魔法使いの嫁(第5話)のあらすじと感想・考察まとめ

今回は「魔法使いの嫁」第5話『Love conquers all.』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。
突如現れた魔術師によって、智世は夜の愛し仔(スレイ・ベガ)の運命を知らされる。そして澱みを浄化しようとする智世は、一組の夫婦の夫が起こした悲しき事件の真相を知ることとなる。

「魔法使いの嫁」第5話『Love conquers all.』のあらすじ・ストーリー

茨の中から智世を守るように現れたエリアス

「スレイ・ベガ(夜の愛し仔)は無尽蔵に魔力を吸収し生み出すことが宝石。けれど耐久力は並の魔術師たちより劣る為、生きているだけで際限なく過剰に魔力の吸収と生産を繰り返し、やがて身体が負荷に耐えられなくなり全ての身体能力が一斉に停止してしまう。」智世を後ろ手で押さえている魔術師はそういった。魔術師は智世を助けるのではなく保護してあげるからこちらに来たほうが助かるよ、と誘惑してきた。自由にしてあげるとかいうが、智世は背後にいるものから腕を振り解き、智世の前にいた魔術師を突き飛ばしエアリエルを助け出す。慌てた魔術師は智世を捕まえようとするが、猫たちも智世の前に走ってきて守ろうとしてくれた。
「たとえ嘘でも智世と家族と言ったのはエリアスだけ。誰より先に買った。だからエリアスが手を放すというまでは私はあの人のものです。」
智世の陰の中から茨の蔓が智世を守るように大量に生え、そこからのエリアスが現れた。「忘れたのか。僕は影。茨の影に潜むもの。お前たちが裂き喰らう城と呼ぶもの」魔術師たちは茨の蔓に阻まれて智世からあっという間に遠ざかった。エアリエルはエリアスに向かって「来んのが遅い!影なのに影が薄い!」と悪態をついている。
エリアスは智世に穢れの縛りが解けそうなのでエアリエルと一緒に浄化をお願いと言った。智世は返事をして行こうとすると猫の王のモリィが見届けるのが王の最後の務めだと彼女の腕の中に納まった。手を前に出し穢れに触れるとズブズブと智世たちを飲み込んでいった。

旅の魔術師

「チセ!」と呼ばれ目を開けるとモリィとその頭にエアリエルが乗っていた。身を起こし周りを見るとそこは遥かに昔の食事処のようだ。自分の手を見ると透けていてびっくりした。エアリエルが「ここは澱みの記憶の中みたいだねン」と言った。
すると、食事処の扉が開いてマシューが入って来たところだった。周りを見渡して一人で食事をしている小さい男のところに行って声を掛けた。「貴方は魔術師の方ですか?うちのやつが生まれつき身体が弱くて…どうにもすぐ寝込むんだ。なんとか元気になってもらいたいんだが、いい薬とか何かないだろうか」と相談をしている。魔術師は、生まれ付きの場合煎じ薬じゃ効かないかもしれないから奥方を直接診て判断をしたいと言ってきた。マシューは「頼む」言って彼を家に連れて行こうと歩き出し、魔術師は付いく。智世の横を通り過ぎる時、智世には彼が嘲笑っているように見えた。「(あれは嫌なやつだー)」心の中で呟いていた。魔術師はマシューの奥さん(ミナ)の症状を見て旦那に話があるからとマシューを外に連れ出した。「どうだ?」とマシューが聞くと「もってあと数年だろう」という。旦那はそんなの信じられないと魔術師にどうにかしてほしいと食い下がる。
「俺にできることなら何でもやるから!!このまま死ぬなんて可哀想すぎる…!!」
「ふーん。奥方は猫は好きかい?」と魔術師はマシューに聞いてきた。マシューは「一緒に寝るくらいだし、懐かれている」と答えた。
「そうかあ、ならちょうどいいかも。…知っているかい?猫には九つの命があるんだ。」
魔術師はそういって笑った。

