G戦場ヘヴンズドア(日本橋ヨヲコ)のネタバレ解説まとめ

日本橋ヨヲコが『月刊IKKI』にて2000年11月から2003年6月に連載した作品。単行本は全3巻。漫画家の父を持つ堺田町蔵と、編集者の父を持つ長谷川鉄男の、漫画を通した友情と成長を描いたストーリー。2005年3月にNHK-FMの『青春アドベンチャー』という番組でラジオドラマ化された。

登場人物・キャラクターの家族

鉄男のおじいちゃん

駄菓子屋を営んでいる。
鉄男がマンガを描く用にと、チラシの裏が白いものなどをためていた。
経済状況は苦しく、久美子の家に金銭的援助などでお世話になっていることを鉄男が気にしているのを配慮し、鉄男の母の葬儀の後は長谷川家にお世話にはもうならないと久美子に告げる。

長谷川枝美子(はせがわえみこ)

鉄男の母親。
久美子の父が経営する病院に入院している。
鉄男が描いたマンガを読み体調が悪化したことがあり、以後鉄男はマンガ家になりたいという夢を母親に話すことができなかった。

久美子の父

菅原総合病院の院長。
阿久田とは高校時代からの友人で、二人で枝美子に惚れていた。
町の名士であり、料亭の経営などもしている。
ヴァイオリンの演奏が得意で、患者に聴かせる活動などもしている。

漫画家と編集者たち

猪熊宗一郎(いのくまそういちろう)

第35回少年ファイト新人漫画大賞の準大賞受賞者。
自分にマンガのストーリーを描く才能がないことを自覚しており、プロアシであることを誇りに思っている。
町蔵のマンガ修行の手伝いをする。

町田都(まちだみやこ)

『少年ファイト』にて連載している漫画家の一人で、阿久田を尊敬している。
町蔵のマンガ修業先であり、マンガにかける思いはまっすぐ。
『プラスチック解体高校』の登場人物のひとり。

山田(やまだ)

坂井大蔵の担当編集者。
町蔵の反抗に「僕は君と仕事をしたくない」ときっぱり言い切るが、その後町蔵が成長するにつれて態度を軟化させる。
裕美子に好意を抱いていて、3巻の最後では二人は結婚していることになっている。

井川春樹(いがわはるき)

第35回少年ファイト新人漫画大賞受賞者の一人。
猪熊も前にアシスタントをしていた漫画家の元でアシスタントをしている。

岸辺シロノ(きしべしろの)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

極東学園天国(日本橋ヨヲコ)のネタバレ解説まとめ

『極東学園天国』とは、『週刊ヤングマガジン』にて連載された、日本橋ヨヲコによる日本の漫画作品である。荒くれ者の巣窟、五色台(ごしきだい)学園に転校してきた主人公・平賀信号。彼は転入早々、この学園を統べる3年・城戸信長の号令により、突如学食優先権を賭けた学年対抗の戦争に巻き込まれていく。全4巻。2013年に新装版が発売され、巻末におまけマンガが新しく追加された。

Read Article

プラスチック解体高校(日本橋ヨヲコ)のネタバレ解説まとめ

『プラスチック解体高校』とは、日本橋ヨヲコによる漫画作品。『週刊ヤングマガジン』にて、1997年第39号から1998年第19号まで連載された。全2巻。 名門進学校・大段高校の特別進学クラスに入学した主人公とその仲間たちが、担任の教師や生徒会との対立、人間関係の難しさなどに悩む青春ストーリー。 作者初の連載作品だった。

Read Article

少女ファイト(日本橋ヨヲコ)のネタバレ解説まとめ

『少女ファイト』とは、日本橋ヨヲコにより講談社イブニングで連載されている、高校女子バレーボールを題材にした漫画作品である。女子バレー界で20年に一人の逸材と謳われた姉の事故をきっかけとし、心を病んでしまった主人公大石練。そんな彼女が高校進学を転機に、仲間達を通して大きな成長を遂げ、春高優勝に向けて力を合わせていく青春物語である。ブロスコミックアワード2008大賞受賞作品。2009年10月にはOVA化もされている。

Read Article

目次 - Contents