宝石の国(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『宝石の国』とは市川春子による漫画作品。累計発行部数は140万部を超える。2017年10月にアニメ化した。アニメーション制作は「オレンジ」。
今から遠い未来。この星にいた生物は不死の体を持つ宝石になっていた。月から飛来する「月人」と呼ばれる連中は宝石たちを攫い、装飾品にしていた。二十八体の宝石たちと月人との戦いを描く。

辰砂。硬度は「二」で、二十八体の中でも最も低い。
無尽蔵に銀色の毒液を沸かせてしまう。宝石がその毒液を浴びると宝石が濁ってしまい、光を通さなくなる。光を栄養としている宝石たちはその部分を削ってしまうしかないが、宝石を削るとその分記憶を失ってしまう。
毒液をコントロールできずに、迷惑をかけまいと配慮をしているが、他の宝石からは恐怖されている。
宝石たちが夜に出歩くことはないが、毒液で夜の少ない光を集め行動することができる。それ故、夜の警護の仕事を与えられた。しかしこれまで夜に月人たちが現れたことはない。つまり宝石たちが距離を取るためにその仕事を与えられた。
口ではフォスを罵倒するが、密かにフォスに期待している。

後にフォスから「先生と月人の関係を暴く」という仕事を依頼される。当初は「楽しくなさすぎる!」と反発したが、「組むだけなら…」とフォスのペアになることを了承した。

金剛先生(CV:中田譲治)

剃髪をして袈裟を着ている。その姿はまるで仏教僧のようである。
硬度は明らかになっていないが、宝石の中でも硬いようで、瞑想(先生が寝ることをこう呼ぶ)から先生をジュードが起こそうとした時には腕が折れていた。
宝石達を取りまとめている。月人達が襲来する予兆があれば金剛先生に報告しなければならない。
報告もなしに月人のところへ向かったモルガとゴーシェを一喝した。戦闘能力は突出しており、モルガとゴーシェを一喝した際にその衝撃でフォスは粉々になってしまった(フォスが脆すぎるというのもあるが)。多数の月人も宝石のかけらのようなものを放ち一瞬で消し去った。
なんの仕事も任せることができなかったフォスに「博物誌編纂」の仕事を命じた。
他の宝石たちから愛されており、フォスは戦場に出る理由を「先生が大好きだから助けたいんです。」と言っている。アンタークチサイトも毎年冬になるとハグを求めている。

学校に現れた月人・しろの事を知っているらしく、仲良くしていた。
その事がきっかけでフォスは先生と月人の関係を疑うようになった。

ダイヤモンド(CV:茅野愛衣)

愛称は「ダイヤ」。「戦闘狂」と称されるダイヤ属の一人。宝石の中でも最も硬い硬度「十」。しかし硬くても衝撃で割れやすい性質を持つため靭性は「二級」とされている。

心優しい性格をしており、フォスがカタツムリになってしまったと勘違いした時には、他の宝石は誰もフォスを心配しなかったが、ダイヤだけはフォスを戻す方法を模索した。
ダイヤ属は戦闘能力が重要らしく、ペアを組んでいるボルツが一際高い戦闘能力を持っているため自分の存在価値を見失っている。そのため「敵の投擲武器を刀で弾き返す」という誰も試みたことがない無茶な戦い方をして強くなろうとしていた。その戦い方もボルツにきつく注意されている。
ボルツがフォスをペアに誘った時は複雑な表情を見せた。
フォスに「変わっている弟だけどよろしくね(ボルツのこと)。」と言って起きながら、それにフォスが同意すると「弟を馬鹿にしないで!」とフォスを説教した。

その可愛さ故に人気が高い。

ボルツ(CV:佐倉綾音)

カーボナード。ダイヤと同じダイヤ属である。最高の硬度「十」を誇る。同じダイヤ属のダイヤは単一結晶で一つの割れが大きな影響を及ぼすが、ボルツは微細な結晶の複合体である多結晶体であるために多少の割れは問題ではない。そのため靭性も宝石の中でも唯一の「特級」となっている。
金剛先生の次に戦闘能力が高い。ペアを組んでいるダイヤを足手まといとして戦わせていない。そのためにダイヤは自身の存在価値を疑うことになった。しかし、ダイヤの事は大事に思っていることが後の話で明らかになった。
最も脆いフォスのことを「クズ」呼ばわりしていた。しかし、フォスが合金の腕を手に入れてからは、自らペアに勧誘している。
ペア結成後にフォスに細かく戦闘についてアドバイスをした。その洞察の鋭さと的確さにフォスは驚いたが、ボルツ曰く趣味らしい。ダイヤにもアドバイスしたらしいが、嫌がられてしまった様である。
寝相が悪く、冬眠時には夢遊病のように歩き回っていた。そういう時は布をかぶせると寝るらしい。
優れた洞察力と、判断力を持っており、フォスが合金の腕を手に入れた時は、フォスとペアを組んで、戦闘方法のアドバイスをした。
フォスはその時の経験から、「みんな一度はボルツとペアを組むべき」と先生に進言しており、その計画も実行された。
作中では「ダイヤ」→「フォス」→「ジルコン」とペアを替えている。

アンタークチサイト(CV:伊瀬茉莉也)

南極石。愛称は「アンターク」。硬度はフォスよりも低い「三」だが、特異な性質を持っている。
通常は液状化しており、冬になり気温が下がると結晶となる。寒くなればなるほど強くなる。
冬に冬眠してしまう宝石たちを金剛先生と二人で守っている。先生には毎年ハグをしてもらっている。
集団行動が苦手で、フォスが冬眠しなかった時には嫌がっていた。しかしフォスの苦悩を聞き、仕事を手伝わせるなど優しい面が見える。
新しいことを始める重要さをフォスに説き、大きく影響を与えた。

フォスが流氷に腕を取られてしまい、二人で代わりの腕を探しに行った際に月人に襲われ、攫われてしまう。
フォスはアンタークを救えなかったことを大きく悔やんでおり、容姿や内面が大きく変わった。

ルチル(CV:内山夕実)

金紅石。硬度は「六」。
白衣を着ているのが特徴で、特徴どおり医療を担当している。バラバラになったフォスを何度も修復している。
ウェントリコススや合金をつけてきたフォスなど、得体の知れないものを見ると解剖しようとする。その際はマッドサイエンティストの様な危ない笑みを浮かべている。

パパラチア(CV:朴璐美)

パパラチアサファイア。硬度9。靭性準一級。
イエローダイヤモンドと同じくらいの年齢。しかしその体質により多くの時間を眠って過ごしている。
体には無数の穴が空いており、その穴を適合する鉱物で埋めなければ活動できない。作中で目を覚ましたのは231年11ヶ月1日ぶりで、ルチルは30万30回施術を行ったらしい。
ボルツの次に強いとされている。以前はルチルとペアを組んでいた。ルチルには自身のパズル(穴を埋めて目を覚まさせようとする行為)を諦めて欲しいと思っている。
目を覚ました際にフォスから先生と月人の関係について相談を受け、清く正しい本当が、辺り一面を傷つけ、全く予想外に変貌させるかもしれない…。だから冷静に…慎重にな…。」とアドバイスした。このアドバイスがフォスがシンシャをペアに選んだ理由にもなっている。

モルガナイト(CV:田村睦心)

緑柱石の一種モルガナイト。愛称は「モルガ」。硬度は「7半」。
ゴーシェとペアを組んでいる。先生を気遣ってゴーシェト二人で月人を撃退しようとしたが、返り討ちにあい粉々にされた。
知らせを受けた先生に一喝された。

ゴーシェナイト(CV:早見沙織)

shuichi
shuichi
@shuichi

Related Articles関連記事

宝石の国(第1話『フォスフォフィライト』)のあらすじと感想・考察まとめ

『宝石の国』とは市川春子による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 遠い未来、生物は進化して陸には意思を持つ宝石たちが存在していた。役立たずであったフォスフォフィライトは、思い悩むシンシャにある約束をする。 今回は「宝石の国」第1話『フォスフォフィライト』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宝石の国(第5話『帰還』)のあらすじと感想・考察まとめ

『宝石の国』とは市川春子による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 フォスが消え、宝石たちは大慌てだった。一方、フォスは月人に連れ去られようとする。その時、ウェントリコススの弟アクレアツスが目を覚ました。 今回は「宝石の国」第5話『帰還』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宝石の国(第6話『初陣』)のあらすじと感想・考察まとめ

『宝石の国』とは市川春子による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 早く走れる脚を手に入れたフォスは、アメシストと共に念願の見廻りに出る。そして見廻りにも慣れた頃、月人が現れ戦闘が始まった。 今回は「宝石の国」第6話『初陣』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宝石の国(第3話『メタモルフォス』)のあらすじと感想・考察まとめ

『宝石の国』とは市川春子による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 フォスはカタツムリに取り込まれ、ダイヤモンドはフォスを元に戻すための方法を探していた。そしてフォスの体には異変が起きていた。 今回は「宝石の国」第3話『メタモルフォス』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宝石の国(第7話『冬眠』)のあらすじと感想・考察まとめ

『宝石の国』とは市川春子による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 冬が来て、宝石たちは冬眠に入る準備をしていた。フォスはアンタークチサイトと共に冬を眠らずに過ごす。そしてフォスは聞き慣れない声を耳にする。 今回は「宝石の国」第7話『冬眠』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宝石の国(第4話『魂・肉・骨』)のあらすじと感想・考察まとめ

『宝石の国』とは市川春子による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 フォスは無事に元の体に戻ることが出来た。そしてアドミラビリス族を束ねる王・ウェントリコススと共に行動するよう義務付けられる。そしてウェントリコススから海に宝石たちに似た者がいることを聞く。 今回は「宝石の国」第4話『魂・肉・骨』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宝石の国(第8話『アンタークチサイト』)のあらすじと感想・考察まとめ

『宝石の国』とは市川春子による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 腕を失ったフォスはアンタークチサイトと新しい腕を探しに「緒の浜」へと行く。そこは宝石たちが生まれた場所だった。二人が腕の代わりになる宝石を探していると、空が晴れ月人たちが姿を現す。今回は「宝石の国」第8話『アンタークチサイト』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宝石の国(第9話『春』)のあらすじと感想・考察まとめ

『宝石の国』とは市川春子による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 アンタークを失ったフォスはまるで別人のように変わってしまう。冬眠から目覚めた宝石たちもフォスの変わりように驚きを隠せなかった。今回は「宝石の国」第9話『春』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宝石の国(第10話『しろ』)のあらすじと感想・考察まとめ

『宝石の国』とは市川春子による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 フォスはボルツにペアを組むことを持ちかけられる。ボルツのペアであるダイヤは複雑な心境ながらもフォスの背中を押した。巡回をする二人の前に新たな月人が現れる。今回は「宝石の国」第10話『しろ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宝石の国(第11話『秘密』)のあらすじと感想・考察まとめ

『宝石の国』とは市川春子による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 月人と相対するフォスたちだったが、月人は先生の前では従順で大人しくしていた。フォスは先生が何か隠していることに気づく。今回は「宝石の国」第11話『秘密』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

宝石の国(第12話『新しい仕事』)のあらすじと感想・考察まとめ

『宝石の国』とは市川春子による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 フォスは自分の中に生まれた疑問を隠すことはできず、先生と月人の関係を暴くことを決心する。そして、そのためにシンシャを求めるのであった。そして今回は「宝石の国」第12話『新しい仕事』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents