ひるなかの流星(Daytime Shooting Star)のネタバレ解説まとめ

『ひるなかの流星』とは「やまもり美香」による漫画作品。
2017年には、永野芽郁・三浦翔平・白濱亜嵐らによって実写映画化された。
主人公の与謝野すずめは、転校先の担任である獅子尾五月と関わっていくうちに、獅子尾に惹かれるようになる。
一方で、転校先のクラスメイトであり、すずめの初めての友達である馬村大輝はすずめに惹かれるようになる。
かわいいイラストで甘酸っぱい三角関係が描かれている。

2017年「ひるなかの流星」は、主演・永野芽郁により待望の実写映画化された。
この作品の実写化を叶えたのが、「潔く柔く」「パラダイス・キス」「僕の初恋を君に捧ぐ」「四月は君の嘘」などで、青春恋愛映画のスタンダードを作り上げた「新城 毅彦」監督である。

実写映画化で主人公を演じる永野芽郁は2009年「ハード・リベンジ、ミリーブラッディバトル」に子役デビューをする。その後、ファッション誌でモデルをしながら、子役としてもキャリアを積み、2015年には「俺物語!!」で、ヒロイン役に抜擢された。
担任役であり、すずめの初恋相手を演じる三浦翔平は、2008年「ごくせん 第3シリーズ」で生徒役として抜擢され、俳優デビューをする。2011年には、映画「THE LAST MESSAGE 海猿」で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞している。
すずめに思いを寄せるクラスメイトを演じる白濱亜嵐は、2012年にGENERATIONSに加入後、2014年にはEXILEにも加入し、2つのダンスグループで活躍している。ドラマでは、2012年に「GTO」に出演している。また、モデルとして活躍中のラブリは、姉である。

主題歌 Dream Ami『はやく逢いたい』

映画の主題歌を歌ったのが「E-girls」のメンバーで、2015年にソロデビューをした「Ami」。
映画の主題歌は、ディズニー映画「ズートピア」以来、2回目となる。
原作のファンだったAmiは、自らが作詞を手掛けていて、脚本を読んでからの率直な感想である「ヒロインの真っ直ぐな気持ち」を大切にして作詞したと語っている。
主題歌の「はやく逢いたい」は2017年3月22日にDream Amiの4thシングルとして発売されている。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents