タイタンフォール2(Titanfall 2)のネタバレ解説まとめ

バトルフィールドシリーズなどを手がけるエレクトロニック・アーツ(EA)より2016年10月28日に発売されたFPS。前作のTitanfallはPC, Xboxのみの発売だったが、Titanfall 2はPS4, PC, Xbox Oneに対応している。プレイヤーとしても操縦できる『タイタン』を駆使し、ストーリーを進めていったり、マルチプレイヤーでプレイヤーと対戦も可能なシューティングアクションだ。

ランチャー

サブ武器として装備可能な威力が高めのランチャー。
主に対パイロット用な性能になっているがタイタンへの攻撃が行えなくもないので、対タイタン武器と合わせて使うとかなりダメージを稼げる。

ピストル

主に近距離で咄嗟の切替時に出す武器。近距離での威力はライフルより高めだが、ゲーム性的にあまり活躍の場は少ない。
切り替えが早いのでメイン武器の弾が尽きた場合のセカンダリとして持っておくと、いざという時に役立つ。

対タイタン

重装甲目標に対するダメージが高めの武器。
以前まではサブ武器と対タイタン武器は同じセカンダリ枠だったが、アップデートにより別々に使用可能になった。
タイタン以外にも、リーパーなどのAIのロボット、パイロットセントリーなどの銃では破壊しにくい目標にも攻撃が可能。

軍需品

グレネードなどの投擲物。クールタイムを挟めば何度でも使用可能な点が魅力。
まとめて動く兵士などを一気に倒したり、敵タイタンに投げつけて妨害をしたりすることが可能。

再生

なんだか意味ありげなメッセージが表示される

Titanfallには再生という、レベルが一定まで上がるとレベル1からやり直すことになる代わりに、新しい迷彩や見た目に関する物を入手することが出来る機能がある。
再生を行うと、成績などが表示される画面で名前の左に『G』で表示され、何回再生したかが他人からも分かるようになっており、一種のやりこみ要素だ。
パイロットの再生は任意ですることができるため、してもしなくても良い。再生することによる強さの変化は一切ない。
ゲーム内クレジットで購入した武器などは引き続き使用可能で、解除したアタッチメントなども使用可能なので安心だ。

他には、武器、タイタン、勢力などにも再生のようなレベルが有り、これらは自動で上がっていくが、特に武器などがロックされたりするわけではなく、ただ単純に武器のレベルが上限突破し、使い込んでいる指標になる。 レベルが上がると迷彩が解除されていくので、好きな武器があれば使い込むと良い。

ゲームルール

消耗戦

6VS6+AIのゲームモード。他のFPSで言うチームデスマッチ(TDM)。スコアリミットの650点に先に到達した方の勝利となる。
兵士、スペクター、ストーカーなどの歩兵は1点、リーパーは3点、パイロットは5点、タイタンは10点となっている。
常にパイロットを探し回って倒すのも良いが、手すきになったら兵士などを倒すのも勝利への近道となる。
ちなみに、NPCが倒したNPCはスコアにカウントされないため注意。

賞金稼ぎ

5VS5+AIのゲームモード。敵の歩兵や敵パイロットを倒し、賞金(スコア)を獲得していく。
このモードは『ウェーブ』と『バンクフェーズ』を一定時間ごとに繰り返し、最終的なスコアを競うモード。
『ウェーブ』では敵の賞金首タイタン(AI)や一般歩兵、敵パイロットを倒し賞金を稼ぐフェーズ。このフェーズではバンクはクローズされる。
『バンクフェーズ』は、ウェーブで獲得した賞金を『バンク』にアップロードし、チームスコアに加算できるフェーズだ。
賞金を稼いだ敵パイロットを倒すとスコアの半分を奪うことが出来る。
また、バンクはマップの2箇所に設置されるが、どちらか一方でのみアップロードができるということはなく、どちらを使用しても良い。 バンクフェーズでは、賞金をアップロードするためにバンクで無防備になるプレイヤーがいるので、これを狙っていくのも勝利の鍵だ。

拠点増幅

6VS6のゲームモード。他のFPSで言うドミネーション。
各拠点A,B,Cに一定時間とどまることで自チームの拠点にし、スコアが徐々に加算されていく。
拠点を敵の攻撃から防衛すると、一定時間拠点は増幅され獲得できるポイントが2倍になる。
ただし、拠点が無人になってしまうと増幅はなくなってしまう。 AIがいないので、プレイヤーの動きが大切になるゲームモードだ。

LTS

5VS5のゲームモード。リスポーンなし。全員がタイタンに乗った状態からスタートし、ラウンド単位で勝利を目指す。
先に4ランド勝利したチームがラウンドを取ることが出来る。タイタンを降りてパイロットとして行動ができ、タイタンがやられてもパイロットが生き残っていれば一人としてカウントされる。
余談だが、LTSは「Last Titan Standing」の略称だ。

また、不定期でルールが変更され『アイアンLTS』というモードに差し替わることがある。
こちらはパイロットとして行動が不可能で、ステルス・オートイジェクトなどが無用のものになる。

もう一つ『イージスLTS』というモードがあり、フロンティアディフェンスで取得できるイージスランクが適用されるLTS。
イージスランクは、フロンティアディフェンス及びイージスランクが適用されるモードでのみ適用されるタイタンのランク、スキルの事だ。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents