タイタンフォール2(Titanfall 2)のネタバレ解説まとめ

バトルフィールドシリーズなどを手がけるエレクトロニック・アーツ(EA)より2016年10月28日に発売されたFPS。前作のTitanfallはPC, Xboxのみの発売だったが、Titanfall 2はPS4, PC, Xbox Oneに対応している。プレイヤーとしても操縦できる『タイタン』を駆使し、ストーリーを進めていったり、マルチプレイヤーでプレイヤーと対戦も可能なシューティングアクションだ。

スペクターをハッキングする様子

スペクターは、首元にUSB8.1という端子が付いており、ハッキングをすることで味方の歩兵として扱うことが可能。
敵スペクターに近づきボタン(PS4なら□、PCならE)を押すことでハッキングを開始する。その間、他のスペクターは攻撃をしてくるがあまり殺意は高くない。
ハッキングが完了すると、その小隊を組んでいるスペクターは全て自チームの歩兵として動くようになり、ハッキングした者のIDが頭上に表示され、パイロットに追従する護衛となる。
彼らが倒した歩兵などは自分のスコアとして加算できるため、余裕があればやっておくとスコアの足しになることがある。
ただし、ハッキングを行ってもそれは敵のミニオンとして数えられるため、ハッキングをしたスペクターを増やしすぎると敵のミニオンが沸かなくなってしまうので注意。

スペクターはある程度AIのような知能を載せているようで、ときにタイタンで近づくと歩兵のようにうろたえる場合がある。
タイタンと同じようなAI学習機能のようなものがあるのかもしれない。

ストーカー

スペクターと同じ部類の機械歩兵。スペクターは機動性があるが、こちらは機動性を犠牲に耐久性に振ってあるロボット。マッチ終盤の消耗戦でスペクターに代わり投入される。
体力はパイロットの2.5倍で、タイタンの攻撃などでも一撃で倒すことが出来ないほど硬い。弱点は頭部ではなく背中にある赤く光るバッテリー。
これを攻撃すればすぐ無力化出来るのだが、その後になんと爆発をしてしまう。この爆発はタイタンに当っても馬鹿にできないダメージがあり、パイロットの場合近場だと普通に爆発でやられてしまう。倒すのがめんどくさい割に、貰えるポイントは歩兵などと変わらないなんとも厄介なNPCだ。
有効な攻撃はタイタンによる近接攻撃もしくは踏みつけが有効。 また、スペクターのようにハッキングは出来ない。
攻撃はNPCの例に漏れずあまり精度は高くない。

また、稀に通常のストーカーの代わりに赤いストーカーが投入される場合がある。
通常の性能自体はあまり変わらないが、タイタンで踏みつけると0.5ゲージほどのダメージを追う爆発を起こす。
なので通常のストーカーより更に処理が面倒になる。

歩兵がストーカーに挑む場面

リーパー

ミニオンとして搭乗するスペクター、ストーカーとタイタンの中間サイズ程度の自動兵器。ゲーム後半になるとストーカーなどに代わり投入される。
見かけの通り通常の銃撃などで撃破するのは面倒だが、消耗戦などでは撃破すると3ポイント加算される。
タイタンなどで踏みつけることは出来なく、味方のリーパーなどはタイタンで通ろうとすると引っかかってしまい偶に邪魔になってしまう。
両手から爆風の発生するロケットを発射し、意外とタイタンでも馬鹿にならないダメージを受けてしまう。
近づくと格闘攻撃を仕掛けてくるが、タイタンのパンチでも一撃で破壊ができなくらいには硬い。
左右へステップをしながら攻撃をする場合があり、トーンの追尾ロケットや照準を合わせた際にステップをして攻撃を回避する動作も見られる。
電気スモークやクラスターミサイルなどにも反応し、圏外へ脱出を試みたりと、かなり厄介。

イージスランク

フロンティアディフェンスをクリアすると、出撃したタイタンごとにメリットを獲得し、イージスランクが上昇する。
イージスランクが上昇するとタイタンの強力なアップグレードがアンロックされる。
アップグレード効果はフロンティアディフェンス、イージスLTS、イージスタイタンブロールで適用される。
イージスランクはフロンティアディフェンスのみで育成可能。頑張って愛着のタイタンを育成すると良い。

『タイタンフォール2』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

スマートピストルが誕生した経緯

ブーストで使用できる『スマートピストル』は、自動で敵をロックオンし敵を倒す武器だ。ほかのFPSにはない画期的かつ先進的な武器。
一定時間大きめの枠内に敵を捉えてロックオンすればトリガーを引くだけでプレイヤーをキルできる。これはエイムが苦手なプレイヤーのために出された配慮のひとつでもある。
前述した、プレイヤー戦が苦手なプレイヤーでも勝利に貢献できるというのは開発の意向により生まれたもので、スマートピストルもその一端。
前作ではサブ武器として使用可能でかなり猛威を奮ったが、今作ではストリーク報酬として使用することになり、ロックオン時間も長めになっている。

オートタイタンについて

gfycat.com

オートタイタンは初期の状態だと正直に言うとかなり弱いが、アサルトチップを搭載することでオート状態でもある程度の戦闘力が期待できる。
上記リンクはノーススターにアサルトチップを搭載した際のキル映像で、稀にこのような変化球を放ち、パイロットを撃ち落とすことがある。
また、アサルトチップを搭載することで自身でタイタンコアや攻撃、防御兵装を使用するようになる。

パイロットに着いていくタイタンが歩兵と戯れる様子

オートタイタンはタイタン搭乗時にはできない意外な行動をしたりする場合がある。
ミニオンに対して攻撃するのはもちろんなのだが、たまにそのミニオンをその自重でのしかかり潰す攻撃をすることがある。
リーパーなどものしかかりで一撃で破壊したりするが、搭乗中には出来ない。なぜなのか。

ドロップシップの破壊

戦闘が終了すると、勝敗が決した後に敗北したチームには脱出時間が設けられる。
制限時間内に指定されたポイントに来るドロップシップに近づくとワープして搭乗することが出来、脱出に成功するとボーナスが貰える。
このドロップシップの地点は敵チームにも見えており、なんと迎えに来るドロップシップを破壊することも可能。ただし結構硬いのでタイタン1体2体程度では壊せない。
破壊をすると脱出しようと登場したパイロットごと爆発し、ボーナスも増える。

また、一般歩兵などはポッドで戦場に投入されることが多いが、偶にドロップシップで降下してくる場合がある。
このドロップシップも実は破壊することが可能。

スペクターについて

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents