G戦場ヘヴンズドア(日本橋ヨヲコ)のネタバレ解説・考察まとめ

日本橋ヨヲコが『月刊IKKI』にて2000年11月から2003年6月に連載した作品。単行本は全3巻。漫画家の父を持つ堺田町蔵と、編集者の父を持つ長谷川鉄男の、漫画を通した友情と成長を描いたストーリー。2005年3月にNHK-FMの『青春アドベンチャー』という番組でラジオドラマ化された。

菅井金治(すがいきんじ)

町蔵と鉄男のクラスメイト。
のちに康子と結婚する。

『G戦場ヘヴンズドア』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

「オレにはできない。」

1話目のラストページ。
鉄男の大切な漫画原稿を破った町蔵は、久美子に「逆・包茎手術」を施されそうになる。
それを鉄男は止めるが、久美子は「お前は鉄男の大切なものを踏みにじったんだからお前の大切なものも出せ」と言う。
町蔵が取り出したのは小説の原稿で、それを鉄男は目の前で熟読する。
破られることを覚悟していた町蔵だったが、鉄男は座り込んでいる町蔵に手を伸ばしながら、これを破ることはできないと言う。
最終話と同じ構図になっており、「戦友」の差し伸べてくれる手こそが運命を切り開くきっかけになるのだと示すシーン。

「オレを震えさせてくれるのなら、この世界で、一緒に汚れてやる。」

鉄男は町蔵と組んで漫画を描きたいと言うが、町蔵は断る。
できあがってきた鉄男の漫画は無難なもので、期待していた町蔵は裏切られるが、鉄男が過去に描いていたという漫画を読んで気持ちが変わる。
中途半端なものを世に出そうとしてるんじゃない、とこのセリフを告げ、鉄男とコンビを組む。
このシーンは日本橋ヨヲコの『少女ファイト』内でも設定を変えて使用されている、筆者渾身のシーン。
今まで違う育ち方をしてきた人間同士が、ある一点に向けて協力しあうために覚悟を決める。

鉄男が川に原稿を捨てるシーン

鉄男が小学生の時に、母と離婚して離れて暮らしている父へ近況を報告しようと描いた漫画がある。
それを読んだ母は体調を崩し、寝付いてしまう。
自分の漫画が凶器になることを知った鉄男は、その原稿を川へ捨てる。
通りがかった坂井大蔵が、その原稿を貰い受けるシーン。
大蔵は「小学生がここまで完璧に自分を押し殺した原稿が描けるなんて」と感心し、鉄男の「そういった原稿を描かざるを得ない」環境に嘆きを覚える。
それから、自分の漫画を描き続けることにより、鉄男がいつか自分の漫画を見て、また漫画を描きたいと思ってくれることをモチベーションに連載を続けていた。
このシーンがあることにより、鉄男がプロになってから川に原稿を再度捨てに行くシーンが際立つ。

「アタックってさ、派手だけど意外と簡単なんだよね。」

球技大会で優勝した打ち上げで、久美子の家で営んでいる料亭にクラス一同は招待される。
そこで鉄男のマジックをみながら久美子が言うセリフ。
「自分だけが気持ちいいことやってたら、試合にはなんないよ。鉄男のトスは打ちやすかっただろう?」というセリフに続き、町蔵の独りよがりのネームではなく、鉄男の作画を生かせるネームを描くべきだ、というアドバイスでもある。

「かわいそうになあ。気づいちゃったんだよなあ、誰も生き急げなんて言ってくれないことに。」

少年ファイトの編集長として編集部に戻ってきた鉄男の父・阿久田。
漫画賞の投稿を町蔵がすると知って、このセリフを投げかける。
青春をのうのうと過ごしている人間にはわからない焦燥感をうまく表した言葉。

町蔵の描いたネームをみて久美子が泣くシーン

「鉄男の一番そばにいる」という自分の役割が、漫画でコンビを組んだ町蔵に取られてしまったと思い、生きる意味を見失う久美子。
家出をした久美子を連れ戻すときに、町蔵は久美子をモデルに描いたネームを読ませる。
「自分のことをわかってくれる人間なんていない」と思っていた久美子が、憧れ続けた鉄男ではなくひょっと登場したにすぎない町蔵に心の内を見透かされることに動揺しつつ、安心感を覚え町蔵への接し方が今後変わる重要なシーン。

「なのになんでそんな、オレの中に入ってくるんだよ。」

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

プラスチック解体高校(日本橋ヨヲコ)のネタバレ解説・考察まとめ

『プラスチック解体高校』とは、日本橋ヨヲコによる漫画作品。『週刊ヤングマガジン』にて、1997年第39号から1998年第19号まで連載された。全2巻。 名門進学校・大段高校の特別進学クラスに入学した主人公とその仲間たちが、担任の教師や生徒会との対立、人間関係の難しさなどに悩む青春ストーリー。 作者初の連載作品だった。

Read Article

少女ファイト(日本橋ヨヲコ)のネタバレ解説・考察まとめ

『少女ファイト』とは、日本橋ヨヲコにより講談社イブニングで連載されている、高校女子バレーボールを題材にした漫画作品である。女子バレー界で20年に一人の逸材と謳われた姉の事故をきっかけとし、心を病んでしまった主人公大石練。そんな彼女が高校進学を転機に、仲間達を通して大きな成長を遂げ、春高優勝に向けて力を合わせていく青春物語である。ブロスコミックアワード2008大賞受賞作品。2009年10月にはOVA化もされている。

Read Article

極東学園天国(日本橋ヨヲコ)のネタバレ解説・考察まとめ

『極東学園天国』とは、『週刊ヤングマガジン』にて連載された、日本橋ヨヲコによる日本の漫画作品である。荒くれ者の巣窟、五色台(ごしきだい)学園に転校してきた主人公・平賀信号。彼は転入早々、この学園を統べる3年・城戸信長の号令により、突如学食優先権を賭けた学年対抗の戦争に巻き込まれていく。全4巻。2013年に新装版が発売され、巻末におまけマンガが新しく追加された。

Read Article

目次 - Contents