008年1月から3月までテレビ放送されたP.A.WORKSのオリジナルアニメである。登場人物達の心情を繊細に描いた、青春群青劇である。全13話から構成され、「涙」が作品の中では一貫して登場し、ひとつの大きなテーマとなっている。細やかな心理描写に加え、それを表現する作画技術の高さも本作の見どころである。

Read Article

色づく世界の明日から(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『色づく世界の明日から』とは、P.A.WORKS制作のオリジナルアニメである。 2078年の長崎県に住む少女・月白瞳美は、魔法使いの家系でありながら魔法を嫌悪しており、幼い時に色が視えなくなったことで、他人に心を閉ざしていた。ある日、祖母の琥珀の魔法によって、突然60年前の2018年に送られ、月白家に居候しながら同い年の祖母と共に高校生活を過ごすことになる。 心を閉ざした魔法少女が仲間たちとの交流で変わっていく学園青春ファンタジー作品。

Read Article

色づく世界の明日から(第13話『色づく世界の明日から』)のあらすじと感想・考察まとめ

時間魔法の儀式の準備が整い、魔法写真美術部は1人1人瞳美にお別れの挨拶をした。最後に葵の順番になり、葵は自分の想いを告げることなく瞳美を未来へ送り出そうとする。その時、琥珀の時間魔法とは違う魔法が発動し、葵と瞳美は2人だけの空間に閉じ込められ、お互いの想いを告げた。すると、瞳美が見る景色に色が戻り、瞳美は無事に未来への帰還を果たした。 今回は「色づく世界の明日から」第13話『色づく世界の明日から』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

色づく世界の明日から(第1話『キミノイクベキトコロ』)のあらすじと感想・考察まとめ

幼い頃に色覚を失ってしまった高校2年生の少女・月白瞳美は、魔法使いである祖母から「高校2年生の私に会いに行きなさい。」と突然伝えられ、時を遡る魔法をかけられる。瞳美が辿り着いたのは、瞳美が生きていた時代から60年前に当たる西暦2018年の長崎だった。長崎の街を迷っていた瞳美は、南ヶ丘高校の生徒に偶然出会い、当時の祖母の実家に行くことができた。 今回は「色づく世界の明日から」第1話『キミノイクベキトコロ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

色づく世界の明日から(第6話『金色のサカナ』)のあらすじと感想・考察まとめ

瞳美は初めて作った星砂を葵にプレゼントとして贈り、葵が星砂を使ってみたところ、金色の魚が飛び出して周りを泳ぎ始めた。それは葵が小学生の時に賞を受賞した絵に描いた魚だったのだ。なぜ金色の魚が現れたのかが分からない中、瞳美と葵はグラバー園での撮影会に行くことになる。そこで瞳美は無意識に魔法を使ってしまい、葵の絵の中に入ってしまった。 今回は「色づく世界の明日から」第6話『金色のサカナ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

色づく世界の明日から(第2話『魔法なんて大キライ』)のあらすじと感想・考察まとめ

瞳美は失くしてしまったアズライトを見つけたが、元の時代に帰る方法はまだ分からず、高校生の祖母・琥珀が留学先から帰国するまで待つことになった。その間、琥珀の両親の提案で瞳美は地元の高校に通うことになる。戸惑いながら高校に初登校した瞳美が出会ったのは、2018年に来た時に迷い込んでしまった家の少年・葵だった。 今回は「色づく世界の明日から」第2話『魔法なんて大キライ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

色づく世界の明日から(第4話『おばあちゃんはヤメテ!』)のあらすじと感想・考察まとめ

琥珀が留学先から帰国し、写真美術部に入部した瞳美と同じクラスになった。琥珀も写真美術部に興味を持ち、部活のミーティングに着いてきた。魔法を見事に使いこなし、部員のみんなとも、たちまち仲良くなる琥珀。瞳美は自分と正反対な琥珀の姿に圧倒されるばかりだった。そんな中行われた夜景の撮影会では、瞳美と部活メンバーとの距離が一気に縮まる出来事が起きる。 今回は「色づく世界の明日から」第4話『おばあちゃんはヤメテ!』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

色づく世界の明日から(第10話『モノクロのクレヨン』)のあらすじと感想・考察まとめ

あさぎは将に告白された瞳美を避けてしまっていたが、瞳美が勇気を出して話しかけたことで仲直りをする。一方、魔法写真美術部は文化祭に向けてイベントの準備を進めており、琥珀は魔法で人を絵の中に送り込む企画を提案した。試しに、瞳美と琥珀は協力して葵が描いた絵の中に部員たちを送り込んだ。その絵の中で、葵は瞳美の辛い過去の光景を見てしまう。 今回は「色づく世界の明日から」第10話『モノクロのクレヨン』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

色づく世界の明日から(第5話『ささやかなレシピ』)のあらすじと感想・考察まとめ

琥珀が参加して発足した「魔法写真美術部」の懇親会が行われることになった。その準備に追われていたある日、瞳美はまほう屋の店番を頼まれたことをきっかけに、積極的に魔法の練習をするようになる。瞳美が初めて作った星砂は、葵のために作った物だった。一方、あさぎが将へ抱く恋心にも変化が起きる。 今回は「色づく世界の明日から」第5話『ささやかなレシピ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

色づく世界の明日から(第7話『ヴィーナスの重荷』)のあらすじと感想・考察まとめ

再び色が見えなくなった瞳美は、葵とぎくしゃくしたまま夏休みに入った。一方、胡桃は将来について悩みを抱えていた。そんな中、魔法写真美術部は毎年恒例のキャンプ合宿の準備に取り掛かる。そしてキャンプ合宿当日、胡桃は元気づけられる言葉を千草にかけられて元気を取り戻し、瞳美も葵との心理的距離が縮まってあることを決意する。 今回は「色づく世界の明日から」第7話『ヴィーナスの重荷』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

色づく世界の明日から(第12話『光る光る この一日が光る』)のあらすじと感想・考察まとめ

2日間の文化祭は無事に終わりそうだった。あさぎは葵と瞳美に思い出を作ってもらうために2人に自由時間を与えることをこっそり提案し、2人は文化祭の出し物を楽しむ。しかし、葵と瞳美はお互いに自分の想いを伝えることなく、後夜祭を迎えてしまった。 いよいよ夜の公園で、瞳美を未来へ帰すための時間魔法の儀式が始まる。 今回は「色づく世界の明日から」第12話『光る光る この一日が光る』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

色づく世界の明日から(第8話『ほころびのカケラ』)のあらすじと感想・考察まとめ

琥珀は瞳美が未来に帰らなくてはいけなくなった時のため、夏休みを通して時間魔法についての勉強と実践を重ねていた。また、どうしたら瞳美がまた色を見ることが出来るのかを考え、実験をした。しかし、琥珀の時間魔法は一向に上手くいかず、琥珀は失敗する度に落ち込む。 一方、瞳美は魔法写真美術部の部員たちとの時間を楽しく感じていて、60年後に帰りたくないと考えるようになっていた。 今回は「色づく世界の明日から」第8話『ほころびのカケラ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

色づく世界の明日から(第3話『No Rain, No Rainbow』)のあらすじと感想・考察まとめ

新入生が体験入部する部活を決めるための「クラブ活動紹介」の日、瞳美は葵の絵が忘れられずに写真美術部を訪れる。色が見えないことを隠したまま、瞳美は絵を書き、カメラを手にした。しかし、突然のハプニングで瞳美が写真撮影会のモデルを務めることになってしまった。戸惑いながらもモデルを引き受けた瞳美だが、思わぬトラブルに見舞われる。 今回は「色づく世界の明日から」第3話『No Rain, No Rainbow』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

色づく世界の明日から(第9話『さまよう言葉』)のあらすじと感想・考察まとめ

写真の腕を上げるため、瞳美は将にアドバイスを求め、将は瞳美に一緒に撮影会に行くことを提案する。休日に様々な名所を巡った2人が帰り道につこうとした時、将は瞳美に大胆な告白をした。戸惑った瞳美はその場から逃げ出し、次の日から将を避けてしまう。将の告白をきっかけに瞳美と将、あさぎ、葵の間の恋模様には大きな変化が訪れる。 今回は「色づく世界の明日から」第9話『さまよう言葉』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

色づく世界の明日から(第11話『欠けていく月』)のあらすじと感想・考察まとめ

魔法写真美術部の部員たちが文化祭の準備に奔走する中、瞳美が少しの間だけ消失する事件が起きる。琥珀が調べた所、瞳美が未来に帰らなければいけない時が近づいており、早く未来へ戻らなければ瞳美は時のあわいに閉じ込められてしまうことが分かった。 瞳美は残された時間が少ないことを知り、葵に自分のある想いを打ち明けた。 今回は「色づく世界の明日から」第11話『欠けていく月』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents