宝石の国(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『宝石の国』とは市川春子による漫画作品。累計発行部数は140万部を超える。2017年10月にアニメ化した。アニメーション制作は「オレンジ」。
今から遠い未来。この星にいた生物は不死の体を持つ宝石になっていた。月から飛来する「月人」と呼ばれる連中は宝石たちを攫い、装飾品にしていた。二十八体の宝石たちと月人との戦いを描く。

緑柱石の一種であるゴーシェナイト。愛称は「ゴーシェ」。硬度は「7半」。
ペアはモルガ。モルガに誘われ先生に知らせず、月人を倒そうとした。
いつも困り眉をしている。

ジュード(CV:高垣彩陽)

翡翠。硬度は「7」。「ジュード」と呼ばれたり「ジェード」と呼ばれたりする。
宝石たちを取りまとめる役についている。硬度はダイヤ属ほど高くないが、靭性が高く、その壊れにくさから「堅牢のジュード」という別名を持つ。
先生を起こす際に手が取れたり、足を失ったフォスに名前を忘れられるなど、何かとかわいそうな目に合っている。

ユークレース(CV:能登麻美子)

ユークレース。硬度は「7半」。2173年の時を生きている。
書記を担当している。ジュードと一緒にいることが多い。
他の宝石には見られない、体の右側と左側で違う色をしているのが特徴。

レッドベリル(CV:内田真礼)

緑柱石の一種。愛称は「ベリル」。硬度は「7半」。
宝石たちの服を作る仕事に就いている。冬服、夏服と季節によって着るものを変えている。寝て起きるだけなのに、冬眠の時も専用の服を用意していた。
出てくるたびに毎回髪型のセットが変わっており、宝石一のおしゃれさん。

アメシスト(CV:伊藤かな恵)

紫水晶。硬度は「7」。
見回りを仕事にしている。「双晶」と呼ばれる種類の宝石で、「エイティ・フォー」と「サーティー・スリー」の2人で1人という特殊な存在。それ故、ペアはおらずアメシスト二人で巡回している。
ペアがいない、剣の達人、という理由で足を手に入れたフォスを連れて巡回に出ることとなったが、新型の月人に粉々にされた。危うく攫われるところだったが、ボルツと先生が駆けつけたため無事だった。
アメシストが砕かれるのを見ていることしかできなかったフォスに謝罪を受けたが、逆に「怖い思いをさせてごめん。」と謝った。
フォスが合金の腕をつけて、月人を撃退するのを見た時は喜びのあまり抱きついた。

イエローダイヤモンド(CV:皆川純子)

ダイヤモンド属の一人。硬度は「十」。
みんなからは「イエロー」と呼ぶが、ダイヤだけは「イエローお兄様」と呼んでいる。ジルコンとペアを組んでいる。
3597歳で宝石たちの中でも最年長。これまで多くのパートナーを失っている様で、ジルコンがイエローダイヤモンドを尊敬している、という話を聞いて「尊敬する所なんて無いよ。」と口にしていた。
早く走れる脚を持っている。フォスが新しい脚の制御ができず暴走していた時にも難なく捕まえた。

ジルコン(CV:茜屋日海夏)

ジルコン。硬度は「7半」。
フォスの次に若いらしいが、優れた能力を持っているらしく、ルチルが褒めていた。
ペアはイエローダイヤモンドで、イエローの事を尊敬している。イエローに月人の矢が迫った時は身代わりになって砕かれた。

アドミラビリス族

海に住む生物。宝石たちとは違い生きているので、食事を必要とし、「死」「生」と言う概念も持っている。
一族には生物の進化に関する言い伝えがある。それによると、人間は長い時間により「魂」「肉」「骨」へ分離し、その「肉」に当たるのがアドミラビリス族であるとされている。貝と人型、二種類の姿を持つ。
美しい貝を持つ一族は月人たちに連れ去られてしまっている。その暮らしの中で思考を奪われ、体が肥大化した。さらには養殖されているらしい。

ウェントリコスス(CV:斎藤千和)

人型の姿

shuichi
shuichi
@shuichi

Related Articles関連記事

宝石の国(第1話『フォスフォフィライト』)のあらすじと感想・考察まとめ

『宝石の国』とは市川春子による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 遠い未来、生物は進化して陸には意思を持つ宝石たちが存在していた。役立たずであったフォスフォフィライトは、思い悩むシンシャにある約束をする。 今回は「宝石の国」第1話『フォスフォフィライト』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宝石の国(第5話『帰還』)のあらすじと感想・考察まとめ

『宝石の国』とは市川春子による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 フォスが消え、宝石たちは大慌てだった。一方、フォスは月人に連れ去られようとする。その時、ウェントリコススの弟アクレアツスが目を覚ました。 今回は「宝石の国」第5話『帰還』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宝石の国(第6話『初陣』)のあらすじと感想・考察まとめ

『宝石の国』とは市川春子による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 早く走れる脚を手に入れたフォスは、アメシストと共に念願の見廻りに出る。そして見廻りにも慣れた頃、月人が現れ戦闘が始まった。 今回は「宝石の国」第6話『初陣』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宝石の国(第3話『メタモルフォス』)のあらすじと感想・考察まとめ

『宝石の国』とは市川春子による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 フォスはカタツムリに取り込まれ、ダイヤモンドはフォスを元に戻すための方法を探していた。そしてフォスの体には異変が起きていた。 今回は「宝石の国」第3話『メタモルフォス』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宝石の国(第7話『冬眠』)のあらすじと感想・考察まとめ

『宝石の国』とは市川春子による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 冬が来て、宝石たちは冬眠に入る準備をしていた。フォスはアンタークチサイトと共に冬を眠らずに過ごす。そしてフォスは聞き慣れない声を耳にする。 今回は「宝石の国」第7話『冬眠』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宝石の国(第4話『魂・肉・骨』)のあらすじと感想・考察まとめ

『宝石の国』とは市川春子による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 フォスは無事に元の体に戻ることが出来た。そしてアドミラビリス族を束ねる王・ウェントリコススと共に行動するよう義務付けられる。そしてウェントリコススから海に宝石たちに似た者がいることを聞く。 今回は「宝石の国」第4話『魂・肉・骨』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宝石の国(第8話『アンタークチサイト』)のあらすじと感想・考察まとめ

『宝石の国』とは市川春子による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 腕を失ったフォスはアンタークチサイトと新しい腕を探しに「緒の浜」へと行く。そこは宝石たちが生まれた場所だった。二人が腕の代わりになる宝石を探していると、空が晴れ月人たちが姿を現す。今回は「宝石の国」第8話『アンタークチサイト』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宝石の国(第9話『春』)のあらすじと感想・考察まとめ

『宝石の国』とは市川春子による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 アンタークを失ったフォスはまるで別人のように変わってしまう。冬眠から目覚めた宝石たちもフォスの変わりように驚きを隠せなかった。今回は「宝石の国」第9話『春』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宝石の国(第10話『しろ』)のあらすじと感想・考察まとめ

『宝石の国』とは市川春子による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 フォスはボルツにペアを組むことを持ちかけられる。ボルツのペアであるダイヤは複雑な心境ながらもフォスの背中を押した。巡回をする二人の前に新たな月人が現れる。今回は「宝石の国」第10話『しろ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宝石の国(第11話『秘密』)のあらすじと感想・考察まとめ

『宝石の国』とは市川春子による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 月人と相対するフォスたちだったが、月人は先生の前では従順で大人しくしていた。フォスは先生が何か隠していることに気づく。今回は「宝石の国」第11話『秘密』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宝石の国(第12話『新しい仕事』)のあらすじと感想・考察まとめ

『宝石の国』とは市川春子による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 フォスは自分の中に生まれた疑問を隠すことはできず、先生と月人の関係を暴くことを決心する。そして、そのためにシンシャを求めるのであった。そして今回は「宝石の国」第12話『新しい仕事』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents