タイタンフォール2(Titanfall 2)のネタバレ解説まとめ

バトルフィールドシリーズなどを手がけるエレクトロニック・アーツ(EA)より2016年10月28日に発売されたFPS。前作のTitanfallはPC, Xboxのみの発売だったが、Titanfall 2はPS4, PC, Xbox Oneに対応している。プレイヤーとしても操縦できる『タイタン』を駆使し、ストーリーを進めていったり、マルチプレイヤーでプレイヤーと対戦も可能なシューティングアクションだ。

戦術の増幅壁に似たパイロットシールド。
展開の仕方や大きさも増幅壁と同じだが、耐久値は増幅壁ほどではなくダメージ増幅効果もないので実質下位互換のブーストだ。

ホロパイロット・ノヴァ

ホロパイロットの戦術に似たブースト。3体の分身を展開する。

ダイスロール

ランダムなブーストを得ることが出来る。
起動コストが他のブーストより低く、運次第では強化武器、パイロットセントリーなどの強力なブーストが使用できると序盤を優位に進められる。
反面、フェーズリワインド、ハードカバーといったハズレが出てしまった場合、交換のしようもない。
ブーストはストックが可能なため、スマートピストル→強化武器が手に入れば2ロック分で敵をキルできるスマートピストルが使用可能になったりする。
タイタンなしのルールの場合、一部ブーストが強化武器に変わるので強化武器を手に入れやすくなる。

武器

アサルトライフル

最も平均的な性能の武器種。中距離や中距離以降でも無難に戦えるライフル。
他FPSと違い腰撃ちでも近~中距離でもそこそこ当たりやすく、機動戦にも向いている。迷ったらこれを使っておけば間違いない。

サブマシンガン

アサルトライフルより交戦距離が下がり、近~中距離での精度、腰撃ち時の精度が更に上がった武器種。
反動が少なく、アクティブに動き回るプレイヤーにも向いており、扱いやすい。アサルトライフルに比べてリロードが早めなのも特徴だ。

ライトマシンガン

威力減衰が起きにくく、腰撃ち精度が下がって交戦距離が長めなライフル。
装弾数が多いが、特別他の武器より威力が高いわけではないので近距離から中距離では不利な戦いになりやすい。
高台を陣取ってから増幅壁などを合わせて使用し、遠目の距離から攻撃するのがおすすめだ。

スナイパーライフル

遠距離での威力が高いライフル。距離や当たる場所によっては一撃で倒せるものも少なくない。
他の武器は軒並み精度が他のFPSに比べて良くないうえ、マップも広いので狙うのが得意なプレイヤーなら有利に戦いを進められる。
グラップルなどで通常登れないような高台を取って使用すると効果的。

ショットガン

近距離での戦闘に適した銃。
散弾なので中距離以降は弾が消失し攻撃判定が無くなる。室内で動き回りながら戦うのが主な使い方だ。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents