タイタンフォール2(Titanfall 2)のネタバレ解説まとめ

バトルフィールドシリーズなどを手がけるエレクトロニック・アーツ(EA)より2016年10月28日に発売されたFPS。前作のTitanfallはPC, Xboxのみの発売だったが、Titanfall 2はPS4, PC, Xbox Oneに対応している。プレイヤーとしても操縦できる『タイタン』を駆使し、ストーリーを進めていったり、マルチプレイヤーでプレイヤーと対戦も可能なシューティングアクションだ。

処刑

前作より存在する敵をキルする際に特殊なモーションで敵を排除するアクション。
処刑はパイロット、タイタンも同様に存在し、ロードアウトの設定時に設定できる。
あくまで敵をキルする際に出来るアピールのようなもので、実質的なスコアはあまり変わらないが、余裕がある時に決めれば実にスカッとするはずだ。
パイロットの場合は敵プレイヤーもしくはミニオンの一般兵士(人間)に対し、背後から格闘ボタンを長押しすることで可能。 パイロット状態での処刑モーションは豊富。
タイタン状態での処刑は、敵タイタンがDOOM状態の時にタイタンで格闘攻撃を決めると処刑が可能になる。一見の価値有り。

マルチプレイヤー用語

パイロット

タイタンを駆って戦闘を行うパイロット。
見た目は戦術によって変更されるがアビリティ意外に違いはない。中には人間ではなくロボットのパイロットも存在する。
勢力が違っても特に見た目が変わることがないので、勢力も判別できない。
味方のパイロットはヘルメットなどの光が青いが、敵パイロットの場合はオレンジ色に見える。
実績の解除などで、パイロットのスーツや武器の色を変更をすることが可能。その種類は豊富でまさに十人十色。
カラフルにして目立つのもいいが、目立ちにくい色を選ぶのも一つの手だ。

タイタンフォール

パイロット時に画面左下のゲージが貯まることで『タイタンフォール、スタンバイ!』のオペレーターの声と共にタイタンを呼び出し、地上に轟音とともに落下してくる際の決め台詞。
シングルプレイヤーでは遥か空の上に待機するドロップシップという宇宙船の格納庫から落下する際のタイタンの視点が見れる。
また、タイタンフォールが可能な状態で倒された場合、タイタンに搭乗した状態でスポーンすることも可能。

呼び出してから数秒後、爆音とともに地上に着地した後『ドームシールド』という落下後の無防備を保護するためのシールドが設けられる。
また、タイタンキットのカスタマイズを行えば、シールドが呼び出し後に無い代わりに即座にタイタンを呼び出せる『ワープホール』というキットも存在する。

ちなみに、ドームシールドにタイタンが近づくと、徐々にダメージを食らってしまう。
他には、自分の真上にタイタンフォールをされると一撃でタイタンが破壊されてしまうので、一定の場所に留まり続けると上からタイタンが振ってくる可能性がある。

バッテリー

タイタンの駆動に必要な電気エネルギーを蓄えたもの。
敵のタイタンからロデオで抜き取るか、ブーストの緊急バッテリーで取得できる。ゲームルールによってはマップに落ちている場合もある。
これを自分のタイタン、及び味方のタイタンに与えることでタイタンの体力ゲージが回復し、体力とは別のシールドが付与される。
バッテリーを持った状態で味方のタイタンにロデオをすると、バッテリーを差し込む事が出来る。
自分のタイタンの場合は、バッテリーを持った状態で搭乗することで効果を得られる。

ミニオン

歩兵やスペクター、ストーカー、リーパーなどのNPCとして行動する戦闘員。
チームごとに戦場にいる数が決まっており、片方の陣営に4人の小隊×3まで存在可能。
リーパーに関しては3体までしかその場に出ない。 スコアによってスポーンするミニオンの種類が変わる。
ミニオンが倒した歩兵などはチームスコアなどに加算されない点に注意。

歩兵

試合序盤にAIとして行動している一般歩兵。敵の歩兵と銃撃戦を繰り広げていることが多い。
4人一組の小隊単位で動いており、空からポッドのようなもので投下され戦闘に展開していく。
体力は少なく、少し射撃しただけで簡単に倒せる。消耗戦などでは倒すことで1ポイント加算される。
射撃の精度も悪く、ジャンプしたりダッシュするだけであまり当たることはないが、運が悪いと歩兵に倒されたりもする。
装備自体はパイロットの使用する武器と同じ物が多く、ダメージ自体はパイロットが使用するものと一緒だ。
おもわず格闘で倒したくもなるが、歩兵のパンチの威力はパイロットの半分で、意外と手痛いカウンターを食らうことがある。基本的には銃撃で倒すほうが無難。

歩兵が歩兵に対して近接戦闘を仕掛ける場面

タイタンと出合ってしまい、狼狽えたり項垂れたりする歩兵。

意外とモーションや動きなどに拘って作られており、タイタンで近づくとうろたえたりする。倒すのが申し訳なくなってしまう。
パイロットで近づくと「見ろ、パイロットだ!運が向いてきた!」などと発したり、やはり歩兵にとってパイロットは軍神のように見えるようだ。
敵歩兵が喋るのも例外ではなく、敵パイロットが近くにいる状態で敵歩兵がいると、パイロットに関して口にすることがあるので、よく聞いて入れば敵の位置を把握することも出来るはずだ。

スペクター

タイタンフォールの世界では人的損失を埋めるための機械歩兵。体力はパイロットと同じくらいだ。
序盤の戦闘から少し経つと歩兵とともに投入され始める。歩兵と同じで4人の小隊を組んで戦っている。
武器はサブマシンガンやスナイパーライフルまで様々なものを所持している。機械だが、ときに一般歩兵のような動きをする。
単独で大ジャンプが可能で、高台にジャンプで登ったり、建物から反対側の通りまでジャンプしたりする。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents