タイタンフォール2(Titanfall 2)のネタバレ解説まとめ

バトルフィールドシリーズなどを手がけるエレクトロニック・アーツ(EA)より2016年10月28日に発売されたFPS。前作のTitanfallはPC, Xboxのみの発売だったが、Titanfall 2はPS4, PC, Xbox Oneに対応している。プレイヤーとしても操縦できる『タイタン』を駆使し、ストーリーを進めていったり、マルチプレイヤーでプレイヤーと対戦も可能なシューティングアクションだ。

一定範囲にソナー効果のあるナイフを投擲できる。
『パルスブレード』を投擲するとその地点から一定範囲にソナーが広がり、その範囲に敵が居た場合壁越しでも視認できるようになる。
パルスブレードには一応攻撃判定が存在し、敵にヒットすると一撃でキルができる。

グラップル

グラップリングフックを使用して高所への移動や壁に移動する。
およそ30m程度の壁などのあらゆる障害物に使用ができ、移動時間が長くなるほど徐々にスピードが上がる。
うまく使用ができれば通常ではありえない速度で動いたり、高所へ登ることが出来る。使い方にはコツが必要だ。

興奮剤

使用すると一定時間移動速度が上がり、ダメージを素早く回復できる。
移動速度が上がるのでジャンプの飛距離が伸びたり、高速スライディングなどが可能。

増幅壁

パイロットを覆う程度の高さで、横に若干湾曲しているシールドを展開する。前方からの攻撃は受け付けないが、裏側からは弾丸が貫通する。
このシールドは裏側から攻撃することで弾丸のダメージが上昇する効果があり、LMGや対タイタン武器を使用するとより効果的。
投擲し地面に落ちると即座に展開されるので咄嗟の状況で出せれば一方的に敵を倒すことも可能。
意外にタイタンの攻撃も耐えてくれる。

フェーズシフト

亜空間に2秒間テレポートをする。要するに2秒間だけ無敵な状態を作り、その間は移動が可能だがこちらからの敵が見えない。
攻撃も不可能なので、詰み状態からの離脱が主な使用方法。使用前後に特殊なエフェクトが発生するので他人から見るとわかりやすい点に注意。

ホロパイロット

ホログラムによる自分の分身を3体発生させる。歩きながら出した場合、前左右の方向に同じように歩き出す。
敵から見ると完全に見分けがつかず、装備なども完全にコピーされる。よく見ると同じ動きをしている場合が多いので、よほど荒れた状況でなければ見分けることも可能。
ちなみに、ブーストで使用できるスマートピストルは騙せない。

ブースト

パイロットが画面左下にあるゲージが一定値溜まることで使用できる武器やアイテム。
使用することで試合を有利に運べるアイテムや、戦術の装備品に似た効果のものも存在する。
タイタンに搭乗時は使用できないほか、タイタンが使用できないモードでは一部アイテムは強化武器に置き換わる。

強化武器

使用すると自分の使用する武器全てが30秒間ダメージが強化される。
増加量は増幅壁と同じで、武器によっては増加量が異なる。(通常1.3倍だが対タイタン武器なら2倍以上にもなる)
強化武器を使用したプレイヤーを倒すと、実はその武器は強化されたままドロップしておりそのまま使用できる。但し使用時間はそのままになる。

ティック

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents