チャッピー(CHAPPiE)のネタバレ解説・考察まとめ

“感情”や“意識”を持った人工知能内臓の学習型ロボット“チャッピー”を巡り、そのロボットの設計者、ロボットを強奪したギャング・グループ、設計者を妬む同僚などが入り乱れて、ユーモアを交えながら壮絶なアクションとサスペンスが展開する、2015年公開の近未来SF映画。監督は、独創的なSF映画「第9地区」(09)でデビューした南アフリカ出身のニール・ブロムカンプ。

ニンジャ(演:ニンジャ<ダイ・アントワード>、日本語吹替:高木渉)

ギャンググループのリーダー的存在。少々短気で直情的だが、ヨーランディには頭が上がらないようで、彼女の意見には素直に従っている。どうも彼女とは恋人関係にあるようだ。チャッピーには、自分を“パパ”と呼ばせている。
悪賢くて、まだ善悪の区別がつかないチャッピーを言いくるめて悪事を働かせるが、ムースに急襲された時はヨーランディやディオンを逃がそうと捨て身でムースに立ち向かうなど男気溢れる姿を見せる。

ヨーランディ(演:ヨ=ランディ・ヴィッサー<ダイ・アントワード>、日本語吹替:新谷真弓)

ギャンググループの紅一点。小柄だが、キュートな顔立ちに似合わず肝っ玉がすわっている。
チャッピーに対して母性本能が刺激されたらしく、わが子のように接しており、ベッドで彼に絵本を読んで聞かせるなど母親らしく振舞っている。
一人残ってムースに立ち向かおうとしたニンジャを置いていくことはできず、助けるために重火器を構えてムースにぶっ放すなど実に勇ましい。
結局命を落としてしまうが、チャッピーにより最後はロボットとして蘇る。

ヴィンセント・ムーア(演:ヒュー・ジャックマン、日本語吹替:山路和弘)

テトラバール社の社員で、軍事用ロボット“ムース”の開発者。髭面でポロシャツにバミューダパンツとラフな格好をしていて、社内では一人浮いている。
以前は国防総省の防衛計画局で2年働き、豪州の特殊部隊に所属したこともあるらしい。
ディオンの生み出したスカウトが大好評のせいで自分の研究開発費がどんどん削られ、ディオンを深く妬んでいる。
何とかムースの実力を見せようと、すべての警官ロボット・スカウトのプログラムに悪質ウイルスを放ち機能停止に陥らせる。
機能停止したチャッピーをディオンが回復させるのを目撃し、後にムースを作動させてチャッピーを破壊しようとする。
最後には、社内に現れたチャッピーにコテンパンに痛めつけられてしまう。

アメリカ(演:ホセ・パブロ・カンティージョ、日本語吹替:江川央生)

ギャンググループのひとり。アメリカ出身のようで、たまにアメリカに帰りたいと口走ることがある。
ニンジャやヨーランディとは気心の知れた仲間で、チャッピーに対してもニンジャよりも親しみを感じた接し方をしている。
仲間内で波風が立たないよう要領よく立ち回っているが、最後には隠れ家に急襲したムースに体を引き裂かれ無残な死を遂げる。

ミシェル・ブラッドリー(演:シガーニー・ウィーヴァー、日本語吹替:日本語吹替:幸田直子)

テトラバール社の代表取締役。
収益を第一に考えており、ディオンの開発したスカウトが警察に大量購入されたことに満足しているが、彼が次に成功させた感情や意識をもった新しい人工知能に関しては、収益につながらないと採用を却下ししまうクールなビジネス・ウーマン。
ヴィンセントの策略とは知らず、ロボット警官スカウトが機能停止した時は会社の危機回避のためにやむなくムース作動を許可してしまう。
だが結局、南アメリカ警察はロボット警官の使用を止め、人間の警官が大量雇用されることとなる。

ヒッポ(演:ブランドン・オーレット、日本語吹替:天田益男)

強面のニンジャ達の大ボス。奇妙なヘアスタイルで、筋肉自慢なのか上半身はいつも裸。
強盗に失敗したニンジャ達に、大金を一週間で用意しないとをお前ら全員殺すと脅す冷血漢。
ニュースで現金輸送車強奪を働くチャッピーを見ると、ぜひ手に入れたいとニンジャ達の隠れ家を襲うが、銃撃戦を繰り広げた後にニンジャに命を絶たれる。

『チャッピー』の見どころ

感情を持ったロボットの心情を描く斬新な設定のSFムービー

蛍光イエローに塗られたニンジャの銃

誕生したばかりで赤ん坊のように無垢な人工知能内臓の学習型ロボットが、ギャンググループに育てられるという、それまでのSF作品になかった設定が斬新で、それが見どころの一つとなっている作品だ。
サイボーグのように表情があるわけでもなく、いかにもロボットそのもののマシン然とした姿なのに、戸惑い悩み哀しむチャッピーの心情が見ている側にストレートに伝わってくる。
また、ギャングを演じるダイ・アントワードのニンジャとヨ=ランディ・ヴィッサーが、自身のキャラをそのまま役柄に反映しているそうで、ファッションや隠れ家の装飾、それに小物など、細部にわたるまでダイ・アントワード・ワールドに染め上げており、そんなビジュアルも見どころだ。
本作のアイデアのヒントを与えてくれた二人だけに、監督は、彼らの意向をできるだけ作品に取り込みたいと考え、希望どうりに銃をピンク色や蛍光イエローに塗ったり、彼ら自身の車を登場させたりしているんだそう。もちろん、ダイ・アントワードの音楽も流れる。

個性的ミュージシャン「ダイ・アントワード」のプロフィール

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

第9地区(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『第9地区』は、作品賞も含め4部門のアカデミー賞にノミネートされたSFアクション映画だ。 製作は『ロード・オブ・ザ・リング』3部作のピーター・ジャクソン。 ある日突然上空に現れた宇宙船。中には衰弱したエイリアンたちがいた。人類はそのエイリアンたちを「第9地区」と呼ばれるスラム地域に隔離する。 映画にはCGもふんだんに使われ、銃などによる戦闘シーンも迫力満載。SFアクション映画として十分楽しめるが、映画に出てくる「第9地区」はアパルトヘイトを彷彿とさるなど、数々の社会批判も映画の見どころだ。

Read Article

レ・ミゼラブル(レミゼ)のネタバレ解説・考察まとめ

2012年に公開されたミュージカル映画。主役のジャンバルジャンが牢獄から仮釈放されるシーンから始まる。ジャンバルジャンを追いかけるジャベール警部、ジャンバルジャンに自分の子供を託すファンティーヌなどの登場人物たちにより彼の人生は激動の時代を駆け抜けることとなる。そしてフランス革命が起き、それぞれの人生が変わるのであった。一人の男の一生を描いた超大作である。

Read Article

グレイテスト・ショーマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『グレイテスト・ショーマン』とは、2017年にアメリカで制作されたミュージカル映画。 19世紀に実在したショーマンの、P・T・バーナムの成功を描いた作品。 主演をヒュー・ジャックマンが務め、監督はマイケル・グレイシー。 日本の興行収入は52億円をこえるヒット作となった。 主人公であるバーナムは貧しい身分出身でありながら、ショービジネスの道に進み、自身の身体的特徴から世間から隠れるように生きていた人たちを集めサーカスを始める。バーナムが成功するまでを描いた作品。

Read Article

リアル・スティール(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『リアル・スティール』とは、人間の代わりに高性能ロボットたちが激しい戦いを繰り広げる“ロボット格闘技”が人気を博す近未来を舞台にした痛快SFアクションムービー。落ちぶれた元プロボクサーの男と、彼の前に突然現れた11歳の息子が、スクラップ置き場で見つけた旧式ロボットATOMに希望を託し、親子の絆を深めながらロボット格闘技の王者を目指す姿を描く。アメリカ劇場初登場1位のヒットを放った。2011年制作。

Read Article

目次 - Contents