聖闘士星矢(セイントセイヤ)のネタバレ解説まとめ

Kawapaper saintseiya 0000003 1024x

1986年から週間少年ジャンプで連載が始まる。原作者は車田正美、「リングにかけろ」、「風間の小次郎」などの代表作を持つ。
地上の愛と正義を守る、アテナの元に集まった聖闘士(セイント)たちの熱い戦いの物語である。星座や、ギリシャ神話をモチーフにした作風が、日本のみならず、世界中のファンをとりこにした。

『聖闘士星矢』概要

Kawapaper saintseiya 0000004 1200x

『聖闘士星矢』は1986年から週間少年ジャンプで連載がスタートした。原作者は車田正美。
数百年に一度、地上に邪悪がはびこる時に、地上に光臨するといわれている女神アテナのもとに、地上の愛と正義のために戦うアテナのセイントたちが集まった。
星矢、紫龍、瞬、一輝、氷河の5人のブロンズセイントたちはアテナとともに、前教皇を殺して自ら教皇の座に納まったサガや、地上を我が物にせんとする海皇ポセイドンや冥皇ハーデスとの戦いに挑んでいく。
セイントたちはそれぞれ自分の守護する星座を持ち、星座をかたどった鎧、「クロス」をまとって、心のパワー・小宇宙(コスモ)を燃やして、数々の強敵と戦うのだった。

『聖闘士星矢』のあらすじ・ストーリー

銀河戦争偏

Kawapaper saintseiya 0000007 1024x

物語は星矢がギリシャでカシオスと、ペガサスのクロスをかけて戦うところから始まる。
序盤はカシオスが有利のように見えたが、後半から星矢が盛り返して、カシオスからペガサスのクロスを勝ち取ったのだった。

ところがその晩、星矢はカシオスの師匠であるシャイナの一味におそわれた。ペガサスのクロスを取られたことを逆恨みしてのことだった。
このときに星矢は初めてペガサスのクロスをまとい、その力でシャイナの一味を撃破した。
このときにシャイナのマスクを飛ばしたことがきっかけで、シャイナに命をねらわれることになるのだった。

クロスを持って日本へ帰った星矢を待っていたのは、日本のグラード財団の城戸光政およびその孫娘にあたる城戸沙織が手がけた、「銀河戦争(ギャラクシアンウォーズ)」という見世物のための戦いだった。
見世物のための戦いなど気の進まない星矢だったが、「見事優勝すれば、生き別れになった姉を探してくれる」という約束をして、銀河戦争に出場することを決めたのだった。

銀河戦争に参加する予定のセイントは、星矢、紫龍、瞬、氷河、一輝、計10名である。この10名によって、最強のクロス、射手座のゴールドクロスを賭けての戦いが始まった。
ところが最後に到着したフェニックス・一輝の手によってゴールドクロスは奪われてしまい、銀河戦争を続けることができなくなった。

暗黒セイント偏

一輝の手によって奪われたゴールドクロスは、一輝を慕う暗黒セイントたちがバラバラに持ち去っていた。
星矢、紫龍、瞬、氷河はまったく同じ形の、真っ黒のクロスをまとった「暗黒四天王」と激しい戦いの末、ゴールドクロスを無事に取り返した。

シルバーセイント偏

1aa00d55

私利私欲のために戦ってはいけないという、セイントの掟を破ったとみなされた星矢たちを、今度はシルバーセイントたちが襲い掛かる。
リザドのミスティやケルベロスのダンテなど10人のシルバーセイントの中には、星矢の師匠であるマリンやギリシャでクロスを取り合った相手、カシオスの師匠であるシャイナもいた。
さらにセイントの中では最強と歌われるゴールドセイントのアイオリアやシャカまでもが派遣された。

この戦いの中で、かつて射手座のセイント・アイオロスが命がけで守った女神アテナが、城戸沙織であったことを知り、本当の敵はギリシャのサンクチュアリにいる教皇だということを星矢たちは知ったのだった。

黄金聖闘士編(十二宮編)

070329 10

教皇と戦うためにサンクチュアリまでやってきた沙織と星矢たちだったが、サンクチュアリに着いてすぐにトレミーの矢によって、沙織が倒れてしまう。
星矢たちはその矢を抜いて沙織を助けられるのは教皇だけだと聞いて、12宮(12の星座の名を持つ宮殿)のさらに上にある教皇の間へ行こうとするが、ゴールドセイントたちの手によって行く手をさえぎられてしまう。
ブロンズセイントたちは傷つき倒れてもまた立ち上がってアテナを守ろうとする。最後に教皇の間へたどり着くと、そこに待っていたのは13年前から教皇に成りすまし、アテナの命を狙っていたふたご座のセイント、サガだった。
サガとの死闘の末に無事アテナが復活し、最後にサガが自決して戦いは終わる。

ポセイドン偏

女神アテナの愛する地上を支配しようとたくらむ海皇ポセンドンが、地中海の海底神殿にアテナを連れ去ったことから、戦いは始まる。海のそこにある7つの柱を守る海将軍(ジェネラル)との戦いに挑んだ星矢たちは、アテナをポセイドンの手から奪い返すことに成功する。この事件を画策したのはあの、ふたご座のセイント・サガの弟、カノンであった。カノンを改心させ、さらに海皇ポセイドンをアテナのつぼで封印することに成功する。

冥皇ハーデス偏

U2456p115dt20090308104643

サンクチュアリの12宮に新たな侵入者が現れた。だがそれはかつて12宮を守るために戦った、死んだはずのゴールドセイントたちとかつての教皇・シオンだった。
なぜ彼らがハーデスからつかの間の命をもらってまで、サンクチュアリへ乗り込んできたのかというと、アテナにハーデスとの決戦のときが来たということを伝え、アテナのクロスを授けるためだった。
すべてを察したアテナは自らエイトセンシズ(阿頼耶識、八識とも言う。普通の人は生前には気がつくことはない、特別な小宇宙)を発揮して、冥界の奥にいるハーデスの元へ向かった。

ダンテの「神曲」をイメージした世界観で、瞬と一輝の兄弟に新たな悲劇が襲い掛かる。それは瞬がハーデスに選ばれた肉体の持ち主だったことである。
しかし、アテナのセイントとして生まれた瞬は、自らの体ごとハーデスを討てと一気に懇願する。
そしてかつてのゴールドセイント12人の力を持って太陽の光を作り出し、冥界の一番奥の嘆きの壁を突破したのだった。

冥界の一番奥の嘆きの壁の向こうは、選ばれたものだけが行くことを許される、エリシオンというところだった。
エリシオンへたどり着くことができた星矢たちはアテナにクロスを届けようとしていた。

ところが、生と死をつかさどる双子の神、ヒュプノスとタナトスを倒さなければいけなかった。
そして、クロスをまとったアテナと、アテナの血を受けたクロスをまとったブロンズセイントたち、さらに星矢の犠牲によって冥皇ハーデスは倒された。
これによって太陽は復活し、地上の本当の平和が訪れたのだった。

『聖闘士星矢』の登場人物・キャラクター

ペガサス星矢

Img 966020 30056520 4

この物語の主人公であり、ペガサス座のブロンズセイントである。
まっすぐな性格で、どんなピンチにも負けない根性の持ち主。
星矢の師匠はイーグル座のシルバーセイント・魔鈴で、セイントの聖地、サンクチュアリで修行を積んだ。
必殺技は「ペガサス流星拳」、「ペガサス彗星券」他多数ある。生き別れになった姉を探している。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents