Chance The Rapper(チャンス・ザ・ラッパー)の徹底解説まとめ

Chance The Rapper(チャンス・ザ・ラッパー)とは、アメリカ・イリノイ州シカゴ出身のヒップホップアーティストである。高校生の頃に音楽活動を開始。2012年にデビューアルバム「10 day」を発表してから2017年までに8枚のアルバムを発表している。様々なジャンルの音楽をミックスしたハイクオリティな音楽とこれまでの常識にとらわれない活動で現代の音楽シーンの先頭に立つアーティストである。

Merry Christmas Lil' Mama

1. All The Way
2. Snowed In
3. Stranger At The Table
4. Joy
5. I’m Your Santa
6. I Shoulda Left You
7. The Tragedy
8. Chi Town Christmas
9. Merry Christmas Lil Mama

2016年にR&Bシンガーの Jeremih(ジェレマイ/アメリカのR&Bシンガーソングライター、レコードプロデューサー。)との共同制作でSoundCloud上で発表されたクリスマスミックステープ 。チャンスとジェレマイ両者にとって4作目のミックステープとなった。チャンスとジェレマイは同じシカゴ出身であり、上述したミックステープ「Surf」や「Coloring Book」で既に共演を果たしている。また、このミックステープはシカゴの街に捧げられている。全曲通してクリスマスらしい落ち着いた雰囲気でジェレマイの甘い歌声とチャンスの優しいラップが非常にマッチしている。

『Chance The Rapper』のエピソード・逸話

グラミー賞

これまでグラミー賞は受賞対象作品を、アメリカにおいて一般的な流通形態で商業的にリリースされたものかつ有料で売り出され、購入できる作品である事と規定していたが、チャンスの「Coloring Book」が様々なメディアでほぼ満点を獲得し世間で絶賛されている現状や、ファンによる署名運動といった動きも受け、2016年にグラミー賞がこれまでの規定を改め、「ストリーミングのみの作品も、グラミー賞のノミネート資格に値する」とされた。これによりチャンスは23歳の若さでグラミー賞を三冠獲得する事となった。

誕生日

2017年4月16日、この日は彼の24歳の誕生日なのだが、その誕生日パーティをチャリティイベントとして、約1000万円を非営利団体に寄付した。また、シカゴの公立学校の予算不足についての会議で、自身が在学していたシカゴの学校制度の課題があがった。それを受け、個人資産から100万ドルの寄付を行った上、寄付プロジェクトを立ち上げ、220万ドルの寄付金を集め上げた。

『Chance The Rapper』の名言・名セリフ

音楽業界という古くて巨大な機械は、過去に成功した経験や手法でしか動けないんだ。

地元シカゴの大学で講義を行った際に音楽業界について語った時の言葉。
彼の音楽業界に対する呆れと何故彼がフリーというスタンスを取る理由が分かる。

誰もがチャンスを与えられるべきだから。

前述したチャンスのグラミー賞ノミネートの署名を求める際に言った言葉。24歳という若さでの成功の鍵はこのような彼のマインドにあるのではないでしょうか。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents