G戦場ヘヴンズドア(日本橋ヨヲコ)のネタバレ解説・考察まとめ

日本橋ヨヲコが『月刊IKKI』にて2000年11月から2003年6月に連載した作品。単行本は全3巻。漫画家の父を持つ堺田町蔵と、編集者の父を持つ長谷川鉄男の、漫画を通した友情と成長を描いたストーリー。2005年3月にNHK-FMの『青春アドベンチャー』という番組でラジオドラマ化された。

久美子の存在によりネームをいくつか描くことになった町蔵。
文化祭でロミオとジュリエットのロミオを演じた久美子を見て、このセリフを残し、久美子は涙をこぼす。
ずっと他人から必要とされたがっていた久美子が、町蔵のセリフで自己肯定ができるシーン。

鉄男が川に原稿を流し、再び坂井大蔵が現れるシーン

編集長である自分の父を憎み、苦しめようと描きためていた原稿を川に廃棄する鉄男。
そこに坂井大蔵がもう一度現れ、「今度は誰のために捨ててるんだい?」と聞く。
小学生の頃マンガの原稿を捨てていた鉄男とフラッシュバックして、「なんのためにマンガを描くのか」を考えさせてくれるシーン。

「俺が鉄男の手になります。」

描きためていた分の原稿はボツになり、「マンガをそれ以外の目的に使う奴はいらない」と言われて描き続ける理由がなくなった鉄男。
久美子は鉄男を支えたいと思っていたが、全てを拒絶するような鉄男より、自分を題材に優しいマンガを描いてくれた町蔵を選び、鉄男は自殺未遂をする。
その鉄男に「連載を打ち切りで終了するかあと数話で完結させるか選べ」と父である阿久田は迫る。
そこで町蔵が鉄男の手を握りながら返したセリフ。
鉄男の手になれるのは自分しかいない、という確信を持った町蔵の、ゆるぎない信念が見えるセリフ。

「もう堺田ちゃんには、安全地帯にいるあなたたちの言葉は届かないわよ。」

鉄男の絵を受賞者全員で偽造しよう、という持ちかけに猪熊たちは乗る。
しかし、稲葉やユウはそれに反対する。
猪熊は二人を説得することもなく、ただこのセリフを言い、手伝いに来てくれた人間をもてなす準備に入る。
創作者は常に危ういところでメッセージを発している、それがプロであるという猪熊の信条をはっきり表したシーン。

「オレにはできない」と鉄男が手を差し出すシーン

マンガ家になり、何度も自信作を打ち切られている町蔵。
そして自信作のネームを編集部に持ち込むが、なかなかいい反応をもらえない。
しかし新しい担当だという人間は、構成さえ変えればこれでいけると断言する。
「少なくともオレはこんな遺書のような血の通ったネームを見たことがない。こんな作品(もの)をボツにするなんてできませんよ。」と言ったのは、初めて町蔵の小説を読んだ時と同じように手を差し伸べてくれた、編集者となった鉄男だった。

『G戦場ヘヴンズドア』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

連載獲得への道

『月刊IKKI』が新雑誌として動き始める時に、日本橋ヨヲコが担当者と話していたら盛り上がり、前作である『極東学園天国』を読ませて連載をゲットするに至った。
「いいじゃん、これでいこう」という軽いノリに日本橋本人は「そんなんでいいのか!?」となったものの、新雑誌の主要なメンツとして関われるのは嬉しいとして連載を始めることになった。

実は「マンガ」がテーマではない!?

日本橋本人はこのマンガを「戦友もの」としており、マンガがテーマではないとしている。
マンガを二人の絆に使用することにより、自身も一緒に成長できる、これは今しか描けないとして描き始めた。

探してみよう!「レゾくん」

1話からちょくちょく登場する骸骨人形は、「レゾくん」と日本橋の仕事場では呼ばれている。
それは仕事場内で「一番不快な擬音はなにか」という話題になったときに、「れぞ」という擬音が一位を見事獲得したからである。
ぽつぽつと登場しているので是非探していただきたい。

『G戦場ヘヴンズドア』の関連リンク

www.shogakukan.co.jp

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

プラスチック解体高校(日本橋ヨヲコ)のネタバレ解説・考察まとめ

『プラスチック解体高校』とは、日本橋ヨヲコによる漫画作品。『週刊ヤングマガジン』にて、1997年第39号から1998年第19号まで連載された。全2巻。 名門進学校・大段高校の特別進学クラスに入学した主人公とその仲間たちが、担任の教師や生徒会との対立、人間関係の難しさなどに悩む青春ストーリー。 作者初の連載作品だった。

Read Article

少女ファイト(日本橋ヨヲコ)のネタバレ解説・考察まとめ

『少女ファイト』とは、日本橋ヨヲコにより講談社イブニングで連載されている、高校女子バレーボールを題材にした漫画作品である。女子バレー界で20年に一人の逸材と謳われた姉の事故をきっかけとし、心を病んでしまった主人公大石練。そんな彼女が高校進学を転機に、仲間達を通して大きな成長を遂げ、春高優勝に向けて力を合わせていく青春物語である。ブロスコミックアワード2008大賞受賞作品。2009年10月にはOVA化もされている。

Read Article

極東学園天国(日本橋ヨヲコ)のネタバレ解説・考察まとめ

『極東学園天国』とは、『週刊ヤングマガジン』にて連載された、日本橋ヨヲコによる日本の漫画作品である。荒くれ者の巣窟、五色台(ごしきだい)学園に転校してきた主人公・平賀信号。彼は転入早々、この学園を統べる3年・城戸信長の号令により、突如学食優先権を賭けた学年対抗の戦争に巻き込まれていく。全4巻。2013年に新装版が発売され、巻末におまけマンガが新しく追加された。

Read Article

目次 - Contents