チャッピー(CHAPPiE)のネタバレ解説・考察まとめ

“感情”や“意識”を持った人工知能内臓の学習型ロボット“チャッピー”を巡り、そのロボットの設計者、ロボットを強奪したギャング・グループ、設計者を妬む同僚などが入り乱れて、ユーモアを交えながら壮絶なアクションとサスペンスが展開する、2015年公開の近未来SF映画。監督は、独創的なSF映画「第9地区」(09)でデビューした南アフリカ出身のニール・ブロムカンプ。

日本劇場公開版では、人体切断描写がカットされていた

ムースがニンジャ達の隠れ家に急襲する終盤の場面で、アメリカがムースに上半身と下半身を引きちぎられる人体切断描写がある。
日本で劇場公開時、アメリカ版に比べPG12で上映するために自主規制としてこのシーンの数秒カットが行われ、映画ファンの間で問題視されたが、配給元のソニー・ピクチャーズは「監督の賛同を得た上で編集を行った」と説明した。だが、ブロムカンプ監督は「何も知らない、ワールドワイド版一つだけだ」と語っている。後に、ソニー・ピクチャーズは、日本公開版は委託された編集権に基づいての独自判断であり、「監督の直接の賛同を得ていませんでした」と公式ツイッターで謝罪している。
なお、ブルーレイとDVDのセル盤は、US劇場公開版と同様のアンレイテッド・バージョンだが、レンタル版はカット版となっている。

劇場公開版で削除された、アメリカが上半身と下半身に引きちぎられる人体切断場面

『チャッピー』の関連動画

『チャッピー』日本版・予告編

映画『チャッピー』特別映像 "ダイ・アントワード"って何者だ!?

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

第9地区(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『第9地区』は、作品賞も含め4部門のアカデミー賞にノミネートされたSFアクション映画だ。 製作は『ロード・オブ・ザ・リング』3部作のピーター・ジャクソン。 ある日突然上空に現れた宇宙船。中には衰弱したエイリアンたちがいた。人類はそのエイリアンたちを「第9地区」と呼ばれるスラム地域に隔離する。 映画にはCGもふんだんに使われ、銃などによる戦闘シーンも迫力満載。SFアクション映画として十分楽しめるが、映画に出てくる「第9地区」はアパルトヘイトを彷彿とさるなど、数々の社会批判も映画の見どころだ。

Read Article

レ・ミゼラブル(レミゼ)のネタバレ解説・考察まとめ

2012年に公開されたミュージカル映画。主役のジャンバルジャンが牢獄から仮釈放されるシーンから始まる。ジャンバルジャンを追いかけるジャベール警部、ジャンバルジャンに自分の子供を託すファンティーヌなどの登場人物たちにより彼の人生は激動の時代を駆け抜けることとなる。そしてフランス革命が起き、それぞれの人生が変わるのであった。一人の男の一生を描いた超大作である。

Read Article

リアル・スティール(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『リアル・スティール』とは、人間の代わりに高性能ロボットたちが激しい戦いを繰り広げる“ロボット格闘技”が人気を博す近未来を舞台にした痛快SFアクションムービー。落ちぶれた元プロボクサーの男と、彼の前に突然現れた11歳の息子が、スクラップ置き場で見つけた旧式ロボットATOMに希望を託し、親子の絆を深めながらロボット格闘技の王者を目指す姿を描く。アメリカ劇場初登場1位のヒットを放った。2011年制作。

Read Article

グレイテスト・ショーマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『グレイテスト・ショーマン』とは、2017年にアメリカで制作されたミュージカル映画。 19世紀に実在したショーマンの、P・T・バーナムの成功を描いた作品。 主演をヒュー・ジャックマンが務め、監督はマイケル・グレイシー。 日本の興行収入は52億円をこえるヒット作となった。 主人公であるバーナムは貧しい身分出身でありながら、ショービジネスの道に進み、自身の身体的特徴から世間から隠れるように生きていた人たちを集めサーカスを始める。バーナムが成功するまでを描いた作品。

Read Article

目次 - Contents