「最近ネズミが多くないかい?猫たちがサボっているのかねえ…」と街中で町の女たちが話していた。ミナは旦那にご飯を届けに来たのだが、マシューは見つからない。町の女たちに聞いてみると森に斧を持って入っていったと聞く。ミナは森に入っていった。智世は彼女を遠くから見つめている。
「チセ、大丈夫?顔色が悪いわよン?」とエアリエルは心配になって声を掛けてきた。智世は悪い予感がして震えている。森の中に小屋を見つけたミナ。その小屋の傍にマシューの斧が置いてあった。
「(いけない。中を見ちゃいけない)」と心の中で叫び、ミナを止めようと走り出し手を掴もうとしたが擦り抜けてしまった。中にあった光景は鳴き叫んでいる檻の中にいる猫たちと、吊るされ殺されている猫たち、そして小刀を持って猫を殺しているマシュー。周りにはおびただしい血だまり。マシューは振り返りミナに「薬が完成したよ」と、小さな瓶を持ってミナのところに来た。そして彼女にその薬を飲むように言ってきた。でも、その瓶の中にあるものは血に見える。ミナは急に動けなくなった。後ろには魔術師が立っていてその薬を飲ませようとミナの頭を持ち上げ口を無理やり開かせ、マシューの手によって飲まされてしまった。ミナは涙をこぼし苦しみ、そして彼の腕の中で溶けて落ちて亡くなってしまった。
「あーあ、失敗かあ。形が崩壊(死んだ)しちゃった。やっぱり獣は獣でしかないのかなあ。人間より加工は楽でも本能が強い分呪いも強いや」魔術師は人が死んだことをただの実験失敗のように笑って言ってのけたのだ。マシューはそんな魔術師の言葉など聞いていない。ただ、ミナが死んだことをまだ薬(猫の命)が足りないと思いこみ、ミナの飼い猫がマシューの前に現れたのをいいことに斧を振り上げて殺そうとした。ミナの猫はそれをひらりとよけ、マシューの首に噛みつき喉を噛切っていた。「アンタはもう人間じゃない」とミナの猫はいった。ミナの猫は猫の王(猫の王は話すことが出来る)だったのだ。「貴方を生かすわけにはいかない。安らかに逝かすわけにもいかない。猫たちに選ばれた王として死んだ猫たちのためにもだ」とマシューを穢れた命たちの中に引きずり込んで魂を縛ったのだった。

「ミナはどこだろう?君がいないと寂しいんだ」と穢れの中から聞こえてくる。智世は映像の中から出てきたが、まだ穢れの中にいた。映像の光景が心の中に残り智世の目からは涙が溢れ止まらなくなっている。「嫌なものを見せてしまいましたね。本当はただ私たちを消してもらうだけのはずだったの。貴方は視る力が強いのですね。ごめんなさい」とミナは智世の後ろから声を掛けてきた。ミナとマシュー、そしてマシューに殺された猫たちの魂は生まれ変わることのできない行き場の失った魂になってしまった。そして輪廻の輪から外れてしまった私はその輪に戻る道も忘れてしまったから、智世に消して欲しい。現世の人たちに迷惑をかけられないと願ってくる。でも、智世はミナとマシュー達は騙されただけなのに消えてしまうのはおかしいとミナを説得しようとした。ミナは「今を逃せはもっと苦しい終わりの無い闇が待っている。だから、貴女にしかできないの」と智世の手を握り懇願してくる。「では、私が先導(死んで彼らを連れて行く)しましょう」とモリィ(猫の王)が願い出てきた。智世はモリィの申し出を受けることはできなかった。モリィの飼い主が悲しむから死ぬなと言いたかったのだ。「死とはいつも突然です。平等に遅かれ早かれ訪れるもの。先の王もその前もみな澱みを抑えるため魂を生贄にしてきました。それを思うなら案内役などたやすいこと」だという。その話を聞き智世は思いついた。風の精エアリエルの力なら花の種を遠くに運ぶ風のように魂を飛ばし魂の還る道に運んで輪廻に還すことが出来るのではないか。「そうねン。種は土へ、花は種へ、それが土と風の盟約。還るべき者たちは還るべき所へ♪」エアリエルは笑いながら頷いて「人間てお馬鹿で賢くて面白いわねン。だから妖精たちは貴方たち離れられないのん」と言ってミナ達の魂の転生の手伝ってくれることになった。智世はミナの手を取り「消したりはしない。大丈夫。運んでくれる。だから貴女も想像して。」そして智世は呪文を唱えるみたいに言葉を紡いだ。
「ダンデライオンが種を風に乗せるみたいに。そこで芽を出して根付くように。逝くべき処へ逝く風が吹くように。」
エアリエルは智世の言葉に乗って風を吹かせ、穢れを飛ばしていった。智世たちの周りは一面タンポポの草原になり、風に吹かれて綿帽子の種を飛ばしている。遠くにマシューが座っている。ミナはマシューを見つけ彼の名前を叫んでいた。その声に気付いたマシューは、ミナの方に駆け足で近づいて、ミナを抱きしめた。「マシュー、行きましょう。ありがとう智世。小さな魔法使いさん。できれば貴女がまだこちらに来ないように祈っているわ」ミナ達は風に乗って消えていった。ミナの最後の言葉は智世の力が命を短くしていることを知っていての優しい言葉だった。

「魔法使いの嫁」第5話『Love conquers all.』の感想・考察

「魔法使いの嫁」の動画放送情報

地上波・BS・CS 放送スケジュール

・TOKYO MX 土曜 25:30~(初回:2017年10月7日)
・毎日放送 土曜 27:38~(初回:2017年10月7日)
・AT-X 日曜 21:00~(初回:2017年10月8日)
・テレビ愛知 月曜 26:05~(初回:2017年10月9日)
・テレビ埼玉 水曜 23:00~(初回:2017年10月11日)
・チバテレビ 水曜 23:00~(初回:2017年10月11日)
・BS11 水曜 25:00~(初回:2017年10月11日)
・北海道放送 水曜 26:26~(初回:2017年10月11日)

その他配信系 配信スケジュール

・AbemaTV 2017年10月8日(日)23:00~
・dアニメストア 2017年10月10日(火)12:00~
・バンダイチャンネル 2017年10月10日(火)12:00~
・フジテレビオンデマンド 2017年10月9日(月)24:00~
・Amazonプライム・ビデオ 2017年10月9日(月)24:00~
・ビデオマーケット 2017年10月9日(月)24:00~
・ひかりTV 2017年10月9日(月)24:00~
・アニメイトチャンネル 2017年10月10日(火)12:00~
・TSUTAYA TV 2017年10月10日(火)12:00~
・HAPPY!動画 2017年10月10日(火)12:00~
・U-NEXT 2017年10月10日(火)12:00~
・アニメ放題 2017年10月10日(火)12:00~
・ビデオパス 2017年10月10日(火)24:00~
・J:COMオンデマンド メガパック 2017年10月10日(火)24:00~
・GYAO! 2017年10月12日(木)24:00~
・ニコニコ生放送 2017年10月12日(木)24:00~
・ニコニコチャンネル 2017年10月12日(木)24:30~

「魔法使いの嫁」アニメ全話のネタバレ解説まとめ

renote.jp

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

魔法使いの嫁(まほよめ、The Ancient Magus' Bride)のネタバレ解説まとめ

『魔法使いの嫁』とは、ヤマザキコレによるマンガ作品。2014年1月号から9月号まで「月刊コミックブレイド」で連載された後に「月刊コミックガーデン」へと移った。この物語は、夜の愛し仔(スレイ・ベガ)である「チセ」が異形の魔法使い「エリアス」に買われるところから始まる。人ではない者が見えることにより、たくさん傷ついてきたチセは、その能力により様々な出会いを繰り返し自分と向き合っていくのであった。

Read Article

魔法使いの嫁(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

「魔法使いの嫁」とはヤマザキコレによる漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 人外のモノが見えてしまう羽鳥智世15歳。彼女は母親に目の前で死なれて、親戚たちに疎まれ生きるのに疲れ、飛び降り自殺をしようとしていた。その時突然背後に見知らぬ外国人があらわれ、あなたを売りませんかと言う。人身売買で売られた先は魔法使いのエリアス。エリアスと智世の目を通して壮大な自然の神秘が描かれている。

Read Article

魔法使いの嫁(第1話)のあらすじと感想・考察まとめ

今回は「魔法使いの嫁」第1話『April showers bring May flowers.』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。 家族を失い、孤独な生活を強いられ、孤独に暮らしていた羽鳥智世はある男に声をかけられ、自身の体を売りに出してしまう。そして智世は魔法使いのエリアス・エインズワースに買われることとなった。

Read Article

目次 - Contents