ひるなかの流星(Daytime Shooting Star)のネタバレ解説まとめ

『ひるなかの流星』とは「やまもり美香」による漫画作品。
2017年には、永野芽郁・三浦翔平・白濱亜嵐らによって実写映画化された。
主人公の与謝野すずめは、転校先の担任である獅子尾五月と関わっていくうちに、獅子尾に惹かれるようになる。
一方で、転校先のクラスメイトであり、すずめの初めての友達である馬村大輝はすずめに惹かれるようになる。
かわいいイラストで甘酸っぱい三角関係が描かれている。

『ひるなかの流星』概要

初恋のバイブルと呼ばれた、ピュアで切ない三角関係を描いている。
田舎出身で今まで恋をしたことがない主人公・与謝野すずめ、すずめの転校先の高校に赴任している担任教師・獅子尾五月、イケメンだが女子に免疫がないクラスメイト・馬村大輝。生徒×先生×同級生という三角関係が繰り広げられる。最初から最後までこの三角関係がどう変わっていくのか見逃せない展開となっている。少女漫画ならではの「頭ポン」「バックハグ」「床ドン」など胸キュンシーンも盛りだくさん綴られている。
番外編となる13巻には、本編に登場するキャラクターのその後の物語や、男女逆転したIFのストーリーも綴られているため、ストーリーが終わった後の「あのキャラクターの今後が気になる」「あの人は今どうしているのだろう」という疑問を持ちモヤモヤしてしまう方には、是非番外編を手にすることをお勧めする。

『ひるなかの流星』のあらすじ・ストーリー

主人公「与謝野すずめ」は田舎でのんびりと暮らしていたが、親の海外への転勤を機に東京に住む叔父の「熊本諭吉」の下で暮らすことになった。東京へ来た初日に迷子になってしまい、偶然通りかかった「獅子尾五月」に助けられる。獅子尾は諭吉の友達であり、すずめの転校先の担任教師だった。関わっていくうちにだんだんと獅子尾に惹かれていくすずめ。獅子尾もすずめに惹かれていくが、教師という立場からなかなか思いを素直に打ち解けることができずにいた。
一方、転校して隣の席になり初めて友達になった「馬村大輝」は女子が苦手であったが、すずめと接しているうちにすずめに惹かれていく。
すずめは初恋の相手である獅子尾に告白をするが、フラれてしまう。実は獅子尾もすずめに惹かれていたが、前日に諭吉から「無責任な行動はやめてくれ」と言われ、教師の立場もあり断るしかできないのであった。そんな中、傷心中のすずめの前に現れた馬村。馬村は「俺を好きだったらいいのに」とすずめに言う。
すずめは獅子尾のことがあり、学校へ行きづらくなり実家に帰るが、馬村や親友の「猫田ゆゆか」から戻ってくるよう言われ学校に戻ってくる。学校へ戻ると馬村は女子からとてもモテていて困っていた。そんな馬村を見たすずめは、馬村を助けようと彼女のフリを始める。2人は少しずつ距離を縮め、デートをすることになる。この時、馬村はすずめに告白をして付き合うことになった。
すずめと馬村の距離が縮まっていくのを見ていくうちに、蓋を閉めていたはずのすずめへの思いが抑えきれなくなっていく獅子尾。この思いをどうしたらいいのか悩んでいるところに獅子尾は、獅子尾の元カノである「鹿島つぼみ」に出会う。つぼみは、悩んでいる獅子尾に対し「ここらで1回そのプライドすててみたらいいんじゃない?」と言う。この言葉をきっかけに獅子尾は、すずめに対する思いに向き合うことにした。
ある時、諭吉から獅子尾が事故にあったと連絡があり、獅子尾の元へ行ったすずめ。獅子尾はこの時、改めてすずめに告白をする。しかし、最終的にすずめが選んだのはいつも彼女のそばにいてくれた馬村であった。

『ひるなかの流星』の登場人物・キャラクター

与謝野 すずめ(よさの すずめ)

田舎育ちの女子高生。マイペースでまっすぐな性格だが感情が顔に出にくい。
趣味・特技は運動することと寝ること。好きな食べ物は寿司。
普段の髪型は前髪をセンター分けに後ろは三つ編みにしている。スカートもひざ丈で少し野暮ったく見えるが、ヘアアレンジなど少し手を加えられることによってかわいく見える。
今まで恋をしたことがなく、転校先の担任の獅子尾が初恋。
実写映画では、永野芽郁が演じている。

獅子尾 五月(ししお さつき)

すずめの転校先の担任。そしてすずめの叔父・諭吉の店の常連客。
軽い見た目だが、優しく面倒見が良いため生徒に人気。
オフの日は、メガネにぼさぼさの髪。オンの日は、コンタクトにワックスで軽く髪をセットしている。
すずめのことを「ちゅんちゅん」と呼ぶ。
実写映画では、三浦翔平が演じている。

馬村 大輝(まむら だいき)

すずめのクラスメイトで隣の席の男子。
イケメンで女子からモテるが、女子に免疫がなく、女子に触れると赤面してしまう一面を持つ。
女子に対して無愛想でクールなのはこれが理由。
塩顔のイケメンで、メンズノンノモデルの坂口健太郎をモデルにしている。
実写映画では、白濱亜嵐が演じている。

猫田 ゆゆか(ねこた ゆゆか)

すずめのクラスメイト。
最初は猫をかぶっていた。
当初は馬村の事が好きで、馬村と仲が良いすずめに嫉妬していた。
クラス会ですずめをハブらせようとして、嘘の集合場所を教えた。その後、すずめと取っ組み合いの喧嘩をしたことで、すずめの親友になる。
実写映画では、山本舞香が演じている。

亀吉 奈々(かめよし なな)

すずめのクラスメイト。
おじ専のため、すずめの叔父である諭吉に思いを寄せる。
鶴谷と一緒にいることが多い。
実写映画では、大幡しえりが演じている。

鶴谷 モニカ(つるたに もにか)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents